髪量が多い人必見!髪のボリュームを抑える7の方法!

髪量が多いため髪がうまくまとまらない!こんな悩みはありませんか?髪量が多い人は薄毛の方から見ると羨ましいものですが、髪のボリュームを抑えるのに苦労してしまうことがよくあります。当記事では髪量が多い人のために、髪のボリュームを抑える7つの方法をご紹介します!

髪量が多い人必見!髪のボリュームを抑える7の方法!のイメージ

目次

  1. 毎日憂鬱!髪量が多いと髪のボリュームを抑えるのが大変!
  2. 髪量が多くボリュームを抑えることができない人の悩みとは?
  3. 髪量が多い人の悩み(1)ボリュームがあり綺麗にまとまらない
  4. 髪量が多い人の悩み(2)髪のボリュームで重く見られてしまう
  5. 髪量が多い人の悩み(3)乾かすのに時間がかかる
  6. 髪量が多い人の悩み(4)シャンプーやワックスがたくさん必要
  7. 髪量が多い人の悩み(5)髪のボリュームで頭が大きく見える
  8. 髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しいのは一体なぜ?
  9. 髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(1)髪が太い
  10. 髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(2)髪の傷み
  11. 髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(3)髪のクセ
  12. 髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(4)湿気
  13. 今日から実践!髪量が多い人がボリュームを抑える方法7選!
  14. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(1)髪をカットですく
  15. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(2)髪のケアをする
  16. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(3)シャンプーを変更
  17. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(4)ワックスを使う
  18. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(5)パーマを当てる
  19. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(6)縮毛矯正をする
  20. 髪量が多い人がボリュームを抑える方法(7)ヘアオイルを使う
  21. 髪量が多い人はボリュームを抑えるコツをマスターしましょう!
  22. まとめ

毎日憂鬱!髪量が多いと髪のボリュームを抑えるのが大変!

世の中には髪量が少ない人もいれば、髪量がとても多い人もいます。髪量が少ない人が常に薄毛や抜け毛を気にしているのに比べて、髪量が多い人は髪の毛に対して何の悩みも無いように見えますよね。

しかし髪量が多い人は、髪のボリュームを抑えるのが大変だという深刻な悩みを持っていることがあります。

髪量が多い人は髪を束ねるのも髪をピンで留めるのも、普通の髪量の人よりもとても大変です。スッキリとした髪型にしたい時でもコンパクトに髪をまとめるのに苦労しますので、朝の忙しい時間にヘアセットがなかなか決まらずイライラしてしまうこともあります。

髪量が多いとカットで色々なヘアスタイルを楽しめるかと思いきや、髪のボリュームのせいで繊細なカットデザインやセットアップが難しくなり、良いことばかりとは限らないのが現実です。

髪量が多くボリュームを抑えることができない人の悩みとは?

それではまず最初は、髪量が多くボリュームを抑えることができない人の悩みについてご紹介していきます。

髪は女の命です。髪量が多いために流行のヘアスタイルを楽しめない人は、なぜ髪のボリュームを抑えることができないのか知りたい人はたくさんいますよね。

最初は髪量が多い人の悩みについてご覧ください!

髪量が多い人の悩み(1)ボリュームがあり綺麗にまとまらない

髪量が多い人の悩みの1つめは、髪のボリュームがありすぎて髪が綺麗にまとまらないことです。

例えば上品で可愛らしいお団子やまとめ髪などのヘアスタイルにしようと思っても、髪のボリュームがありすぎる女性の場合は小さくまとまらないためオシャレに決まらないことがあります。

そのため流行のマジェステなどのヘアアクセサリーなどもあまりうまく使いこなすことができず、残念な気持ちになってしまうことも少なくありません。

またヘアピンなどで髪を一部留めていても、髪量が多くボリュームがあるといつの間にか外れてしまっていたりして、ヘアスタイルがすぐに乱れてしまうという悩みも出てきます。

オシャレやヘアスタイルを思う存分楽しむことが出来ないのは何とも残念なことですよね。

髪量が多い人の悩み(2)髪のボリュームで重く見られてしまう

髪量が多い人の悩みの2つめは、髪のボリュームのせいで髪が重く見られてしまうということです。

普通の髪のボリュームの人は動くたびに髪の毛がサラサラと揺れて軽やかなイメージがありますが、髪量が多い人の場合は美容院でカットしたとしても髪の毛全体で重量感があり、あまりカットの効果が発揮できないことがあります。

髪量が多い人のイメージは、どうしてももっさりとした重い印象なってしまうのが残念ですね。

前髪を重めにカットする髪型などが流行している時もありますが、重めにカットするヘアスタイルは十分注意しなければ時代遅れの髪型になってしまうこともあります。

また髪色を染めていない黒髪の女性の場合は、髪量が多くボリュームがあることで余計に重く見られてしまいます。メイクやファッションを頑張っていても暗いイメージに見られてしまうのは切ない悩みですね。

髪量が多い人の悩み(3)乾かすのに時間がかかる

髪量が多い人の悩みの3つめは、乾かすのに時間がかかることです。

女性はシャンプーをした後にドライヤーなどで髪を乾かすことが多いと思いますが、髪量が多くボリュームがある人はとにかく髪を乾かすのに時間がかかります。

朝の出勤前など時間がない時は、ドライヤーを使ってもなかなか乾かない髪に焦ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ドライヤーを使ったことがある人はおわかりかと思いますが、ドライヤーは髪の一カ所に近くから熱風を当て続けると髪が非常に熱くなることがあります。ドライヤーの熱量はかなり強いため、髪の毛に含まれている水分が急激に失われてしまいます。

そしてさらに髪量が多い人はシャンプーの後などにドライヤーを当てる時に髪を生乾きのまま放置してしまうと、時間がたってから髪が爆発したようにまとまりがなくなってきてしまいます。

髪量が多いボリュームのある人は、髪をドライヤーで乾かしたりセットしたりするために少し早起きしなければならないこともあり、もっと髪の量が少なけれもっと早く乾くのに!と朝からため息をつきたくなることもよくあります。

髪量が多い人の悩み(4)シャンプーやワックスがたくさん必要

髪量が多い人の悩みの4つめは、シャンプーやワックス、ヘアオイルなどを多く使ってしまうことです。

シャンプーやワックス、ヘアオイルなどを使う量はやはり髪量に比例して多くなります。髪量が多い人は髪を洗うたびに人よりもたくさんシャンプーやコンディショナー、トリートメントなどを使うことになります。そしてヘアスタイルをセットするときにもワックスやオイルをたくさん使わなければなりません。

一度に使うシャンプー等の量はわずかでも、毎日のことになるとかなり使用量には差がつくことになります。

毎日節約して生活している人や金欠の人にとっては、シャンプーやコンディショナー、トリートメントなどの洗髪用や、ワックスやオイルなどのヘアセット用品を購入する費用もばかになりません。

シャンプーやワックスなどはケチって使うと良い効果が得られなくなるため節約することは難しく、髪量が多いせいでもったいないと感じてしまう人も多いことでしょう。

髪量が多い人の悩み(5)髪のボリュームで頭が大きく見える

髪量が多い人の悩みの5つめは、髪のボリュームで頭が大きく見えることです。

髪量が多くボリュームがある人の悩みの中でもあるあるの悩みであるこちらは、男性はもちろん女性は本当に切実な悩みなのではないでしょうか?

頭が大きく見えるとスタイルが悪く見えてしまうため、せっかくのヘアスタイルやおしゃれも台無しになってしまいます。

髪の量が多くボリュームがある人は帽子などで常に髪の毛を隠している人も多く、人目を気にしている人がたくさんいます。髪のボリュームを何とかしたいと考えるのも当然のことですね。

普通の髪量の人にはなかなか分からない髪量が多い人特有の悩みといえます。

■参考記事:広がる髪を抑えるには?コチラも参照!

広がる髪を抑える方法!トリートメントでしっとりした髪は作れる?

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しいのは一体なぜ?

それでは髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しいのは一体どうしてなのでしょうか?

実は髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しくなるのは、ちゃんとした理由があります。髪量が多く悩んでいる人は、自分の髪質が以下のどれかに当てはまらないか確認してみましょう。

髪量が多い人がそのボリュームを抑えるのが難しい理由は、もともとの髪質が関係している場合と普段からの習慣が原因になっている場合があります。

髪量が多く悩んでいる人は、まず髪のボリュームを抑えるのが難しい理由を3つご覧ください!

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(1)髪が太い

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由の1つめは、髪が太いことです。

髪の太さというのは元々の髪質もあるのですが、1本1本の髪が太くしっかりしている人は髪量が多く見えることがあります。太い髪は一度寝癖などがついてしまうと元に戻すのは難しく、髪のボリュームを抑えにくいという特徴があります。

頭皮に汚れが溜まったり血行が悪くなると髪は細くなっていくものですので、太い髪の人は頭皮が健康的で良い状態を維持できているということになります。太い髪の人は薄毛や抜け毛にもなりにいというメリットもあるのですが、やはりボリュームを抑えるのは苦労することになります。

水で濡らしても太い髪の人にはあまり効果が無く、その髪量を抑えるのに時間がかかることになるでしょう。

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(2)髪の傷み

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由の2つめは、髪の傷みです。

最近特に髪のボリュームを抑えるのに苦労しているという人は、年齢とともに髪が傷んできている可能性があります。女性は特に美容院でパーマを当てたりヘアカラーをすることも多く、しっかりと質の良いシャンプーなどでケアをしていないと髪はどんどん傷んでいきます。

髪は傷むとパサパサになり広がりやすく、見た目もヘアスタイルもみすぼらしい印象になってしまいます。

パーマやカラーで傷んだ髪からは水分が抜け落ち、冬場であれば髪に静電気も溜まりやすくなります。傷んだ髪は健康的な髪と比べて広がりやすくなり、まとまりにくくなるという性質があります。

長い髪のヘアスタイルの人は髪を乾かす時に長時間ドライヤーを当てることで髪が乾燥して傷む原因になります。また屋外で行動することが多い人は強い日差しや紫外線に当たり続けることで髪がダメージを受けてしまうこともあります。

急に髪のボリュームが増えたと言う人は、パーマやカラーで髪が傷んできている可能性が高くなりますね。

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(3)髪のクセ

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由の3つめは、髪のクセです。

髪のクセは生まれつきの髪質の場合と、生活習慣によるクセの場合が考えられます。髪のクセは天然パーマと呼ばれる目立つクセから、うねりやハネなどのかすかなクセまで様々です。

生活習慣によるクセとは寝癖、髪を結んだり留めたりした時のクセなどが挙げられます。

髪に上記のいずれかが原因で何らかのクセが出てしまうと、ブラシを通しても水で濡らしても髪のボリュームを抑えることは難しくなります。

髪のクセは髪が濡れていたり湿気ている状態で寝てしまった時などにひどくなることがあります。髪にクセがある人は美容院でカットする時やパーマを当てる時にはよく考えて施術を受ける必要がありますね。

■参考記事:髪のうねり・くせ毛の改善方法は?コチラも参照!

髪のうねりの原因と改善方法は?【簡単な対策】
くせ毛の直し方は?髪の毛がくせ毛になる原因は?

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由(4)湿気

髪量が多いとボリュームを抑えるのが難しい理由の4つめは、湿気です。上記でも少しご紹介しましたが、湿気というのは髪を爆発させてボリュームアップさせてしまう大きな原因になります。

よく梅雨の時期や夏の湿度が高い日には髪がまとまらないと言いますが、これも湿気が影響していることがほとんどです。パーマを当ててる人は余計に髪のボリュームが手に負えなくなるケースもあります。

湿度の高い日や髪が濡れている状態の時は髪が潤うようなイメージがありますが、これはキューティクルで髪がしっかりと保護されている場合に限ります。

傷んでいる髪は表面の膜であるキューティクルがはがれていることが多いため、空気中の水分を髪に吸い込むと際限なく広がってしまうことがあります。湿気で髪のボリュームがすごいことになってしまうのは、これが原因になります。

湿気はお肌にはとても優しいものですが、髪にとってはせっかくのヘアスタイルを台無しにする美容の大敵といえますね。

今日から実践!髪量が多い人がボリュームを抑える方法7選!

それでは次は髪量が多い人がその髪のボリュームを抑えるためのオススメの方法を7つご紹介していきます。

髪量が多いと好きなヘアスタイルが楽しめないと残念に思っていた人は、ぜひこれからご紹介する髪のボリュームを抑える方法ご覧いただき、症状の改善に役立ててみてはいかがでしょうか?

髪のボリュームのためにこれまで我慢していたパーマなどの可愛らしいヘアスタイルを楽しむためにも、ぜひ今日から髪のボリュームを抑える方法を実践していきましょう!

髪量が多い人がボリュームを抑える方法7選をご覧ください!

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(1)髪をカットですく

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の1つめは、髪をカットですくことです。髪のボリュームを抑える最も手っ取り早い方法になります。

髪をすくとは多すぎる髪量をカットで少しずつ減らしていくということです。髪量が多すぎて重たく見られてしまっていた人も、髪をカットですけば軽やかなイメージに早変わりします。

髪をカットですくのは高い技術が必要になります。オシャレにデザインを付けたカットをするためには、長い経験が必要になります。適当にカットしまえば髪はスカスカになってしまい貧相なイメージになってしまうこともあります。

髪をカットですく時は、行きつけの美容院で信頼できる美容師に施術を依頼するようにしましょう!

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(2)髪のケアをする

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の2つめは、髪のケアをすることです。

髪量多い人が髪のボリュームを抑えるのに苦労する原因は、多くの場合で髪の傷みが原因になっている可能性が高いため、髪のケアをするのは非常に効果的な方法だといえます。

パーマやヘアカラー、またドライヤーの使いすぎなどで傷んでしまった髪の毛は、上質なヘアトリートメントを使ってケアしていきましょう。

ヘアトリートメントはシャンプーやコンディショナーの後に使うことになります。ヘアトリートメントは洗い流すタイプのものと、洗い流さなくても良いタイプの2種類あります。含まれている成分も海藻や泥、米ぬかなど商品によって様々です。

自分の髪の毛の状態や髪質に合ったヘアトリートメントを選び、週に1回か2回の頻度で丁寧にケアを行うようにしましょう。

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(3)シャンプーを変更

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の3つめは、シャンプーを変更してみることです。

シャンプーはたくさんのメーカーから色々な商品が販売されています。中には髪のボリュームや広がりを抑える効果のあるシャンプーもたくさんあります。

髪量が多く髪のボリュームで悩んでいる人は、自分の髪質に合ったシャンプーを選んでみるのがオススメです。

シャンプーは髪がサラサラになるものやしっとりするものがあります。どんな髪型になりたいかでシャンプーを使い分けるのもオススメです。

1日や2日ではあまり変化は見られないかもしれませんが、続けているうちにだんだん効果がみられるようになります。髪量が多くボリュームを抑えるのが大変な人はぜひ試してみてくださいね。

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(4)ワックスを使う

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の4つめは、ワックスを使うことです。

シャンプーと同様に、ヘアスタイルをセットするときに使うワックスも髪のボリュームを抑えるのに非常に効果があります。時間が無い出勤前や通学前の朝の時間は、髪のボリュームを抑えて速乾性のあるワックスを使って乗り切ると良いですね。

ワックスはご存知のとおり男性用と女性用があります。男性は皮脂が分泌されやすいためワックスは油分の少なくものが多く、逆に女性は髪が潤うようにワックスには油分が多めに入っていることがあります。

中には美容液成分が配合されている商品もあり、ドライヤーで傷んだ髪もケアすることができるものもあります。

またワックスは男性用と女性用によって香りにも違いがあります。男性用のワックスは爽やかな柑橘系の香りや石鹸の香りのものが多く、女性用のワックスは華やかな花の香りや甘い香りのものが多く販売されています。

ワックスを使う時は香りにもこだわって商品を選ぶと良いですね。

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(5)パーマを当てる

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の5つめは、パーマを当てることです。

パーマと言っても髪の毛をカールするパーマではなく、ストレートパーマです。ストレートパーマとはオシャレパーマなどでついてしまった髪のクセやうねりなどを元に戻すための施術になります。

ストレートパーマは専用の薬剤を用いて行います。美容院で施術を受ける場合の費用は決して安くはありませんが、美しい髪を手に入れるために試してみるのも良いのではないでしょうか。

ストレートパーマはショートのヘアスタイルの人よりロングのヘアスタイルの人に高い効果を発揮します。

ストレートパーマが気になる人は行きつけの美容院で施術についての費用の他に、髪の毛へのリスクやその効果が持続する期間についても確認を取ってみてくださいね。

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(6)縮毛矯正をする

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の6つめは、縮毛矯正をすることです。

縮毛矯正も髪の毛を真っ直ぐにすることができる施術です。ストレートパーマと縮毛矯正と混同している人もいるのですが、実はストレートパーマと縮毛矯正は全く別の施術になります。

ストレートパーマのほうはオシャレパーマを繰り返した時に起こる髪のクセやうねりを直す施術ですが、縮毛矯正はもともと生まれつき髪の毛のクセが強い人や、天然パーマなどの人が行う矯正になり、専用の薬剤に熱も利用して髪の毛を真っ直ぐにしていきます。

似ているようで全く別物のストレートパーマと縮毛矯正は、自分にどちらの施術が向いているのかをしっかりと考えなくてはいけません。出来れば髪の毛のプロである美容師が丁寧にカウンセリングしてくれる美容院で相談してみると良いですね。

髪量が多い人がボリュームを抑える方法(7)ヘアオイルを使う

髪量が多い人がボリュームを抑える方法の7つめは、ヘアオイルを使うことです。

ヘアオイルは男性よりも女性がよく使うアイテムで、髪の毛にうるおいを与えたり油膜で保護したりする成分が入っています。

トリートメントなどで髪の毛をケアした後にヘアオイルを使うことで、冷たい風や紫外線にも負けない強い髪を作ることが可能になります。

ヘアオイルはさらに毛羽立った髪の毛のボリュームを抑えて、まとまりの良い髪質に変化させる効果もあり、まさに最高のスタイリング剤ともいうべき商品といえます。

ヘアオイルの使い方には少しコツがあり、シャンプーをした後はドライヤーをかける前にヘアオイルを使います。ドライヤーで失われる髪の水分をヘアオイルで守り、髪のパサつきや切れ毛などを防ぐ効果があります。

ヘアオイルは可愛らしいデザインの容器の物がたくさん販売されています。ワックスなどと一緒にヘアオイルを常備しておくと何かと重宝します。また色々な香りのオイルも販売されていますので、自分の好きな香りのオイルを選ぶと癒し効果もありますよ。

髪量が多い人はボリュームを抑えるコツをマスターしましょう!

髪量が多い人がボリュームを抑える方法はたくさんあります。髪量が多くそのボリュームに悩んでいる人は、ぜひ上記を参考に髪のボリュームを抑えるコツをマスターしておくと安心ですね。

また髪のボリュームを抑えようとむやみにドライヤーを当て続けていると、髪はどんどん傷んでしまいます。ドライヤーを使う時は高温で長時間当て続けるのではなく、高温と冷風を繰り返したりタオルで髪を保護しながらドライヤーを使うようにしましょう!

まとめ

髪量が多い人の髪がまとまらない原因や、髪のボリュームを抑える7つの方法をご紹介致しました。いかがでしたか?髪量の多さやボリュームに悩んでいた人は、その悩みが解決しそうでしょうか?

髪のボリュームを抑えるためにはカットで髪の毛をすくだけでなく、ドライヤーの使い方まできちんと覚えておかなくてはいけません。

髪量が多い人でも髪の毛を適切にケアすることで、髪のボリュームは抑えることはできます。

美しい髪は気分も前向きになります。悩みを解決してハッピーな毎日を過ごしましょう!

ヘアケアについてもっと情報を知りたいアナタに!

前髪のうねりを抑える方法・直す方法!原因は湿気なの?
伸ばしかけの髪のヘアアレンジまとめ!カットはすべき?
髪がボサボサになる原因は?ヘアケア方法11選!【これで美髪に】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ