ダサいとは言わせない!男が乗っててかっこいいと思われる軽自動車13選

ひと昔前までは男性が乗るのは「ダサい」というイメージの強かった軽自動車ですが、最近はデザイン性の高いモデルや機能性の高さを理由に男性人気も高まっています。そこで今回は男が乗っていてもかっこいい軽自動車13選をご紹介します。

ダサいとは言わせない!男が乗っててかっこいいと思われる軽自動車13選のイメージ

目次

  1. 軽自動車に乗っている男性ってどう思われてる?
  2. カッコいいと思われる軽自動車を選ぶポイント
  3. 間違いない!男性が乗ってたらかっこいい人気軽自動車13選!
  4. ちょっと残念!男性が乗ってたらダサい軽自動車は?
  5. かっこいい軽自動車なら男性が乗っていてもOK!

軽自動車に乗っている男性ってどう思われてる?

あなたは軽自動車に乗る男性についてどう思いますか?

一昔前までは一般的に男性が軽自動車に乗るのは恥ずかしいという意識が男女ともに見られましたが、最近のあるアンケート調査によると「軽自動車に乗る男性はありか?」という質問に、およそ8割の女性が「あり」という結果が出ています。

デザイン性の高い男性向けの軽自動車が増えてきたことや、女性自身も軽自動車に乗りたいと思っていることから抵抗が薄れたことがこの結果に繋がったのではないでしょうか。

このことを踏まえて今回は男性にオススメの軽自動車13選をご紹介します。

カッコいいと思われる軽自動車を選ぶポイント

まずは軽自動車を選ぶ際のポイントについて知っておきましょう!

値段も妥協しないかっこいい軽自動車

まず軽自動車を選ぶ最大のメリットとして挙げられるのは、価格の安さですよね。中古車ともなるともなると、50万円以下でも良質な軽自動車を手に入れることができます。

また維持費の安さ、特に軽自動車税は普通自動車と比べると年間半額以下の納税額となっています。

安いけど内装や外見がおしゃれな軽自動車

以前の軽自動車のイメージは味気のない最低限の内装と、決して良いとは言えない乗り心地が特徴でした。

ですが昨今の軽自動車人気を受けて、最近では安くても内装や外見がおしゃれな車種や、充実した機能を備えた車種などが多数登場しています。

間違いない!男性が乗ってたらかっこいい人気軽自動車13選!

それではここから男性が乗っていたらかっこいい軽自動車13選をご紹介します!

①SUZUKI ジムニー

軽自動車の常識を覆す悪路走破性をもつスズキのジムニー。強度と耐久性を兼ね備えたはしご型のラダーフレームを駆使したその高い悪路走破性は世界中で高い人気を持つシリーズです。

サスペンションも前後とも固定軸を採用し、荒れた路面でも高い接地性を誇り、軽自動車でありながら本格オフロード車として高い評価を受けています。

外観デザインも他の軽自動車とは一線を画した本格派のものとなっており、長く愛される理由となっています。

②HONDA N-BOX

本田技研工業が生産・販売しているトールワゴン型軽自動車・N-BOX。新設計のNシリーズ共通プラットフォームによって獲得した広い室内空間が特徴です。

またフィットで採用されているセンタータンクレイアウトを同社の軽自動車では初めて採用し、床を低レベルに配置することによって高い空間効率を維持しています。

Nシリーズに共通するミニバンにも匹敵するほどの多彩なシートアレンジなど使い勝手の良さも人気の理由となっています。

ファミリー向けの標準モデルと、メッキパーツを加飾した強い個性をもつ「N-BOXカスタム」の2つのモデルが用意されており、ファミリー層から若年層まで幅広いニーズに答えます。

また、危険回避などをサポートしてくれる「ホンダセンシング」や軽自動車としては初の標準装備となる横滑り防止装置である「VSA」と「ヒルスタートアシストシステム」を全車に備え付けるなど、安全面も安心の仕上がりとなっています。

③SUZUKI ハスラー

スズキが生産と販売を手掛けるクロスオーバーSUVの軽自動車・ハスラー。ハイトワゴンのワゴンRをベースとし、軽トールワゴンとSUVのいいとこ取りで産まれた新ジャンルの軽自動車です。

かつてスズキの人気車種だった「Kei」のコンセプトを引き継いだ上で、さらに挑戦的な試みを行ったこのモデルは初代モデルの月間販売台数目標であった5000台を遥かに上回る発注があり、高い期待と評価を受けました。

軽自動車でありながら頼もしい悪路走破性を持っており、アクティブなライフスタイルを送る若者やアウトドアやスポーツなどを楽しむ中高年層にも人気のモデルとなっています。

安全装備も、衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」や自動ブレーキ機能など、ドライバーの負担を十分に軽減してくれる設計となっています。

④DAIHATSU タント

前輪駆動式軽ミニバンのパイオニアであるダイハツのタント。発売当初は軽自動車の中では最長となるロングホイールベースで、「タント」の名が示す通りの広々としたキャビンを確保しています。

2代目から採用された助手席のミラクルオープンドアはタントのもっとも大きな特徴です。使い勝手のいい大開口幅のドアは子育てをする母親や介護をする人たちにとても好評です。

2018年にはソナーセンサーやコントローラー等で構成される後付け安全装置「つくつく防止」が発売され、安全面でのアフターケアも万全です。

⑤SUZUKI スペーシア

スーパーハイトワゴンのスズキ・スペーシア。「パレット」の後継車として軽量化や燃費性能などを大きくリニューアルさせ発売されました。

過去にワゴンRで初めて採用された「スズキグリーンテクノロジー」として次世代環境技術が数多く導入され、基本性能は非常に高いレベルを誇っています。

一番の特長は、2460mmというロングホイールベース採用によって獲得した広い室内空間。軽自動車とは思えないほど広々したスペースが人気の理由となっています。

安全装備面では、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、ドライバーの高齢化に伴った機能が多数採用されています。

標準モデルと、メッキパーツを多用した「スペーシアカスタム」、そしてSUV風のアクティブ感が魅力の「スペーシアギア」の3種類がラインナップされており幅広いユーザーのニーズに対応しています。

⑥DAIHATSU ムーブ

ハイトワゴンの代表格・スズキのワゴンRのライバル車としてダイハツから発売されたムーヴ。横開きのバッグドアが特徴の一つでしたが、6代目から廃止され一般的な縦開き式のドアが採用されています。

6代目ムーヴからは基本性能の向上に重点をおいた改良が施され、軽自動車ではトップレベルの走行性能を実現しています。また安全性の確保はそのままに外板を樹脂製パネルに変更し20kg近い軽量化に成功しています。

また安全装備の充実が求められる現代のニーズにピッタリな機能を兼ね備えており、その安全性の高さがファミリー層の人気獲得に繋がっています。

⑦日産 デイズ

2013年に初代モデルが登場したハイトワゴンタイプの日産・デイズ。日産と三菱による合弁会社「NMKV」が開発を手がけ、三菱自動車工業が製造することでもも話題になりました。

日産、三菱両社の特徴を織り込んだ革新的なデザインが人気のモデルです。

標準モデルと「デイズハイウェイスター」の2種類を用意。三菱のeKワゴンと同じく、同一車線運転支援技術「プロパイロット」の搭載や、先進事故自動通報システムSOSコールが軽自動車としては初めて採用され、充実の機能となっています。

⑧SUZUKI ワゴンR

1993年に初代モデルの登場以来、長く愛され続けるスズキのワゴンR。発売当時、軽自動車のマイナスイメージであった「室内の狭さ」を背を高くすることによって払拭した、軽自動車史に革命を起こしたモデルです。

また乗り心地に関しても二重構造のフロントパネルによって高い座面を獲得し、軽自動車の不快な窮屈感を見事に克服しました。

現行6代目の外観デザインは初代モデルに現代風のアレンジを加えたデザインとなっており、ラインナップは「FX」「FZ」「スティングレー」の3種類が用意されています。

⑨三菱 eKワゴン

2001年に初代モデルが登場した三菱自動車のeKワゴン。4代目となる現行モデルではフルモデルチェンジが行われ、外観デザインは大幅に変更され基本性能も飛躍的に向上しています。

安全装備としてはアダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能から構成される高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT」が採用されるなど、高い安全性と走行安定性を確保しています。

⑩SUZUKI アルト

スズキの軽自動車を代表する、ベーシックモデルとして位置づけられているアルト。

発売当時、軽ボンネットバンとして持て囃された初代アルトの運転性能の高さ、利便性、コストパフォーマンスの高さ、リーズナブルな価格設定等はそのままに現在では軽自動車の代表的なモデルとなっています。

また発売から40周年を迎えた2019年には、国内累計販売台数がスズキでは初となる500万台を達成し、今も長く愛されていることを証明しました。

現行モデルである8代目は、機能を求めるあまりに増えていた昨今の軽自動車の重量に着目し、骨格から刷新。約60kgの軽量化を実現しました。さらにエンジンやミッションの高効率化によって高い燃費性能を実現しています。

衝突被害軽減ブレーキも用意されるなど、安全装備も充実で、ファミリー層にも人気の高いモデルとなっています。

⑪DAIHATSU ミラ

ダイハツ工業が1980年から2018年まで生産と販売を手掛けていたハッチバック型軽自動車であるミラ。かつてはあの40年以上の歴史を持つスズキ・アルトと販売台数においてライバル関係にあったほど人気のモデルでした。

2018年にミラ自体は販売を終了しましたが、現在でもミラの派生車種となる「ミライース」や「ミラトコット」などがコンセプトを受け継ぎ、進化を続けています。

⑫DAIHATSU キャスト

ダイハツが「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに2015年に発売したキャスト。車名には「この車が乗る人のライフスタイルを彩るキャストの一員になれるように」という想いが込められています。

キャストでは、SUVテイストの「アクティバ」、レトロで都会的なイメージの「スタイル」、専用サスペンションを装備したスポーツテイストの「スポーツ」という3種類のスタイルが設定されています。

全体的に丸みを帯びたフォルムでありながら可愛くなり過ぎない上品なデザインは、男性がかっこよく乗りこなせる軽自動車として人気です。

⑬日産 デイズルークス

そして映えある一位に輝いたのは、日産から発売されている軽トールワゴン・ルークスです!

このモデルもデイズ同様、日産と三菱の合弁会社「NMKV」が日産と三菱両社向けに、両社の強みを生かして商品企画から開発までを行い、三菱自動車工業が製造するモデルです。

室内高1,400mmは27インチ自転車も積載可能で、軽自動車のイメージを覆す広々スペースを実現しています。

またアラウンドビューモニターやタッチパネル式オートエアコン、インテリジェントキーなど、利便性を追求した様々な機能が備わっています。

子育てを終えたファミリー層が大型車からの乗り換え先の選択肢の一つとして挙げられることが多く、今後も高い人気を維持していくことでしょう。

ちょっと残念!男性が乗ってたらダサい軽自動車は?

男性人気も高まっている軽自動車ですが、やはりいまだに軽自動車に偏見をもつ女性も少なからずいるようです。

中でも女性が乗っているイメージの強い日産のマーチや、パステルカラーの車種などはやはり「ダサい」と思われてしまう傾向にあるようです。

かっこいい軽自動車なら男性が乗っていてもOK!

今回は男が乗っていてもかっこい軽自動車13選をご紹介しました!

今や軽自動車にも秀逸なデザインのモデルや機能性の高い車種がたくさん発売されているんですね。「男が軽自動車に乗るなんてダサい」という時代はもう古いのかもしれません。

あなたも自動車購入の予定があったらこのランキングを参考に軽自動車も選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか!

車についてのランキングをチェック!

女性芸能人の愛車人気ランキングTOP30!高級車や意外な庶民派まで!【2020年】
海外セレブの愛車ランキングTOP35!メーカーや価格も必見!
彼氏に乗ってほしい車ランキング!女性ウケするのはこのタイプ!
車のナンバー358の意味とは?どんなパワーがあるの?

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ