うんこ座りでモテる!うんこ座りでカモシカ足を手に入れるやり方とメリット

「うんこ座り」と聞くと、なんだか上品ではない仕草に聞こえてしまいまうかもしれません。しかし、この「うんこ座り」こそがカモシカのような美脚を手に入れるコツだとしたら…?今回は「うんこ座り」のメリットや正しい「うんこ座り」の方法を解説していきます。

うんこ座りでモテる!うんこ座りでカモシカ足を手に入れるやり方とメリットのイメージ

目次

  1. うんこ座りでモテる!うんこ座りでカモシカ足を手に入れるやり方とメリット
  2. うんこ座りとは?和式トイレでうんこをするような座り方のこと
  3. うんこ座りでモテる!AV男優しみけんも大絶賛のうんこ座りのモテ効果
  4. うんこ座り(ヤンキー座り)の方法は?うんこ座り体操のやり方
  5. うんこ座り(ヤンキー座り)の3つのメリット
  6. うんこ座り(ヤンキー座り)できない4つの原因
  7. うんこ座り(ヤンキー座り)ができない人の特徴
  8. うんこ座り(ヤンキー座り)ができるようになるためのストレッチ方法
  9. うんこ座り(ヤンキー座り)の5つの効果
  10. うんこ座り(ヤンキー座り)は尿漏れ予防にもなる
  11. 女性的な魅力あるほっそり足を実現するうんこ座りエクササイズ
  12. うんこ座りでモテる!うんこ座りでカモシカ足を手に入れるやり方とメリットのまとめ

うんこ座りでモテる!うんこ座りでカモシカ足を手に入れるやり方とメリット

うんこ座り…なんと幼稚な響きでしょうか。

「うんこ」というたまらない下ネタ感と、いわゆる「ヤンキー座り」の古臭い感じが交錯する、平成も終わりを迎えた2019年の世界には存在してはいけない言葉のように感じられますね。

ところが、なぜか今、空前のうんこ座りブームが訪れています。

モテたい男が、モテるためにうんこ座りを科学し、うんこ座りを実践し、うんこ座り効果に歓喜しているのです!
こんな話、ちょっと信じられませんよね?

うんこ座りのことを「ダサい!」なんて笑っていると、そっちのほうが「うんこ座りしてないの?ダサい!」と笑われてしまう時代が到来しちゃいました!

しかも、うんこ座りには腰痛や生理痛を軽減させる効果があるというのだから、女性も聞き逃せませんね。

今回は、モテたい男性にも悩み多き女性にも嬉しいメリット満載の「うんこ座り」について徹底解剖してきます。

うんこ座りとは?和式トイレでうんこをするような座り方のこと

うんこ座りとは、和式トイレに座るように足を開いてまっすぐ立ち、そのままかかとをつけた状態でしゃがみ込む座り方のことです。

別名、「ヤンキー座り」ともいいます。

和式トイレの習慣があるアジア圏の人には比較的簡単ですが、和式トイレのない外国の方には真似できない座り方だそうです。

和式トイレのイメージから「うんこ座り」と呼ばれる座り方ですが、時代の流れでトイレが和式から洋式に変化したことでしゃがむ機会がめっきり減りました。

そのため、今ではうんこ座り(ヤンキー座り)ができない人が増え、うんこ座り(ヤンキー座り)をしようとすると後ろに倒れてしまうケースもあるようです。

うんこ座りでモテる!AV男優しみけんも大絶賛のうんこ座りのモテ効果

AV男優しみけんが教える うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する! 単行本(ソフトカバー)
Amazonで詳細を見る

有名AV男優しみけんも「うんこ座りでオトコの悩みの大半は解決する」と取り入れているうんこ座り。

見せる体づくりだけでなく勃起力や持続力アップのためにもうんこ座りが効果的なのだそうです。

加齢とともにお腹周りが気になりダイエットするものの

・若い頃のようにスムーズに痩せない
・運動不足で食生活も乱れている
・慢性的な疲れで元気がなく夜もすっかりご無沙汰
・老後の健康に自信がない

そんな悩みを持つ方におすすめなのがうんこ座りなのです。

特に日本人は世界のなかでも最も椅子に長く座っている人種と言われるほどで、暮らしのなかで下半身を鍛えるチャンスがありません。

うんこ座りは、下半身の筋肉を鍛え伸ばすことのできる素晴らしいエクササイズ。

1日1回続けていると、

・男性ホルモンが活発になる夜の生活に自信が持てる
・全体的に若返り心肺機能もよくなる
・足腰丈夫な老後を迎えられるなどいいことずくめです。

そもそも下半身には全体の70%の筋肉があるため、下半身を鍛えることで全身の70 %を鍛えることができるのです。

しかも下半身の筋肉と男性ホルモンは切っても切れない関係性にあり、下半身の筋肉が鍛えられると男性ホルモンが活発に分泌されます。

男性ホルモンは、別名モテホルモンと呼ばれるくらい男性にとって重要な位置を占める成分です。

うんこ座り(ヤンキー座り)の方法は?うんこ座り体操のやり方

ちょうど和式トイレにうずくまるように、まっすぐの立ち姿勢から腰をおろしてしゃがみます。

うんこ座りの姿勢を取り入れた運動は簡単です。

うんこ座りのまま前後左右に動くだけ。この動きで体の贅肉を落とし、骨盤の歪みを正すことができるので姿勢もよくなります。

朝晩の1日2回うんこ座り体操を続けると、1週間くらいでシェイプアップ効果を得られるそう。

もちろん個人差がありますし、腰などに痛みのある方や妊婦さんにはおすすめできませんが、そうでない方はぜひチャレンジしてください。

うんこ座り(ヤンキー座り)の3つのメリット

うんこ座りのメリット①骨盤底筋が鍛えられる

うんこ座りをすると骨盤底筋が鍛えることができます。

骨盤底筋とは、背筋や腹筋、太ももなど主要な筋肉につながっている重要な筋肉です。

骨盤底筋を鍛えると、加齢にともなう骨盤底筋の衰えをストップし、頻尿や尿漏れを改善できます。

長時間座ったまま仕事をする方にもうんこ座りはオススメ。

デスクワークで緩んでしまった骨盤底筋を鍛えることで、肩こりや腰痛の改善、猫背を正すことができます。

正しい姿勢に誘導されると、結果ウェスト引き締めやヒップアップにもよい影響をもたらします。

うんこ座りのメリット②血行が良くなる

うんこ座りできない=肉離れやこむら返りしやすい状況です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれ、足の血液を心臓へ巡らせる働きを担っています。

ふくらはぎは人間の上半身の血行にまで影響をもたらす部位で、腕に点滴がうまく入らない方のふくらはぎをマッサージすることでスムーズに点滴できたというケースもあるほどです。

ふくらはぎが固まると血行が悪くなり全身状態に悪影響を及ぼします。

うんこ座りのメリット③女性特有の悩みを解決する

また、妊婦さんの場合、骨盤や股関節が開きづらい方は難産の傾向にあり、うんこ座りをすると正常な陣痛を促し難産を予防できるそうです。

さらに、女性の場合、足首と子宮や卵巣といった女性器は互いに作用しあう部位で、足首が硬いと生理痛がひどくなる傾向があるそうです。

うんこ座り(ヤンキー座り)できない4つの原因

うんこ座りができない原因はこの4つです。

・アキレス腱、足首、股関節が固い
・ふくらはぎや太ももの筋肉が凝り固まっている
・腹筋が弱い
・腰椎が固く柔軟性がない

このように体が硬い人たちはうんこ座りができないばかりか、普段から血液のめぐりが悪く怪我をしやすいという特徴があります。

筋肉が凝り固まり一度伸びることを忘れてしまうと、さまざまな健康トラブルの要因となりますのでストレッチをして解消しましょう。

うんこ座り(ヤンキー座り)ができない人の特徴

うんこ座りができない特徴①太ったしまった人

昔痩せていた頃は簡単にうんこ座りできたのに、年とともに太ってきて気づけばうんこ座りできなくなっていたというパターンです。

お尻から膝までと膝から足先までの長さを比べてみて、膝から足先の長さの方が短いとバランスが取りづらいです。

太ったことでこの状態になってしまったため、うんこ座りができなくなったということです。

うんこ座りができない特徴②関節のねじれがある人

関節にねじれがあるとうんこ座りがきないです。

手すりを支えにしてつま先立ちしたときに、小指に体重がかかる、膝と膝のあいだに隙間ができる場合は、関節がねじれている可能性があります。

膝と膝のあいだの隙間⇒内ももを鍛えるストレッチ
スクワットしたとき膝と膝がくっつく⇒裏太もも内側の筋肉を鍛える

など改善すればうんこ座りもできるようになります。

うんこ座り(ヤンキー座り)ができるようになるためのストレッチ方法

うんこ座りができる体づくりは健康と切っても切り離せません。うんこ座りできない人ができるようになるためにはどうしたらよいのでしょう。

何より大切なのは無理して体に負担をかけすぎないこと。その上で少しずつ硬い部分をストレッチでやわらかくしていきます。

それでは、うんこ座りをするために効果的なストレッチをいくつかご紹介します。

うんこ座りをするためのストレッチ方法①ふくらはぎや足首のストレッチ

うんこ座りできるようになるためには、ふくらはぎをやわらかくすることが一番重要です。

立ち姿勢で足を前後に開き、後ろの足の「足の裏」を床にぴったりくっつけましょう。そのまま前の足に体重をかけます。

反対側も同じようにストレッチします。慣れてきたら足の幅を少しずつ広くしていくとよいでしょう。

最初はバランスを取るのが難しいので、壁に両手を付けたり、手すりを使用すると簡単にできます。

このストレッチは足首も一緒にやわらかくできる方法です。

うんこ座りをするためのストレッチ方法②アキレスのストレッチ

うんこ座りできるようになるためには、アキレス腱をやわらかくすることです。

まず、片足の親指の腹をもう片方の足のくるぶしの上あたりにあてます。

骨に沿うように膝あたりまで親指の腹で押していきましょう。

痛いと感じるポイントがあれば、痛みがなくなるまで念入りに揉みほぐしながら進めてください。

痛い部分がなくなるとアキレス腱がやわらかくなっているサインです。

うんこ座りをするためのストレッチ方法③股関節のストレッチ

うんこ座りをして後ろに倒れる場合は股関節がうまく動いていないのかもしれません。

正常な股関節の動きでないため、足の筋肉に骨盤が引っ張られるように持っていかれかかとが浮いて倒れてしまうのです。

股関節改善ストレッチをこまめにおこなうことで、股関節の動きが整えられ骨盤が正常の位置に立つようになります。

はじめに電話帳など厚み5センチくらいのものを床に置いてください。

立ち姿勢で片足のつま先を電話帳の上に乗せて、かかとは床につくようにします。

背筋をまっすぐ伸ばし上半身を前に倒します。手をつま先に軽くつけ、その状態でゆっくり呼吸しながら30秒キープしましょう。

うんこ座りをするためのストレッチ方法④脛の筋肉のストレッチ

うんこ座りできるようになるためには、脛の筋肉をやわらかくすると効果的です。

あぐらをかいて片足の親指でもう片方の足の裏を指圧します。

ちょうど親指の付け根の近くの土踏まずを重点的に指圧するとよいでしょう。

次に、足の反対側の手で指先を持って甲の方に指を倒してください。

脛の筋肉をやわらげ、こむら返りの癖がある方にも効果的です。

うんこ座りをするためのストレッチ方法⑤腹筋ストレッチ

腹筋ストレッチにはまずダンベルを準備します。

腕をまっすぐ伸ばした状態で両手にダンベルを持ちます。その姿勢のままうんこ座りをしてください。ダンベルの重さで腹筋が鍛えられます。

はじめはうんこ座りできなくてもダンベルのおかげで重心が前にいくため後ろに倒れません。さらに毎日続けているとダンベルなしでもうんこ座りできるようになります。

ちなみに女性でヒールを履く方は、ふくらはぎや足首が硬くなりやすいので、ストレッチのほか、入浴時にふくらはぎマッサージや足首くるくる運動をすると、より効果的です。

うんこ座りをするためのストレッチ方法⑥内もものストレッチ

うんこ座りできるようになるためには、内ももの筋肉をやわらかくすることも重要です。

まず立ち姿勢で肩幅よりやや広く足を広げ、体をまっすぐしたまま股関節を横に倒し10秒キープします。

ここでポイントは、ウエストを曲げてしまうのではなく、ももの付け根を曲げるようにしてください。

また、一緒に首を曲げてしまわないよう注意しましょう。

うんこ座り(ヤンキー座り)の5つの効果

うんこ座りを続けていると、このような効果があります。

・正しい姿勢がキープされウェスト引き締めやヒップアップ効果
・股関節の筋肉や腰周りが鍛えられることによる腰痛の改善
・大腿四頭筋が鍛えられることによる足腰の強化
・下半身が鍛えられることによる血流改善や便秘改善
・大臀筋および大腿四頭筋が鍛えられることによる精力や勃起力のアップ

腰痛や生理痛の要因の一つとして、お尻や下半身の筋肉の凝りがあります。

最近は長時間座ったまま仕事をする人が多いので、骨盤周りの筋肉が凝り固まり、腰痛や生理痛を引き起こすのです。

肥満気味の人と痩せている人を比べると、1日の座っている時間が肥満気味の人は2時間以上長いというデータもあり、ダイエットのためにも長時間座ったままの姿勢はよくありません。

座りすぎでいると、脊柱起立筋と呼ばれるお尻の筋肉が伸びず骨盤の動きを阻害するため、結果腰に負担をかけることとなります。

逆に言うと、ストレッチなどで脊柱起立筋をやわらかくすれば、腰痛や生理痛、ダイエット対策に効果的というわけです。

脊柱起立筋をやわらかくして腰痛や生理痛などを予防改善するには、うんこ座りがおすすめです。

うんこ座り(ヤンキー座り)は尿漏れ予防にもなる

うんこ座りは尿漏れ防止に効果的です。

昔は一般的だった和式トイレがなくなり、普段の生活でうんこ座りしなくなったことが尿漏れトラブル増加の要因といわれています。

特に女性の尿漏れは、ハイヒールを履き続けることで体に歪みが生じ骨盤底筋が弱ることで起きます。

うんこ座りをすると骨盤底筋が鍛えられ、尿漏れが起こりにくくなります。

女性的な魅力あるほっそり足を実現するうんこ座りエクササイズ

カモシカのような、引き締まったほっそり足を手に入れるためのうんこ座りエクササイズをご紹介いたします。

まず、足を骨盤の幅に広げてたち、両手でタオルの端を持ったらタオルがピンと張るようにして頭上に手をあげます。

次にタオルが胸の前にくるところまで手を下げながら同時にしゃがみます。

このとき、かかとが浮かないよう、また内側に膝が入らないよう注意しましょう。

この動きを1日に10回×3セット行うことを続けると、魅力的なほっそり引き締まった足を手に入れることができるでしょう。

うんこ座りでモテる!うんこ座りでカモシカ足を手に入れるやり方とメリットのまとめ

モテたい男性、腰痛や生理痛、ボディラインにお悩みが多い女性にはぜひおすすめのうんこ座り。

徹底解剖してわかったことは、うんこ座りには「下半身の筋肉を鍛えて引き締める効果がある」ということでしょう。

たしかにあの姿勢はキツい…

キツい姿勢だからこそ、下半身の筋肉がバッチリ鍛えられるんですね。

下半身が強化されることで、血流を改善させて美康や美容などに良い影響を与えてくれるので、ぜひみなさんもうんこ座りによる数々のメリットを体感してください。

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ