下の名前で呼ぶ女子の心理とは?それによって得られる効果も解説!

職場の女子や友達の女子から突然下の名前で呼ばれて驚いたことはありませんか?男性なら「もしかして自分に気があるのかな?」とドキドキしてしまった人もいるかもしれませんね!今回は下の名前呼ぶ女子の心理と、それによって得られる効果について解説致します♡

下の名前で呼ぶ女子の心理とは?それによって得られる効果も解説!	のイメージ

目次

  1. 名前の呼び方でその人の心理がわかる?
  2. 下の名前で呼ぶ女子の心理
  3. 下の名前で呼ぶことで得られる効果は?
  4. 下の名前で呼ぶことは「好意の返報性」の効果も期待できる!
  5. 下の名前で呼ぶのは仲良くなりたい証かも♡

名前の呼び方でその人の心理がわかる?

多くの人は誰かを呼ぶ時は相手によって呼び方を変えますね。

自分ととても親しい知り合いや友人の場合はあだ名などの愛称で呼ぶこともあれば、下の名前で呼び捨てにして呼ぶこともあるでしょうし、それほど親しくない顔見知り程度の関係の人なら苗字に「さん」付けが一般的でしょうか。

相手の名前の呼び方ひとつでその人の心理状態がとてもよく分かりますし、第3者からみてもその二人の関係性や親密さが何となく雰囲気で察することができますよね。

普段何気なく周りの人の名前を呼んでいる時も、注意深く観察しているとその人の考えていることが自然と見えてくることは珍しいことではありません。

下の名前で呼ぶ女子の心理

相手の名前の呼び方にはその人の心理が表れると言われていますが、男性に比べて女性は周りの人を下の名前で呼ぶ人ことが多いですね。

特に10代や20代など若い女の子では、同性の女性に対しても、異性である男性に対しても下の名前で呼びかけることにためらいがない場合が多いようです。

若い女の子は顔見知り程度の関係の人にも下の名前で「〇〇さん」「〇〇ちゃん」「〇〇くん」と気安く話しかける人がたくさんいて、周りの人もそのことに違和感を抱く人はあまりいません。

一方30代以上の大人の年代の女性では周りの人のことを下の名前で呼ぶことは意外と少なく、本当に仲が良い親しい関係の人だけという場合が多い場合ようです。

ある程度の年齢を重ねた大人の女性は自分と周りの人との間にしっかり礼儀をわきまえていて、相手が自分にとって友人なのか、恋人なのか、またはただの顔見知りなのかを呼び方できっちり線引きしているのではないかと考えられます。

若い世代の女の子はそのあたりが少し曖昧な人が多いため、下の名前で呼ばれた人は「どういう気持ちで下の名前で呼んでくるのだろう?」と不思議な気持ちになってしまう人も少なくないようです。

相手を下の名前で呼ぶ女の子の心理は以下のような理由が挙げられます。

名字が被っているから

まず1つめの理由は、相手の苗字が他の人と被っているからという理由です。

同じ苗字の人が他にもいる場合は、苗字で呼ぶとどちらを呼んでいるのか一瞬分からなくなることがありますよね。周りの人や当事者である相手が混乱してしまわないために、女の子があえて下の名前で呼ぶという配慮をしている可能性は十分あります。

ただの職場の同僚やそれほど親しくない友人が名前で呼んでくるときは、思いきって「苗字が同じだから下の名前で呼んでくれるの?ありがとう!」と言ってみるのも良いかもしれません。

女の子が全く慌てることなく平然と「そうそう。間違えると失礼になっちゃうと思って。」などと返してくる場合はまずこの理由で間違いないでしょう。

周りと合わせている

もし周りの人がお互いに下の名前で呼び合っているのであれば、女の子もその状況に合わせて下の名前で呼んでいる可能性もあります。

周りの人が下の名前で呼んでいるのに自分だけ苗字で呼んでいると1人だけ浮いた存在になってしまうと考えている場合ですね。

恐らくこの女の子は場の空気をよく読める子で、自分だけ違ったことをして目立ちたくないという意識も働いているのかもしれません。

女の子の友人同士で呼び合う時はそれほど親しくない子でも下の名前で呼ぶことが多いのは同調意識の表れが理由になっていることが多いようです。

距離を縮めたいと思っている

また女の子が相手のことを下の名前で呼ぶ時は、その相手との距離を縮めたいと思っている可能性もあります。

同性同士でも妙に波長があってずっと一緒にいたい、仲良くしたいと思う人っていますよね。そのような相手に対してはいつまでも苗字で呼んでいてはなかなか打ち解けることができないため、勇気を出して下の名前で呼びかけることもあるでしょう。

少なくとも苦手な相手や嫌いな相手に対して自分から下の名前で呼びかけることはまずありません。同性に対して下の名前で呼ぶ女の子は、相手ともっと距離を縮めたいと素直に感じている子も多いのではないかと考えられます。

異性の場合はアピールしている証拠

もし女の子が異性の男性に対して下の名前で呼びかける時は、自分の好意をアピールしている証拠です。

自分から下の名前で男性を呼ぼうという女の子はかなり自分に自信があり、周りの子よりも先に相手の男性の気を引きたいと感じているのだと想像できます。

名前を呼ぶ時に少し甘えるような仕草を見せて、「〇〇さん」「〇〇くん」と上目遣いをするようなら100%好意の感情を持っていると見て間違いないでしょう。

周りの女性から見ればそんな女の子の好意は丸わかりの状態かもしれませんが、意外と当事者の男性はそのことに気付かないことも多いようですね。

下の名前で呼ぶことで得られる効果は?

では実際に女の子が相手を下の名前で呼ぶことで得られる効果はどれほどあるのでしょうか?

同性であれば女の子に下の名前で呼ばれると「仲良くなりたいのかな?」と嬉しく思う人もいるでしょうし、「馴れ馴れしくてわずらわしいな」と思う人もいるかもしれませんね。それまでどれぐらい仲良くしていたかで受ける印象は大きく変わりそうです。

男性が女の子に下の名前で呼ばれると、その相手の女の子の外見や性格が自分の好みかどうかで好感度が変わることもあるかもしれません。

自分から最初に下の名前で相手を呼ぶのは少し勇気が必要ですが、名前を呼ぶ側は呼ばれる側の態度や雰囲気から状況をよく理解することも大切ですね。

相手に自分を意識させることができる

しかしながら相手を下の名前で呼ぶという行為は、良い場合も悪い場合も相手に自分を意識させるという点においては効果は絶大です!

ある日突然に下の名前で呼びかけられると、それが同性であっても異性であっても思わずドキッとしてしまう人が大半でしょう。

今までその他大勢の中の1人だったところから、「自分のことを下の名前で呼んでくる特別な女子」として見てもらうことができるようになります。

特定の相手に自分を意識させたい時には積極的に下の名前で呼びかけるのはとても良い方法と言えそうです。

距離感が縮まる

また下の名前で相手を呼んだ時に悪い反応が返ってこなかった時は、ほとんどの場合でその相手との距離感が縮まるのではないかと予想できます。

下の名前で呼びかけることで相手は話しかけるきっかけを得ることができますし、他の人たちと比べて少し特別感が出て親密な空気を作りやすくなりますね。

もし好きな人がいてその人と少しでも距離感を縮めたいと思っている時は、迷惑がられていないか慎重に相手の様子を伺いながら下の名前で呼びかけてみるのはすごく効果的な手段となるでしょう。

ライバルの多い人気の男性が相手の場合は、どれだけ自分をアピールしてインパクトを与えられるかが恋の成功の秘訣になりますね♪

下の名前で呼ぶことは「好意の返報性」の効果も期待できる!

さらに下の名前で相手を呼ぶことは、「好意の返報性」の効果も期待できると考えられます。

「好意の返報性」とは好意を与えてくれた人には自分も同等程度か、またはそれ以上に好意を返したくなるという心理状態のことです。

下の名前で相手を呼ぶことで、相手も「じゃあ自分も〇〇さんのことを下の名前で呼んでみようかな」「いっそのこと呼び捨てにしようかな」という気持ちになってくれる可能性が高くなります。

お互いに下の名前で呼び合える関係になれると、きっと今よりもずっとその相手と仲良しの関係になれるはずですよ♡

下の名前で呼ぶのは仲良くなりたい証かも♡

今回は下の名前で呼ぶ女子の心理について詳しく解説しました!下の名前で呼ぶ女子は、その相手に少なからず思いを寄せていて仲良くなりたいと感じています。

皆さんも下の名前で呼びかけられたときは、ぜひその相手の女の子の言動にこれまで以上に注目してみてくださいね♡

◆好意のサインの見分け方についてもっと知りたい方は以下の記事もどうぞ♪

好きって気付いて♡女性の態度や会話に出る男性への好意のサイン
男性必見!職場の女性のその行動、好意のサインだったら?
気があるのかの見分け方!好意のある人に出してしまうサイン9選!
自分のことが好きな人を見分ける方法!【好意のサイン・占い】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ