自分から振ったのに後悔する理由は?元カレと復縁はできる?

自分から振ったにも関わらず、しばらくしてから別れたことを後悔する人がいます。別れたことを後悔しているのであれば、復縁をお願いするしかありません。ですが、自分から振ったのに復縁はできるものなのでしょうか?そのときの男性の気持ちはどのようなものなのでしょうか?

自分から振ったのに後悔する理由は?元カレと復縁はできる?のイメージ

目次

  1. 自分から振ったのに後悔する理由は?
  2. 自分から振ったのに後悔する理由 (1)気が付く
  3. 自分から振ったのに後悔する理由 (2)比べる
  4. 自分から振ったのに後悔する理由 (3)次の恋ができない
  5. 自分から振ったのに後悔する理由 (4)彼氏の思いが変わらない
  6. 自分から振ったのに後悔する理由 (5)元カレの出世
  7. 自分から振った元カレの気持ちは?
  8. 自分から振った元カレの気持ち (1)プライドが傷つく
  9. 自分から振った元カレの気持ち (2)未練がある
  10. 自分から振った元カレの気持ち (3)裏切られた
  11. 振ったことを後悔している元カレとの復縁
  12. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (1)タイミング
  13. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (2)時間を空ける
  14. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (3)連絡
  15. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (4)様子を見る
  16. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (5)成長する
  17. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (6)惚れさせる
  18. 振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (7)すぐに復縁
  19. 復縁を望む際の注意
  20. 別れる前にも慎重な判断を

自分から振ったのに後悔する理由は?

人は環境に慣れてしまうと感覚がマヒしてしまいます。男女のお付き合いでも同じです。付き合い始めは彼氏にとにかく会いたい、できるだけ長く一緒にいたいなど、彼氏のことばかり考えていたはずです。

しかし、彼氏との交際期間も長くなると、一緒にいることが当然と思ってしまうようになります。別に彼氏のことが嫌いになったわけではありません。ですが、ずっと一緒にいたために、彼氏のありがたみを感じにくくなってしまいます。いわゆる、マンネリというやつです。


こんな状況になったとき、彼女はふと、彼氏と別れることを考えるようになります。そして、本当に別れてしまった場合、しばらくすると自分から振ったのに後悔の気持ちが生まれてきます。彼氏から振られたのであれば、復縁のためにアプローチもかけられます。

しかし、彼女から振ったのであれば、復縁のアプローチもしにくいです。自分から振ったのに辛い状況になってしまっています。なぜ、彼女は自分から振ったのに後悔することになるのでしょう?また、このような状況で元カレとの復縁の可能性はあるのでしょうか?

自分から振ったのに後悔する理由 (1)気が付く

この理由が最も多いです。交際期間が長くなると、彼氏と一緒にいることが当然となり、彼氏の優しさや、気遣いも日常にあって当然となります。そんな彼氏の良い部分が見えなくなってしまい、マンネリ化したときに何となく彼氏を振った。ということであれば、おそらく自分から振ったのに後悔することになるでしょう。

彼女も別れる前にしっかりと考えた結果と思っているかもしれません。しかし、自分から振ったのに辛い思いをするということは、その判断が浅はかであったことは間違いありません。しかも、元カレとの復縁まで望むのであれば、なおさらです。

いつもであれば彼氏がアレをしてくれた、コレをしてくれた、そして、それが日常になっていたことに彼女は彼氏を振ったあとに気が付きます。このときに何とも虚しい気持ちになるでしょう。

また、彼氏が普段は彼女が気が付かないところでしてくれていた気遣いも、彼氏がいなくなることで初めて気が付くこともあるでしょう。それらに気が付くことが、自分から振ったのに後悔をする原因になります。

自分から振ったのに後悔する理由 (2)比べる

彼氏と別れたのであれば、次の恋愛が始まることもあります。新しい恋人ができると、どうしても元カレとの付き合い方と比べてしまうときがあります。そのときに元カレの方が良かったと思うこともあるかもしれません。その元カレが恋人として優れていたのであれば、おそらく、他の男性と付き合っても物足りなく感じてしまうかもしれません。

そんなとき、どうしてもその元カレの存在が頭から消えないのであれば、復縁という選択肢もあります。ですが、もしもその元カレとの別れ方が自分から振ったのであれば、復縁をお願いすることは彼女にとって気まずく感じるかもしれません。自分から振ったのに辛い状況に陥ってしまうのです。

自分から振ったのに後悔する理由 (3)次の恋ができない

彼氏と別れれば、次の恋を探す人もいるでしょう。しかし、恋愛というのはなかなか上手くいくものではありあせん。もしかすると、次の恋人が全然できないこともあるでしょう。そんな恋人のいない期間が長くなると、元カレとの恋人生活を懐かしむときもあります。

寂しい思いが続くと、自分から振ったのに後悔することになります。さらに、自分には恋人ができない状況で、元カレには新しい恋人ができたという情報を聞いたり、目撃したりすると、自分だけが取り残されたような感覚になり、自分から振ったのに辛い思いをすることもあるかもしれません。

自分から振ったのに後悔する理由 (4)彼氏の思いが変わらない

男性でも女性でも、諦めきれない恋というものはあります。彼女から振ったとしても、彼氏は彼女のことを諦めきれずに、振られたあとも彼女のことを思い続ける人もいます。

このような場合は、彼女もこれだけ自分のことを大事に思っていてくれたのだ、と元カレの気持ちに気が付いて、罪悪感で自分から振ったのに辛い思いをすることになるかもしれません。ですが、自分から振ったので復縁のアプローチもしづらいので、良い彼氏を失ったと、自分から振ったのに後悔することになります。

自分から振ったのに後悔する理由 (5)元カレの出世

失恋をきっかけに、男性が仕事に没頭するようになることもあります。彼女が彼氏を振ったあとに、その彼氏が仕事を頑張って出世することもあるかもしれません。仕事で成功するということは、男性にとって、男の価値を1つ上げることになります。

久しぶりに元カレと再会したときに、男として成長した姿を見ると、再び惹かれることもあります。しかし、相手の男性は自分が付き合っていたときよりも、1つランクアップした男性です。すでに自分のことは目に入らない存在となってしまっていれば自分から振ったのに辛いと思ってしまうかもしれません。

男性として成長する可能性を秘めていた彼氏を手放してしまったという、単純な理由からも自分から振ったのに後悔することになります。

自分から振った元カレの気持ちは?

彼女が自分から振ったのに後悔したり、自分から振ったのに辛い思いをしてしまうことは自業自得でもあります。では、別れを告げられた元カレの気持ちはどうなっているのでしょうか?

もしも、自分から振ったのに復縁を望むのであれば、元カレの気持ちも理解しておく必要があります。

自分から振った元カレの気持ち (1)プライドが傷つく

男性はプライドの塊でもあります。女性からすると理解が難しい面もあります。このプライドは恋愛による心の傷とは別のものです。なので、彼女が振ったときに彼氏は恋人を失う心の傷と、男性としてのプライドの傷の2つを負うことになります。

このことを考えると、女性は自分から振ったのに辛い気持ちになるかもしれません。ですが、男性であれば誰でも大小様々なプライドがあるので、どうしても別れるときには傷を負うことになります。

■関連記事:プライドが高い男性について知りたい方はこちらもチェック!

プライドが高い男の恋愛傾向と特徴・心理!落とし方も教えちゃいます
プライドが高い人の特徴11選と心理!

自分から振った元カレの気持ち (2)未練がある

全員ではありませんが、男性はよく浮気をしたり、彼女との時間をおろそかにしたりすることがあります。しかし、説得力はないものの、彼女のことは大事に思っていないわけではありません。そんな彼氏を彼女が振ったときには彼女に対して未練が残るようです。元カノに未練がある男性は多いです。

自分から振った元カレの気持ち (3)裏切られた

男性でも、女性でも、別れを切り出されると自分を振った相手のことを裏切られたと感じる人がいます。特に、付き合っている最中に、他に好きな人ができたというときは、この感情が強くなります。他にも、一緒に過ごした時間を無駄にされると思う人もいるようです。

このような感情を向けられると、彼女も自分から振ったのに辛い思いをすることになります。しかし、別れを切り出すということは、相手からどのように思われても仕方ないことなので覚悟しておくべきことです。

振ったことを後悔している元カレとの復縁

自分から振ったのに辛い思いをしているというのであれば、元カレに復縁をお願いするしかありません。しかし、何もしなければ復縁はできません。元カレとの復縁を望むのであれば、アプローチをしなければなりません。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (1)タイミング

まずは、復縁のアプローチをするタイミングを見極めなければなりません。このタイミングには2つしかありません。すぐにアプローチをするか、しばらく時間を空けるかです。どちらのタイミングでアプローチを行うかは別れたときの状況によります。

このタイミングを間違えると復縁の可能性があったにも関わらず、そのチャンスを逃してしまうかもしれません。できれば、すぐにアプローチをかけたいと思うかもしれませんが、そのタイミングが間違いであれば取り返しがつきませんので慎重に判断しましょう。

また、時間を置いているうちに、元カレに新しい恋人ができてしまう可能性もありますが、それは自分から振った自業自得なので諦めましょう。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (2)時間を空ける

彼女が振ったことによって、彼氏のプライドは傷ついています。もしかすると、怒りの感情に変わっていてもおかしくはありません。そのような相手に復縁を望むことは自分から振ったのに辛い状況になります。

まずは元カレに冷静になってもらうための時間が必要になります。その後、いきなり復縁を望むようなことを言ってはいけません。元カレからすると、自分を振った相手なので信用が無くなっています。最初は元カレの感情に注意しながら距離を詰めることを意識しましょう。

復縁のためのアプローチをかける前に元カレの信用を戻す必要があるため、とても時間がかかります。この時間をかけている間に元カレに新しい恋人ができてしまう可能性もあります。これは、彼氏を振った自分の責任なので、この場合は諦めましょう。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (3)連絡

時間を空けたあとに、最初の元カレとの接触は細心の注意が必要です。元カレの強い怒りの感情を冷ましてもらうために時間を空けるのですが、元カノからいきなり電話がかかってきたり、急に目の前に現れたりすると、怒りの感情が再燃してしまうかもしれません。

まずは、LINEやメールなどのメッセージから始めましょう。内容も振ったことで辛い思いをさせてしまったことを謝罪することから入りましょう。自分が復縁を望むということは、別れるという判断が間違っていたということなので、元カレの気持ちを考えると、まずは謝るべきでしょう。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (4)様子を見る

LINEやメールでメッセージを送っても、状況が状況だけに無視される可能性もあります。そんなときはメッセージを送り続けても、元カレから面倒に思われてしまい逆効果となるので、もう少し時間を空けてみましょう。

もしかすると、永遠に返ってこない可能性もあります。しかし、それだけのことを相手にしてしまっているので、それはそれで仕方ありません。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (5)成長する

LINEやメールの返信が返ってきたら、少しずつ距離を詰めましょう。このとき焦って距離を詰めようとしてはいけません。元カレは振られた立場なので、元カノに対しての信用は無くなっています。自分から振ったのに辛い状況ではありますが、信用の無い人に近づかれると、人は拒絶をしてしまいます。

距離を詰めるときの理想は元カレの方から興味を持ってもらうことです。こちらから近づくと何かとリスクも発生してしまいます。元カレに興味を持ってもらおうと思うと、女性が成長して、元カレと付き合っていたときよりも魅力的な人になることが近道です。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (6)惚れさせる

自分が元カレと付き合っていたときよりも魅力的に成長しているのであれば、付き合っていたときのことは忘れて0からアプローチを仕切りなおすという考えもあります。

元カレが成長した元カノに興味を示してきているのであれば、この方法が有効でしょう。ただ、あまり自分に自信を持ちすぎて、ガツガツとアプローチしすぎると元カレに不快感を与えてしまうかもしれないので注意しましょう。

振ったことを後悔している元カレとの復縁方法 (7)すぐに復縁

彼氏が振られたことで生まれた感情が怒りではなく、強い未練であった場合は彼氏も復縁を望んでいる可能性があります。そのような場合は時間を置くと、逆に元カレの感情が薄れていく可能性もありますのですぐに復縁のアプローチを開始するべきです。

また、彼女が振ったことはマンネリ化などの突発的な感情によるもので、すぐに戻ってくるとわかって待っていてくれている元カレもいます。このような彼女の気持ちを理解してくれる男性は絶対に離してはいけません。それこそ、自分から振ったのに辛い気持ちを抱えていくことになってしまいます。

復縁を望む際の注意

復縁を望むということは、片思いの状況に似ています。どのようにして、元カレに振り向いてもらおう、そのことばかりで頭がいっぱいになってしまう女性も多いです。しかし、単純な片思いと違う点はすでにその男性と付き合ったことがあるという点です。

付き合ったことがあるので、お互いが性格を熟知しています。しかも、こちらには相手を振ったという負い目もあります。別れた彼女に対して未練がない男性の中には、そんな復縁を望んで、冷静な判断ができていない女性を都合の良い女にしようという男もいます。元カノの性格をよく知っているので、うまく誘導されてしまう可能性もあります。

都合の良い女は彼女というポジションではありません。復縁を望むがあまり、男性の罠にはまらないように注意しましょう。

別れる前にも慎重な判断を

自分から振ったのに辛い思いをする女性がいます。理由は様々ですが、浅はかに別れるという選択肢を選んでしまったということは多いです。本人は考えて出した答えのつもりでも、その後、復縁を望むような状況になれば、その彼氏を振ったという答えは間違っていたということです。

自分から振ったにも関わらず後悔するくらいであれば、別れるときも、もっと慎重に判断するべきです。一時の感情なのか、本当に今の彼氏とやっていくことが無理なのか、しっかりした判断ができるようになれば、復縁で困ったりするような状況にはなりません。

もっと元カレとの復縁について知りたいあなたへ!

振られた彼氏と復縁する方法とは?可能性はあるの?
復縁して結婚までいく確率は?復縁結婚したカップルの7つの共通点
喧嘩別れ後に復縁する方法!後悔しないように!男性心理も解説!
別れた彼氏と連絡をとるべき?復縁を諦め未練を断ち切るには?

関連するまとめ

そらひかる
そらひかる
化学系の大学院に通いながらクラブDJとして活動を行い、広告代理店でSEの経験ありの奇抜な経歴を持っています。会社を卒業後はフリーランスとして活動を始める。定番意見から思わぬ角度の記事が書くことがあります。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ