オランダのお土産おすすめ商品15選!お菓子・雑貨などをご紹介♡

オランダへ海外旅行に行く人は必見!オランダ旅行でおすすめのお土産を紹介します。定番のお土産からお菓子や雑貨まで、いろいろな種類の人気お土産を取り揃えているので、お土産を渡す人の顔を想像しながらぜひチェックしてみてください。

オランダのお土産おすすめ商品15選!お菓子・雑貨などをご紹介♡のイメージ

目次

  1. おすすめのオランダのお土産が知りたい♡
  2. オランダのお土産おすすめアイテム15選
  3. 魅力がたっぷりのオランダのお土産♡

おすすめのオランダのお土産が知りたい♡

皆さんはオランダというと何を思い浮かべますか?大きな風車やチューリップ畑などでしょうか?

ヨーロッパの北部に位置するオランダは日本からとても距離が離れていますが、鎖国時代からオランダとは貿易をしていたほど実は日本とゆかりの深い国です。

そんなオランダには素敵な観光地もたくさんあります。ただ海外旅行となると頭を悩ますのがお土産の存在ですよね。

今回はオランダ旅行におすすめのハズさないお土産15選を紹介します。旅行に出かける前にしっかりチェックしておきましょう。

◆関連記事:オランダ人の性格と特徴についてはコチラ!

オランダ人の性格と特徴解説!【完全版】

オランダのお土産おすすめアイテム15選

では早速オランダ名物や雑貨など、バラエティ豊かにおすすめのお土産を紹介していきます。お土産を購入する場所は、観光にも適している場所が多いので楽しみながらお土産を探してみてくださいね。

1.Drosteのチョコレート

海外旅行土産の定番といえばチョコレートですよね。チョコレートといえばベルギーが有名ですが、お隣オランダも負けてはいません。

長い歴史を持つDroste(ドロステ)のチョコレートはオランダ旅行でもっとも人気の高いお土産です。六角形のシンプルな箱に入った丸いクッキー型のチョコレートはとても食べやすく、持ち運びにもとても便利。

六角形の箱のパステルロールチョコは日本でも買えますが、日本では販売されていないフレーバーもあるので要チェックです。

中にはオランダらしいチューリップをモチーフにしたチョコレートもあり、オランダ土産として人気があります。

2.チーズ

オランダといえばチーズです。日本ではレストランやデパ地下くらいでしかあまり見かけない、丸くて大きなチーズが陳列している様子は圧巻!トムとジェリーのジェリーがかじりつきそうなチーズが所狭しと並びます。

なんとオランダでは空港にもお土産用のチーズショップが入っているくらいです。特に『Henry Willig Cheese & More』のチーズは有名で、チーズの他にもチーズにつけていただくと美味なマスタードなども販売しています。

またこのような大型ショップではなく、昔から家族経営しているような町の小さなチーズ屋さんに訪れてみるのもおすすめです。

3.ストロープワッフル

オランダのワッフルは皆さんが頭に思い浮かべるベルギーワッフルとは全く違います。オランダのお土産で人気が高い『ストロープワッフル』は、薄くて表面がパリっとしているもの。

知らない人が見たらクッキーの一種に見えるかもしれませんね。生地はとても薄いのに、シロップと一緒に焼いているのでしっかりとボリュームもあり満足感のあるお菓子です。

そして現地の人がおすすめする食べ方は、このストロープワッフルを紅茶のカップの上に置いて温めてからいただくというもの。

ストロープワッフルは薄いのですが、紅茶のマグカップを塞げるサイズなので、カップに蓋をするイメージで温められるのです。こうするとシロップが温められ、ワッフルがやや柔らかくなって美味しいんですよ。

4.ゴッホ関連アイテム

悲劇の天才画家フィンセント・ファン・ゴッホはオランダ出身です。独特の筆遣いと色で描かれた『星月夜』や『ひまわり』はあまりにも有名ですよね。

空港やいろいろなお土産ショップでゴッホ関連の雑貨などが販売されているので、こちらもおすすめです。

また故郷オランダのアムステルダムにはゴッホ美術館があります。ゴッホが好きな人なら、美術館内にあるショップを物色するのがおすすめ。

ゴッホの絵画が描かれたチョコレートやティーバッグ、ノートやマグカップなど、日本ではお目にかかれないゴッホグッズがたくさんあるので、ぜひチェックしたいところです。

5.ミッフィーグッズ

もう一人オランダで忘れてはいけない有名人には、ミッフィーがいます。ミッフィーの作者ディック・ブルーナはオランダ人です。

世界中のお子様から大人まで多くの人を魅了するミッフィーですが、その美術館があるのが作者ディック・ブルーナの出身地『ユトレヒト』です。

ミッフィー美術館には、ディック・ブルーナのアトリエも再現されていてミッフィーの世界観を十二分に楽しめます。

そしてミッフィーファンにはたまらないのが、ミッフィーショップ。ここでしか買えない限定のミッフィーグッズもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

6.デルフト焼き

白地に青の絵付けが美しい陶器『デルフト焼き』は、オランダを代表する工芸品です。16世紀から始まった長い歴史を持つ陶器で、その色あいはまるで日本の有田焼を彷彿とさせます。

オランダ王室ともゆかりが深いこの陶器は、とても繊細で職人が一つ一つ手で作成しています。少々値段が張りますが、価値のあるものなので陶器が好きな人のお土産にはピッタリです。

また手描きではありませんが安価なものもあるので、ちょっとしたお土産にはこちらでも十分喜ばれます。

デルフト焼きの工場は見学もできるので、職人の技を見学したあとじっくりお土産選びをする半日コースがおすすめです。

7.チューリップ

オランダのチューリップはあまりにも有名ですね。オランダといえば、風車とチューリップを思い浮かべる人がほとんどなのではないでしょうか?

オランダには様々な種類のチューリップがあり、咲き乱れている様子を見ると持って帰りたくなるのは当然!ただ一般的に植物を国に持ち帰ることは検疫の問題から難しく、厄介な手続きが必要です。

しかしチューリップをお土産にしたいという観光客も多いため、オランダでは検疫済みのチューリップが販売されています。

なんとオランダ産のチューリップの球根は空港でも販売されているくらい、人気の高いお土産なのです。

8.木靴

オランダといえばこのカラフルな木靴を思い浮かべる人も多いでしょう。可愛らしいオランダの民族衣装に木靴はまるで『フランダースの犬』の世界を再現しているようです。

とても硬いので履くというよりも装飾用かな?と思う方もいるかもしれませんが、オランダでは800年も前から農作業用にこの木靴を履いているそう。

海抜が低く湿地の多いオランダでは、ぬかるみが多いのでこの木靴がとても実用的なのだとか!そしてお土産ようには可愛いペイントをほどこしたミニタイプが人気です。

本当に履けるサイズもありますが、キーホルダーやインテリア用に購入する人が多いですね。

9.ハーゲルスラッハ

ハーゲルスラッハはオランダの朝食に欠かせない食材です。初めて見る人には製菓用のチョコレートスプレーに見えるかもしれませんね。

オランダ流ならこれはトーストの上にのせて食べる朝食用です。トースト用のパンにたっぷりバターを塗ってハーゲルスラッハを振りかけたら、老若男女誰もが大好きな朝食のできあがり。

甘いトッピングで朝からテンション上がります!これは一度食べるとハマる日本人も多いので、甘党の方へのお土産にはピッタリです。スーパーで安く手に入るので、いろいろなフレーバーを持ち帰るのもおすすめです。

10.TONY'S(トニーズ)チョコ

『TONY'S CHOCOLATE』は、カラフルなパッケージが可愛いチョコレートです。そしてトニーズチョコはフェアトレード、さらに踏み込むと児童奴隷や人身売買の撲滅を啓発するために作られているチョコレートです。

カカオ栽培では安い賃金で働かされている人がたくさんいます。そして人身売買や児童奴隷を使ってカカオ栽培をしているところも少なくはありません。その現状を打開したいと考え作られたのがこのトニーズチョコです。

私たちが普段食べているチョコレートに、小さな子供たちの奴隷労働があると思うと心が痛みますよね。トニーズチョコが広がることによって、少しでも子供たちの生活が改善出来たら素敵なこと。

トニーズチョコを購入するだけでフェアトレードや児童奴隷の解放に賛同できるとあって、お土産としても人気が高いのはうなずけます。豊富なフレーバーやフレーバーごとに違う色のカラフルなパッケージも高評価です。

11.ビール

ビールといえばドイツですが、オランダのビールも忘れてはいけません。あの世界的に有名なビール『ハイネケン』がオランダメーカーだということは意外に知られていない事実です。

しかしビール好きの人なら知っていますよね?実際にオランダ土産にハイネケンを頼む人も多いようです。ハイネケンのビールや、日本では買えないハイネケンのロゴが入ったグッズなどお土産に喜ばれます。

またハイネケン以外にもオランダのビールは美味しくて種類も豊富です。またビール好きの人なら世界各国のビールが気になるでしょうから、やはりお土産に地ビールは欠かせません。

12.HEMA(ヘマ)の雑貨

女性へのお土産ならオランダの『HEMA』というお店で雑貨を物色するのがおすすめです。HEMAは日本で言うとロフトや東急ハンズのような大型雑貨ストア。

日用品から文房具、季節の雑貨までいろいろな商品が揃っています。しかもお手頃価格!オランダらしい可愛いデザインは見ていると自分にも買って帰りたくなるくらいキュンキュンすること間違いなし。

日本未上陸のストアなので、日本では手に入らないのも高いポイントです。色遣いやモチーフなど、ちょっとおしゃれで日本にはないようなものばかりですから、人と被らないのもいいですよね。

文房具やデスク周りのお土産や、日本ではあまり見ないキッチンツールなどに人気があります。

13.ドロップ

知る人ぞ知るオランダ土産『ドロップ』は、ちょっとしたネタにピッタリのお土産です。なにがネタなのかというと、このドロップ…とても不味い!のです。

オランダでは小さな子供からお年寄りまで人気のある定番お菓子なのですが、どうしても日本人の味覚には合いません…。しかしお土産のネタとしては良いですよね。これで話も盛り上がりますし、罰ゲームにも使えます。

このドロップの食感は硬めのグミのような感じ。肝心の味は漢方薬のような独特のフレーバーと刺激臭のあるほのかな塩味がします。ゴムや樹液に例える人が多いようですが、ほとんどの日本人が途中で吐き出してしまうそうです。

ところ変わると臭い物や不味いものが美味しいといわれていたり、とにかく食にはお国柄が現れますよね。不味い食べ物として有名なので、一度試してみても良いのではないでしょうか?

14.紅茶

ヨーロッパに紅茶を持ち込み広めたのはオランダだそうです。今では紅茶よりもコーヒーが人気になっているようですが、それでも古くから紅茶の歴史を持つオランダの紅茶には注目が集まります。

ところで紅茶というとダージリンやアッサムのような茶葉が有名ですが、オランダで人気なのはフレーバーティーやハーブティです。

日本では見ないようなブレンドのフレーバーティーやハーブティーもあるので、ぜひチェックしてみましょう。先に紹介したストロープワッフルには紅茶も欠かせないので、セットにして贈るのも素敵ですね。

15.マグネット

趣味でマグネットを集めている人もいますが、そうでなくてもオランダのマグネットはお土産に人気の一品です。

というのも、オランダのマグネットはとてもカラフルでバリエーション豊かだからです。オランダらしいチューリップのマグネットを始め、様々なモチーフがマグネットになっています。

面白い物や可愛いもの、オランダの風物詩をモチーフにしたものなど、見ているだけで持ち帰りたくなるほどキュートです。オランダという文字が入っているものもあるのでお土産にピッタリなんですよ。

魅力がたっぷりのオランダのお土産♡

いかがでしたか?今回紹介してきた15個のお土産はどれも定番で、お土産として人気の高い物ばかりです。

お土産には今回紹介したものを購入しておけば間違いないので、迷われたときにはこの中から選んでみてくださいね。

◆関連記事:海外旅行のお土産で違う国のものをチェックしたいならコチラ!

ポーランドのお土産ランキングTOP15|老若男女に喜ばれる贈り物♡
スペインのお土産おすすめ人気ランキング29選!食べ物や雑貨も♡
アメリカのお土産おすすめ人気ランキング33選|通販で買える商品も!
インドのお土産おすすめ商品25選!お菓子・雑貨・衣類などをご紹介♡

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ