フラッシュモブが嫌いな理由は?結婚式でされて離婚になることも!

数年前から流行りだしたフラッシュモブ。 海外では大盛り上がりのようですが、実は日本人には嫌いな人が多いのをご存知ですか? 中には、新郎がフラッシュモブを結婚式に取り入れて離婚になることも。 今回はフラッシュモブが嫌いな日本人の心理についてまとめました。

フラッシュモブが嫌いな理由は?結婚式でされて離婚になることも!のイメージ

目次

  1. 特に女性はフラッシュモブが嫌い!
  2. フラッシュモブが嫌いな理由①自己満感がすごい
  3. フラッシュモブが嫌いな理由②感動を押し付けてきている
  4. フラッシュモブが嫌いな理由③自分だけ冷静に取り残される
  5. フラッシュモブが嫌いな理由④プロポーズは見世物ではない
  6. フラッシュモブが嫌いな理由⑤単純にノリがキモい
  7. 大嫌いなフラッシュモブが失敗で離婚を考える事態も!
  8. フラッシュモブの失敗事例①プロポーズしたらまさかの…
  9. フラッシュモブの失敗事例②結婚式で喜んでくれるはずが…
  10. フラッシュモブに気を付けて!嫌いな人には絶対しないこと!

特に女性はフラッシュモブが嫌い!

ここ数年で大きな話題になり、それを開催する会社まで日本に出てきたほどブームを巻き起こしたフラッシュモブ。
そもそも、フラッシュモブとは何かを見なさんご存知ですか?
フラッシュモブとは、一言でいうと「サプライズ」です。
仕掛け人が告白やプロポーズ、結婚式での演出などに利用することが多く、海外では大盛り上がりを見せていますが、日本ではそれが受け入れられず、嫌い、キモいという意見がかなり多く上がっています。
フラッシュモブ自体の構成は、ターゲットが知らない状態で突然音楽が鳴り始め、会場にいる普通の従業員だと思っていた人や、通りすがりの人だと思っていた人達がそろって踊りだし、様々なパフォーマンスを繰り広げだします。
ターゲットはそのミュージカルのような世界の中で、「何が起きてるの?!」と驚きの連発。
最後に、彼氏や新郎などの仕掛け人も一緒に踊りだし、プロポーズをしたり、結婚式で感謝の気持ちを述べたりするというもの。

このフラッシュモブは、大体が素人だけではやらずに、フラッシュモブを企画している会社に依頼することで、本物のダンサーがターゲットにばれないように、結婚式場の従業員のような格好をしてもぐりこみ、プロのダンスを見せつけてくれるため、パフォーマンス力は抜群です。
ただ、これを嫌い、キモい、迷惑でしかないととらえる女性が非常に多いのも事実です。
では、海外では大流行のフラッシュモブですが、どうして日本では受け入れられずキモい、迷惑だと感じてしまうことが多いのでしょうか。
その理由を紹介させていただきます。

フラッシュモブが嫌いな理由①自己満感がすごい

フラッシュモブが嫌いな理由として、まずは主催側の自己満足感がすごいということが挙げられます。
フラッシュモブって始まったら長いですし、途中でストップもなく、ターゲットは始まった音楽やダンスに合わせて空気を読んで喜んでいるふりをしなければいけない暗黙のルールがあります。

正直、されている側が本当に喜んでいるかどうかよりも、主催者側が「どう?」「すごいでしょ?!」「ダンス練習したんだよー!」なんて言ってきているような気がして、そのどや顔に嫌気がさすという意見が多数寄せられています。

フラッシュモブが嫌いな理由②感動を押し付けてきている

フラッシュモブが嫌いな理由として、次に「感動を押し付けてきている」ということも挙げられます。
主催している側は、「フラッシュモブでプロポーズをしたら絶対に感動してくれる」、「感動して涙を流して指輪を受け取ってくれるだろう」なんて思い込んでしまいがち。

そんな押しつけがましい相手の態度も、フラッシュモブが迷惑だと感じる原因です。
見ていて特に感動もせず、「ナニコレ…」と思っただけだったとしても、何十人もの大勢の人が何時間もかけて練習してこの日を迎えたと思うと、感動したフリしないといけないの?と、喜ぶどころか気を遣う必要があるのです。
サプライズを受けて喜ばせてもらえるはずjの立場の人間が気を遣って喜んでるふりをしないといけないなんて、変な話ですよね。

フラッシュモブが嫌いな理由③自分だけ冷静に取り残される

フラッシュモブはもうかなり浸透してきていますよね。
音楽が流れで、3人目のダンサーが来たくらいで大体の人が「あ、フラッシュモブが始まった」と気が付くと思います。
それに気が付いた瞬間、変に冷静になってしまうんですよね。

盛り上がる主催者や会場とは裏腹に、どんどん冷めていく自分がいて取り残された気分になってしまうのがターゲットの意外な心理。
そんな中でも喜ばないといけないなんて、はっきり言って迷惑でしかないことですね。


◆関連記事:憧れ?ディズニーで結婚式!

ディズニーで結婚式!フェアリーテイル・ウェディングの費用は?

フラッシュモブが嫌いな理由④プロポーズは見世物ではない

フラッシュモブが嫌いな理由として、「プロポーズは見世物ではない」「プロポーズなどの大切なことは人の力を借りず、自分で誠意を見せてほしい」という願望があるということも挙げられます。
ましてや大勢の人の前でプロポーズされるなんて断りにくいですし、断れない状況を作ってプロポーズするなんてどれだけ自信がないの?と思われがちです。

女性は特に、そんな大体的にサプライズをされるよりも、普段のデートだと思ってたらおしゃれなお店の個室で、プロポーズしてもらったというくらいのこじんまりとした当人同士だけのサプライズを好みます。
そんな女心を知っておきましょう。

フラッシュモブが嫌いな理由⑤単純にノリがキモい

フラッシュモブはそもそもアメリカではやったものなので、日本の文化とは全然違うんですよね。
つまりは、単純にそのノリを受け付けられない、生理的に無理だと感じる人も少なくありません。
ただの見物客としてみているなら楽しめたとしても、「さああなたも一緒に!」なんてダンスを強要されるとキモいと感じてしまうのです。

恥ずかしがりな日本人は、ノリノリで知らない人とも一緒に歌を大声で歌ったり、踊りを踊るなどのアメリカンなノリを受け付けない人が多いです。
そういったタイプの人にフラッシュモブは厳禁です。

大嫌いなフラッシュモブが失敗で離婚を考える事態も!

いかがでしたか?
フラッシュモブが嫌いとかキモい、迷惑だと思っている人にとっては、フラッシュモブのターゲットにされることほど迷惑なことはありません。
特に、男性側が盛り上がってしまって、「新婦が喜ぶはず!」と勝手に結婚式で企画などしようものなら、離婚を考える事態にもなりかねません。
実際に結婚式でのフラッシュモブが原因で離婚に至ったカップルもいるほどなんです。

フラッシュモブが原因というのも、そこには単にフラッシュモブが嫌いなのにそれをされて迷惑だったから離婚するという単純な意見ではありません。
フラッシュモブが嫌い、キモい、されるほうは迷惑だと前から相手に伝えていたのにそれを見事にされてしまった、という本当に迷惑なパターンでの離婚や、フラッシュモブが嫌い、キモいと感じるのと感じないのの価値観の違いに戸惑い、離婚するという考えに至る人まで離婚原因は様々。
フラッシュモブをされたくらいで離婚なんて浅はかだと思うかもしれませんが、離婚まではいかなくても、夫婦中に亀裂が入り、事実上離婚状態になってしまった、など決して珍しい事例ではありません。
でも、フラッシュモブが嫌い、キモい、迷惑でしかないと考えている人には、十分離婚原因になるということだけは覚えておきましょう。

フラッシュモブの失敗事例①プロポーズしたらまさかの…

こちらは海外のフラッシュモブの失敗事例です。
どこかのショッピングモールのようなところですね。
英語なのであまり言葉がわからないところがありますが、とりあえずここでプロポーズをしている様子ですね。
長々とマイクでしゃべる男性と、後ろの音楽隊のおかげで、吹き抜けになっているショッピングモール内の視線はすべてこの二人に。
最後の女性の殴りつけは、フラッシュモブがどれだけ嫌いか、信用を無くすことになったかを物語っていますね。
そして、殴られた後の男性の表情が、本気で喜んでもらえると思っていたということがよくわかります。
する側とされる側の価値観の違いがとっても分かりやすい動画ですね。
男性にはお気の毒ですが、女性の気持ちもわからなくはないです。

フラッシュモブの失敗事例②結婚式で喜んでくれるはずが…

こちらは、結婚式でフラッシュモブがあり、離婚に至るという事例です。
元々新婦さんはフラッシュモブの類が大嫌いで、何度もそれは新郎さんに伝えていたようです。
なのに、何を思ったか結婚式当日、新郎はフラッシュモブを実行…。
そんな新郎に心底幻滅した新婦はショックのあまり実家に帰り、そのまま離婚に至ったそうです。
結婚式でフラッシュモブをされたショックから、結婚式の二次会にも新婦が出なかったとか。
また、新郎も最初は「新婦は喜んで驚きすぎて倒れた」と思っていたようです。
新郎の本当に悪びれのない様子と、新婦の「結婚式を台無しにされた」という気持ちを考えるとやるせなくなりますね。

フラッシュモブに気を付けて!嫌いな人には絶対しないこと!

いかがでしたか?
フラッシュモブを嫌いだと感じる理由について、いろいろとまとめてみました。
企画をしたいと思う男性側と、それをキモい、迷惑と思う女性との間で感じ方の差があるのです。
フラッシュモブは本当に嫌いな人は大っ嫌いなものですから、フラッシュモブを企画しようと思う方は、相手の意向をよく考える必要があります。

フラッシュモブ自体はサプライズなので、「フラッシュモブしていい?」なんて聞くことができるわけではありませんから難しいとは思います。
でも、結婚を意識するほどの相手ですからその好みはわかりますよね。
フラッシュモブが嫌い、迷惑だと思う人はたくさんいるので、実施することで信用を失くしてしまうこともあります。
フラッシュモブを考えている人はぜひ、こういった理由でフラッシュモブが嫌いな人もいるということを分かっておきましょう。

もっと結婚式について知りたいあなたはこちらもチェック

結婚式の服装(親族)マナー解説!【兄弟・両親・親戚】
結婚式に呼ぶ友達がいない場合の対処法は?普通は何人呼ぶ?
結婚式の友人代表スピーチで感動させよう!例文あり!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ