【骨格診断】ストレートに合うワンピース|似合わせテクで悩み解決!

ワンピーススタイルがなんとなくしっくりこない、とお悩みの骨格ストレートタイプの方はいませんか?実は、似合わないと思い込んでいるワンピースも、ちょっとした工夫で上手に着こなせてしまうことがあるのです。今回は、ストレートタイプさんに向けたワンピースの似合わせテクをご紹介します。

【骨格診断】ストレートに合うワンピース|似合わせテクで悩み解決!のイメージ

目次

  1. 骨格診断ストレートタイプって?
  2. ストレートさんに似合うワンピースはココをチェック!
  3. おすすめ!ストレートさん向けワンピース
  4. 似合わせテクでお悩み解決コーデ!
  5. 着たい服や流行も自分に合わせて取り入れよう♪

骨格診断ストレートタイプって?

流行の服や好みの服が、なんとなくしっくりこない…そんな経験はありませんか?実は、似合うファッション・似合わないファッションは、骨格とパーソナルカラーで決まると言われています。骨格タイプは骨格診断で、パーソナルカラーはパーソナルカラー診断で判明します。

今回は、骨格タイプがストレートの方に似合うワンピースと、似合わせテクをご紹介します。

骨格診断とは

骨格診断とは、骨格に関するいくつかの質問に答えるだけで、3つの骨格タイプ【ストレート】【ウェーブ】【ナチュラル】に分ける診断方法です。イメージや雰囲気といった抽象的なものではなく、理論的に導き出された診断方法なので、説得力があります。

ストレートタイプの特徴

骨格タイプ【ストレート】は、肉感的なメリハリボディの持ち主です。体に厚みがあり、ハリのある肉質は、リッチなイメージで存在感を感じさせます。

ストレートタイプに似合うのは、フォーマルやクラシックなファッションです。シンプルでベーシックなアイテムこそ、ストレートタイプの女性らしさを引き出してくれます。

骨格診断についてもっと知りたい方はこちらもチェック

【骨格診断】3つのタイプでセンスもスタイルもUPする服がわかる!

ストレートさんに似合うワンピースはココをチェック!

シンプルでベーシックなアイテムが似合うストレートタイプは、ワンピースも上品に着こなすことができます。さらに綺麗なワンピーススタイルを求めるなら、骨格に合う素材やデザインを選ぶことをおすすめします。

ストレートタイプに似合うワンピースのポイント

  • ハリのある上質素材
  • Iラインシルエット
  • シンプルなデザイン

素材:ハリのある上質素材

ストレートタイプに似合う素材は、シルク、カシミア、レザーのような、ハリのある上質なものです。薄くひらひらと揺れるような素材は、肉厚なボディを太って見せたり、だらしない印象にさせてしまう可能性があります。

厚みのあるしっかりとした素材のワンピースこそ、ストレートタイプの女性らしさを引き立てるでしょう。

シルエット:Iライン

ワンピースのタイプは、そのシルエットで分かれます。体にぴったりしたもの、ウエストは絞られ裾がふんわり広がるもの、全体的にすとんとまっすぐなもの…ワンピースのタイプは様々ありますが、ストレートタイプに似合うのは、比較的直線的なIラインのものです。

フレアスカートのように広がりすぎないものを選ぶことが大切なので、必ずしもIラインしか似合わない、というわけではありません。Iラインをベースと考え、上半身の厚みが目立たず、スタイルがよく見えるものを選びましょう。

デザイン:デコルテや膝下をすっきり見せるシンプルデザイン

立体感のある体つきのストレートタイプには、華美な装飾のないベーシックなデザインがおすすめです。首回りや肩に装飾があると、逞しい印象になってしまいがちなので、避けましょう。Vネックなど、デコルテがすっきり見えるものは、バランスもよく、スタイルアップして見えます。

丈は、膝丈からロング丈のものを選びましょう。ハイウエストは上半身がボリュームアップして見えるのでNGです。サイズ感は、ゆったりしたものや体にぴったりしたものを避け、ジャストサイズがベストです。ウエストにベルトや切り替えがあるワンピースは、女性らしいラインが出ておすすめです。

柄のあるデザインを選ぶなら、幾何学模様やストライプなど、直線的なものが体の丸みを拾わずおすすめです。

おすすめ!ストレートさん向けワンピース

上記のポイントを押さえ、ストレートタイプに似合うワンピースをいくつかセレクトしてみました。似合うポイント・似合わないポイントがわかっていても悩んでしまう方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。自分に似合うワンピースが、きっと見つかりますよ。

Iラインワンピース

ベルト付きVネックカットソーワンピース

3,990円

ベルト付きVネックカットソーワンピース

まずは、シンプルなIラインワンピースです。春夏は涼しげでありながら、しっかりとした素材のカットソーワンピースがおすすめです。すとんとしたIラインのワンピースは、ベルト付きならだらしなくもならず、大人っぽい印象で綺麗に着こなせます。

ニットワンピース

7,980円

ニットワンピース

秋冬なら、暖かいニットワンピースがおすすめです。ガーリーになりすぎない、タイトめで上品なものを選ぶと、ストレートタイプの体の厚みをカバーし、女性らしさを引き出してくれます。ニットワンピースは、ざっくりしたものより、編み目の細かいものを選ぶと、部屋着っぽくなりません。

シャツワンピース

コットンリネンブロードシャツワンピ

8,424円

コットンリネンブロードシャツワンピ

さわやかな季節には、シャツワンピースがおすすめです。薄い生地やシワ加工のあるものはだらしなく見えてしまうので、厚手の生地でシワになりにくいものを選びましょう。シャツワンピースはきちんと感があるので、仕事着としても着られます。

とろみシャツワンピース

6,900円

とろみシャツワンピース

シャツワンピースは、長袖タイプもあります。ストレートタイプには、ウエストにベルトが付いていて、裾が広がりすぎないものがおすすめです。シンプルなポインテッドトゥの靴を選び、全体的にきれいめで統一させるとバランスが整います。

カシュクールワンピース

カシュクールワンピース

4,590円

カシュクールワンピース

カシュクールワンピースは、首元がすっきり見え、女性らしい華やかさも添えたアイテムです。ふんわりした素材よりも厚手のしっかりした素材を選び、カジュアルすぎない、大人っぽい印象にまとめましょう。

カシュクールワンピース

2,980円

カシュクールワンピース

暗めのカラーなら、ウエストに切り替えのあるドッキングタイプのカシュクールワンピースがおすすめです。暗いカラーでも重くなりすぎず、おしゃれな着こなしができます。

似合わせテクでお悩み解決コーデ!

似合うファッションを身につけることは、スタイルがよく見えたり、センスが良いと一目置かれたりするので、魅力的に映りたい方にはとても大切なことです。

似合うアイテムを提示されても、それ以外のアイテムを試したくなるときもありますよね。似合わないかもしれないけれど着てみたい、好みのアイテムを身につけたい、そんなときには、”似合わせテク”を使いましょう。

似合わないとされるアイテムでも、あきらめるのはまだ早いですよ。

お悩み①シフォン素材が着たいけど、やわらかい素材が似合わない

ストレートタイプは、薄く揺れるような素材、伸びる素材、透ける素材は似合わないというのが定説です。シフォンのようなやわらかくフェミニンなブラウスやスカートにチャレンジしたいけれど、似合わなかったりだらしなく見えたり、あるいはスタイルが悪く見えたりするのは困る…そんなお悩みを抱えた方もいるでしょう。

【これで解決】

ストレートタイプの方がシフォン素材のようなやわらかい素材を着るときは、なるべく暗めのカラーを選びましょう。ブラックやネイビーのような大人っぽいカラーは、着やせ効果が期待できます。

首元は、Vネックなど深く開いたものなら、上半身がすっきり見えてコンパクトな印象になります。ワンピースなら、必ずウエストマークのあるものを選び、少しでもボリュームダウンするように工夫をすると広がりすぎる心配がありません。

シフォン素材のスカートでもブラウスでもワンピースでも、デザインはなるべくシンプルで装飾のないものを選び、なるべくIラインに近いシルエットになるように気を付けましょう。

お悩み②プリーツスカートを履いたら、ボリュームが出てしまった

プリーツスカートを履いたら、思っていた以上にボリュームが出てしまい、似合わなかった、もしくは太って見えてしまった…という経験のあるストレートタイプさんは、案外多いのではないでしょうか。

【これで解決】

細かいプリーツがたくさん入っているようなスカートは、ボリュームアップしてしまいます。プリーツスカートなら、プリーツの太いものを選びましょう。

また、厚手のしっかりした生地のプリーツスカートなら、比較的すとんと落ち、ふんわりと広がることはありません。ロング丈よりも膝丈のスカートを選び、広がりを最小限に抑えましょう。

トップスは、ゆったりしたものよりもコンパクトなシルエットのものを選ぶと、全身の印象がすっきりします。

お悩み③たまには可愛らしいフレアワンピースが着たい!

骨格がストレートタイプでベーシックなファッションが似合うとわかっていても、可愛らしいフェミニンな印象のアイテムを着てみたくなることもありますよね。フレアワンピースはふんわりと広がり、裾が揺れるものが多いので、体の厚みのあるストレートタイプさんには特に難しいアイテムです。

【これで解決】

ストレートタイプのアイテム選びは、厚手のしっかりした生地がマストです。フレアスカートと聞くと薄い生地でひらひらしたものをイメージしますが、厚手のポンチ素材のフレアワンピースもあります。ふんわりしつつも、AラインよりはIラインに近いので、可愛いというよりも綺麗な印象を与えます。

フレアワンピースといっても、ホワイトやピンクのような膨張色ではなく、ネイビーやブラックを選ぶと、引き締まった印象になります。小花柄やドット柄のような可愛い柄はストレートタイプには子どもっぽく見えてしまうので、シンプルなデザインで大人のワンピーススタイルを目指しましょう。

お悩み④シンプルスタイルをチョイスしたら、なんだか物足りない

ストレートタイプはシンプルでベーシックなアイテムで十分に華やかになりますが、シンプルすぎてなんとなく物足りなく感じたり、寂しげな印象になってしまうこともないとは言えません。特にお呼ばれスタイルでは、シンプルすぎると周りに埋もれてしまいがちです。

デザイン性の強いデザインはインパクトが強すぎるし、ごてごて着飾るとスタイルが悪く見えてしまう…。ストレートタイプの方には、そんな悩みもあるのではないでしょうか。

【これで解決】

派手な装飾はストレートタイプの骨格に合いませんが、クラシックな刺繍との相性は良いです。可愛らしく見える装飾ではなく、クラシックで上品な印象を与える装飾を選びましょう。

また、ワンピースやトップスとは違うカラーの羽織り物を用意したり、ロングネックレスのような縦のラインを作るアクセサリーを身につけると、シンプルながらもスタイリッシュに決まります。

ワンピースでも、ワンカラーではなく大きなコントラストのあるデザインや、ドッキングワンピースも相性が良いです。お呼ばれスタイルには上品な華やかさが求められることもあるので、TPOに合ったおしゃれを心がけてくださいね。

お悩み⑤ワンピースの上にコートを羽織ると、バランスが崩れてしまう

ワンピースにコートを合わせると、なんとなくもっさりしてしまった…なんていう経験も、ストレートタイプの方にはあるのではないでしょうか。ベーシックなワンピースを着る際、華やかなコートでゴージャス感を出そうとして失敗した、ということもありがちです。

【これで解決】

首回りにファーのあるようなコートは、上半身がボリューミーになりやすいストレートタイプには合いません。暖かみのあるファーを取り入れるなら、首回りではなく袖口に付いているコートを選びましょう。

ゴージャス感を出すなら、高級感のあるガウンコートを合わせることをおすすめします。メリハリボディを損なわないシルエットでありながら、ベーシックなワンピースを引き立ててくれます。

足下には光沢のある靴を合わせ、トップから足下までの高級感を統一しましょう。上半身を飾りすぎないことが、ストレートタイプの方がバランス良くアウターを着こなすポイントです。

着たい服や流行も自分に合わせて取り入れよう♪

骨格診断をすることで、似合う服・似合わない服がわかりますが、毎日のファッションを診断結果にぴったりあてはめる必要はありません。好きな服・着たい服を着ることも、ファッションを楽しむ秘訣です。

大切なのは、ただ好きだからと着るだけではなく、似合うように工夫をすることです。好きな服を自分に合うスタイルで着こなすことで、よりいっそう個性や魅力がアップするはずですよ。

ストレートタイプについてもっと知りたい方はこちらも!

【骨格診断】ストレートタイプ特集|似合う髪型や服装は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ