国際結婚の離婚率は高い!国別統計結果公開!原因は何なの?

国際結婚の離婚率は高い!国別統計結果公開!原因は何なの?

国際結婚は離婚率がとても高い?そんな事実に迫っていきます。憧れの国際結婚だけど、してみて失敗!なんてことにならないように、国別離婚統計結果から離婚率が高い原因について考えましょう。なぜ離婚するのか、そして国際結婚を続けるコツはあるのでしょうか?

記事の目次

  1. 1.憧れの国際結婚
  2. 2.【国際結婚離婚率】憧れる理由
  3. 3.【国際結婚離婚率】離婚率は高い
  4. 4.【国際結婚離婚率】国別離婚ランキング
  5. 5.【国際結婚離婚率】妻が外国人の国別離婚ランキング
  6. 6.【国際結婚離婚率】夫が外国人の国別離婚ランキング
  7. 7.【国際結婚離婚率】なぜ離婚が多いのか?
  8. 8.【国際結婚離婚率】原因①言葉の壁
  9. 9.【国際結婚離婚率】原因②外国人男性は優しい?
  10. 10.【国際結婚離婚率】原因③日本にいるときはいいけど
  11. 11.【国際結婚離婚率】原因④人の出入り
  12. 12.【国際結婚離婚率】原因⑤家族問題
  13. 13.【国際結婚離婚率】些細な事が…
  14. 14.【国際結婚離婚率】妻外国人の離婚率が高い原因
  15. 15.【国際結婚離婚率】離婚しないコツ
  16. 16.【国際結婚離婚率】理想の国際結婚

憧れの国際結婚

「国際結婚」というワードを聞いて、まず何を思い浮かべますか?

かわいいハーフキッズ?
素敵な優しい旦那様。美人の外人妻。
里帰りが海外旅行で素敵!なんて声も。

ハーフの子が産みたい!という理由で外国人と付き合う人もいます。
でもそれ、幻想ではないですか?
実は統計を見ると国際結婚の離婚率は日本人同士の離婚率よりもグンと高い。

国際結婚にはなかなか高い壁があるようです。
かわいいハーフキッズや、素敵な旦那様へのあこがれだけで国際結婚しちゃうと痛い目を見るかもしれません。
国際結婚をするなら、勢いで結婚するよりも、まず相手の事、相手の国の事をよく知っておく必要がありそう。
それでは憧れの国際結婚事情を見ていきましょう。

【国際結婚離婚率】憧れる理由

まず、国際結婚に憧れる理由から探っていきましょう。
前項でも少し触れましたが、日本に住む外国人が多くなってきた今、そんなに外国人と付き合うことも珍しくなくなりました。
それでもなお、外国人と付き合う事には一種のステイタスのようなものがあるようで...

もちろん、その人を好きになったという純粋な理由の人もいる中、ただ「外国人」と付き合いたいという不純な人もいます。
外国人と付き合うことに憧れる理由は

①とにかくかわいい子供が欲しい
②外国人の男性は優しい(というイメージ)
③将来外国に住みたい
④里帰りが外国ってかっこいい
⑤海外旅行が多そうなイメージ
⑥外国人っていうだけでカッコよく見える

などなど。
実際、国際結婚ってそんなに良いものなのでしょうか?

【国際結婚離婚率】離婚率は高い

国際結婚での離婚率は実はとても高いのを知っていますか?

2015年の統計調査によると、国際結婚のカップルが離婚する数は1年に13000組強。
この統計は婚姻数に対して、離婚率を計算すると約7割が離婚するという事になります。
日本人同士の婚姻では離婚率は約3割なので、統計的に国際結婚の場合離婚率が大変高いことが分かりますよね。

10組に7組が離婚するという国際結婚。
国際結婚でも、統計を取ると夫が外国人の場合より、妻が外国人の方が離婚率は高いようです。
国際結婚自体が難しいのか、それとも国際結婚しているカップルの出身国別にみるとまた違うのでしょうか?

【国際結婚離婚率】国別離婚ランキング

まず平成27年の厚生労働省がとった統計によると、妻が外国人の国際結婚で離婚した数は10.440組。
対して、同じ年の統計で夫が外国人の離婚総数は3.235組。
妻が外国人の場合の離婚率が高いことが分かります。

【国際結婚離婚率】妻が外国人の国別離婚ランキング


国別で離婚ランキングを見ていくと平成27年の統計では
①中国
②フィリピン
③韓国

となっています。
その中でも統計で面白いなと思ったのは、中国、韓国は婚姻数に対して、離婚数が約6割。
その中で平成27年の離婚件数、フィリピンだけが婚姻数を上まっているのです。
つまり、フィリピンだけが以上に離婚率が高い。
なぜでしょうか?

当然、離婚原因はそのカップルそれぞれでしょう。
でも根底にあるのは金銭問題のような気もします。
出稼ぎで日本にきているフィリピン人が裕福な暮らしをしたいためあまりお互いを知らないうちに結婚と言う2文字に飛びつく。
そんなケースが多いように見受けられます。

【国際結婚離婚率】夫が外国人の国別離婚ランキング

夫が外国人の場合、統計調査による国別離婚ランキングは

①韓国
②中国
③アメリカ

となっています。
国別にみると、フィリピンとアメリカでの違いが出ましたが、韓国と中国はどちらも多いことが分かりますね。
でも、

「韓国人と中国人だと離婚しやすいんだ!」

と思う事は間違いです。
確かに国別に統計の数字だけ見るとそうですが、これは結婚件数の統計でも同じ国別の結果が出ています。
つまり、国別に離婚件数の多い上位は、結婚件数も多いという事。
それならば、特別に国別の離婚理由はないようです。

【国際結婚離婚率】なぜ離婚が多いのか?

それでは、どうして国際結婚だと離婚率が普通よりも高くなるのでしょうか?
国際結婚ならではの離婚原因があるのでしょうか?
国際結婚カップルが離婚しやすい理由を検証していきましょう。

これから国際結婚をする予定のみなさんも参考にしてみてください。

【国際結婚離婚率】原因①言葉の壁

国際結婚の離婚率が高い理由。
まず一番初めに考えられるのは

「言葉の壁」

付き合って結婚までするのだから言葉はもうしっかり通じてるでしょう?
と思うかもしれませんが、いやいや。
そんなに簡単なことではないのです。
結婚して生活をしていると最初は良くても、だんだんと言葉の壁がストレスになる人も多いのです。

例えば、日常生活で使う言葉は不自由がないとしても、役所や保険などの書類系はパートナーの協力がないと本当に大変です。
また病院なども苦労する事の一つでしょう。

特にコミュニケーションがつらくなるのが、家族団らんの場。
さすがにネイティブの会話の中に入るのは大変なこともあるのでは?
パートナーと喋る分には全く問題ないレベルの語学力も、ネイティブの中にポンと入れられると会話に入っていけないのもよくある話です。

次のページ

【国際結婚離婚率】原因②外国人男性は優しい?

関連記事

人気の記事