責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!

責任感が強い人の特徴とはどのようなものなのでしょうか。これを知ることができれば、責任感が強い人の長所や短所がわかるようになり、自己PRにも活かせるようになるでしょう。そこで今回は、責任感が強い人の長所や短所、特徴などを紹介していきたいと思います。

責任感が強い人の特徴9選!長所や短所として自己PRする方法も!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】責任感が強い人は重宝される
  2. 責任感が強い人の特徴とは
  3. 【責任感が強い人の特徴①】約束を守る
  4. 【責任感が強い人の特徴②】リップサービスがない
  5. 【責任感が強い人の特徴③】面倒見が良い
  6. 【責任感が強い人の特徴④】自己犠牲
  7. 【責任感が強い人の特徴⑤】確認作業が多い
  8. 【責任感が強い人の特徴⑥】言い訳しない
  9. 【責任感が強い人の特徴⑦】後回しにしない
  10. 【責任感が強い人の特徴⑧】向上心がある
  11. 【責任感が強い人の特徴⑨】仕事が遅い
  12. 責任感が強い人の長所で自己PR
  13. 【責任感が強い人の長所①】支援が得られる
  14. 【責任感が強い人の長所②】努力する
  15. 【責任感が強い人の長所③】ミスが少ない
  16. 責任感が強い人の短所で自己PR
  17. 【責任感が強い人の短所①】一人で頑張り過ぎる
  18. 【責任感が強い人の短所②】心の負荷
  19. 【責任感が強い人の短所③】完璧主義になる
  20. 【まとめ】責任感の強い人も完璧ではない

【はじめに】責任感が強い人は重宝される

責任感が強い女性は仕事をする上でも、そして就職活動でも重宝されるものです。というのも、責任感が強い人であれば、一般的に仕事ができる人だ、という考え方があるからです。

そのため、就職面接などでは、責任感が強い女性の場合、そのポイントを自己PRしていくことが面接を突破する鍵となります。しかし、その自己PRの仕方も難しく、また多くの人が自分の責任感の強い部分を自己PRしてくるため、そのライバルたちよりもうまく自己PRしていかなければなりません。それを考えれば、責任感が強い性格だからといって、それで勝った気になってはいけないということです。

いくら責任感が強い女性だとしても、面接の時間は限られた時間ですので、それをうまく自己PRできなければ、面接官に評価されることはないでしょう。つまり、責任感の有無と面接の合否は、また別の問題だということなのです。

責任感が強い女性がそれをうまく自己PRするためには、責任感がある人がどのような特徴を持ち、どのような長所や短所を持っているのかということを知っておかなければなりません。責任感の全てを知ることで、うまく自己PRができるようになるため、責任感が強い女性は改めて、責任感というものについて勉強していきましょう。

■参考記事:長所と自己PRの方法、コチラもチェック!

相手の立場に立って考える方法5選!自己PRでの例文も合わせて解説
几帳面な性格の短所・長所7つ!自己PRの仕方も解説!

責任感が強い人の特徴とは

責任感が強い人には、ある特徴が表れるものです。そのため、その特徴を知ることができれば、責任感が強い人を見極めることができるようになりますし、責任感が強い女性をアピールすることもできるようになります。

責任感が強い人の特徴は、基本的に仕事の中で表れるものです。日常生活では責任感を強く感じなければならない場面が、そう多くはないため、仕事や部活などで、その傾向がよく表れるようになります。

そのため、仕事や部活から、責任感の強い人を判断するのが一番簡単ですし、そのような部分に関連させて自己PRをしていくと、面接の際には役立つということにもなります。これは大切なことですので覚えておきましょう。

では、さっそく責任感が強い人の特徴を紹介していきたいと思います。様々な特徴がありますが、複数の項目が当てはまる人が責任感が強い人と言えるため、どれだけ自分に当てはまる部分があるか確認しておきましょう。

【責任感が強い人の特徴①】約束を守る

責任感が強い女性の特徴としては、約束を守る、という特徴があります。どれほど小さな約束だとしても、責任感が強い女性は必ずその約束を守るのです。

責任感が強い女性にとって、約束というものは特別なものです。もちろん、その約束を破ると人に迷惑をかけてしまうという考えもあるのですが、それ以上に約束を破る自分自身が嫌なため、必ず約束を守ります。そのような性格なのです。

責任感が強い女性は約束はもちろん、遅刻などをすることもありません。約束の時間の十分前には現場についているものですので、約束を守るために努力を惜しまない性格であるとも言えます。

約束を守るというのは、仕事をする上ではかなり重要なことでしょう。お客様やクライアントを待たせてしまえば、それだけで仕事に様々な影響があります。責任感の強い女性は、このようなことをする心配がないため、企業などに重宝されるのです。

【責任感が強い人の特徴②】リップサービスがない

責任感が強い女性の特徴としては、リップサービスがない、という特徴もあります。リップサービスがないと言うと、悪い特徴のようにも思えますが、これは良い部分もある特徴なため、一概に悪いことと判断しないようにしましょう。

責任感が強い人は、自分の言葉に責任を感じます。つまり、やると言ったら必ずやらなければならないと思っているのです。

このような性格は裏を返せば、言ったことは必ずやりきるという意味にもなります。嘘をつかない性格、約束を必ず守る性格、有言実行をする性格と言うこともできるでしょう。

だからこそ、責任感が強い女性はリップサービスを言わないのです。リップサービスを言うと、できもしないことをできると言ってしまうこともあり、相手に誤解を与えてしまうこともあります。仕事をする上では、発せられる言葉の正確性というものが重要ですので、責任感が強い女性は、仕事の上でも評価される性格と言うことができるのです。

【責任感が強い人の特徴③】面倒見が良い

責任感が強い女性の特徴としては、面倒見が良いという特徴も挙げることができます。

責任感が強い女性は仕事などの責任を全て、自分の責任だと考える性格の女性が多いです。だからこそ、仕事を細部まで手を抜かず行います。そして、その細部には後輩の面倒という部分も含まれているため、仕事や部活などにおいて、後輩の面倒見が良くなるのです。

責任感が強い人は、ミスが発生したら全て自分の責任と思うほど責任感が強いため、後輩の失敗も自分の責任だと思ってしまう傾向があります。

そのような責任感から、後輩の面倒をよく見るようになり、自分が失敗しないためにも、後輩の指導をしっかりと行うのです。

【責任感が強い人の特徴④】自己犠牲

責任感が強い人の特徴としては、自己犠牲をするという特徴も挙げられます。

責任感が強い人は性格上、仕事などで手を抜くことができません。全てをきっちりやり遂げたいですし、ミスを発生させたくないと思っています。そのため、仕事を人一倍こなしますし、全てを完璧にやり遂げようとするのです。

しかし、仕事を全て完璧にやろうと思うと、必ず時間が足りなくなってしまいます。そのため、残業をしたり、彼女とデートの約束をしていたとしても、仕事を理由にすっぽかしてしまうというようなことが出てくるのです。

責任感が強い人は、自分のプライベートを犠牲にして、仕事に打ち込むのです。ある意味、自己犠牲ということになり、場合によっては、仕事のためにお金を消費することもあります。責任感の強い性格の、わかりやすい特徴と言えるでしょう。

【責任感が強い人の特徴⑤】確認作業が多い

責任感が強い人の特徴としては、確認作業が多いという特徴もあります。

責任感が強い人は仕事を絶対に成功させなければならないという考えを持っていることが多いです。そのような性格がストレスになってしまうこともあるのですが、そのストレスや不安は仕事において、良い影響を及ぼすこともあります。

それだけ不安やストレスが強い心配性な性格だということは、それだけリスクを回避しようとするということです。そのため、何度も確認作業をすることになり、仕事のミスなどが減るようになります。

仕事では小さなミスが大きなミスへと繋がってしまうこともあるでしょう。ストレスがかかる性格ではあるのですが、仕事をする上では、歓迎される性格ですので、責任感が強い人は面接で良い評価を受けやすくなります。

【責任感が強い人の特徴⑥】言い訳しない

責任感が強い人は、言い訳しないという特徴もあります。たとえ、そこにどんな理由があろうとも、責任感がある人は言い訳をしないのです。

まさにストレスが溜まりそうな性格ですが、実際に責任感が強い人はストレスが溜まります。なぜなら、何かミスが発生し、それが自分の責任で起きた出来事でなかったとしても、責任感を覚えて言い訳をしないからです。ストレスが溜まって当然とも言えるでしょう。

責任感が強い人は、プロセスではなく結果で物事を見ます。何か失敗をしたら、プロセスの中で自分が関わっていなかったとしても、自分が代表者なのだから、伴わなかった結果は全て自分の責任、と考えるのです。

なかなかできることではありませんが、責任感が強い人はこのようなことでストレスを感じてしまうことも多いです。とはいえ、あくまで自分がやりたいようにやっているため、人が想像するほど、とんでもないストレスでもない場合もあります。

【責任感が強い人の特徴⑦】後回しにしない

責任感が強い人の特徴としては、後回しにしない、という特徴もあります。

責任感が強い人は、今やるべきことを今やる、という考え方をするものです。後回しにすることで、仕事が滞ったり、忘れてしまうことが嫌だから、このような考えを持つのですが、そうしないと気が済まないという部分もあります。

後回しにしたほうが楽だという人も多いですが、責任感が強い人は、後回しにすることでストレスを感じてしまいます。仕事を完璧にこなせていない自分という存在に、ストレスを感じるからです。そして、そのストレスを溜めないために、思い立ったらすぐ行動するのです。

責任感が強い人は、基本的に完璧に仕事をこなしている自分が好きです。そのため、そうでない自分が垣間見えるとストレスを感じてしまうので、このような行動を取るようになります。

【責任感が強い人の特徴⑧】向上心がある

責任感が強い人の特徴としては、向上心がある、という特徴もあります。

責任感が強い人は絶対に仕事を成功させなければならないという責任感があるため、できそうにないことでも、やれと言われれば挑戦するものです。たとえそれが自分の能力が足りないことが原因でできそうにないことであっても、自分の能力を高める努力をして、達成しようとします。

これは結局自分を成長させているということです。そのため、自分を高める努力をする、つまりは向上心があるという長所が生まれることになるのです。

【責任感が強い人の特徴⑨】仕事が遅い

責任感が強い人の特徴としては、仕事が遅いという点もあります。

責任感が強いと、その責任感が故に、様々な要素を不安視してしまいます。そうなることで、確認することが増えますし、リスクを回避するための仕事も増えることになるでしょう。それを考えれば、普通の人と同じ仕事でも、多くの仕事を行わなければなりません。

普通の人よりも仕事が多いということは、当然仕事は遅くなってしまいます。その結果、責任感が強い人は仕事が遅くなってしまうのです。

慎重になり過ぎると、どうしても仕事は遅くなってしまいます。責任感があるからこそですし、それによりミスも少なくなるのですが、仕事を行う上ではどうしても、時間という問題も出てくるでしょう。これは責任感が強い人の弱点と言うこともできます。

責任感が強い人の長所で自己PR

責任感が強い人がその部分を自己PRしていくためには、責任感の強い人の長所を知っておかなければなりません。そのような部分をエピソードを交えて話すことで、うまく自己PRをすることができるようになります。

責任感が強い人は完璧にできない自分にストレスを感じてしまうという一面もありますが、基本的には面接官に好かれるような長所が多いものです。それを信じてもらえさえすれば、良い印象を与えることができるため、責任感が強いことを証明できるようなエピソードをいくつか用意しておきましょう。

責任感が強い人の長所は様々ありますが、それは仕事に活かせる長所でなければなりません。そのため、ここでは、仕事に活かすことができる責任感が強い人の長所を紹介していきます。

エピソードがあまりないという人も多いと思いますが、エピソードがなければ責任感が強いということを自己PRできません。そのため、小さなエピソードでも良いため、ひねり出しておきましょう。無いのであれば、今からエピソードとして話せるエピソードを体験しても良いです。

【責任感が強い人の長所①】支援が得られる

責任感が強い人の長所としては、支援が得られる、という長所があります。

責任感が強い人は、後輩を指導したり、フォローしたりと様々なことをします。また、人のせいにすることなく、全ての責任を自分で負うという姿は、周りの信頼を得る大きな材料でしょう。このような上司についていきたいと多くの人が思うものです。

そのため、責任感が強い人は、後輩などがいざという時に、仕事を手伝ってくれたり、他の人が代表になるよりも、高いモチベーションで頑張ってくれる、という長所があります。

自己PRでエピソードとして話すのであれば、学生時代のエピソードになるため、部活などでのエピソードを話すことになるでしょう。後輩からどれだけ慕われていたかがわかるようなエピソードを話すと、自己PRしやすいため、おすすめです。

【責任感が強い人の長所②】努力する

責任感が強い人の長所としては、努力するという長所もあります。

責任感が強い人には、仕事などにおいて、絶対にそれを成功させなければならないという強い思いがあります。そしてそれを成功させるために、自分のプライベートを犠牲にするというような自己犠牲を行うほど努力をするため、その努力が長所となるのです。

自己PRのエピソードとして話すのであれば、何か目標を達成するために、どれだけ努力をしたのか、というエピソードを話すと良いでしょう。

努力の量というものは、責任感が強いという印象だけでなく、努力ができる人、という評価も得ることができます。そのついでに、責任感が強いだろう、という評価も得られるため、このようなエピソードがある場合は積極的に話したほうが良いです。

【責任感が強い人の長所③】ミスが少ない

責任感が強い人の長所としては、ミスが少ないという長所も挙げることができます。

責任感が強い人は、不安を人一倍感じるという特徴がありますが、不安を感じるが故に、それを払拭するために努力をするものです。様々なリスクを想定し、そのようなリスクが発生する可能性を下げるために努力をするため、結果的にミスをすることなく、成果を収めることができます。

不安というものは一般的に悪い意味で使われますが、不安があったほうがしっかり確認をしますし、リスク回避をするものです。そのため、仕事をする上では長所とされることも多いのです。

ミスが少ないエピソードはなかなか話しにくいため、ミスがよく起こりそうな事案を、ミスを発生させることなく成功させたエピソードを話すと、良い印象をもたれます。ただ、話しにくい事柄でもあるため、難しいようなら無理をして話す必要もありません。別の長所に付随したエピソードを話しましょう。

責任感が強い人の短所で自己PR

責任感が強い人には長所ばかりでなく、短所も存在します。自己PRをする際には、この短所を隠す人も多いのですが、責任感の強い人に短所があるのは、よく知られていることです。

そのため、自己PRの際にはこの短所を隠すのではなく、あらかじめ提示しておいたほうが、相手に突っ込まれることも少なくなります。ただ、短所を普通に言っても、ただの短所として処理されてしまうでしょう。

短所をただの短所にしないためには、短所があることを理解しておきながら、その短所に対してどのように向き合っているかということをアピールすることが大切になってきます。つまり、弱点を克服した方法を自己PRとするのです。

このようにして自己PRをすれば、普通に長所を言うよりも、大きな印象を相手に残すことができます。あえて短所をひけらかすことで、アピールすることができるため、責任感が強い人はそのような戦い方も覚えておきましょう。

【責任感が強い人の短所①】一人で頑張り過ぎる

責任感が強い人の短所は、一人で頑張り過ぎる、というところです。

責任感が強い人は仕事を完璧に仕上げたいという思いが強いため、大事な部分の仕事においては、自分で行うことが多いです。つまり、具体的に言えば、責任感が強い人は、人に仕事を任せることができないという短所があるのです。

仕事となってくると、大きな責任が付きまとってくる仕事がいくつも出てくることがあります。それを全て一人でこなそうとすると、とんでもない労力を必要としてしまうでしょう。

仕事をする上では、どれだけ部下をうまく使えるかという部分も、評価の対象となります。人を信用できなかったり、仕事を任せられないというのは、短所になってしまうのです。そのため、このような部分を改善したというようなエピソードを話して、良い印象を与えるようにしましょう。

【責任感が強い人の短所②】心の負荷

責任感が強い人の短所としては、心の負荷が大きい、という短所もあります。

心の負荷とはストレスのことです。責任感が強い人は、大きな責任を一人で抱え込み、仕事も頑張ります。プライベートを犠牲にし、後輩の面倒も見て、というように、やることが多過ぎるのです。

人間の心はそれほど強くありません。どれだけ心が強い人でも、異常なほどの強いストレスに長い期間さらされていたら、心をおかしくしてしまうこともあります。そのようなことが起こると、仕事もできなくなってしまいますし、会社としてもそのような人を雇いたいとは思わないでしょう。そのため、ストレス過多になりやすいというのは、大きな短所となってしまうのです。

責任感が強い人が、この短所をエピソードとして話す場合は、ストレス解消をできているということや、心理面に注意している、ということも話に加えると良いです。そうすることで、この短所をカバーすることができます。

【責任感が強い人の短所③】完璧主義になる

責任感が強い人の短所としては、完璧主義になってしまう、という短所もあります。

完璧主義であるということは、必ずしも短所ではないでしょう。むしろ長所として捉えられることも多いです。しかし完璧主義だと、また別の短所が発生してしまうことがあります。それは、周りの人間との軋轢です。

責任感が強いと周りの人に対しても完璧であることを求めるため、大きな努力や成果を求める傾向があります。いくら責任感が強いということが理由だとしても、このようなことを何度も要求されれば、周りの人間は責任感の強い人から離れていってしまうでしょう。

責任感の強い人は、悪い人ではないのですが、仕事を第一優先にしてしまうという悪い癖があります。それにより、様々なものを失ってしまうこともあるため、注意が必要です。

【まとめ】責任感の強い人も完璧ではない

責任感が強い人という言葉は良い意味で使われることが多いですが、そこには弱点もあります。大切なのは、責任感の強い人がその弱点を理解し、どのように克服しているかということです。ここを意識できているかが大きなポイントとなるため、必ず意識しておくようにしましょう。

もっと責任感について情報を知りたいアナタへ!

負けず嫌いな性格の人の心理と9つの特徴!自己PR方法は?
プライドが高い人の特徴11選と心理!
粘り強い性格の特徴!長所と短所は?粘り強さを自己PRするポイントは
協調性とは?自己PRで協調性をアピールする方法!【例文あり】

関連するまとめ

ふくろうクジラ
ふくろうクジラ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ