復縁メールの9つの気をつけるべきこと!さけるべき送り方って?

別れてはみたものの「やっぱりヨリを戻したい」と思う瞬間は誰しもあるハズ。そんな時、電話で復縁へのアプローチをする前にまずはメールで元カノの様子や出方を見てみるという人も多いもの。 そこで復縁への糸口メールを書く際にぜひ留意したいポイントを項目別にご紹介します!

復縁メールの9つの気をつけるべきこと!さけるべき送り方って?のイメージ

目次

  1. 復縁したい、そんな時のリアクションとしてはまずメール?
  2. 【復縁メールで気をつけたいこと①】ストーカーまがいはNG
  3. 【復縁メールで気をつけたいこと②】猛プッシュ一辺倒はNG
  4. 【復縁メールで気をつけたいこと③】いきなり本題、はNG
  5. 【復縁メールで気をつけたいこと④】照れ隠しでも禁句はNG
  6. 【復縁メールで気をつけたいこと⑤】自爆行為は絶対NG
  7. 【復縁メールで気をつけたいこと⑥】一人語りをしない
  8. 【復縁メールで気をつけたいこと⑦】返信に過剰反応しない
  9. 【復縁メールで気をつけたいこと⑧】意味不明文を送らない
  10. 【復縁メールで気をつけたいこと⑨】本気で嫌がられたら退却
  11. 復縁メール、もらった側の反応は?
  12. 【復縁メールへの元カノの反応①】笑うしかない!
  13. 【復縁メールへの元カノの反応②】下心を疑われる
  14. 【復縁メールへの元カノの反応③】裏目に出た!
  15. 【復縁メールへの元カノの反応④】意味不明!
  16. 【復縁メールへの元カノの反応⑤】は?過去でしょ?
  17. 復縁を願うなら、時に慎重に、時に大胆に

復縁したい、そんな時のリアクションとしてはまずメール?

勢いや何となく、で別れたものの後から元カノの良さや失ったものの大きさに気付いて「やっぱりヨリを戻したい、何とか復縁できないかな?」と思う人もいるのでは?

そこで今回は元カノとの復縁を望む元カレとして、復縁アプローチとして送っていいメール、送ってはNGなメールやタイミング、書いてはいけないメール例文などを実例を交えてご紹介します!

【復縁メールで気をつけたいこと①】ストーカーまがいはNG

元カノとの破綻から間がなく、ある意味「復縁」を言い出してもおかしくはない、といったシチュエーションでの復縁メールやSNSでの復縁のほのめかしならともかく、全く元カノの現在の状況を無視したアプローチは裏目に出るというよりは、二度と修復不可能といった関係へと陥るきっかけになりがちです。

特に遠距離であったり、転職や転居で現在のお互いの近況が風の便りでもつたわりにくいようなシチュエーションでの片方だけの思い込みでのアクションはタイミングを見計らうことが難しいだけでなく、お互いの気持ちが空回りしてしまうといった結果にも。

【NGな復縁メールの内容実例文①】

相手の現況がわからない場合は、とにかくしれっとなれなれしくしたりすることは厳禁。どんなにかつては相思相愛であったとしても、同棲までした相手であったとしてもいったん別れたら「赤の他人」。

一度のメールで付き合いが復活するなどといった幻想や過大な結果を期待して「久しぶりだけど、そんな感じしないね?」や「突然だけど、今度会えないかな?」といったいきなり間合いをつめるようなことはせず、タイミングや相手のリアクションをその都度きちんと受け止めましょう。

■関連記事:ストーカーの特徴を知ろう!こちらもチェック!

ストーカー気質のある男性の特徴7選!あなたの周りは大丈夫?
ストーカーになる心理と被害にあいやすい人の11の特徴とは?

【復縁メールで気をつけたいこと②】猛プッシュ一辺倒はNG

なんだかんだいっても元カノなんだから、オレへの情はあるハズ、とばかりに泣き落としや同情がらみで相手からの復縁了承やリアクションを期待する男子も多いようですが、そうした情がらみの方法でヨリが戻るのは元カノの方にもこちらに未練や復縁の意思があるとき限定です。

向こうに復縁の意思がなかったり、未練はさらさらない場合は、そうした泣き落とし術はひたすらあざとく映るだけ。さらにタイミングを間違うと再度の絶縁宣言をされかねません。

【NGな復縁メールの内容実例文②】

「別れてこんなにツラいんだよ」「寂しくてたまらないよ」といったことを復縁メールにつらつら書き連ねる男性もいますが、特に男性側の浮気や二股といった女性関係が原因での破局カップルだった場合、そこで同情心が沸くという人よりも「いい気味」と思う女性の方が正直多数派。

元カノに泣き落とし術が通用するワケはない、と思って行動するのが正解です。

【復縁メールで気をつけたいこと③】いきなり本題、はNG

復縁したい、と思ったときに気になることの1つが元カノに今カレができていないかどうか?です。幸いにして?まだいない、あるいは自分と別れた後に付き合ったカレとも別れた、といった場合や、どうやら気になる程度の相手はいるみたいだがまだ付き合うには至っていない、などといった共通の友達を介しての噂などがある場合、「やばい、急がなきゃ」と事を焦りたくなる気持ちは分かりますが、いきなり完全復縁を迫るメールやLINEを送る行為はNGです。

その場合、焦っているのはあくまでも元カレであるアナタ側の都合の話。そのペースにいきなり引きずり込まれてもたいていは迷惑に思うか不審がられるだけ。

【NGな復縁メールの内容実例文③】

復縁、というのはある意味普通に付き合いを始めるより難しいのが本当のところ。なぜなら、普通のつきあいであれば少なくともゼロからのスタートなのに対して、復縁はどちらかになんらかの原因があって別れを選択した以上、程度の差こそあれマイナスからのスタートが普通だからです。

そうした復縁の難しさを棚に上げて、ただもう「突然だけどやり直そう」といったメールを出し抜けに送りつけてもうまくいくはずはほぼほぼありません。

【復縁メールで気をつけたいこと④】照れ隠しでも禁句はNG

男性の中には別れたとはいってもかつてのカノジョという気持ちが大きいのか、そうした元カノにはかなりきわどいジョークや物言いをしても許される、という勘違いをしている人が少なくありません。

しかしえてして女性側は「別れてしまえば過去の人」。今更蒸し返されても迷惑なだけなので無視するのがごく普通のリアクション。元カノからの無言や無視のリアクションで気付けばまだマシですが、そこで空気を読まずにどんどんそうした悪趣味な言動を繰り返すようでは、復縁の道を自分から閉ざすようなもの。

【NGな復縁メールの内容実例文④】

なんて書いたらいいかわからない、でいきなり悪ぶったメールやLINEを送っても相手にこちらの真意が伝わるハズはありません! また「単なるジョークのつもりだった」という言い訳が通用するハズもありません。

セクシャルなことは例え言葉の上だけであっても復縁を考えている元カノへの言動にはふさわしくないので、うっかりそんな言葉を言ったり書いたりして無視された場合は、ほとぼりが冷めるタイミングを待つ他手立てはありません。

【復縁メールで気をつけたいこと⑤】自爆行為は絶対NG

元カノへの未練や復縁したい気持ちの高ぶりのあまり、相手のリアクションも待たずにどんどん行動をエスカレートさせたり、あるいは周囲の人間にも迷惑をかけるような行動に出たりといった一種自爆行為に出ることは絶対に避けましょう。

いくら世の中ダメンズ好きが一定数存在するとはいえ、いったんは別れて頭を冷却する期間があった場合は、「アバタはあくまでアバタ」にしか見えなくなっていて当たり前。以前のカノジョと同じ、と見くびっての行動は自分の首を絞める行為に他なりません。

【NGな復縁メールの内容実例文⑤】

勇をふるって復縁に向けての行動に出たものの相手からの返信がなかったり、そもそもメアドや電話番号が変更になっていたりした場合やブロックされてしまったときに焦って、相手の実家や勤務先などに直電したり押しかけたりあるいは連絡がとれるメアドなどに「どうして向き合ってくれないんだ!」といったなじるメールを送ったりというような行動は絶対にNG。

そうなるとこちらの真意うんぬんというよりも元カノからすれば単なるストーカー。こちらは社会的信用失墜となってしまい、どちらにとっても不幸な結末になってしまいます。

【復縁メールで気をつけたいこと⑥】一人語りをしない

男が陥りがちな落とし穴としてよく語られる「元カノはみんな(別れてもずっと変わらず)オレのことが好き」という「自分の中で過去の恋愛は全て塩漬け状態」。男側が振った形で終わった恋愛でその傾向は特に強いようです。

しかし、仮に別れた当時は「捨てないで、別れたくない」とすがった元カノであっても、月日が経てば変わるもの。まして振られた喪失感がだんだん振られた怒りに変わってしまっている場合、

「なぁなぁヨリ戻さないか?だってオレのことまだ好きなんだろう?」的な内容の復縁メールを送る戦術は相手の怒りの火に油を注ぐようなもの。

この場合「別れたときのまま」で脳内フリーズしているのは元カレだけ。徹底的に嫌われる前に戦術をねり直すか撤退するかのどちらかがおススメです。

【NGな復縁メールの内容実例文⑥】

脳内フリーズ系のアプローチメールとしてやりがちなのが「以前のまま」のスタイルでメールを送ること。特にしれっと親密さ丸出しの内容の文体や呼びかけでのメールはまさに「痛メール」。

さらによく聞かれるダメダメ例文としては「オレがいなくて寂しかった?」「オレより○○にぴったりの男なんていなかっただろ?」のような「どんだけ自己評価高いワケ?」といった内容が多く挙げられています。

【復縁メールで気をつけたいこと⑦】返信に過剰反応しない

こっちがアレコレ思い悩んだ上でとった復縁へのアクションであればあるほど開いてからのリアクションに一喜一憂したくなるのは正直なところだと思いますが、元カノが自分の思い描いたシナリオどおりのリアクションをしてくれない、あるいはガン無視された!といって逆ギレしたり、さらにメールを立て続けに送りつけたりと言った行動はNG。

相手も生身の人間である以上、想定どおりにことが運ばないからといっていらだつようでは復縁は望めません。一回失敗した戦術を二度繰り返すのは愚の骨頂です。

【NGな復縁メールの内容実例文⑦】

特にアプローチ開始直後は無視されたり、リアクションが薄かったりしてもそれが当たり前。期待通りに事が運ばないからといって「どうして無視するの?」「返事をどうしてくれないの?」といった相手を責めるメールや書き込みばかりをしていると「アンタに責められる筋合いはない!」と逆ギレされても不思議はありません。少なくともしばらくはこちらは受け、で行く他はない立場なことを自覚しましょう。

【復縁メールで気をつけたいこと⑧】意味不明文を送らない

元カノと復縁したいのは山々だけど、なんていってアクションを起こしたらいいかわからない! と戸惑ったりどういう術が有効かわからないと悩んだりするのは当然です。

しかしだからといっていきなり「つい昨日までやりとりしてました!」と言わんばかりのなれなれしい内容のメールや、パーソナルスペースガン無視のアプローチ、元カノを含めていきさつを知る周囲全てが???となるような脳天気なSNSへの書き込みなどをしていては、肝心のあなたの元カノへの気持ちもなかなか信じてもらえないということになりかねません。

いきなり重たい内容や本題を書き連ねるのが術とは言いませんが、あたりさわりがない文章を意識するあまり「何が言いたいのかさっぱりわからない」というメールや書き込みは自重したほうが無難です。

【NGな復縁メールの内容実例文⑧】

当たり障りのない文章を意識しすぎて、仲間ウケしかしないようなことを書いたり、あるいは逆に元カノに今カレがいるかいないかわからないタイミングで「いない」と決め付けたようなメールを送りつけたりするのはやめましょう。

相手の立場を無視したこうした思い込みに基づくやりとりが将来に結びつく可能性はきわめて低く、むしろ「こんな術ならやらないほうがマシ」というような最悪の事態を招きかねません。

【復縁メールで気をつけたいこと⑨】本気で嫌がられたら退却

「どうしても元カノとヨリを戻したい! 」という気持ちが先走って「ソレはやっちゃだめでしょ」ということをしたり「アレはマズいでしょ」という言動をしてしまったりという後悔先に立たず的な場合もあります。

しかし、そこで焦って何か他のアクションを起こしては、さらに事態を悪化させるだけ。焦る気持ちには蓋をして、とりあえずはいったんきっちり撤退し、元カノへのアプローチはメール、電話、SNSへの「いいね」を含めて自重して冷却期間をとりましょう。


【NGな復縁メールの内容実例文⑨】

何をやっても空回り、あるいは何事も裏目に出る、と焦る気持ちは分かりますが、そういう時こそ元カノの立場に立って物事を見る冷静さを取り戻すことが必要。

「でもでもだって」的な内容がずらずら書き連ねてあるだけのメールを送りつけられて心底嫌いになった! という声もあることを忘れずに。

復縁メール、もらった側の反応は?

では元カレから復縁を望むメールを受け取った元カノ側の気持ちや本音はどうだったのでしょうか? ここからは実際にそうした勘違い系やNG復縁メールを受け取った女子たちの本音をご紹介します!

自分に当てはまる! という人や、コレうっかり(NGだとわからずに)地雷を踏んでしまいそう、という人は特に注意して自分のメール作成の際の失敗例文として活かすようにしてみてくださいね!

【復縁メールへの元カノの反応①】笑うしかない!

特に1回やらかしてしまうと挽回がたちどころに難しくなるのがナルシスト系の復縁メールです。相思相愛のラブラブ期ならなんとも思わなかったかもしれない彼女も、いったん「元カノ」となってしまえば相手を見る目もおのずと変わるもの。

そんな時に思いっきり自分に酔った系の「おマエを泣かしてゴメン」などといった「どこの歌詞を例文に使ってるのよ」と言いたくなるようなメールを送ったりすれば復縁どころかいい笑いものです。

【復縁メールへの元カノの反応②】下心を疑われる

失恋したばかりの女性はオトしやすい、という都市伝説?を信じる男性が多いせいか、元カノが今カレと別れた直後や別れそうだと聞きつけたと同時に復縁アプローチ術を決行する人も多いよう。

ですがそうした「狙い定めたような」アプローチ術は、受け取る側の元カノの気持ちのタイミングを読み間違うと、相手の気持ちを逆なでする効果につながりかねません。場合によっては下心を疑われて無視されたりすることも多いので、タイミングは慎重に見定めてからアクションを起こすようにしてください。

【復縁メールへの元カノの反応③】裏目に出た!

自分が振る形で別れたのならともかく、振られる形で別れた元カレから前触れもなく突然のタイミングで復縁を迫られた元カノからすれば、相手の真意もわからずただ困惑するばかり、というのも無理はないです。

そんな時に、元カノの不安や疑問にひとつひとつ時間をかけて応える、あるいは誠意を見せるといった努力を怠り、あくまでも自分目線のタイミングでことを進めようとすれば失敗は火を見るよりも明らか。

場合によっては元カノが今カレを見直すきっかけを与えたり、元カノの中での位置づけが「元カレ→友達」だったものが「元カレ→黒歴史」と悪化することもありえるので要注意。

【復縁メールへの元カノの反応④】意味不明!

自分の中で書いたシナリオどおりに恋愛が進むわけではない、ということは厨二病でもない限り誰しもわかっているはずですが、たまにそのあたりのピントを外している男子がいるのも現実。

そうした元カレに限って「こうすれば元カノはいちころ」などと根拠のない自信で的の外れた術をしがち。元カノからのリアクションが冷たかったり、そもそも無視されたりといったものである場合は、一度自分の行動やメール、SNSの書き込み内容などを第三者目線で見返してみて「コレはまずいやり方や攻略術だったかも」と思い当たる節があれば即座に中止しましょう。

【復縁メールへの元カノの反応⑤】は?過去でしょ?

別れた直後や別れてからそう間もないときの復縁へのアプローチならともかく、1年以上、場合によっては何年も経ってからの復縁を促すメールは受け取る側にしてみれば「意図がわからない」といぶかしく思っても不思議ではない場合が多いもの。

そんな時に行け行けどんどんと言わんばかりにメールやSNSでのアプローチ攻勢を一気にかけてこられてはうれしいというより怖いかキモい、が女子の本音。返信がなかったり既読無視されてすぐのタイミングで「どうして返事をくれないのか?」などと追い込んでは絶対に上手くいきません。

復縁を願うなら、時に慎重に、時に大胆に

元カノの良さを再認識してやり直したい! と思うことはあってもしかるべきですし、そのこと事態はなんらおかしなことはありませんが、相手の立場やタイミングを無視して自分の気持ちばかりをぐいぐい押し付けるようでは、「自分勝手な男」との烙印を押されても仕方ありません。

ですが、いったん切れてしまった縁を再び結ぼうとするのなら、それなりにがんばる必要があるのも事実。この場合「元カノを大切にしたい、再び失いたくない」との気持ちを大切にしながら、時には慎重に時には大胆に復縁へのアプローチをすることがポイント。

ぜひ「真実の赤い糸」を手繰り寄せられるようがんばってみてくださいね!

もっと復縁について知りたいあなたへ!

元カノと連絡したいけどできない!復縁するにはどうすればいい?
復縁の可能性を診断!元カレ・元カノとの復縁確率をUPする方法は?
彼女に振られた!復縁するには?まず振られた理由を見極めよう!
冷却期間の連絡はすべき?効果的に復縁するにはどうする?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ