黒染め後のカラーはいつからしていいの?

真っ黒に染めた黒染めをしたけど、そろそろ明るいカラーにしたい、と思った時はすぐにカラーを変えてもいいのでしょうか。黒染め後のカラーは失敗しやすいって言われますよね。どうして黒染め後のカラーが難しいのか、黒染め後のカラーはいつからしていいのかをまとめました。

黒染め後のカラーはいつからしていいの?のイメージ

目次

  1. 黒染め後のカラーはすぐにできるの?
  2. 黒染め後のカラー●黒染めにする理由は?
  3. 黒染め後のカラー●黒染めはどうやってしているのか
  4. 黒染め後のカラーの難点●セルフカラーは難しい
  5. セルフカラーは難しい3つの理由
  6. 黒染め後のカラーの難点●赤みが出やすい
  7. 黒染め後にカラーを入れる方法●通常のカラーでは明るくならない?
  8. 黒染め後にカラーを入れる方法は?ブリーチ
  9. 黒染め後にカラーを入れる方法は?脱染剤
  10. 黒染め後のカラー●黒染め後にカラーが入るか調べる方法は?
  11. 黒染め後のカラー●黒染めが自然に抜けるまで待つ
  12. 黒染め後のカラー●ブリーチ+アルカリカラーで染める
  13. 黒染め後のカラー●ダメージが気になるならアルカリカラーのみ
  14. 黒染め後のカラー●ティントコントロールを使う
  15. 黒染め後のカラー●専用のヘアトリートメント+ブリーチ
  16. 黒染め後のカラーはどれくらいの期間待つ?
  17. 黒染め後のカラー●黒染めを早く落とす方法は?
  18. 黒染め後のカラー●デメリットを知っておこう
  19. 黒染め後のカラーはいつからしていいの?まとめ

黒染め後のカラーはすぐにできるの?

黒染めした髪は、黒い髪の毛はそれはそれで好きだったけど、そろそろ明るい色を入れたいなと思う時ってありますよね。ある程度の期間が過ぎたり、気分を変えたいときとか、季節が変わったとき、ヘアスタイルを変えたとき。新しい恋をしたときにも、髪色を明るくしたくなりますよね。

でも黒染め後のカラーは、とても難しいと言われています。どうして難しいのか、失敗しない黒染め後のカラーはあるのか、黒染め後のカラーはいつからの期間していいのか、カラー後のケアにトリートメントは必要か、など黒染め後のカラーについてまとめていきます。

黒染め後のカラー●黒染めにする理由は?

そもそも黒染めをしたのは、どんな理由からだったでしょうか。就職活動の期間だったので黒く染めた人や、バイトの決まりで明るい色がダメだったから、など仕事やバイトのために髪を黒くした人や、気分転換などで黒くした人など、理由はさまざまですよね。

大切なことの1つに、黒染めした方法が、美容室で染めたものか、セルフカラーなのか、という点があります。

美容室で黒染めをした場合は、同じ美容室でカラーを入れる場合、黒染めした時の染料がわかっているので、カラーを入れる時に失敗しにくいというメリットがあります。もし美容室で黒染めをしたのであれば、同じ美容室でカラーを入れることをおすすめします。

セルフカラーで黒染めをした場合は、もしどの黒染めを使ったのかがわかるのであれば、カラーを入れる時に、美容院にこれで入れたと伝えると、失敗をしにくいかもしれません。

黒染め後のカラー●黒染めはどうやってしているのか

日本人の髪の毛の色は、もともと黒い人が多いですよね。でも、地毛の黒と、染めている黒では、まったくの別物です。地毛の黒の場合、人によっては色素が薄く、生まれつきちょっと茶色っぽい髪の毛の色の人もいますよね。

日本人の髪の色は黒色だと言われますが、厳密に真っ黒、という人はいませんが、黒染めをしている人は、真っ黒になっています。地毛よりも黒が多い状態が、黒染めの状態です。

髪を染めるときには、白髪染めの場合もおしゃれ染めの場合も基本的に2つの薬品を合わせることで髪を染めていきます。染料・アルカリ剤と酸化剤です。この2つが混ざることで、髪の色が変わっていきます。

髪にのせると、まずアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、そこへ染料が流れ込んで内側へと浸透していきます。その後、酸化剤がメラニン色素を分解して染料をさらに髪の内側へ定着させ染料は酸素に触れると、どんどん深い色になっていきます。

黒染め後のカラーの難点●セルフカラーは難しい

そうやって黒染めした後に、明るくしようとカラーを入れたい、と思った時には美容室へ行くことをおすすめします。セルフカラーで黒染めから明るいカラーを入れようとする人もいますが、あまりおすすめできません。

一番の理由は、ムラになってしまう可能性が高いからです。黒染めした髪は、ぱっと見キレイにムラなく染まっているようにみえるかもしれません。しかし、染料は場所によって入り方が違っています。

美容室で染めたのであれば、場所によって染料の量を変えていたかもしれません。それに気づかずにカラーをいれてしまうと、ムラができてしまうのです。一度できてしまったムラはなかなかとることができないため、できるかぎり美容室でカラーをいれるようにしましょう。

セルフカラーは難しい3つの理由

具体的に、どういう点でセルフカラーが向いていないのかをまとめてみましょう。
まずは、上記にも書いた通り、ムラができるからです。
セルフカラーをする場合、ヘアスタイルにもよるのかもしれませんが、何も考えずに髪の根元から毛先まで同じように塗ってしまいますよね。
最近のセルフカラーでは、泡で染められるタイプのヘアカラーも出ているので、そういうタイプのものを選ぶと、より均一に染料をのせることになります。
美容室の場合はセルフカラーと違って、髪の状態をみながら、時間差を付けて染料を塗ったり、場所によって薬剤を変えることで、全体にムラがないように染めます。
セルフカラーでは、それができないので、ムラができてしまうのです。

もう1つの理由には、セルフカラーに使う市販されているカラー剤は、どんな人でも髪が染まるように、薬剤が強く設定されているものが多いという点です。
セルフカラーには誰でも簡単に染められるというメリットがある反面、薬剤が強いので髪を痛めやすいデメリットがあるのです。
そして市販の薬剤には、ケア用のトリートメントは配合されていることが少ないのです。
最近人気のセルフカラーの泡カラーは特に、薬剤が強力だと言われています。
美容室であれば、その人の髪のダメージを見ながら薬剤を選んだり、場合によってはトリートメントも併用しながら、極力ダメージを抑えて髪にカラーをいれることができるのです。

最後の理由は、不自然な仕上がりになることがある、という点です。
セルフカラーの場合、カラー剤のパッケージを見て、だいたいこんな色になるだろうと思って購入することが多いと思います。
しかし実際使ってみると、思った色とは違うということはないでしょうか。
青くするはずが、なんだか紫っぽくなったり、緑っぽくなったり。
想像していた色と、全然違う色になってしまうこともありますよね。
それはあなたの髪質が、その薬剤とあっていなかったり、ベースの色に問題があったのかもしれません。
美容室であれば、しっかりと知識のある人があなたの髪質やベースの色を判断して、あなたの希望の色になるように薬剤を調節してくれます。

■参考記事:黒染めもやっぱり美容院がおすすめ?

黒染めは美容院がおすすめ?市販との違いはなに?

黒染め後のカラーの難点●赤みが出やすい

黒染め後のカラーは、できれば美容室で入れたほうが良さそうです。ヘアスタイルを変える時に、一緒に髪色も変えたいという人も多いのではないでしょうか。それでも、難しいと言われる黒染め後のカラー。

実は、黒染めからカラーを入れる場合、赤みやオレンジみが出やすくなってしまうという難しさがあるのです。入れるカラーが、赤系やオレンジ系、ブラウン系や暖色系にしたいという場合は、それほどカラーへの影響は出ないようですが、問題なのはアッシュ系にしたい人や、くすみ系の髪色にしたいと考えている場合。

この場合は、黒染めの影響を直接受ける事になります。ヘアスタイルに合わせた色にしたいという気持ちもわかりますが、美容室の人と相談をして、その色を入れるかどうかを決めたほうが良さそうです。
せっかく美容室で染めたのに、なんだか紫っぽい色になってしまった、なんてことがないようにしましょう。

黒染め後にカラーを入れる方法●通常のカラーでは明るくならない?

通常のカラー剤というのは、地毛の黒い髪の毛のメラニンを破壊することでカラーを明るくしています。しかし、人工的に入れた黒色の染料を破壊することはできないそうです。

そのため、人工的に黒くした黒染めを落としてから、カラーを入れることになります。人工的に入れた黒い色というのは、とても強力なので、その黒染めを落とす時にも、強力な薬剤を使う必要があります。

黒染め後にどれくらいの明るさのカラーを入れるのかにもよりますが、どの色を入れるにしても、強い薬を使うので、髪にダメージがかかることは覚悟をしなくてはいけません。

美容室でカラーをする場合には、しっかりとカウンセリングをしてもらい、髪にかかる負担を確認した上で、カラーを決定していくことが大切です。またカラーを入れた後の、髪のケアの仕方なども一緒に教えてもらえるといいですね。



■参考記事:黒を卒業してアッシュブラックがかっこいい!

ヘアカラーは黒を卒業しよう!アッシュブラックが流行中でおすすめ!

黒染め後にカラーを入れる方法は?ブリーチ

黒染め後にカラーを入れる方法は、イロイロとあるようですが、代表的なものをご紹介させていただきます。

まずは、ブリーチを使う方法です。ブリーチは、市販のカラー剤にもありますよね。ちょっと頭皮がイタくなる、強めの薬剤というイメージがあります。

長い期間は待てない、ともかく早く髪の毛の色を明るくしたいという人におすすめの薬剤です。ブリーチとは、脱色という意味があるので、黒染めの色素を抜いてしまう方法です。

しかし先ほども書いたように、薬剤としては強いものです。頭皮や髪の毛へのダメージは、とても大きくなります。ヘアスタイルによっては、ゴワゴワ感がでてしまうこともあるので必ず施術後には、トリートメントなどでヘアケアをする必要があります。

黒染め後にカラーを入れる方法は?脱染剤

黒染め後にカラーを入れる方法には、脱染剤を使う方法もあります。脱染剤は、ブリーチよりは髪へのダメージが少ないと言われています。

ブリーチとはちがって、人工的な色素にだけ反応して取り除いてくれるために、髪へのダメージが少ないと考えられています。脱染剤には、アルカリ脱染剤と酸性脱染剤の2つの種類があります。

アルカリ脱染剤は、ブリーチよりは髪へのダメージが少ないものの、アルカリという成分が入っていることから、タンパク質やメラニンを壊してしまうことがあります。そのため、ブリーチよりはダメージが少ないですが、やはり髪へのダメージは否めません。

酸性脱染剤は、ブリーチやアルカリ脱染剤よりはぐんと髪へのダメージが減りますが、高価であるという難点があります。そのため、酸性脱染剤を使っている美容室が少ないという点が問題になってきます。

黒染め後のカラー●黒染め後にカラーが入るか調べる方法は?

黒染め後に希望のカラーが入るかどうかを調べるには、美容室で調べてもらうのが一番いいでしょう。セルフカラーはおすすめしませんが、もしセルフカラーをする場合は、ヘアスタイルを変える時やカットをしてもらうために美容室へ行った時に、ちょっと聞いてみるという方法もあります。

美容室の人は、髪のダメージの状態や、黒染めを何回くらいしているかで、ベースの髪質のチェックをしています。黒染めを最後にしたのは何ヶ月前なのかという期間や、もともとの地毛の明るさや、パーマをしているかいないかなどでも、カラーの入り方が変わってくるので、それら全ての情報を確認した上で、希望のカラーがはいるかどうかを判断してくれます。

素人ではちょっと難しい作業ですよね。そんなプロであっても、あなたの希望のカラーをいれることができない場合もあります。黒染め後の髪にカラーを入れるのは、それくらい難しいことなのです。

黒染め後のカラー●黒染めが自然に抜けるまで待つ

黒染め後のカラーは、一度人工的な黒色を抜く必要があると書きました。では、どうやって黒染めの人工的な黒色を抜けばいいのでしょうか。

一番いい方法は、自然に黒染めの黒色が抜けるの待つという方法です。髪の毛は自然に伸びていきます。個人差もありますが、毎日のシャンプーや日光に当たることで、徐々に退色もしていきます。

少し期間はかかりますが、一番髪にダメージを与えることのない方法です。

黒染め後のカラー●ブリーチ+アルカリカラーで染める

早く期間をあけずにカラーを入れたい人は、やはりブリーチを使う方法がおすすめです。ブリーチをすることで、ハイトーンのカラーを入れることもできるそうです。ブリーチを使って、いったん黒染めの黒色を強制的に抜き、その後アルカリカラーで染めていくという方法です。

ブリーチを使っているので、頭皮と髪へのダメージは大です。そして、アルカリカラーで染めていくという方法は、ムラも出やすい方法になります。

ハイトーンのカラーであれば多少ごまかせるようですが、落ち着いたカラーにしたい場合は、せっかく黒染め後に入れたカラーがすぐに退色してしまうこともあります。それでもスピーディーにカラーを入れるという方法として、使われることがあります。

黒染め後のカラー●ダメージが気になるならアルカリカラーのみ

ブリーチを使うよりも、ダメージが少ない方法に、アルカリカラーのみを使う方法があります。希望のカラーよりも少し明るく、赤みがでる可能性はあります。また、ムラになりやすいという欠点も否めません。

アルカリカラーのみを使う場合は、1度ではなく、2回から3回、同じカラーを入れていくことで、徐々にカラーが落ち着いていきます。

最初にできてしまったムラはそのまま残ってしまいますが、ブリーチよりは髪を痛めることなく、明るい髪色にはしていけると思います。

また金額の面でも、少し安く抑えることができ、暖色系のカラーを希望している場合は、この方法もおすすめです。

黒染め後のカラー●ティントコントロールを使う

先ほどご紹介した脱染剤を使う方法です。脱染剤でいったん人工的な黒色を落としてから、カラーを入れることになります。

脱染剤自体には、ブリーチほどのダメージはありませんが、髪に2回薬剤を使用することになります。2回薬剤を使用するダメージが、どうしてもかかってしまうのです。しかし脱染剤の場合、カラーを入れた後の脱色がしにくいというメリットもあります。

黒染め後のカラー●専用のヘアトリートメント+ブリーチ

OLAPLEXなどのブリーチからのダメージをカバーしてくれる専用のヘアトリートメントとブリーチを使って黒染めの人工的な黒色を抜く方法もあります。

カラーを入れる場合、最近は必ずトリートメントをプラスされますよね。その中でも、ブリーチする時に特化したトリートメントがあるようなのです。

ブリーチを使うと、髪にダメージを与えるので、上手にカラーの色が出なかったり、髪の毛がゴワゴワになるという難点がありますが、髪のダメージを抑えてくれる専用のトリートメントと併用することで、キューティクルを守って、ダメージを抑えてくれるそうです。

黒染め後のカラーはどれくらいの期間待つ?

ブリーチや脱染剤などで、強制的に黒染め後に黒い色素を落とす方法をご紹介してきました。髪のダメージを考えると、黒染め後、どれくらいの期間をあければカラーをすることは可能なのでしょうか。

髪のダメージを考えると、ヘアスタイルに関わらず最低でも3ヶ月は期間をあけたほうがいいといわれています。また、カラーを入れる場合でも、できればハイトーンにはしないで、ちょっと落ち着いた、暖色系の色目を入れることをおすすめします。

しかし、髪の毛が伸びる期間に関しては個人差があります。3ヶ月の期間より前にカラーを入れることができる人もいれば、半年の期間が経っても適さない人もいます。

自然に伸ばして、全く黒染めの部分が無くなってから、カラーを入れるというのが理想的ですが、それよりも前にカラーを入れたいという人は、できるだけ髪の毛のケアをするようにしましょう。

黒染め後のカラー●黒染めを早く落とす方法は?

自然に髪の毛が伸びるのを待ちたいけれど、できる限り早い期間で黒染めを落としたい、そんな人には以下の方法がおすすめです。

ただし、どんなヘアスタイルでも若干髪にはダメージがかかってきます。時間はかかりますが、早く黒染めを落としたい人はチャレンジしてみてください。

黒染めを早く落とす方法には、毎日のシャンプーがあります。シャンプーをするだけでも、少しずつ色は落ちていきます。弱アルカリ性のシャンプーを使うと、さらに早く色を落とすことが期待できます。

また、パーマをかけるという方法もあります。パーマの薬剤が、黒染めの薬剤に反応して、退色してくれることがあります。美容室によっては、わざわざ退色しない薬剤を選んでくれるところもあるので、「色を落としたいので、退色する薬剤でも大丈夫です」と1言伝えておくといいでしょう。

黒染め後のカラー●デメリットを知っておこう

黒染め後にカラーをする場合、デメリットがたくさんあることを理解しておきましょう。髪へのダメージ、料金的な問題、また希望通りのカラーにならないかもしれないことなど、たくさんのデメリットがありましたね。

髪のケアに関しては、ダメージヘアに良いトリートメントなども知っておくのが◎黒染め後のカラーは、美容室で入れることをおすすめしてきましたが、美容室でカラーをいれるのもとても大変なのです。

黒染め後のカラーの場合は、美容室へ予約を入れるときに、黒染め後のカラーであることを伝えたほうが親切です。

黒染め後のカラーはいつからしていいの?まとめ

今回は黒染め後のカラーについてまとめてみました。黒染め後のカラーは、想像以上に大変で、難しいものだということがわかりましたね

髪の色やヘアスタイルは、気分や仕事などによって変えたいものです。でも髪のダメージなどを考えて、長期的な期間のスケジュールで変更できるといいですね。

また黒染め後にカラーをする場合、トリートメントなどでの髪のケアを忘れないようにしましょう。

もっとヘアカラーに関する情報を知りたいアナタへ!

ヘアカラー後のシャンプーはいつから?当日はしないほうがいい?
イルミナカラーのトワイライトが人気!ピンクパープルを試してみよう!
市販セルフヘアカラー人気ランキングTOP13!【おすすめ】
ピンクグレージュのヘアカラーが可愛い!暗めから明るめまで紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ