結婚式で着物を着たい!振袖?訪問着?マナーを解説

結婚式で着物を着る人もいますよね。着物を着てくれると会場が明るくなるので、新郎新婦にも喜ばれることでしょう。しかし、着物にはマナーがあります。どんな着物を自分は着ることができるのかなどについて見ておきましょう。マナーを守って着物を楽しんでくださいね。

結婚式で着物を着たい!振袖?訪問着?マナーを解説のイメージ

目次

  1. 結婚式で着物を着るには?
  2. 結婚式の着物①|振袖
  3. 結婚式の着物②|訪問着
  4. 結婚式の着物③|黒留袖
  5. 結婚式の着物④|色留袖
  6. 手持ちの着物がなくても◎便利な着物レンタル
  7. 着物に似合う結婚式の髪型
  8. 着物で結婚式を楽しんで

結婚式で着物を着るには?

結婚式にお呼ばれされたときに着物を着るのはとても素敵なことです。着物は日本の文化でありながらも結婚式などがないと今では着なくなっていますよね。そのため、結婚式だからこそ着物を着たいという人もいるでしょう。

しかし、着物を着る場合はマナーを守らなければなりません。例えば、着物の色です。着物はそれだけでとても華やかですよね。華やかなのはいいのですが1番目立つのは花嫁さんであることが基本です。

そのため、着物の色を抑えて柄を控えるということは意識してくださいね。また、自分の年齢や立場にあった着物を着るというのもマナーとして必要なことですよ。

今回は、着物の種類とともに、それぞれのマナーについても紹介しますね。この記事を見ることで結婚式で恥ずかしくない着物の着こなしをすることができますよ。

結婚式の着物①|振袖

結婚式の着物として代表的なものに振袖がありますね。振袖は、着物の中でも特に華やかでパっと花が咲いた雰囲気になることから、非常に喜ばれる衣装ですよ。

成人式で振袖を着て以来着ていないという女性もいるでしょう。振袖が最も可愛い着物のため、振袖を着たいという人も多いですよね。

しかし、振袖は誰でも着ることができる着物ではありません。どんなマナーがあるのか紹介しますね。

振袖とは?

振袖とは、袖が長い着物のことを言います。未婚女性の最上級の礼装ともされています。袖を振ることから振袖と言う由来になっているため、袖が長いところが1番の特徴ではないでしょうか。

振袖には、大振袖、中振袖、小振袖という3つの種類のものがありますよ。さらに振袖は、他の着物と違って柄が豊富にあること、非常に華やかであることや帯も豪華にできることなども特徴ですね。

帯揚げ(帯と振袖の間に挟みこむ布)なども色がついたものにするので、何から何まで華やかとう印象を与えることができるでしょう。

振袖を着られる人は未婚女性

振袖を着ることができるのは、結婚していない女性です。振袖は、未婚女性に認められる正装のため、既婚者は着ることができません。ただ、最近は若くして結婚した女性が親族の結婚式に振袖を着ていることもあるでしょう。

周りから見ると、「あれ?結婚したのでは?」と思ってしまうので若くても結婚したのなら振袖は避けたほうがいいでしょう。また、振袖には若い女性が着るものというイメージを持つ人も多いですよね。

実際は年齢に制限があるものではありません。未婚女性なら誰でも着ることができます。ただ、見た目の派手さがあるので、似合うのはやはり若い女性ですよね。

結婚式では35歳ぐらいまでの未婚女性なら振袖が似合うと言われていますよ。

袖の長さに要注意!

大振袖、中振袖、小振袖と3種類の振袖があることを紹介しましたが袖の長さが違います。これは振袖を着るのなら注意していたほうがいいものですよ。

まず、大振袖は袖の長さが115cmあります。振袖の中でも一番格式高いものです。大振袖で結婚式に行くのはマナー違反ではありませんが、花嫁さんが大振袖を着用することも考えられます。

そのため、振袖の色や柄には特に気にするべきですね。可能ならば花嫁さんに振袖を着るのか、着るのなら何色なのかというのを確認してから着たほうがいいですよ。

次に中振袖ですが、袖の長さが105cmです。中振袖は花嫁さんと被ることがないので安心して着ることができますよ。色と柄だけ気をつけて結婚式の参列者としてふさわしいものを選んでくださいね。

最後に小振袖は、袖の長さが85cmです。小振袖も花嫁さんと被ることがありません。少し若々しくなるので、10代や20代前半の女性が着ていくと可愛らしい仕上がりになるでしょう。

結婚式の着物②|訪問着

続いては、訪問着について紹介します。訪問着は、とても上品な着物でいつか着てみたいなと思っている女性も多いのではないでしょうか。

訪問着は、色使いもとても美しいので、結婚式にとても向いている着物の1つですよ。訪問着を着るときにはどんなマナーがあるのか紹介しますね。

訪問着とは?

訪問着とは、昼間の礼装のことを指します。縫い目を感じさせない一連の絵柄になっている絵羽模様が特徴的です。

振袖まで派手ではないものが多く、上品な派手さを取り入れることができるでしょう。

訪問着を着られる人は未婚既婚女性

訪問着の最大の特徴でもあるのが未婚女性でも既婚女性でも着ることができるということですね。誰でも着られる着物であり、カジュアルにもフォーマルにも使用することが可能なため1つ持っておくととても便利です。

袖の長さは60cmなので小振袖よりも袖が短いですよ。既婚女性でも華やかにしたい人は、袖が短い訪問着はいいですね。まだ未婚だから振袖を着たいけど、年齢的に痛いかな?と思う人は訪問着にチャレンジしてみましょう。

何色にすべき?

訪問着を着るときの色ですが、結婚式なのでなるべく華やかで柄もパっと咲いているお花にするなどしたほうがいいでしょう。控えめすぎると、せっかくの訪問着が地味に見えてしまいますし、色留袖との違いが分からないとも思われますよね。

ただ、白などのように花嫁さんが着る色とは被らないようにするのも大事ですよ。ゴールドが入っているものや、ピンクをベースとしたものなどのように上品な華やかさのある訪問着にしてくださいね。

結婚式の着物③|黒留袖

黒留袖は、新郎新婦の母親が着ているのをよく見かけませんか?黒留袖は最も格が高い着物です。

黒い着物なので結婚式に向いているの?と思う人もいますが、結婚式に黒留袖はピッタリです。ただマナーがあるので、どんなマナーなのか見ておきましょうね!

黒留袖とは?

黒留袖は、既婚女性が着る、格がとても高く上品さで溢れている着物です。五つ紋という五つの紋が入っています。上半身には、柄がなく、足元に柄が入るのが特徴でもあります。

鶴や蝶などの縁起がよい柄が入っていて、黒に映える柄が美しさを醸し出しているものです。帯はゴールドやピンクなど少し派手なものを選ぶことが多いでしょう。

比較的落ち着いた雰囲気に仕上がる着物ではありますが、品位の高さと格の高さは着物の中でもピカ1です!

黒留袖を着られる人は親族

黒留袖を着られる人は、新郎新婦の母親や祖母、叔母、従兄などの親族です。とても格式高い着物であることから、親族以外の人が黒留袖を着るのは基本的にはダメだと言われています。

ただ、仲人さんなら着ることもあるでしょう。友人や会社関係者の方なら黒留袖は控えるのが無難です。着物がどうしても着たいのであれば訪問着を選びましょう。

黒留袖で参列していると、周りから「親族なの?」と思われてしまいますよ。

結婚式の着物④|色留袖

色留袖は、訪問着との違いが分からないと思う人が多いでしょう。しかし、その特徴を掴む事ができたら違いが一目瞭然です。

色留袖も礼装としてとても素敵なものなので、結婚式にピッタリな着物ですね。どんなマナーがあるのか見ておきましょうね!

色留袖とは?

色留袖とは、簡単に言うと色が入った留袖です。上半身は黒留袖と同じように無地で、下半身に柄が入るようになります。黒留袖と違うのは、黒ではなくピンクやグリーン、ブルーなどのような色があることですね。

また、黒留袖が五つ紋という最上級の格に対して、色留袖は五つ紋、三つ紋、一つ紋と格が3段階に分かれるという特徴も持っていますよ。

色留袖を着られる人は既婚未婚女性

色留袖は、未婚女性も既婚女性も着ることができる着物ですね。そのため、新郎新婦の親族から友達まで幅広く着用することが可能ですよ。

新郎新婦の母親は基本は黒留袖です。一番格が高いものを着用しましょう。ただ、色留袖も五つ紋にすることで黒留袖と変わらないくらい高い格を持つことになります。

五つ紋にすると色留袖を着ることもできますが、両家が揃わないのはおかしいので話し合いのもとで色留袖にするかどうかを決めましょう。

紋の数に気を付けて!

友人で色留袖を着たいと思っている人は、五つ紋のものを避けるのがマナーです。五つ紋は最上級の格があるため、親族までが着てもいいことになっています。

そのため、三つ紋か一つ紋の色留袖にするようにしてくださいね。

手持ちの着物がなくても◎便利な着物レンタル

着物を持っていないから結婚式に着物を着ることができないと思っている人もいますよね。しかし、最近は安く借りることができる着物レンタルショップもありますよ。

レンタルすることで、その時の気分で着たい着物を着ることができたり、着た後の着物のケアをしなくていいなどのメリットがありますね。また、着付けも一緒にしてもらえるので、当日はすごく楽ですよ。

東京でおすすめの着物レンタルショップは、「マイン」です。振袖も訪問着も黒留袖、色留袖も選べるのに一律9800円という安さでレンタルすることができますよ。

この料金には着付けも含まれているので、安心してくださいね。

【着物レンタルマインの情報】

住所:東京都港区六本木5-1-4 六和ビル(六本木店)
電話番号:03-5785-3881
営業時間:11時~20時(定休日はなし)
公式HP:http://www.rental-mine.com/web/rental/mochikomi

着物に似合う結婚式の髪型

着物を着たからには、怠ってはいけないのがヘアセットですね。最近は、自分でヘアセットをする人もいますが、着物のときはプロに頼むのもおすすめですよ。

ドレスのときとはまた違う素敵なヘアセットを楽しんでくださいね!着物別にどんなヘアセットがおすすめなのかについて紹介しますね。

振袖は可愛くアレンジ

振袖に合わせるのなら、やっぱり可愛いほうがいいと言う人も多いですよね。10代や20代の人なら可愛いヘアアレンジがおすすめですよ。

最近流行りの編み込みを取り入れたり、後れ毛やこなれヘアにするのもいいですね。振袖の場合は、比較的自分が好きなヘアスタイルにアレンジしてもいいでしょう。

ただ、肩周りの柄まで見えたほうが可愛いのでハーフアップよりはアップスタイルをおすすめします。髪型が可愛く派手なので、ヘアアクセサリーはあってもなくてもいいのではないでしょうか。

振袖で大人っぽく

20代後半や30代前半の人は、振袖に合わせるヘアスタイルが大人っぽいほうがいいですね。まとめあげるようなヘアスタイルがおすすめですよ。

ふんわりした可愛らしさよりも、上品さ重視で作っていきましょうね。振袖の柄にも合うようなヘアスタイルのほうが素敵なので、大人っぽい振袖には大人っぽいヘアがいいですね。

大人っぽいヘアのときは、ヘアアクセサリーを一つ入れて華やかするのもおすすめです。結婚式なのでパールのヘアアクセサリーなどがいいでしょう。

訪問着は大人可愛く

下のほうでお団子をすると、きっちりしすぎるイメージがありますが、トップを崩してみたりくるりんぱを取り入れたりして大人可愛く仕上げるといいですよ。

また、かんざしなどのヘアアクセサリーがあるとより素敵ですね。大人を意識しつつも、自分が着る訪問着のかわいさもしっかり髪型で演出してくださいね。

▼関連記事:訪問着に合う髪型について

訪問着に合う髪型・ヘアアレンジ紹介!結婚式お呼ばれなら?【年代別】

黒留袖はしっかりとまとめあげて

黒留袖は、格がとても高いのでヘアスタイルもそこに合わせていく必要がありますよ。しっかりとまとめ上げて上品さを出していきましょうね。

また、ヘアアクセサリーとしては、扇型のものを選ぶとより高級感が出ますね。また、結婚式なのでおめでたい雰囲気を出すこともできますよ。

▼関連記事:黒留袖に合う髪型

黒留袖に合う髪型特集!30代・40代・50代の女性必見!

色留袖は紋に合わせて

色留袖の場合は、紋が五つ紋なら黒留袖のようにきっちりまとめたほうがいいでしょう。三つ紋や一つ紋なら少し可愛らしさを出してもいいですね。

ヘアアクセサリーもパールにして少し柔らかく仕上げていくのもおすすめですよ。もちろん、扇のかんざしにするのもいいと思います。

▼関連記事:着物に合うヘアスタイル

着物に合うヘアスタイル・アレンジ【ロング・ミディアム・ショート】

着物で結婚式を楽しんで

着物で結婚式に参加するときには、意外と色んな決まりがありますね。日本人だから着物に詳しいという人は少なくなってはいますが、やはり見る人から見たら分かるものですよね。そのため、着物で結婚式に行くときにはマナーを十分に守ってくださいね。

是非、着物を着て結婚式を楽しんでください。レンタルならドレスを新調するのと変わらないぐらいの値段で着物を着ることが可能ですよ!

もっと結婚式のファッションについて知りたいあなたへ!

▼関連記事:結婚式の髪型特集!

結婚式髪型特集!簡単自分でできるお呼ばれアレンジ長さ別53選!

▼関連記事:ネイビードレスのコーディネート

ネイビードレスをパーティーや結婚式で着たい!コーデを紹介!

▼関連記事:結婚式でのヘアアクセ

結婚式ヘアアクセ33選!お呼ばれのマナーやヘアスタイルも解説

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ