離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?

離婚したいけれども、子供が大きくなるまでは…。そんな風に考えて、離婚を踏みとどまっている人はかなり多いですよね。でも実は両親の離婚は子供の気持ちには大きな影響は与えないと言われています。子連れで離婚するときにはどんなことを考えたらいいのでしょうか?!

離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?のイメージ

目次

  1. 子供のために離婚を思いとどまっていませんか?
  2. 離婚の影響は子供の年齢でどう変わる?!
  3. 離婚することで子供の気持ちや心理への影響は?!
  4. 【親の離婚の子供への影響①】ショックを受けた
  5. 【親の離婚の子供への影響②】社会の偏見を感じた
  6. 【親の離婚の子供への影響③】成績低下
  7. 【親の離婚の子供への影響④】喫煙率アップ
  8. 【親の離婚の子供への影響⑤】ホッとした
  9. 【親の離婚の子供への影響⑥】精神科受診率アップ
  10. 【親の離婚の子供への影響⑦】成人後の離婚率は高い
  11. 離婚するタイミングは子供の気持ちを第一に!
  12. 離婚すると子供の戸籍はどうなる?
  13. 離婚したら子供の養育費はどう決めたらいい?
  14. 離婚後の子供への相続はどうなる?
  15. 離婚はOK!でも子供の気持ちを第一に!!

子供のために離婚を思いとどまっていませんか?

子供のために配偶者と離婚をしたいのに、子供が成人するまで我慢しようと思い止まっている人はたくさんいますよね。

世間体を考えても、子供の精神面を考えても両親が揃っていた方が良いと考えて、離婚したい気持ちを我慢して結婚生活を続けている人はとても多いのですが、実はその親の子供に対する配慮というのが、子供に対して本当の配慮になっていないことがよくあります。

子供は両親の離婚で大きな精神的なショックを受けるのは当然です。

しかし両親の離婚話が持ち上がった時に、離婚はしないで欲しいとお願いした子供でも、その後の冷え切った夫婦関係を目の当たりにしたことで、自分が離婚しないで欲しいと言ったことを後悔するということもよくあるようです。

子供の気持ちや、さまざまなことに関する影響を最小限に抑えながら、自分の人生を取り戻すために離婚をするためにはどうしたらいいのでしょうか。

この記事では、両親の離婚によって子供が受ける気持ちや心理面への影響や、両親の離婚によって子供の戸籍や養育費相続といった問題がどうなるかもということについてお伝えします。

離婚の影響は子供の年齢でどう変わる?!

両親の離婚の子供への影響というのは、子供の年齢によって大きく変わっていきます。

幼い年齢の子供には、母親の愛情というものがどうしても必要になります。

ですから小学校低学年ぐらいまでの年齢なら、母親が監護権を取ることができれば、両親の離婚による子供への精神的な影響というのはそれほど大きくはないでしょう。

特に物心つく前の年齢で離婚してしまえば、父親がいない生活が当たり前になってしまうので、子供の養育環境が整っているのであれば、父親がいないことが子供の心理面にマイナスになることはそれほどありません。

この年齢で母親から引き離されてしまうと、愛情不足で育ってしまう可能性が高くなります。

父親が仕事をしながら母親代わりをするということはほとんど不可能なことなので、子供が幼い年齢で父親が監護権・養育権を取るようならば、母親に代わって愛情を子供に与えてくれる女性が必要になります。

小学校3年生くらいから上の年齢になると、両親が離婚するという事の意味を、大人が想像している以上にしっかりと理解できるようになっています。

子供によっては、幼稚園や保育園の年中さんくらいで、すでに両親の離婚の意味を理解できる子供もいます。

子供の精神的な発達には一人一人大きな差があるので、子供が年齢に関わらず、両親の離婚の意味を理解できているようであれば、子供の気持ちを第一に考えるようにしましょう。

子供が父親と母親が別々に別れて暮らす様になって、自分はそのどちらかについていかなければならないということを、きちんと理解して、気持ちの整理が着くまで待った方がいいでしょう。



子供が自分の意思を自分の言葉ではっきりと伝えることができると認められる年齢である12歳以上になっているのであれば、民法によってどちらの親についていくのか、意思が尊重されるようになります。

子供の年齢が15歳以上であれば、子供の意思を聞かなければならないと定められています。

両親の離婚が子供に大きな影響を与えることはどの年齢でも同じことですか、影響の与え方というのは年齢によって大きく変わってきます。

親の都合で離婚を決意したのならば、子供の年齢に即した対応をしっかりと考える必要があります。

離婚することで子供の気持ちや心理への影響は?!

両親の離婚というのは、子供の気持ちや心理に大きな影響を与えることは当然のことですよね。

両親が離婚している子供が、子供の気持ちや心理面にどの様な影響を与えているのかということは、離婚大国であるアメリカで様々な研究がなされています。

ここからは実際に子供たちが両親の離婚によって気持ちや心理面などにどの様な影響を受けているのかということについて具体的に見ていきたいと思います。

【親の離婚の子供への影響①】ショックを受けた

両親の離婚が子供に与えた影響の1つ目は、子供に心理的にショックを与えたということです。

両親が離婚をするということを聞かされた時に、ほとんどの子供は心理的にショックを受けたと答えます。

十分な愛情を受けてきても受けてこなくても、子供にとっては自分を産んで育ててくれた両親の存在というのは、この世には代わりの人はいない唯一無二の存在です。

父親と母親の仲がどんなに悪くても、両親が実際に離婚すると聞かされると、そのことを大きなショックに感じる子供がたくさんいるのは事実です。

両親の勝手で離婚を決めるのですから、子供のショックを出来るだけ少なくして、心理的なダメージを軽減するにはどうしたらいいのか、ということを2人で真剣に考えることが大切ですよね。

【親の離婚の子供への影響②】社会の偏見を感じた

両親の離婚が子供に与えた影響の2つ目は、社会の偏見を感じたというものです。

両親の離婚は自分の意志ではないにもかかわらず、世間がその子供を見る目というのは、子供の意思に関わらず、どうしても両親が離婚してしまった可哀想な子供、というものになります。

世間はその子供に対して同情の思いから可哀想だという目で見るのですが、世間から可哀想だと思われることほど、子供にとっては屈辱的な思いをすることはありません。

また、学校で何か悪さや失敗をしてしまった時に、両親が揃っている子供には普通に叱ってくれるのに、同じような事をしても、両親が離婚している子供には、「片親だから…」「両親離婚してると…」というレッテル張りがされてしまいます。

自分の努力でどうにかなることを色々と言われることは、子供でも構わないと思うのですが、自分の意思ではどうすることもできない両親の離婚ということについて、自分が社会から偏見を受けるのは耐えられなかったという子供もいます。

両親の離婚が避けられないことであるのならば、親はしっかりと社会の偏見の盾になって子供を守る覚悟を決めることが大切です。

【親の離婚の子供への影響③】成績低下

両親の離婚が子供に与えた影響の3つ目は、学校の成績が低下するというものです。

子供が学校に行っている年齢で両親が離婚すると、両親の離婚の精神的ショックによって、どうしても勉強が手につかなくなる時期が出来てしまいます。

その後にしっかりとフォローをして、学校の勉強に追いつくことができれば問題はないのですが、しっかりとフォローされなくて、学校の勉強について行くことができなくなってしまった場合には、高校受験や大学受験、就職活動にまで影響を及ぼすこともあります。


また両親が離婚して、片親となったことで、引き取った親の時間的な余裕がなくなってしまい、家で子供の宿題を見てあげられなくなってしまったことで、成績が低下してしまうことがあります。

学校の成績は高校受験や大学受験に大きな影響を与えるもので、その結果によっては将来の職業選択の幅が大きく変わってきますよね。

離婚する場合には、その辺もしっかりと考えて、離婚後も子供のフォローができる様な体制を2人で作ることを考えましょう。

【親の離婚の子供への影響④】喫煙率アップ

両親の離婚が子供に与えた影響の4つ目は、子供の喫煙率がアップするというものです。

両親の離婚によって、 自分を守ってくれるべき大人から見捨てられてしまったという感情を抱いてしまった子供は、反抗的になって非行に走りやすい傾向があります。

そのために、両親が揃っている家の子供と比べると、離婚している家庭の子供の方が喫煙率が高くなってしまうことがわかっています。

非行に走ってしまうと、成人後も子供の将来に大きな影を落としてしまうことにもなります。

離婚をして別々に暮らすことになったとしても、父親も母親も子供のことを見捨てるわけではなくて最大限のサポートをしていくということをしっかりと伝えることが、子供の非行を防ぎ、立派な成人になってもらうためには大切なことです。

【親の離婚の子供への影響⑤】ホッとした

両親の離婚が子供に与えた影響の5つ目は、両親が離婚したことによってホッとしたというものです。

毎日の様に両親の喧嘩を見ていたり、父親が母親に暴力を振るうの目の当たりにしてきた子供に、こういった感情が多いようです。

両親の不仲を毎日の様に目の前で見せられると、子供は両親の離婚を願うようになるものです。

両親が揃っていても不仲を見せ続けることの子供の心理面への影響と、離婚することで夫婦喧嘩を見せなくて済むようになることのメリット、どちらが本当に子供の為になるのかしっかりと天秤にかけて考えましょう。

【親の離婚の子供への影響⑥】精神科受診率アップ

両親の離婚が子供に与えた影響の6つ目は、両親が離婚している子供の精神科の受診率は、両親が離婚していない子供の受診率の約2倍になるということです。

両親の離婚によって心理的なショックを受けることで、精神科の受診率というのが他の子供に比べて上がってしまいます。

向精神薬は学校の勉強にも影響を与えることがありますよね。

精神科の受診が必要になるほどのショックを子供に与えてしまうことは絶対に避けなくてはいけません。

離婚が仕方ないことであるならば、子供がどうすればショックを受けないで済むのかという事を二人で真剣に考えましょう。

【親の離婚の子供への影響⑦】成人後の離婚率は高い

両親の離婚が子供に与えた影響の7つ目は、両親が離婚している子供が成人した後の離婚率は、他の人に比べて高くなるということです。

両親が離婚しているという事実によって、成人後も子供の心理にも離婚に対するハードルが他の人に比べて低くなっていると考えられます。

また子供にとっては人生のロールモデルというのは両親になるわけですから、両親の離婚によって健全な夫婦生活を学ぶことができなかったことで、成人後も結婚生活がうまくいかなくなることがあるようです。

だからといって、子供が成人した後のことまで考えて離婚したい気持ちを抑えて我慢していると、機能不全家族になってしまいます。

離婚した後も親が幸せな生き方を子供に見せることで、成人してから子供自身の幸せを掴んでもいいのだよと背中で見せるしかないでしょう。

離婚するタイミングは子供の気持ちを第一に!

両親の離婚というのが、子供にどんな影響を与えるのか、ということがわかりましたよね。

子供が成人した後の熟年離婚とは違って、成人する前の子供は、両親の離婚によって大きな影響を受けるのは確かです。

しかし、両親の不仲を見せられて、機能不全家族で育つことが、成人後の子供の心に与える影響の方が、よほど大きいと言われています。

離婚を告げられて、実際に一緒に暮らしていた両親が離れ離れで暮らすことになったら、その時には子供は大きなショックを受けるのは当然です。

しかし、養育費や戸籍といった決めるべき問題をしっかりと決めたら、後は子供に与える影響を最小限にすることを考えて、子供の気持ちの整理がついたタイミングで離婚をするようにしましょう。

子供の気持ちとタイミングを第一に考えることが、成人としての離婚する親の務めだとも言えるでしょう。

離婚すると子供の戸籍はどうなる?

離婚するときに、気になるのが子供の戸籍がどうなるのか、ということです。

離婚するときには、子供の親権や監護権を決めることは知っていても、子供の戸籍がどうなるのかまではあまりよく知らないですよね。

父親と母親が結婚すると、新しい家族の戸籍が作られて、子供はその戸籍に入ります。

離婚すると、結婚前から姓を変えた人が戸籍から抜けることになります。

通常は女性の方が結婚するときに夫の姓に変わることが多いので、母親が戸籍から抜けることになります。

結婚した戸籍から抜けた母親は、実家がまだ残っていれば、実家の戸籍に戻ることになります。

すでに実家がなくなっていた場合には、新しい戸籍を作ってそこに入ることになります。

その時に、子供の親権を取ったら、子供の戸籍もうつるのかというと、そうではありません。

何も手続きをしなければ、子供の戸籍は父親の戸籍に入ったままになります。

またその時には、母親が結婚前の実家の姓に戻ったとしても、子供は父親の姓を名乗ることになります。

子供の姓を母親の姓にしたい場合には、子供の戸籍を母親の戸籍に移すための手続きが必要になります。

子供の戸籍を変更するためには、家庭裁判所に「子の氏の変更許可審判申立書」を提出する必要があります。

母親が親権を取って、子供と同居するのに苗字が違うことで不都合があるという場合には、ほとんどの場合認められます。

しかし、母親は監護権のみで、親権が父親にある場合には認められないので、離婚するときに母親がどちらの姓を名乗るのか、ということは慎重に考える必要があります。

離婚したら子供の養育費はどう決めたらいい?

離婚する時に決めなければならないことに、子供の養育費があります。

子供の養育費というのは、子供を手放す親が、子供を引き取る親の方へ、子供が自立するまでの間、必要となるお金を支払う義務を負うというものです。

養育費というのは、子供の生活や教育、医療費のために使われるべきお金で、引き取る側の親の生活費や遊ぶために使われるお金ではありません。

慰謝料を支払う有責側が子供を引き取る場合でも、慰謝料と養育費は全く別物なので、養育費を支払ってもらう権利はあります。

養育費は子供がもらうお金なので、慰謝料とは別に考えなくてはいけないお金になります。

養育費の金額は話し合いで決めて、万が一支払が滞った時のために、強制的に徴収することができる公正証書にしておくことが子供のためにも一番良いのですが、なかなかお互いに折り合いをつけることができないこともあります。


話し合いで決めることができない場合には、家庭裁判所で調停や審判で決めることもできます。

家庭裁判所で決めた金額は、強制執行することもできるので、滞る心配がありません。

養育費は離婚した時に決めなくても子供が必要な時に親に請求する権利があるものですが、離婚する時に一切いらないなどと言ってしまうと、その口約束を盾に支払ってもらえないことがあります。

離婚する時には、お互いに頭に血が上っていることもあるので、相手からお金などもらいたくもないと思ってしまうこともあるかもしれませんが、養育費は引き取る親ではなくて子どもの権利です。

子供のためにも冷静に慎重に考えましょう。

離婚後の子供への相続はどうなる?

最後に気になるのは、離婚した後で親権を取らなかった方の親が亡くなった時の相続についてです。

離婚した後に、親権を取らなかった方の親の財産というのは子供は相続することができるのでしょうか。

誰かが亡くなった時に相続するべき財産があった時には、その相続権というのは、配偶者に50%、残された50%をすべての子どもで均等に分けることになっています。

もちろん離婚したら、配偶者同士は赤の他人になってしまうので、財産相続の権利はありません。

離婚した後に、相続できる財産を遺した親が再婚していたら、配偶者分の50%の相続権は再婚した配偶者に行きます。

離婚して親権を取らなかった子供でも、残りの50%を遺された子供で均等に分けた財産を相続する権利を持っています。

ただし、離婚した後で全く面会をさせなかったりした場合には、遺言で離婚して出て行った子供には財産を相続させないということを残すことができます。

基本的に故人の意思が一番尊重されることになっているので、離婚して連れて行かれた子供に財産を遺さないということを遺言書に書き残していた場合には、遺産相続することは難しくなります。

しかし遺言書があった場合でも、相続人が最低限相続する権利をもつ遺留分というものがあります。

遺留分については、遺言書に何が書かれていても相続する権利を奪われることはないので、最低限でも遺留分の相続だけは主張するようにしましょう。

なお、注意しておかなければならないのは、相続するべき財産というのはプラスの場合だけではありません。

借金を残していた場合の借金も相続しなければならないことになります。

借金が多額でマイナスの場合には、亡くなってから3ヶ月以内に相続放棄をすれば支払う必要がなくなります。

離婚後に会っていなかった親が亡くなった事がわかったら、財産の状況を早急に調べて、借金の方が多い場合には家庭裁判所で相続放棄の手続きを、相続できる財産があることが分かったら遺留分を主張するように弁護士に相談するようにしましょう。

離婚はOK!でも子供の気持ちを第一に!!

ここまで子供を連れて離婚するときに考えなければならないことについていろいろと見てきました。

この記事の中でみたように、両親の離婚というのは、子供の心に大きな傷を残す出来事になります。

しかし、両親が離婚したり、どちらか一方が子供が幼いうちになくなったりして片親で育った子供でも、みんながみんなぐれたり非行に走ったりするわけではなくて、ちゃんと立派に大人になって、自立した成人になっている人もたくさんいますよね。

引き取る方の親が、しっかりとした気概と責任感を持って育てれば、子供はまっすぐ育ってくれるものです。

自分の人生を取り戻すために離婚をすることはOKです!!

ただし子供がいるのならば、一番考えなくてはいけないのは子供の心理への影響だという事はよく頭に入れて離婚の準備を進めてください。

もっと離婚に関する記事を知りたいあなたへ!

離婚したい新婚夫婦が増えている理由!子供ができる前がいい?
離婚の準備はこれで完璧!準備期間にすべきこと7選
離婚の原因ランキング!夫婦が別れる理由で一番多いのはこれ!
仮面夫婦とは?離婚も修復もなし?特徴7つも解説!【これは怖い】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ