4月の誕生石ダイヤモンドの意味は?【パワーストーン】

皆さんは自分の誕生石をご存知ですか?誕生石は生まれた月によってそれぞれ決められています。今回は4月生まれの人の誕生石であるダイヤモンドの意味などについて詳しく解説致します。パワーストーンを生活の中に上手に取り入れたい人は必見ですよ♪

4月の誕生石ダイヤモンドの意味は?【パワーストーン】のイメージ

目次

  1. 誕生石とは?
  2. 「ダイヤモンド」の特徴
  3. 「水晶(クォーツ)」の特徴
  4. 4月の誕生石と相性の良いパワーストーン
  5. 4月の誕生石には「なぜ?」がいっぱい!
  6. 4月の星座守護石
  7. 強いパワーを持つ4月の誕生石!

誕生石とは?

占いが好きな人なら誰もが知っている誕生石。誕生石とは生まれた月ごとに決められている宝石のことを言います。1月から12月まで、それぞれの月に1つまたは複数の誕生石があります。

誕生石は天然石の中から決められていて、自分の生まれた月の誕生石を身に着けることで様々なプラスの効果を発揮すると考えられています。

今回はそんな誕生石の中から、特に4月の誕生石について詳しく解説致します。4月生まれで自分の誕生石について詳しく知りたい方はぜひどうぞ♪

誕生石一覧

ではまず1月から12月までのそれぞれの誕生石から見ていきましょう。誕生石は月によって1つの場合もあれば、複数ある場合もあります。月ごとに1つだけと決まっていないところが何とも興味深いですね。



  • 1月はガーネット(柘榴石)


  • 2月はアメシスト(紫水晶)


  • 3月はアクアマリン(藍玉)・コーラル(珊瑚)・ブラッドストーン(血玉)


  • 4月はダイヤモンド(金剛石)・クォーツ(水晶)


  • 5月はエメラルド(翠玉)・ヒスイ(翡翠)


  • 6月はパール(真珠)・ムーンストーン(月長石)・アレキサンドライト(金緑石)


  • 7月はルビー(紅玉)・カーネリアン(紅玉髄)


  • 8月はペリドット(橄欖石) ・サードニクス(紅縞瑪瑙)


  • 9月はサファイア(青玉)・アイオライト(菫青石)


  • 10月はオパール(蛋白石) ・トルマリン(電気石)・ローズクォーツ(紅水晶)


  • 11月はトパーズ(黄玉)・シトリン(黄水晶)・ゴールデンサファイア


  • 12月はターコイズ(トルコ石)・ブルージルコン(風信子石)・タンザナイト(灰簾石) ・ラピスラズリ(瑠璃)


となっています。

4月の誕生石の意味

4月の誕生石は上記でご紹介したようにダイヤモンドと水晶の2つあります。

まずダイヤモンドの誕生石の意味は「永遠の絆」「純潔」「変わらぬ愛」「調和」などが挙げられます。石の輝きを象徴するかのようなとても良い意味がこめられていますね。

いっぽう水晶の誕生石の意味は「万物の調和」「浄化」などが挙げられます。

ダイヤモンドと水晶はどちらも清らかな意味合いを持つパワーストーンだということが分かります。

「ダイヤモンド」の特徴

ダイヤモンド ルース 0.419ct
ダイヤモンド ルース 0.419ct

4月の誕生石であるダイヤモンドは多くの女性の憧れの宝石でもあります。

見ているだけで心が澄んでいくような美しいダイヤモンドは、天然石の中で最も堅い石でありカットの仕方によって最高級の輝きを放ちます。

キズがつきにくく高級感のあるダイヤモンドは結婚指輪や婚約指輪の定番の宝石として世界で愛されています。

効果

天然石として最高級のダイヤモンドは誕生石として身に着けることで、非常に強いパワーをプラスすることができます。

なにものにも影響されない意志の強さが欲しい時、乱れた心を浄化したい時に特に良い影響を与えるとされていて、自分自身の持つパワーを高めたい時におすすめだと言われています。

そしてもちろん永遠の愛を誓いたい時にもダイヤモンドの持つ清らかな力が非常に大きな効果を発揮します。

宝石言葉

ダイヤモンドの宝石言葉は「永遠の絆」「純潔」「変わらぬ愛」「調和」です。

どれも素敵な意味を持つ言葉ですが、その中でも自分の気に入った宝石言葉を胸に刻んでおくことで石との相性を高めることができるとも言われています。

取り扱い方法

ダイヤモンドは全ての天然石の中で最も堅い石ですが、場合によっては傷がついてしまうことも十分あり得ます。取り扱いには他の天然石と同様に十分注意が必要です。

またダイヤモンドの表面に手の油などがつくと輝きが鈍くなってしまう原因になるため、汚れた時は柔らかい布で綺麗に拭き取ることも大切です。

ダイヤモンドを浄化する時は特に避けなければならない方法はありません。太陽浴、月光欲、煙欲、塩欲、水欲などどんな浄化方法でも大丈夫です。

ピンクダイヤモンドの価値は?

ダイヤモンドにはピンクダイヤモンドという種類もあります。その名の通り薄くピンク色をしているのが特徴のダイヤモンドで、非常に希少価値の高い宝石になります。

優しい色合いのピンクダイヤモンドは透明度とカラット意外に、その色の濃さによってまた価値が変わります。

特に女性の人気が高く、他のカラーダイヤモンドと合わせて世界中で愛されています。

「水晶(クォーツ)」の特徴

【粒売り/バラ売り】クリスタル(本水晶)
【粒売り/バラ売り】クリスタル(本水晶)

4月のもう1つの誕生石である水晶(クォーツ)の特徴についても見ていきましょう。

水晶は無色透明のクリアな見た目が非常に美しい天然石です。非常に優れた浄化の力を持つとされており、長く占いや様々な術式に水晶が用いられてきました。

ダイヤモンドほど高価ではなく気軽に手に入れられることと、どんなファッションにも合わせやすい見た目からアクセサリーなどの装飾品としても高い人気があります。

効果

水晶は他のパワーストーンと一緒に持つことで減ってしまったエネルギーを元に戻したり、乱れた波動を一定の状態に戻す効果があると言われています。

疲れた心にパワーを取り戻したい時、邪気を払いたい時、自分の中の潜在能力を引き出したい時に持つと良い影響を与えてくれます。

4月の誕生石であるダイヤモンドと合わせて持つのもオススメです。

宝石言葉

水晶の宝石言葉は「万物の調和」「浄化」です。自分の中で何かが上手くいかなくてもどかしい思いを抱えている時や、何となく気持ちが沈みがちな時に身に着けるとその心のモヤモヤを取り払うことができます。

水晶は浄化のチカラが飛びぬけて高いパワーストーンです。疲れた心を癒し、明るい方向へといざなってくれるでしょう。

取り扱い方法

水晶は比較的堅い天然石のため傷はつきにくいという特徴がありますが、雑に扱うと擦り傷ができたり欠けてしまうことがあります。

それほど慎重になる必要はありませんが、丁寧に取り扱うように心がけましょう。

また長く放置していると水晶の表面に薄い汚れの膜やほこりがついてしまうことがあります。定期的に柔らかい布などで汚れを取ってお手入れをする必要があります。

水晶は石自体が浄化の作用を持っています。浄化の方法は制約はなく、月光欲、日光浴、煙欲、水浴などどんな方法でも大丈夫です。

4月の誕生石と相性の良いパワーストーン

では次は4月の誕生石であるダイヤモンドと水晶と相性の良いパワーストーンについて見ていきましょう。

天然石には良い相性と悪い相性があります。良い相性の石同士を合わせ持つとプラスのエネルギーが相乗効果でさらに高まると言われています。

誕生石のアクセサリーなどを購入する時は、ぜひ相性の良いパワーストーンを合わせるのがオススメですよ。

ダイヤモンド×ルビー

ダイヤモンドと相性が良いとされているパワーストーンはルビーです。

ルビーは困難に打ち勝つ情熱や、ゆるぎない純愛のパワーを与えてくれる石です。ダイヤモンドと合わせることで強い信念や大きな愛の力を身に着けることができるようになります。

見た目的にもクリアなダイヤモンドと真っ赤なルビーは対照的な美しさがあり、装飾品としてのバランスも最高と言えます。

ダイヤモンド×翡翠

翡翠(ヒスイ)ジュエリーペンダント
翡翠(ヒスイ)ジュエリーペンダント

ダイヤモンドには翡翠を合わせるのもおすすめです。

翡翠は幸福や安定、知恵のパワーを授けてくれる石です。ダイヤモンドと合わせて持つことで幸せが安定して訪れる効果や、幸せを持続させる知恵をプラスすることができます。

クリアなダイヤモンドには翡翠の美しいグリーンカラーもとてもよく映えます。アクセサリーのワンポイントとしても翡翠はダイヤモンドとの相性がとても良い石と言えます。

水晶×なんでも◎

4月の誕生石である水晶ですが、水晶には相性の悪い石はありません。水晶は他の石と合わせることでその石を浄化し、パワーを高める効果をもたらします。

水晶にはどんな石を合わせてもOKです。その中でも強いて言えば特におすすめなのはラピスラズリです。厄除けとしてのお守りとして効果を発揮します。

水晶に他の石を合わせ持ちたい場合は、たくさんある天然石の中かから自分の好みの石を見つけていろんな組み合わせを楽しんでみてはいかがでしょうか。

4月の誕生石には「なぜ?」がいっぱい!

4月の誕生石であるダイヤモンドや水晶には、「なぜ?」と疑問に感じることがたくさんあります。

ここからは普段何気なく側に置いているダイヤモンドや水晶にまつわる素朴な疑問について見ていきましょう♪

宝石の中でも最高峰!「ダイヤモンド」が高い理由

まず誰もが一度は感じる素朴な疑問、ダイヤモンドがとても高い理由はいったいなぜなのでしょうか?

ダイヤモンドは世界中で人気の高い宝石ですが、その需要の割合に対して生産数が少なく希少価値が高いことから非常に高値で取り引きされています。

さらにダイヤモンドは世界共通の基準を持つ宝石であり、4Cと呼ばれる「カット」「カラー」「透明度」「重さ」の基準によって価値が決められています。

4Cにおいて最高基準のダイヤモンドは世界でも最高峰のレアな宝石となることから、とても高額な価格がつくこともあります。

結婚指輪に「ダイヤモンド」が多いのは?

では結婚指輪に高価なダイヤモンドが多く使われているのはいったいなぜなのでしょうか?実は結婚指輪にダイヤモンドが多い理由はいくつか考えられます。

まず結婚指輪にダイヤモンドが多い理由の1つは、ダイヤモンドの宝石言葉が大きく関係しています。ダイヤモンドの宝石言葉は「永遠の絆」「純潔」「変わらぬ愛」「調和」です。

これから夫婦となり幸せな家庭を築いていこうという門出に、ダイヤモンド以上にふさわしい宝石はありませんね。

またダイヤモンドは最も硬い宝石であり傷がつきにくく、紫外線などにも非常に強いことから結婚指輪に向いているという理由もあります。

なぜ「水晶」は浄化力が高いの?

次は水晶に関係する疑問についてですが、なぜ水晶は浄化力が高いと言われているのでしょうか。

水晶が浄化力が高いのは結晶が六角形という非常に安定した形をしていて、乱れた気を整える力に優れていることが理由だと言われています。

また水晶は水の結晶のようにクリアな見た目で光を反射する力が強く、邪気や暗いオーラを払拭する力があると信じられてきました。

水晶の純潔なパワーは他の天然石を浄化するだけでなく、身に着ける人の疲れた心や傷ついた心まで浄化する効果があるというのはとてもすごいことですね。

4月の星座守護石

ここまで4月の誕生石についてご紹介してきましたが、実は天然石には星座守護石と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。

星座守護石とは誕生石のように星座によって決められている石のことで、身に着けることでお守りのような効果を発揮すると考えられています。

4月生まれの人は誕生日によって牡羊座と牡牛座の人がいます。それぞれの星座守護石について見ていきましょう!

牡羊座

4/1~4/19生まれの人は牡羊座です。

牡羊座の星座守護石はルビー(紅玉)、カーネリアン(紅玉髄)、コーラル(珊瑚)の3つあります。どれも赤い色が印象的な天然石です。

ルビーは勝利の石、カーネリアンは成功の石、コーラルは愛情の石と呼ばれています。目的に合わせてお守りとして身に着けてみてはいかがでしょうか。

牡牛座

4/20~4/30生まれの人は牡牛座です。

牡牛座の星座守護石はラピスラズリ(瑠璃)、翡翠(ひすい)、アゲート(瑪瑙)、アゲートジオードの4つあります。

ラピスラズリは強運の石、翡翠は健康の石、アゲートは成功や絆の石、アゲートジオードは魔よけの石と呼ばれています。

こちらもぜひそれぞれ自分の願いや目的に応じて使い分けてみましょう!

強いパワーを持つ4月の誕生石!

4月の誕生石や、星座守護石についてご紹介しました。

4月の誕生石であるダイヤモンドや水晶は非常に強いパワーを持っています。石の力を信じてぜひ自分のために役立てていきましょう!

■その他の月の誕生石について知りたい方は以下の記事も参考にどうぞ!

1月の誕生石ガーネットの意味は?【パワーストーン】
2月の誕生石アメジストの意味は?【パワーストーン】
3月の誕生石・パワーストーンのアクアマリンについて解説
5月の誕生石エメラルドの意味は?【パワーストーン】
6月の誕生石ムーンストーンとパールについて解説【パワーストーン】
7月の誕生石ルビーの意味は?【パワーストーン】
8月の誕生石ペリドットの意味は?【パワーストーン】
9月の誕生石サファイアの意味は?【パワーストーン天然石】
10月の誕生石オパールとトルマリンの意味は?【パワーストーン】
11月の誕生石はトパーズとシトリン!その意味は?【パワーストーン】
12月の誕生石ラピスラズリ、タンザナイト、ターコイズの意味は?

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ