キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの色や使い方を解説!

プチプラで、ふわっふわのお肌になれる!と大人気のキャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー。色々な種類があるお粉で、キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーが支持を集めている理由を探ってみたいと思います。使い方や色についても詳しく解説してきますよ。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの色や使い方を解説!のイメージ

目次

  1. プチプラの定番!キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー
  2. マシュマロフィニッシュパウダーでふわふわ肌を作る♪
  3. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーのケースチェック
  4. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方
  5. お粉とファンデーションの違いってなんだろう?
  6. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方:リキッドファンデ
  7. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方:パウダーファンデ
  8. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーはファンデにも?
  9. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは化粧直しにも
  10. お粉は色補正やテカり防止効果も
  11. お粉は透明色と肌色の2種類
  12. お粉の色の違いについて:透明色の特徴
  13. お粉の色の違いについて:色付きの特徴
  14. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは色つきタイプ
  15. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは何色がある?
  16. 携帯に便利な「プレスト」 優しいベールのような「ルース」
  17. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーはプレストタイプ
  18. お粉の色は白浮きしないように注意
  19. ファンデの色とお粉の色、それぞれの色合わせは大切
  20. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー4色から馴染む色を選ぼう
  21. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは詰め替えもある
  22. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの詰め替え方法
  23. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順①
  24. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順②
  25. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順③
  26. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順④
  27. 無理は禁物!ケース破損の恐れも
  28. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー塗り方比較:パフ
  29. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー塗り方比較:ブラシ
  30. パフ?ブラシ?道具の使い方で仕上がりが変わる
  31. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミまとめ!
  32. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:仕上がりは?
  33. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:パフは?
  34. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:色は?
  35. キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:カバー力は?
  36. 口コミでも絶大な評価を集めるプチプラコスメ!
  37. お粉選びに迷ったらキャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーを♪

プチプラの定番!キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー

キャンメイク、と言えばプチプラで品質もいいと愛用者が多い化粧品というイメージではないでしょうか。中でもお粉では絶大な人気を誇るのがキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーです。

メイクの初心者から上級者まで、年代を問わず選ばれているお粉なんですよね。

プチプラながらおしゃれ女子からの信頼が暑い、キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーについて詳しく見ていきたいと思います。

マシュマロフィニッシュパウダーでふわふわ肌を作る♪

マシュマロフィニッシュパウダーは、塗るだけでふわふわの柔らかいお肌を作ることができるんですよね。

ベタつきやテカりもしっかりと抑えてくれるので、脂性肌の女子もベースメイクをがっちりキープしてくれる効果もありますよ。

肌のムラや毛穴などもカバーしてくれますので、綺麗なお肌を作るためには欠かせない化粧品の1つと言えるでしょう。

乾燥肌の女子にだって、ファンデーションをしっかりと肌に密着させてくれる効果だって期待できます。どんな肌質の方にもスベスベで滑らか、そしてふわふわの柔肌を作ってくれるのがキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーの実力です。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーのケースチェック

マシュマロフィニッシュパウダーは効果だけでなく、見た目だってとってもオシャレです。

やはり女子にとって化粧品とは、ポーチに入れていてもかわいいアイテムが好きなもの。普段は外に出さないのですがケースの品質だって大切です。

まずデザインはプラスチック製なのですが、ゴールドのキラキラがゴージャス感とかわいさをアップ!

プラスチック製ケースにありがちな安っぽさを感じさせません。

またケースの開閉操作の触感も大切です。

やや重めの操作感で「カチッ」と気持ちいい開閉音。使っていく程、手に馴染む感覚はプチプラ化粧品には思えないほどケースまで作り込んであるな、という印象ですね。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方

続いてはキャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方を見ていきましょう。化粧品の中でも、パウダーファンデーションしか使っていないという女子は、「お粉の使い方がよく分からない」という方もいるのではないでしょうか。

リキッドファンデーションの後に使うのが一般的だと思いますが、実はそれだけではないんですよね。

ファンデーションとお粉の特性の違いや、使い方を比較しながら確認していきます。

お粉とファンデーションの違いってなんだろう?

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーはお粉(フェイスパウダー)に分類されますが、このお粉とファンデーションは何が違うのか比較してみましょう。

ファンデーションはベースメイクとして化粧品の中では一般的なアイテムです。これは顔料という肌色の粉成分と油分を混ぜて、肌に密着させるためのもの。効果は知っての通り、肌を綺麗に見せたり、肌色を明るくしたりするものです。

対してお粉はファンデーションとほとんど成分が変わりません。違いはファンデーションに入っている油分がお粉には入っていないということなんですよね。肌への密着はファンデーションより弱いものの、目に見えない肌の小さな凸凹に入り込み、つるんとした肌に見せる効果があるんです。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方:リキッドファンデ

いよいよキャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方を見ていきましょう。

まず一般的なお粉の使い方がリキッドファンデーションの仕上げとして使う方法ですよね。

指やパフ、ブラシを使ってリキッドファンデーションを塗ったら、その上からパフやブラシでお粉を均一にはたいていきます。このときたくさんのお粉を取ってゴシゴシこするのはNG。

「ぽんぽん」とお肌の上に優しく乗せていくように全体に馴染ませましょう。

リキッドファンデーションのみと、その上からお粉をはたいた状態を比較すると、リキッドファンデーションよりも肌にちゃんと密着してくれて、化粧持ちが変わります。

またファンデーションを塗った後でも、顕微鏡レベルの視点で見ると、まだまだ肌表面に凸凹が残ります。その凸凹にお粉が入り込むことによって、さらに毛穴レスな肌に見せてくれるんです。さらに肌全体に適度なツヤも出てくるんですよ。

塗ってみると「こんなものなのかなー?」とあまり実感が沸かないんですが、お粉を無しにして比較してみるとその差は歴然です。


◆関連記事:キャンメイクの良品はこちらにもまとめています

アイシャドウベース・下地おすすめ人気ランキング13選!キャンメイクなど
キャンメイクのアイシャドウがCHANELに激似で話題に!【新作】

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの使い方:パウダーファンデ

普段パウダーファンデーションをお使いの方は、お粉を使う機会が少ないかもしれません。

けれどもパウダーファンデーションの場合、下地とパウダーファンデーションの間に塗る使い方があるんです。

下地の上にお粉をはたいておくと、表面の凸凹をお粉が埋めてくれます。その上からパウダーファンデーションを塗るので、下地から直接パウダーファンデーションを塗った場合と比較して、ファンデーションがムラなく伸びるようになるんですよね。

また脂性肌の方は化粧崩れが気になるところですが、お粉を間にはたいておくだけで、浮いてきた油を吸収。パウダーファンデーション単体で使った場合と比較しても、油でファンデがドロドロになってくれるのを防いでくれます。

もちろんどんな化粧品を使っても化粧崩れを完璧に防ぐことは難しいので、こまめなティッシュオフは必要になります。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーはファンデにも?

ファンデーションのぴたっと張り付く感じが嫌い、ファンデよりももっと薄付けで使いたい!こんな女子もいますよね。

そんなときお粉をファンデの代用にしても大丈夫なんですよ。ファンデーションと比較するとカバー力や密着力は劣ります。でもナチュラルに自分の素肌を生かすためには、これほどいい化粧品はありません。

ナチュラルメイクに仕上げたい方や、肌が綺麗な学生さんには化粧下地+ファンデーションという組み合わせではなく、日焼け止め+マシュマロフィニッシュパウダーという組み合わせをおすすめしたいですね。

また普段用やきちっとメイクをしたいときと分けてメイクをしても、肌への負担を減らすことができます。

マシュマロフィニッシュパウダーは油分をほとんど含まないので、ファンデーションを塗ったときの肌ダメージを比較するとクレンジングも最小限に抑えることができます。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは化粧直しにも

リキッドファンデーションを普段から使う方には常識かもしれませんが、お粉はリキッドファンデーションの化粧直しにも使うことができます。

パウダーファンデーションならば、そのままパウダーファンデーションを崩れたところに重ねても厚塗りになりにくく、悪目立ちしません。

けれどもリキッドファンデーションが崩れてしまったとき、これをリキッドファンデーションで重ねると上手くいきません。なるべく早い段階で、化粧が崩れてしまった部分に上からお粉を塗っていくと化粧直しとして使えるんですよね。

化粧直しでのお粉の使い方は、付属のパフに取ってくるくると回すようにつけるだけ。とっても簡単です。

化粧直しの前後で比較しても、大きく目立たず時短でメイク直しができます。ちょっとした細切れの時間にも簡単に化粧直しができちゃいます。

お粉は色補正やテカり防止効果も

お粉の効果はリキッドファンデーションを使ったとき、肌をなめらかに見せてくれるだけではありません。

色によっては肌を立体的に見せてくれたり、ファンデーションの色を際立たせてくれたりする色補正効果も期待できます。またお粉には油分がほとんど含まれていないものが多いので、顔から出る皮脂を吸着してテカりを抑えてくれる効果も。

肌を綺麗に見せてくれて、さらに色も補正、化粧崩れにも効果がある、という色々な効果が期待できるお粉。これは使わない手はありませんよね。

お粉は透明色と肌色の2種類

お粉の色タイプは大きく分けて2つ。

ルーセントパウダーという透明色と、色の付いた肌色の2種類です。

ルーセントタイプのものは、透明なお粉でファンデーションや顔表面の凹凸に入り込んで、滑らかなツヤをプラス。お肌に透明感を与えてくれます。

色の付いたタイプは、肌を滑らかに見せる効果はもちろんカラーによっては明るくしたり、血色感をプラスしたりするものです。

お粉の色の違いについて:透明色の特徴

先程も少し触れていますが、お粉の色の違いについても見てみたいと思います。

これはキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーに限らず、どんなものでも当てはまることなので覚えておいて損はありません。

まずは透明色のお粉、ルーセントタイプから見ていきましょう。

ルーセントタイプはお粉そのものの素材が透明なものを差します。そのためファンデーションの色を活かしながら、滑らかな肌を演出。そして仕上がりはナチュラルですっぴん肌を目指すならばこちらのルーセントタイプがいいでしょう。

ただ1つ注意しておきたいのが、透明の素材という点。

ごく細かな微粒子1つ1つが透明でも、光は反射して見えるんです。その光を反射することで白く見えてしまうんですよね。光を反射しているガラス窓が白く見える現象と同じとイメージしてもらえれば大丈夫です。

そのため必ずしも目に見えないお粉を乗せているという感覚よりも、白い粉末を塗っているように見えるんです。パフなどでしっかり塗れば塗る程この見え方は顕著になるので、薄く全体に伸ばしたら必ず余分なお粉はブラシで払うようにしましょう。

あくまでファンデーションや肌のごく小さな凹凸の隙間を、お粉で埋めてあげるようなイメージで使ってください。

お粉の色の違いについて:色付きの特徴

お粉の色付きタイプはいくつかカラーラインナップがあるものが多いですね。

その中で自分に合う色を探す必要があるんですが、どんな肌悩みがあるかによって選ぶポイントも変わる場合があります。

化粧下地の色の選び方と同じで、赤みがあればグリーン系、血色感をプラスしたいならばピンク系、全体的に肌のアラを隠したいのであればオークル系。といった具合で、お粉にも同じことが言えます。

多くのお粉はベージュ、オークル系のカラー展開が多いので、自分のファンデーションの色と馴染む色をチョイスすれば大きく外すことはありません。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは色つきタイプ

さて、お粉の色について見てきましたが、キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーのラインナップは全て色つきタイプ。

日本人の肌色に近い3色をラインナップしています。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは何色がある?

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの色を全て見てみたいと思います。

[MO]マットオークル お肌を明るく見せてくれる、マットなライトオークル。
[MB]マットベージュオークル お肌にスッとなじむ、ナチュラルオークル。
[ML]マットライトオークル 透明感を演出するライトオークル。
[MP]マットピンクオークル  表情を柔らかくするピーチオークル。

この中で一番標準的なのがマットオークル。色白さん用のマットライトオール。美しいピンクの血色肌を目指すマットピンクオークル。健康的な小麦肌さん向けのマットベージュオークル。とそれぞれなっています。

携帯に便利な「プレスト」 優しいベールのような「ルース」

ここまでマシュマロフィニッシュパウダーの色を見てきましたが、お粉にはまだ性状で分類されています。

まず1つ目はギュッと押し固められたようなプレストタイプ。こちらは屋外での化粧直しにも粉が舞うことなく使えますので化粧直しにも最適です。

もう1つはサラサラの粉状で風ですぐに舞ってしまうため化粧直しにはちょっと不向き。ただ質感が細かく柔らかくなりますので、ふんわりした肌にしたい場合はルースタイプを選びましょう。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーはプレストタイプ

キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーの性状はプレストタイプです。

ふんわり柔らかい質感のルースタイプと比較すると、ポーチに入れて持ち歩くのがとっても便利♪また化粧直しも場所を選ばず、ケースの中にパフもついているので手軽さは大きなポイントですね。

お粉の色は白浮きしないように注意

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは4色ありましたが、ファンデーションの色とちゃんと合わせた使い方を心がけてください。

ファンデーションよりもカラーバリエーションが少なめのお粉では、ついつい明るすぎる色を選んでしまう人もいるんですよね。ファンデーションの色を合わせても、お粉が合っていないだけで白浮きの原因に。

べったり塗りすぎてしまうような使い方も白浮きの原因の1つ。

お粉の色はファンデーションに合わせて、さらに薄付けをするように気をつけて使ってくださいね。

ファンデの色とお粉の色、それぞれの色合わせは大切

お粉でもマシュマロフィニッシュパウダーはそこそこのカバー力があるんです。なのでファンデとお粉、それぞれの色をちゃんと合わせるようにしなければいけません。

化粧品の中でも、お粉は肌を滑らかに、そして立体的に見せてくれる大切なアイテムです。しかし使い方を間違えて色が合っていない場合には、白浮きや顔だけ全体的にくすみや、色沈みをして見えてしまうこともあります。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー4色から馴染む色を選ぼう

お粉の色合わせはとっても大切だということが分かったところで、キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーの4色から自分に一番馴染む色を見つけていきましょう。

色白さんから小麦肌さんまで4色展開なので、自分に合ったお粉の色が必ず見つかるはず♪

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーは詰め替えもある

プチプラで使いやすいと評判のキャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー。

コンパクトと中身がセットになったものと、中身のみ(レフィル)が販売されています。化粧の仕上げに、化粧直しにと大活躍のマシュマロフィニッシュパウダーなので、毎回コンパクトを捨てるのもなんだか勿体ないですよね。

ちゃんと詰め替えの中身がありますので財布にもお得です♪

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの詰め替え方法

ここで詰め替え用レフィルの詰め替え方法を見ていきたいと思います。

中身だけすぐに外れると思ったら、これが動かないんですよね(汗)詰め替え方法はとっても簡単なので、ついでにチェックしておきましょう。

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー
756円
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順①

まずはケースの背面を見てみましょう。

小さな穴があるのが分かりますか?この穴に小さな細い棒を通して入れ替えます。クリップを開いて使ったり、裁縫用の針でも大丈夫です。

ケースがコンパクトが固めのグリスのようなものでくっついていますので、少し抵抗がありますがギュッと押せば簡単に外すことができます。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順②

ケースと中身が外れたら、使い切った中身を捨てます。

このときケースにはもともとついていたグリス状の接着剤が残っています。気にならない方はそのままでも構いませんが、気になる人は洗剤などで洗ってしまいましょう。

ケースの掃除ついでに洗ってしまっても大丈夫ですね。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順③

そして詰め替え用レフィルをケースにそのままセットします。

このときケースに残っていたグリス状の接着剤はついてきますので心配はいりません。

さらに上下などの向きもありませんので、上からそのまま詰め替え用レフィルをはめこむだけ。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー詰め替え手順④

詰め替え用レフィルをセットできたら後はパフ。

パフはケースの中に収まるよう、非常に薄くなっていて耐久性も低めです。

そのため詰め替え用レフィルの中に新品のパフも入っていますので大丈夫ですよ。空っぽになった中身と一緒に捨ててしまいましょう。新しいパフに取り替えることができれば衛生的にも安心です。

無理は禁物!ケース破損の恐れも

詰め替え用レフィルに交換するとき、ケース背面の小さな穴を見落としてしまうと無理に内側を外そうとしてしまいます。

ドライバーなどでも詰め替え用レフィルが持ち上がらないこともないのですが、ちょっとケースに無理がかかりますので最悪破損の恐れも。

詰め替え用を用意しておきながら、ケースを破損させてしまうと別途ケース付きの新品を買わなければいけなくなると切ないですからね。無理は禁物です。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー塗り方比較:パフ

お粉の塗り方にはパフを使った方法とブラシを使った方法があります。

そこでそれぞれ塗り方によってどんな差が出るのか比較してみたいと思います。キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーは付属のパフがついてきますが、塗り方を比較してみたら「やっぱりブラシがいい」という方も。

まずはパフ塗りから見ていきましょう。

お粉のパフ塗りの特徴はベースメイクにしっかり感が出ることですね。

特にマシュマロフィニッシュパウダーはマットな質感の肌を作るのが得意。ファンデーションとお粉で肌をムラ無くカバーしてつるんとした陶器のような肌を作ってくれます。

パフはある程度しっかりめにお粉が付きますので、こうした陶器肌を目指すのにはピッタリです。カバー力高めの陶器肌を目指す貴女にはパフをおすすめ♪

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダー塗り方比較:ブラシ

パフとブラシを比較するとブラシはパフよりも薄付けです。

ブラシ塗りの特徴は薄付けでナチュラル感が出ること。肌に素肌感、透明感を求める場合はブラシで薄くお粉を使った方がよりナチュラルな質感を目指すことができます。

肌をマットにしすぎてしまうと、光によるハリやツヤを控えめに見せてしまう場合も。ハリやツヤを抑えてしまうために、お粉の塗りすぎは年齢よりも老けた素肌に見られてしまう欠点もあります。

若々しくみずみずしいツヤ肌を目指すならブラシ塗りで決まりです♪

パフ?ブラシ?道具の使い方で仕上がりが変わる

お粉に限らず、使う道具によって肌の仕上がりが変わってくるのは化粧品共通です。

パフとブラシでお粉の仕上がりを比較しても、「しっかり派」と「ナチュラル派」で好みが分かれるところかもしれませんね。

また同じブラシでも、しっかりと凹凸をブラシで埋め込むように塗るやり方や、軽く肌表面をブラシで撫でるようにふわっとカバーするやり方もあります。同じ道具、同じ化粧品の使い方でも仕上がりに差が出るんですよね。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミまとめ!

化粧品を取り扱う大手サイトで、プレストパウダー№1の座に輝いているキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー。

口コミもかなりの数で、仕上がりや色、使い方など、化粧品全体の中でもかなりの大ヒット商品だということが分かりますね。

その大手化粧品サイトから口コミを厳選して紹介していきたいと思います!

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:仕上がりは?

「マシュマロフィニッシュパウダー」の名前はさすが!マシュマロのようなサラサラマットな肌が作れる、と仕上がりの口コミも上々です。

お人形さんのような肌、なのでやはり仕上がりはマット寄り。今流行している韓国メイクもマット肌仕上げが基本になるので、オルチャンメイクのベースにも最適かもしれませんね。

使用感は ふわっと軽く触るとスベスベ お人形さんのようなマシュマロ肌に

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:パフは?

化粧品の中でもプチプラで大人気のキャンメイク。パフの品質はちょっと薄くて使いづらい、という口コミが多く寄せられていますね。

こちらに紹介した口コミは「マシュマロフィニッシュフェイスブラシ」というアイテムですが、付属のパフではなく別のツールを購入する方も多いようです。

マシュマロフィニッシュパウダー用のブラシとして購入しました。 元から入っているパフが薄くて塗りにくいので、こちらを購入したのですが、コンパクトの中に収納出来るので、便利です。

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:色は?

プチプラでカラーバリエーションが少ないながら、肌色に合うと口コミも。塗ってすぐは少し白さが気になるけれど、時間経過とともに肌に馴染んでくるという口コミもよく見られます。

さすがに色の種類はデパコス化粧品と比べてしまうとどうしても見劣りしますが、この値段でこの色ならば納得という口コミでの評価ですね。

マットライトオークル使用。 ブルベ色白肌ですが、プチプラのカラバリが少ないファンデーションにしては肌色に合います(^-^)

キャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーの口コミ:カバー力は?

薄付けでもカバー力はなかなかの実力!ということで高い評価を集めていますね。

ただ薄付けでカバー力は十分ということは、厚塗りの場合、粉っぽさやきしみが出てしまいやすい、という欠点も口コミで寄せられています。

薄づきでもしっかりしたカバー力。仕上げに使うだけで化粧下地やBBの持ちが全然違います!マットライトオークルを購入。イエベ秋の私には少し明るい色かも?と思いましたが、使ってみると肌が自然にワントーン明るくなって一気に華やかな印象になります。フィット感が凄いです。

口コミでも絶大な評価を集めるプチプラコスメ!

キャンメイクの代表的な人気商品になりつつあるマシュマロフィニッシュパウダー。

口コミでも値段を考えると、この性能はスゴイ!と高い評価が集まっているのも納得ですね。プチプラなので、社会人だけでなく、学生さんだって気軽に試すことができるのがこれだけマシュマロフィニッシュパウダーが広まった1つの要因ではないでしょうか。

お粉選びに迷ったらキャンメイクマシュマロフィニッシュパウダーを♪

もうちょっとだけファンデーションにカバー力が欲しい、リキッドファンデに変えるからお粉は何にしよう、マット肌を作るのにいいお粉は・・・?

とお粉選びに迷っている貴女、ぜひぜひキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーを試してみてください。

ファンデの変わりに、マットな肌作りに、ファンデのカバー力をちょっと助けてあげるのに、たくさんの役割をこなしてくれるお粉ですよ。

もっとキャンメイクについて知りたい方はこちら

キャンメイクの福袋2018!通販で予約できる?中身ネタバレも!
キャンメイクのアイシャドウ人気ランキング!使い方や色のおすすめは?
キャンメイクのまつげ美容液口コミ・効果・副作用!正しい使い方は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ