パーマのかけ直しの料金や期間は?パーマがすぐとれたらどうする?

せっかくパーマをかけたのに翌日にとれたり、もちが悪かったりした経験はありませんか?実はパーマはかけ直しをすることができます。今回はパーマのかけ直しの期間や料金、そしてすぐにとれてしまう原因も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

パーマのかけ直しの料金や期間は?パーマがすぐとれたらどうする?のイメージ

目次

  1. パーマがすぐとれたらどうすればいいの?
  2. 【パーマのかけ直し】パーマがとれる時期は?
  3. 【パーマのかけ直し】とれる原因①髪質
  4. 【パーマのかけ直し】とれる原因②日常のケアの仕方
  5. 【パーマのかけ直し】とれる原因③美容師さんのミス
  6. 【パーマのかけ直し】なんて電話すればいいの?
  7. 【パーマのかけ直し】かけ直しはOK?
  8. 【パーマのかけ直し】かけ直しの料金は?
  9. 【パーマのかけ直し】次は誰が担当してくれるの?
  10. 【パーマのかけ直し】2回目以降のかけ直しはできるの?
  11. 【パーマのかけ直し】パーマをかける時にはよく相談を

パーマがすぐとれたらどうすればいいの?

ヘアスタイルを変えようとパーマをかけたのに、数日でとれたらどうすればいいのでしょうか?もう一度美容院へ行ってお金を払ってかけ直してもらう必要があるのでしょうか?それとも料金は必要ないのでしょうか?

パーマがすぐにとれるなんて自分の髪質が原因なのか、時期の問題なのか、美容師さんのミスなのか、それも自分では判断できませんよね。今回はパーマがすぐにとれたらどうすべきなのか解説をしていきます。

【パーマのかけ直し】パーマがとれる時期は?

パーマをかけてもいつかとれてしまうのは仕方ありません。ただ、パーマの種類や薬剤によってとれる時期は異なります。

まず、一般的なパーマがとれる時期は1ヶ月半から3ヶ月以内、デジタルパーマは3ヶ月以内、そして縮毛矯正なら半年程度です。パーマは意外と早くとれてしまうようですよね。それではパーマがとれる原因について具体的に見ていきましょう。

【パーマのかけ直し】とれる原因①髪質

パーマがとれる原因の1つ目は髪質です。人それぞれ髪質は異なります。髪が太い人、細い人、直毛の人、クセがある人など色々ですが、その中でとれる時期が早くなってしまう髪質は直毛の人、健康な髪の人、髪が細い人、柔らかい人です。

髪の内部構造に問題があるため、パーマをかけても翌日や1週間経たずにとれてしまう方もいます。これとは反対にパーマがかかりやすい、もちがいい人は少し髪にダメージがある方、くせ毛の方なんです。

【パーマのかけ直し】とれる原因②日常のケアの仕方

パーマが翌日にとれるということ以外で、1ヶ月はもたないという方は日常のケアのを間違っている可能性が高いです。例えばシャンプーやドライヤーの仕方を見直すことも必要なケースが多いです。

シャンプーの仕方

まずシャンプーですが、パーマをかけた当日にシャンプーをするのは控えること。夏で汗をかいて気持ち悪い時はお湯で流すようにしてシャンプーは翌日からすることが重要です。

また、毎日のシャンプーもシャンプー液で髪をゴシゴシと洗っていると、ヘアスタイルが崩れやすく、パーマがとれやすくなります。シャンプーはしっかり泡立てたら髪の毛ではなく頭皮をゆっくりマッサージするように洗っていきます。

髪の毛は最後に軽く揉み込むようにして洗うことで汚れはとれるので、強く洗わないようにしましょう。また、シャンプーも髪に優しい商品を選ぶことが大切です。特にドラッグストアで売られている安価なシャンプーは洗浄力が強いです。

美容師さんの話によれば、まるで食器洗い用の洗剤と同等の洗浄力がある商品もあるとのことです。できればパーマをかけた後は美容師さんに相談してどのシャンプーを使えばいいかアドバイスを求めた方がいいでしょう。


▼:頭皮のにおいが気になる人におすすめのシャンプーはこちら!

頭皮の臭いにおすすめシャンプー17選【男女別】原因や洗い方も紹介!

ドライヤーの仕方

髪の乾かし方の間違いも重要です。髪を洗った後、そのままドライヤーで乾かす、手で髪を引っ張るように乾かす、髪の毛先の方ばかり乾かすなど、これらはどれもパーマがとれやすくなるドライヤーのかけ方です。

では正しい方法を紹介します。手順を守って髪を乾かしていくことが重要です。

①まずはタオルドライをして髪の水分をある程度とる。
②ドライヤーの熱のダメージを軽減するトリートメントをつける。
③根元を中心に髪の内部から乾かす。
④毛先は揉み込むように乾かす。
⑤ヘアスタイルを整える。

タオルドライをすることでドライヤーを使う時間を減らすことができます。また、トリートメントをつけることでパーマのヘアスタイルをキープしたりダメージを軽減することができます。

髪は丁寧に乾かさないとヘアスタイルの崩れにも繋がります。パーマはデリケートなヘアスタイルのため、乾かし方には注意するようにしましょう。


◆:髪の乾かし方はこちらもチェック

髪の乾かし方次第で美髪を作れる!正しい髪の乾かし方を知ろう

スタイリングの仕方

パーマをよく出すスタイルにとって、特に重要なのはスタイリング剤です。ただドライヤーで乾かしただけでは、パーマはうまく表現できません。取れてきたかな…?と思っていてもスタイリング剤で意外とパーマが復活した、なんてこともあります。

パーマスタイルにおすすめのスタイリング剤は、ムースタイプかオイルタイプです。ヘアセットする場合、半乾きの髪の毛にスタイリング剤を付けましょう。髪の毛に水分を含むことによってパーマは復活します。

スタイリング剤を使うことによって、髪の毛に艶と潤いも与え、見た目も綺麗です。


▼:パーマにおすすめのスタイリング剤はこちら

パーマにおすすめのムース・スタイリング剤市販品ランキング17選!

【パーマのかけ直し】とれる原因③美容師さんのミス

3つ目の原因は美容師さんの施術ミスです。パーマが上手な美容師さんとそうでない美容師さんがいるのが現状です。パーマは技術が必要であるため、苦手な人や新人で経験が浅い人が行うとどうしてもうまくいかないこともあります。

よくあるミスが、薬剤の選定がお客さんの髪質と合っていなかった、パーマロッドの選択を間違ってしまうことです。また、薬剤をつけてからの放置時間のミスなども挙げられます。

このようなミスがあるとパーマをかけたのに翌日にとれたり、1ヶ月以内にとれたり、逆のケースでは髪がチリチリになったりすることもあるのです。美容師さんはプロなのにミスなんて許されないと思われるかもしれませんが、実際は結構あるようです。

【パーマのかけ直し】なんて電話すればいいの?

では、実際パーマが翌日にとれたり1週間以内にとれたりした場合はどうすればいいのでしょうか?それは泣き寝入りしないで、すぐに美容院へ連絡をすることです。

伝え方は「もしもし、〇〇(自分の名前)ですが、この間かけたパーマがとれてしまったのでかけ直しをしてもらうことはできますか?」と伝えるといいでしょう。またパーマがとれた時期も明確にしておきましょう。

決して文句を言うような言い方をしないで丁寧に対応することが必要です。美容院側もわざとパーマがすぐにとれるように施術したわけではありません。クレーマーにならないように現在の状況を正確に伝えることを心がけましょう。

その際、美容院へ行った日付や担当の美容師さんの名前を覚えていれば伝えましょう。するとスタッフから今のパーマの状態を尋ねられたり、かけ直しが可能な場合はもう一度来店が可能かどうかも聞かれることもあります。

このような質問内容も想定をして自分の予定を見直しておくと話がスムーズに進みます。


◆:パーマのもちをよくしたいならこちらもチェック

パーマの持ちはどのくらいの期間?持ちをよくする方法は?

【パーマのかけ直し】かけ直しはOK?

さて、パーマのかけ直しはすべての美容院で行ってくれるのかということが気になりますが、全部の美容院で可能なのかどうかと言われればそれは難しいこともあります。一応たいていの美容院ではパーマに対する保証期間を設けています。

その保証期間は美容院に来店した翌日から1週間以内、または10日以内くらいが一般的です。しかし、この保証期間は法律で決められているようなものではありません。

よって、美容院に中にはこの保証期間がないこともあるのでパーマをかける前に必ず事前に保証期間についても聞いておくことをおすすめします。

パーマのかけ直しについてひとつだけ注意点があります。それは髪のダメージです。パーマのかけ直しをすると、1回目のパーマど同様の髪のダメージを受けることになります。

すると、髪が傷んでしまいパサついたり枝毛や切れ毛などが増えることも想定されます。すでにダメージヘアの人はもしかしたらかけ直しができないと言われることもあります。

【パーマのかけ直し】かけ直しの料金は?

もしパーマのかけ直しが可能だと言われた場合、次に気になるのは料金ですよね。ただ、この料金は保証期間が設定されている美容院に関しては料金を支払うことなく無料で行ってくれることが多いです。

しかし保証期間がない美容院は無料で行ってくれないかもしれません。その際は追加料金を支払わなければならないかもしれません。その料金は美容院によって違いますが、前のパーマと全く違ったものにしたいという場合は通常料金が必要なこともあります。

【パーマのかけ直し】次は誰が担当してくれるの?

パーマのかけ直しは誰が担当してくれるのでしょうか?これも美容院によって違いがあります。ただ、美容院側としてはお客さんに満足が出来るサービスを提供することができなかったということで落ち度があります。

同じ担当者がもう一度パーマのかけ直しをしてまたミスをしては美容院の評判にもよくありません。よって、2回目のかけ直しには担当者ではなく、もっと技術が上の人や店長が行ってくれることもあります。

どうしてきちんとパーマがかけれなかったのか、その前の担当者も一緒になってかけ直しをするケースもあります。

【パーマのかけ直し】2回目以降のかけ直しはできるの?

たいていの場合は2回目のかけ直しできちんとパーマがかかりますが、稀に2回目以降もかけ直しをする方もいます。もし、2回目でもうまくかからなかったら3回目も保証期間があれば無料で行ってくれますが、髪にはかなりダメージなのであまりおすすめできません。

その場合は時期を遅らすか、自分の髪はパーマに向いていない髪質だと諦めるようにすることも考えておきましょう。

【パーマのかけ直し】パーマをかける時にはよく相談を

ヘアスタイルを変えようとしてパーマをかけたのに翌日にとれたり、1週間程度で元のヘアスタイルに戻るのはショックですよね。パーマがとれるのは髪質やケアの仕方、美容師の技術の問題などがあります。

ただ、パーマをかけてから10日前後までは保証期間がある美容室が多いので、もしとれたらその時期に必ず美容院に連絡をしましょう。かけ直しをすると髪にはダメージになるため、そうならないためにもパーマ前には美容師さんとよく話し合いをすることが大切です。

きちんとカウンセリングを行ってもらい、自分の髪質や以前に行ったパーマのことでわかっていることがあれば美容師さんに伝えておきましょう。すると失敗することも少なくなり、かけ直しをすることもなくなるでしょう。

もっとパーマについて知りたいアナタはこちらもチェック

パーマとカラーの順番は?どっちが先にすべき?間隔はどのくらい?
パーマ後のシャンプーはいつから?長持ちさせるポイント解説!
パーマは時間がどれくらいかかる?美容院でかかる時間を解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ