離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?

離婚の子供への影響!離婚の際に子供にできることって?

離婚したいけれども、子供が大きくなるまでは…。そんな風に考えて、離婚を踏みとどまっている人はかなり多いですよね。でも実は両親の離婚は子供の気持ちには大きな影響は与えないと言われています。子連れで離婚するときにはどんなことを考えたらいいのでしょうか?!

記事の目次

  1. 1.子供のために離婚を思いとどまっていませんか?
  2. 2.離婚の影響は子供の年齢でどう変わる?!
  3. 3.離婚することで子供の気持ちや心理への影響は?!
  4. 4.【親の離婚の子供への影響①】ショックを受けた
  5. 5.【親の離婚の子供への影響②】社会の偏見を感じた
  6. 6.【親の離婚の子供への影響③】成績低下
  7. 7.【親の離婚の子供への影響④】喫煙率アップ
  8. 8.【親の離婚の子供への影響⑤】ホッとした
  9. 9.【親の離婚の子供への影響⑥】精神科受診率アップ
  10. 10.【親の離婚の子供への影響⑦】成人後の離婚率は高い
  11. 11.離婚するタイミングは子供の気持ちを第一に!
  12. 12.離婚すると子供の戸籍はどうなる?
  13. 13.離婚したら子供の養育費はどう決めたらいい?
  14. 14.離婚後の子供への相続はどうなる?
  15. 15.離婚はOK!でも子供の気持ちを第一に!!

子供のために離婚を思いとどまっていませんか?

子供のために配偶者と離婚をしたいのに、子供が成人するまで我慢しようと思い止まっている人はたくさんいますよね。

世間体を考えても、子供の精神面を考えても両親が揃っていた方が良いと考えて、離婚したい気持ちを我慢して結婚生活を続けている人はとても多いのですが、実はその親の子供に対する配慮というのが、子供に対して本当の配慮になっていないことがよくあります。

子供は両親の離婚で大きな精神的なショックを受けるのは当然です。

しかし両親の離婚話が持ち上がった時に、離婚はしないで欲しいとお願いした子供でも、その後の冷え切った夫婦関係を目の当たりにしたことで、自分が離婚しないで欲しいと言ったことを後悔するということもよくあるようです。

子供の気持ちや、さまざまなことに関する影響を最小限に抑えながら、自分の人生を取り戻すために離婚をするためにはどうしたらいいのでしょうか。

この記事では、両親の離婚によって子供が受ける気持ちや心理面への影響や、両親の離婚によって子供の戸籍や養育費相続といった問題がどうなるかもということについてお伝えします。

離婚の影響は子供の年齢でどう変わる?!

両親の離婚の子供への影響というのは、子供の年齢によって大きく変わっていきます。

幼い年齢の子供には、母親の愛情というものがどうしても必要になります。

ですから小学校低学年ぐらいまでの年齢なら、母親が監護権を取ることができれば、両親の離婚による子供への精神的な影響というのはそれほど大きくはないでしょう。

特に物心つく前の年齢で離婚してしまえば、父親がいない生活が当たり前になってしまうので、子供の養育環境が整っているのであれば、父親がいないことが子供の心理面にマイナスになることはそれほどありません。

この年齢で母親から引き離されてしまうと、愛情不足で育ってしまう可能性が高くなります。

父親が仕事をしながら母親代わりをするということはほとんど不可能なことなので、子供が幼い年齢で父親が監護権・養育権を取るようならば、母親に代わって愛情を子供に与えてくれる女性が必要になります。

小学校3年生くらいから上の年齢になると、両親が離婚するという事の意味を、大人が想像している以上にしっかりと理解できるようになっています。

子供によっては、幼稚園や保育園の年中さんくらいで、すでに両親の離婚の意味を理解できる子供もいます。

子供の精神的な発達には一人一人大きな差があるので、子供が年齢に関わらず、両親の離婚の意味を理解できているようであれば、子供の気持ちを第一に考えるようにしましょう。

子供が父親と母親が別々に別れて暮らす様になって、自分はそのどちらかについていかなければならないということを、きちんと理解して、気持ちの整理が着くまで待った方がいいでしょう。



子供が自分の意思を自分の言葉ではっきりと伝えることができると認められる年齢である12歳以上になっているのであれば、民法によってどちらの親についていくのか、意思が尊重されるようになります。

子供の年齢が15歳以上であれば、子供の意思を聞かなければならないと定められています。

両親の離婚が子供に大きな影響を与えることはどの年齢でも同じことですか、影響の与え方というのは年齢によって大きく変わってきます。

親の都合で離婚を決意したのならば、子供の年齢に即した対応をしっかりと考える必要があります。

離婚することで子供の気持ちや心理への影響は?!

両親の離婚というのは、子供の気持ちや心理に大きな影響を与えることは当然のことですよね。

両親が離婚している子供が、子供の気持ちや心理面にどの様な影響を与えているのかということは、離婚大国であるアメリカで様々な研究がなされています。

ここからは実際に子供たちが両親の離婚によって気持ちや心理面などにどの様な影響を受けているのかということについて具体的に見ていきたいと思います。

【親の離婚の子供への影響①】ショックを受けた

両親の離婚が子供に与えた影響の1つ目は、子供に心理的にショックを与えたということです。

両親が離婚をするということを聞かされた時に、ほとんどの子供は心理的にショックを受けたと答えます。

十分な愛情を受けてきても受けてこなくても、子供にとっては自分を産んで育ててくれた両親の存在というのは、この世には代わりの人はいない唯一無二の存在です。

父親と母親の仲がどんなに悪くても、両親が実際に離婚すると聞かされると、そのことを大きなショックに感じる子供がたくさんいるのは事実です。

両親の勝手で離婚を決めるのですから、子供のショックを出来るだけ少なくして、心理的なダメージを軽減するにはどうしたらいいのか、ということを2人で真剣に考えることが大切ですよね。

【親の離婚の子供への影響②】社会の偏見を感じた

次のページ

【親の離婚の子供への影響③】成績低下

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely