産後クライシスとは?産後離婚の原因と解決方法解説!

産後クライシスとは?産後クライシスとは、出産して幸せに子育てしているはずの夫婦に訪れる危機のこと。最悪の場合、離婚に至ってしまうことも…。産後クライシスの原因や、離婚以外の解決法について解説していきます。後悔しないために、ちゃんと知っておきましょう。

産後クライシスとは?産後離婚の原因と解決方法解説!のイメージ

目次

  1. 産後クライシスとは?最悪離婚を覚悟しなくちゃいけない?
  2. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?1
  3. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?2
  4. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?3
  5. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?4
  6. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?5
  7. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?6
  8. 【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?7
  9. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?1
  10. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?2
  11. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?3
  12. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?4
  13. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?5
  14. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?6
  15. 【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?7
  16. 産後クライシスになりやすい人とは?1
  17. 産後クライシスになりやすい人とは?2
  18. 産後クライシスになりやすい人とは?3
  19. 産後クライシスは夫婦の試練!いっしょに乗り越えましょう!

産後クライシスとは?最悪離婚を覚悟しなくちゃいけない?

近年、出産した多くの女性が、産後クライシスに陥ると言われています。産後クライシスとは、出産してから2年以内で、夫婦仲が急激に冷めていく現象のことを言います。

平成23年度の厚生労働省がシングルマザーに対して行った調査によると、子供が0~2歳の時に離婚を決意したというデータが30%ほどにも上るそうです。

平成24年にNHKで放映された「あさイチ」という番組で、産後クライシスという現象が提唱されたことも引き金になっています。

いつまでも続くわけでない産後クライシスで、セックスレス、夫婦間の会話がなくなる、挙句離婚なんて、できれば避けたいところですね。

今回、産後クライシスの原因や解決法、そして産後クライシスになりやすい人についてお話します。一生の後悔にならないように、産後クライシスとは何か、しっかり把握しておきましょう。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?1

【ママのホルモンバランスの乱れ】

産後クライシスの原因1つ目は、ママのホルモンバランスの乱れによるものです。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量がグンと増えますが、出産を終えると、それらのホルモンが急激に減っていきます。ホルモンの急激な変化は、自律神経の乱れも引き起こします。

自律神経が乱れると、体のあちこちに不調が生じ、精神的にも不安定になり、ちょっとしたことでイライラしたり、セックスレスに陥ったりします。

本人の意思とは関係なく、勝手に感情が左右されてしまいます。頭のどこかで「この態度はよくない」とわかっていても、コントロールできない苦しみと戦っているのです。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?2

【ママの育児ストレス】

産後クライシスの原因2つ目は、ママの育児ストレスによるものです。

出産を終えた後に待ち構えているのは、24時間休む暇もない子育てタイムです。いつまでも泣き止まない赤ちゃんにつきっきりで世話しなければならないかもしれません。

寝不足に加え、赤ちゃんの抱っこやおんぶによる腰痛と戦う日々で、精神がすり減っていくのも仕方がありません。

生活リズムがないと言っても過言ではなく、赤ちゃんを育てなければならないという使命感や責任感で、ピリピリしがちになるでしょう。

産後体調の回復が遅ければ、さらにピリピリ感は助長されます。いつまでも過酷な子育ては続かないとわかっていても、多大なストレスがママに襲いかかるのです。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?3

【夫の協力度合いが低い】

産後クライシスの原因3つ目は、夫の協力度合いが低いことです。

現在は「イクメン」という言葉がかなり浸透してきていますが、実際のところ、妻の理想とするイクメンとは大いにかけ離れているのが現状のようです。

子育てに自発的に参加するよりは、自分のことを優先する自称イクメン夫が多いのです。

さらに悪いことに、妻が「ちょっと手伝ってよ!」と言おうものなら、「オレが稼いでるんだけど」と言い出す始末。これでは妻の心が離れ、セックスレスになってしまうのも無理ありません。

夫は自分が手持ち無沙汰の時だけ子育てするのではなく、妻が普段いかに大変かを理解して、自発的に子育てに参加しなければならないでしょう。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?4

【社会に取り残された気になる】

産後クライシスの原因4つ目は、社会に取り残された気になることです。

女性の多くは、結婚すると環境ががらりと変わります。仕事を辞め、新しい場所に移り住み、慣れない子育てに奮闘していると、世界が自分と子供の二人きりのような気分になってきます。

シングルの友達が遊びに来てくれても、話題や感覚がまったく合わなくなったことに愕然としてしまう人もいるでしょう。

今はSNSが発達しているので、少しは社会とつながりを持って、常に誰かと会話している気分になれますが、それでもどこか社会とのつながりが希薄になった感があるのは否めません。

また、今自分が置かれている状況がいつまで続くのかと思うと、気持ちが塞いでしまうこともあるようです。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?5

【理想のイクメンじゃない夫への怒り】

産後クライシスの原因5つ目は、理想のイクメンじゃない夫への怒りがあるからです。

今メディアではイクメンが当然のように騒がれており、多くの女性の頭の中には、「イクメンとはこうあるべき」という考えが埋め込まれている節があります。

ところが、自分の夫はイクメンどころか、まったく子育てに関与しようとしない。

この理想と現実との大きなギャップに、絶望感すら抱いてしまうのです。よその旦那さんの理想のイクメンぷりを見て、「どうしてうちの夫はこうじゃないんだろう?」とうらやましくなることもあるでしょう。

子供と遊んでいるだけ、一切家事を手伝ってくれないという夫の態度は、セックスレスから離婚に至る時間を縮めるだけ、ということを自覚すべきかもしれません。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?6

【夫婦間のコミュニケーションが足りない】

産後クライシスの原因6つ目は、夫婦間のコミュニケーションが足りないからです。

夫も妻も、結婚生活を送るうちに、お互いに対するねぎらいの気持ちが薄らいできます。

でも、子育てで精神的にも体力的にも追い詰められている妻に対してねぎらいの一つもないのでは、ただ追い込んでしまうだけです。

最初はこと細かに家や育児のことを相談していた妻が、夫のあまりに上の空の対応に激怒し、心の溝が深まっていくなんてことも…。

コミュニケーションがなくなり、セックスレスになってしまうと、離婚はもう間近です。後悔しないためにも、お互いに関心を持つことは必須事項と言えます。

【最悪離婚?】産後クライシスの原因とは?7

【パパとしての自覚のなさにイラ立つ】

産後クライシスの原因7つ目は、夫のパパとしての自覚のなさにイラ立つからです。

24時間戦闘態勢に入った妻と違い、夫は朝起きて、仕事に行って、夜家に帰って来るという生活スタイルにほとんど変化がありません。

子供がそばにいようといまいと、自分の生活スタイルを崩そうとしないのです。

それどころか帰って来た途端に、「オレのごはんは?」「子供がうるさいぞ」と人任せなセリフを口にし、妻のイライラを助長することがあるようです。

そんな無責任な夫への愛情が薄れ、セックスレスになるのは当然のなりゆきと言えます。いつまでもパパとしての自覚がないのは、ある意味大きな罪ですね。

■参考記事:夫婦喧嘩は子供に悪影響が!?コチラも参照

夫婦喧嘩の子供への影響7つ!かなりの悪影響が?

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?1

【してほしいことを言葉で伝える】

産後クライシスを乗り越えるための解決法1つ目は、してほしいことを言葉で伝えることです。

基本的に、体の構造も考え方も何もかもが異なる男という生き物は、出産後の女性が心身ともにどれほど大変かなんて想像が尽きません。

特に女性がやりがちなのが、「言わなくてもわかるでしょ!?」と言わんばかりに、イライラした態度を見せることです。

ドアをピシャっと閉めたり、夫の前で大きなため息をついたり…それでは残念ながら、いつまで経っても何も伝わりません。

察することに疎い男性は、言葉にしてもらわないと女性が何を考えているか本気でわかりません。「子供あやしてくれない?」「家事手伝ってくれない?」と、具体的にお願い事を口にする必要があります。

ちょっと面倒かもしれませんが、これも男の習性と考えて、言葉で伝えるクセを身につけましょう。

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?2

【夫に完璧を求めない】

産後クライシスを乗り越えるための解決法2つ目は、夫に完璧を求めないことです。

最初から多くを期待するから、後になって後悔することになるのです。あいにく、多くの男性の家事・育児能力は、女性のそれよりはるかに低いと考えて差し支えないでしょう。

つまり、「なんで同じようにできないの?」ではなく、「あ、これできたからOK!」に発想を転換するのです。

期待しなければ、夫の言動に対していつまでもストレスを感じることはありません。

また、たとえ不出来に見えても、「助かったよ、ありがとう!」「また今度もよろしくね」と感謝の言葉を伝えることで、「よし!次もがんばるぞ!」とやる気を出すことにもつながります。

夫のすることに素直に感謝できるようになれば、妻の気持ちも軽くなり、セックスレス・離婚に至ることはないでしょう。

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?3

【産後クライシスとは何かをわかってもらう】

産後クライシスを乗り越えるための解決法3つ目は、産後クライシスとは何かをわかってもらうことです。

多くの男性は感情や感覚で物事を理解する能力に長けていません。なんだか妻がイライラしてるのはわかっても、それがセックスレスや離婚の原因になるとは思い至らないのです。それは、本気で妻の感情が理解できないからです。

そこで、産後クライシスとは何かということを、具体的に教えてあげましょう。理屈でどういうものか伝えられると、スッと頭に入ってくる男性は多いものです。

出産・育児の大変さが知識としてあれば、子育てに参加しようとする意欲が湧いてくるはず。「自分がパパとして何ができるか?」と考える機会にもなるでしょう。

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?4

【夫婦間のコミュニケーションを増やす】

産後クライシスを乗り越えるための解決法4つ目は、夫婦間のコミュニケーションを増やすことです。

セックスレスになるのも、離婚してしまうのも、多くは夫婦間のコミュニケーション不足が原因だと言われています。

コミュニケーションとは、夫婦の対話をするということ。元々他人同士である夫婦ですから、考え方や価値観に違いがあるのは当然です。

いつまでも逃げて対話しないと、事態をより深刻にしてしまいます。それぞれが思い描く人生プラン、理想の子育てなど、じっくりと話し合う必要があるのです。

お互いの感情に寄り添い、大切なことを対話するクセが身につけば、産後クライシスはあって無きがごときになります。

今セックスレス、もしくは離婚の危機を迎えている夫婦は、何よりもコミュニケーションをとることに注力してください。

■参考記事:夫婦円満の秘訣は?コチラもチェック!

夫婦円満の秘訣11選!夫婦が仲良くいるためにできること

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?5

【自分でリフレッシュ時間を設ける】

産後クライシスを乗り越えるための解決法5つ目は、自分でリフレッシュ時間を設けることです。

夫の協力があるかないかはさることながら、育児ストレスに陥るママの中には、自分で自分を追い込んでしまう人もいます。

子育てという重大な責務を負っているのはわかりますが、それでもある程度の息抜きは必要です。

子供といっしょに近くの公園に出かけたり、子供を預けてヨガ教室に参加したりと、1日のどこかにリフレッシュする時間を設けましょう。

そしてイライラするのも、突然感情が爆発してしまうのも当然と、自分を受け入れてあげましょう。いつまでも大変な子育ては続きません。後に「そんな自分もいたな」と思えるといいですね。

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?6

【期間限定で実家に帰る】

産後クライシスを乗り越えるための解決法6つ目は、期間限定で実家に帰ることです。

男性の中には、産後クライシスという状況を理解していても、セックスレスや離婚などの切羽詰まった状況にならない限り、いつまでも家事を手伝うなどの具体的な行動を起こせない人もいます。

特に生後3ヶ月目までは、最も大変な時期と言われているので、この時期に協力が得られないと辛いです。

いつまでも夫の協力を得られる気配がないなら、期間限定で実家に帰るのも一つの手です。実母なら、育児の大変さを十分に理解しているので頼りやすいでしょう。

もしくは、実母に家に来て手伝ってもらうのもいいですね。それくらい、子育ては大変なものだと夫に理解してもらわなければなりません。

【後悔しないために】産後クライシスの離婚以外の解決法とは?7

【外部(自治体・子育て相談窓口)にサポートを頼む】

産後クライシスを乗り越えるための解決法7つ目は、外部にサポートを頼むことです。

子育てはいまや、国をあげての一大事業と言っても過言ではありません。いつまでも一人で子育てに悩んでいないで、自治体や子育て相談窓口を探して、利用してみましょう。

市町村によってサービスやサポート内容は異なりますが、いずれにしてもママの大きな力になることは確かです。

自分一人で突っ走って後悔しないように、助けてもらえる場所があるなら、ちゃんと利用して助けてもらいましょう。

産後クライシスになりやすい人とは?1

産後クライシスは大なり小なり、どの夫婦にも起こり得るものです。しかし、産後クライシスになりやすい人は、少なからず存在します。

産後クライシスになりやすい人としてまず挙げられるのは、完璧主義なママです。

まわりが気になって完璧を目指してしまう、育児書通りにならないとヒステリーになりやすい人が該当します。

産後クライシスになりやすい人とは?2

産後クライシスになりやすい人その2は、亭主関白・仕事一筋のパパです。

このタイプがなぜ産後クライシスになりやすい人なのかと言うと、パパとしての自覚が足りないからです。結婚・妊娠前は男性としての魅力にあふれていても、産後には一気にイライラの元になってしまいます。

■参考記事:亭主関白なタイプにはどんな特徴が?コチラも参照!

亭主関白になりそうな男性の特徴・心理11選!あなたの彼氏はどう?

産後クライシスになりやすい人とは?3

産後クライシスになりやすい人その3は、コミュニケーションや対話がない夫婦です。

結婚生活を普通に送っているだけでも、お互いの小さな不満は日々溜まっていきます。長く夫婦生活を続けていくには、その都度不満を吐き出すコミュニケーションが必要です。

産後クライシスになりやすい人は、この小さな不満を吐き出すことができず、突然爆発する傾向があります。

産後クライシスは夫婦の試練!いっしょに乗り越えましょう!

産後クライシスになりやすい人にとってもそうでない人にとっても、実は産後クライシスは夫婦の成長のために必要な試練です。

セックスレス、離婚の危機を経て、妻は思い通りにならない現実への適応力を身につけ、夫は理不尽なことを受け入れる器が強化されます。

産後クライシスで免疫がつくことで、その後の夫婦の絆も強まること間違いなしです。夫婦いっしょに産後クライシスを乗り越えましょう!

産後の過ごし方についてもっと情報を知りたいアナタに!

産後に痩せない原因は?ダイエットや母乳育児で痩せられるの?
産後に食事の注意点!良い食べ物と食べてはいけないものは?
産後の便秘の原因と解消法7選!【便秘が辛いママ必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ