飲み会が嫌いな人必見!苦手意識を克服する方法とは?

飲み会が嫌いな人、飲み会が苦手な人って結構いるんですよね。お酒が嫌いだったり、飲み会の独特のワイワイとしている感じが苦手だったりと理由は様々。大学生の時の楽しい飲み会から会社員になって苦手になったという人もいます。今回は飲み会苦手を克服する方法をご紹介します。

飲み会が嫌いな人必見!苦手意識を克服する方法とは?のイメージ

目次

  1. 飲み会が苦手な人、嫌いな理由
  2. 自分の中でなぜ飲み会が嫌いなのかを苦手意識を探る
  3. 飲み会に参加するメリットを考えて飲み会嫌いや苦手を克服する
  4. 大学生の飲み会苦手、嫌いな人必見!大学生飲み会でのメリット
  5. 仕事の飲み会苦手、嫌いな人必見!会社員飲み会でのメリット
  6. 大学生の飲み会苦手、嫌いな人必見!大学生飲み会のデメリット
  7. 会社員の飲み会苦手、嫌いな人必見!会社員飲み会のデメリット
  8. 苦手、嫌いだからと言って飲み会に行かなくてもいい?
  9. 苦手、嫌いだからと言って飲み会参加を断ると?
  10. (1)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜すべきは捨てる〜
  11. (2)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜メリットを見る〜
  12. (3)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜タイムリミット〜
  13. (4)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜好きなこと〜
  14. それでも苦手、嫌い意識を克服できなかったら?
  15. 飲み会の苦手意識は自分の少しの意識で変わる!

飲み会が苦手な人、嫌いな理由

飲み会が苦手な人、飲み会が嫌いな人の理由は様々です。飲み会が苦手、嫌いという人は理由があって飲み会が嫌だということになります。例えばお酒が嫌いだったり、お酒は飲めるけどあまり得意ではない、むしろ苦手だったり、大学生の時の楽しい飲み会は好きだったけど、会社員になって仕事上の付き合いの人との飲み会が苦手だったり、単純に飲み会が疲れるという理由もあったりします。

飲み会が嫌いだから、苦手だからと簡単に断ることができたらいいのにと思う人も多いのではないでしょうか。疲れるからできれば行きたくないけど、仕事の関係上飲み会を断ったら会社内で浮きそうで怖いと思っていて、疲れる飲み会に行くのが苦痛で仕方がないという人のために今回は飲み会嫌い、飲み会苦手を克服する方法をご紹介します。

自分の中でなぜ飲み会が嫌いなのかを苦手意識を探る

まず、飲み会の苦手意識を克服するためには自分がなぜ飲み会が苦手なのかを考えて見る必要があります。飲み会が嫌いな理由は何か理由があるはずです。その理由を自分自身でしっかりと考えることで飲み会が苦手という苦手意識の克服方法が見つかるということになります。

自分がなんで飲み会が嫌いなのか、苦手なのかという理由の中で、ただ単純に疲れるから、苦痛だからという簡単な答えではなく、なぜ飲み会が疲れるのか、飲み会が苦痛なのかというところまで細分化して紐解いていくことが重要になってきます。例えば人見知りで人に合わせることが苦痛で疲れるから飲み会が苦手なのか、お酒が苦手だから飲み会に行く意味がわからずに苦痛なのかでは全く意味が違ってきます。

■参考記事:飲み会に行きたくない理由って?

飲み会に行きたくない理由9選!上手な断り方も解説します!

飲み会に参加するメリットを考えて飲み会嫌いや苦手を克服する

次に飲み会に参加するメリットを考えてみてください。一般的に飲み会というのは2人以上の大人数での飲み会のことを示します。そういうところで自分の仲のいい人たち以外とのコミュニケーションをすることでより親睦を高めることを目的としています。

そういう飲み会でのメリットは大学生の時の飲み会のメリットと会社員になり、仕事上の人たちとの会話をするメリットがまた違ってきます。そして、友人同士での飲み会のメリットともまた違ってきます。

大学生の飲み会苦手、嫌いな人必見!大学生飲み会でのメリット

大学生同士の飲み会は基本的に大人数でワイワイという感じですよね。同じ学科やゼミの人同士だったり、サークルでの飲み会だったりと大学生の飲み会は頻繁に行われるイメージがあります。そのなかでも大学生同士の飲み会のメリットというのはどういうものがあるのでしょうか。

大学生同士の飲み会のメリットというのは人間関係の面でコミュニケーションがとれるというメリットがあります。大学生は色々な飲み会があるので色々な人とのコミュニケーションがとれる場所でもあります。それが自分にとって取捨選択をして必要か必要ではないかということで選ぶことができます。

そして、色々な人がいる飲み会は自分の価値観や世界観を広げてくれるというメリットもあります。また、異性との出会いの場でもあるのが大学生の飲み会のメリットです。

仕事の飲み会苦手、嫌いな人必見!会社員飲み会でのメリット

会社員の飲み会は大学生の時と違ったメリットがあります。大学生の時のメリットの色々な人とコミュニケーションがとれ、価値観世界観が変わる、異性との出会いがあるなどというメリットではなく、会社員の飲み会は決まった人たちとの飲み会が基本となります。

そのため、いつも一緒に仕事をしている人たちとの親睦を飲み会によって更に深めるというメリットがあります。いつも仕事上ではコミュニケーションがとれない人でも飲み会を機に仲良くなれるということもあります。

そして、会社員の飲み会は大学生の時と違って、有益な情報を仕入れることもできるというメリットがあります。自分の中でこれからの仕事を円滑にするための有益な情報が上司や同僚から聞けることがあることが会社員の飲み会のメリットです。また、大学生の時と違って長く関わる会社なので、人脈を広げて、その後の人間関係を円滑にするということが大学生の時の飲み会と違うメリットになります。

■参考記事:飲み会のマナーは大丈夫?

飲み会でのマナー9選!【社会人必見】

大学生の飲み会苦手、嫌いな人必見!大学生飲み会のデメリット

逆に飲み会が苦手、嫌いという人の原因がここにあるかもしれないデメリットもご紹介します。大学生での飲み会のデメリットはまず、飲み会に参加するだけでお金を使ってしまうということです。これはお酒が苦手な人にとってはとても苦痛ですよね。お酒が苦手であまり飲めないのに飲み会に参加しても会費は同じだけ払わなくてはいけないということで飲み会に対していいイメージを持たず、飲み会に参加する意味がわからないと思う人もいると思います。

大学生の飲み会のデメリットは飲みすぎてしまい、介抱が必要な人が出てくるというデメリットもあります。お酒が飲めるようになったばかりなので自分の限界がわからないという人が多くいます。調子に乗って、お酒を飲みすぎて、お店に迷惑をかけてしまう人もいるというデメリットもあります。

kei_jazzcocktailさんの投稿
33186293 219585975498214 819624332970950656 n

そういうのを毎回見ていると確かに苦痛になってしまいますよね。そして飲みたくないお酒をノリで飲まされるというデメリットもあります。お酒が苦手な人にとっては苦痛ですよね。あとは仲良くない人から絡まれるというデメリットもあります。

ebisu.otraさんの投稿
34010566 209123203215077 5572771309814808576 n

会社員の飲み会苦手、嫌いな人必見!会社員飲み会のデメリット

会社員の飲み会が苦手、嫌いな人はデメリットがメリットよりも勝っている状態ということです。では、会社員の飲み会でのデメリットとは何があるのでしょうか。まず、大学生の時よりも少し高い会費で参加しなくてはいけないということです。これはお酒が飲めない人にとっては苦痛ですよね。そして、会社員の飲み会はタバコを吸う人が増えます。タバコが苦手な人にとってはこれが一番苦痛だという人もいます。

arasho07さんの投稿
33373435 177000992997799 4875069544915271680 n

会社の飲み会というのは仕事が終わってからの飲み会の場合が多いです。仕事が終わってからの飲み会は疲れるという人が多いと思います。そして、仕事が終わってからの飲み会なので終電ギリギリの遅くまで飲み会が続くことがあります。そうなると疲れる仕事をしているのに、きついですよね。そして、苦手な上司や同僚、後輩などとコミュニケーションをとらなくてはいけなくなるというデメリットもあります。

kanako2120さんの投稿
33940705 136235547246152 9132984883902152704 n

会社の飲み会でのデメリットはたくさんあります。お酒の勢いに任せて日々の鬱憤をつい上司や同僚に言ってしまい、その後の仕事の関係が悪くなってしまったり、上司のススメだからと言って無理矢理酒を大量に飲まされたり、自分の飲めない種類の酒を飲まされたりとデメリットはたくさんあります。

nihonshubar_shuboさんの投稿
34411225 376112169550128 6335603444849573888 n

苦手、嫌いだからと言って飲み会に行かなくてもいい?

メリット、デメリットを含めて、飲み会が苦手、嫌いだから行かなくてもいいかと言ったらそれは個人の自由になります。もちろん飲み会が苦手、嫌いだからと毎回、大学の飲み会、会社の飲み会に断る勇気がある人はたくさんいます。自分の時間を大切にして、嫌なことはしない、自分が疲れることはしないという強い意志を持っている人は飲み会を断る人がいます。

koma_xx_stagramさんの投稿
33650940 192376614746746 1555004286885167104 n

ただ、やはりそこは日本人で自分の意志よりも世間体を気にして飲み会が苦手だけど仕方なく行くという人がほとんどです。結論から言うと飲み会に参加しても参加しなくてもいいのです。大学、会社の飲み会は仕事後の事なので自由参加のところが多いです。それでも参加しなければ周りから浮いてしまうかもしれないと考えると疲れるけど参加しなくてはいけないという気持ちになりますよね。

bosch.amespiさんの投稿
33630320 2218520075101197 1898878859164516352 n

■参考記事:飲み会を上手に断るには?

飲み会の断り方15選!こうすれば失礼なく断れる!

苦手、嫌いだからと言って飲み会参加を断ると?

飲み会が苦手、嫌いだからと言って飲み会の参加を断るとやはり、浮いてしまうかもしれないという予感は大体的中します。会社での飲み会だと飲み会に参加していた同僚が飲み会参加後に大きなプロジェクトを任せてもらったなどということもあります。会社の飲み会はそれぐらい、今後の仕事の面でもかなり影響があるということがあるのでできれば参加した方がいいと思います。

kyoon0919alcさんの投稿
33182503 127271324743794 2493792513253441536 n

それでも飲み会参加は疲れるからなるべくは行きたくないと言う人は全く行かないという選択肢ではなく、飲み会の苦手意識を克服するという風に考えたらいいと思います。そうするといつしか飲み会が苦手という苦手意識をなくなり、飲み会で疲れることも少なくなります。

itoko.328さんの投稿
33615307 171056246906963 5530466985755803648 n

(1)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜すべきは捨てる〜

飲み会が苦手、嫌い。でも、参加しなくてはいけないなら克服するべき4選があります。まず、飲み会に絶対に参加しなくてはいけないなど「すべき」という考えは捨てるという事です。必ずしも飲み会に毎回参加するべきである、参加しなくてはいけないという強制感を持つ必要はありません。そうすることで自分の中に余裕が生まれて、楽な気持ちで飲み会に参加することで今まで苦手だと思っていた飲み会が疲れるものから楽しいものへと変わります。

hatamu9128さんの投稿
33559516 310273836174038 4644793937037361152 n

お酒が苦手なのであれば必ずしもお酒を飲まなくてはいけないという考えを捨てる事も大切です。お酒ではなく、ジュースなどで飲み会を乗り切ることで後日の疲れや苦手という意識が克服されて、今後の飲み会の参加も楽なものへとなります。自分の好きなものを食べて、自分の好きなものを飲む、自分の好きなものを注文するという発想に変えれば飲み会の参加の意味と意識が変わってきます。

miii___39cさんの投稿
32895922 399961127169689 5580621212951773184 n

(2)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜メリットを見る〜

デメリットというのはどうしてもメリットよりも目が行ってしまいがちになってしまいます。飲み会が苦手だと思っているのであればデメリットばかり見て、自分の中で苦手意識を作ってそれに縛られるのではなく、メリットに目を向けてみるのも大切なこととなります。メリットに目を向ければ今まで苦手意識を持っていた飲み会も違った目で見られるようになります。

yuzuyu701さんの投稿
33559597 1121646817975717 8555439772615573504 n

飲み会に参加したら有益な情報を得られるかもしれない、自分にとってメリットなことが増えるかもしれない、これからの仕事がうまくいくかもしれない、もしかしたら大きなプロジェクトを任されて昇給するかもしれないということを考えて、飲み会に参加して苦手だと思っていた上司、同僚とも積極的にコミュニケーションをはかってみようと思う気持ちだけでもだいぶ気持ちが楽になり、飲み会の苦手という意識を克服することができます。

maruchu.1207さんの投稿
32792226 380825729069426 2781077167671345152 n

(3)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜タイムリミット〜

自分の中でタイムリミットを決めることで飲み会に参加するという苦痛から克服することができます。自分の自由な時間がなくなる、飲み会に参加しても疲れるという苦痛から克服したいのならば、自分の中でタイムリミットを決めて、それに合わせて飲み会に参加することで会社の飲み会という場所がだいぶ楽になります。タイムリミットがないと苦手な場所に果てしなくずっといなくてはいけないと思う事で苦痛が生まれます。

tomo.6372.4575さんの投稿
34122757 583175712068115 8458290026151673856 n

自分の中で「今日は何杯飲んだら帰る」「今日は何時までには帰る」というタイムリミットを設定することで仕事モードの感覚になり、この時間まで我慢すればあとは自分の自由な時間になるという考えをもつことで飲み会の参加の負担がだいぶ減り、飲み会に対する苦手意識がだいぶ克服できるようになります。

tsukiyomianさんの投稿
33113491 1815547741843843 3585704724680146944 n

(4)飲み会苦手、嫌いなら克服する4選!〜好きなこと〜

飲み会に参加する上で自分の中でタイムリミットを決めて、そのタイムリミットになったら自分の自由な時間になります。自分の自由な時間になったら好きなことをしようと考えると飲み会への参加する気持ちもだいぶ楽なものへと変化します。飲み会を切り上げてご褒美に自分の好きなスイーツを食べよう、ちょっと贅沢して高めのおつまみを買って食べよう、好きなテレビを見よう、好きな音楽を機構、好きなゲームをしようなどと考えると苦手な飲み会の時間も苦痛ではなくなります。

mocobeachさんの投稿
33789634 241114626645312 4989720570145800192 n

自分の中でうまく折り合いをつけて、自分の好きな自由時間のことを考えると乗り切れるのは仕事で辛いことがあっても同じですよね。何か自分のためにご褒美を用意することで、苦手なことを克服するというのは意外と簡単なことなのです。

kandakakeruさんの投稿
33684869 447436002361428 792889600367394816 n

それでも苦手、嫌い意識を克服できなかったら?

やる前からどうせ苦手意識は克服されないからと諦めてはいけません。ただ、上記の克服方法を試してもうまく行かなかったり克服できなかったりした場合は諦めることも大切なことです。そして、飲み会を断ることも大切なことです。その際はしっかりと理由を話して参加できないことを伝えることが大切となっています。

machiyabarさんの投稿
33378083 397990440714022 6076346132097662976 n

会社の人にわだかまりをうまないように誤解されないようにきちんと飲み会に参加しない理由を伝えて、あとは自分の中で揺るがない強い意志をもつことが究極の飲み会の苦手克服方法でもあります。自分の意志を尊重することも大切ですよ。

okonomisakaba_tetsuさんの投稿
33158156 145149503013553 7231585570424619008 n

飲み会の苦手意識は自分の少しの意識で変わる!

いかがでしたでしょうか。飲み会への苦手意識、嫌い意識というのは自分の少しの意識でだいぶ変わってくるものです。もちろんすぐに苦手だったものが好きなものへと変化するなんて稀です。その中でも少しずつ苦手意識を克服できれば飲み会は楽しいものへと変わっていきますよ。

meeeeemee_さんの投稿
33559763 133742034166349 9131317710741831680 n

社会人に役立つ情報についてもっと知りたいアナタに!

【上手な断り方】人からの誘いを角を立てずに断る方法7選!
うざい上司の特徴9選と対処法7選!
キャパオーバーの意味とは?仕事でのキャパオーバー時の対処法も

関連するまとめ

華子
華子
はじめまして。 29歳2児のママです。 元旦那のW不倫が原因で28歳の時に離婚、現在同じ歳の彼氏と同棲、3人目妊娠中、近々入籍予定です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ