誘いの断り方とは!興味ない男性からの誘いを断るコツ13選!

興味ない男性からの誘いを断るのって大変ですよね。今回ははっきりと断れない相手や今はキープしておきたい相手に使える誘いの断り方についてまとめました。下手な断り方をして後々に響かないように丁寧に誘いを断るようにして、その場を平和的に乗り切りましょう。

誘いの断り方とは!興味ない男性からの誘いを断るコツ13選!のイメージ

目次

  1. 興味ない男性からの誘いを断るのって難しい
  2. 平和的に誘いを断るために大切なこと
  3. 断り方の前に…「興味ない男性」とはどんな相手?
  4. 断り方の前に…「直接的」か「遠まわし」か
  5. 断り方の前に…「その場しのぎ」か「2度目がない」か
  6. 誘いの断り方!興味ない男性からの誘いを断るコツ13選
  7. 【断り方①】ストレートに誘いを断る
  8. 【断り方②】こちらから連絡すると言って誘いを断る
  9. 【断り方③】仕事を理由にして誘いを断る
  10. 【断り方④】この日だったらよかったと言って誘いを断る
  11. 【断り方⑤】友達と遊ぶことを理由にして誘いを断る
  12. 【断り方⑥】他に好きな人がいると言って誘いを断る
  13. 【断り方⑦】一度行ってから誘いを断るか考える
  14. 【断り方⑧】親切な人で終わらせて誘いを断る
  15. 【断り方⑨】冗談扱いして誘いを断る
  16. 【断り方⑩】嫌われるように仕向けて誘いを断る
  17. 【断り方⑪】恋愛の相談をもちかけて誘いを断る
  18. 【断り方⑫】家族や実家を理由に誘いを断る
  19. 【断り方⑬】両親の管理下にあることを理由に誘いを断る
  20. 誘いの断り方!興味ない男性からの誘いでも丁寧に

興味ない男性からの誘いを断るのって難しい

モテる女子のあなたは好きでもない異性からのデートや食事の誘いを断るとき、どのような理由をつけて断っていますか?

合コンなどで知り合った関係なら、その場限りのあと腐れのない関係ですので、合わないと感じていれば丁寧さに欠けた断り方や、ストレートな断り方も深く考えずに使えますよね。

しかし、デートや食事に誘ってくる興味ない男性の中には、仕事で知り合った人、友人の紹介で知り合った人といった、深く考えずに目先の好き嫌いのみで誘いを断ることがしにくい相手であることが多々ありますよね。

下手に断って、後々の仕事や友人関係に支障が出てきてしまうかも…と考えて、出来る限り丁寧で平和的な断り方をしたいと誰でも思います。

そのためには、断り方や断りメールに必要以上に気を遣って、丁寧さを心掛けなければなりません。

平和的に誘いを断るために大切なこと

平和的な誘いの断り方や断りメールに必要な要素で、最も大切にしなければならないのが「相手を傷つけない・嫌な気分にさせないこと」。

相手を傷つけない・嫌な気分にさせないためには、相手が「それなら仕方ないね」と納得できるような理由を用意することです。断る理由が曖昧であればあるほど、誘った相手は納得できず、嫌な気分になってしまいます。

事細かく理由を説明する必要はありませんが、「その日は無理です」だけよりも「その日は両親と過ごすので無理です」と簡単な理由を付けた方が根拠付けできるため納得感が増します。

また、納得できるような理由には、一貫性があり、矛盾がないことも大切です。以前デートや食事に誘った際には「母の看病をしている」と言って断っていたのに、次に誘った時は「友達と遊ぶから」と言い出していたら、「あれお母さんどうなったの?」と矛盾を感じてしまいます。もしあなたが嘘の理由を使って男性の誘いを断るのなら、一層矛盾がないことを大切にしてください。

その場その場で理由を考えて断る必要があることもあると思いますが、平和的に断るためには、多少の計画性も必要になってきます。

断り方の前に…「興味ない男性」とはどんな相手?

興味ない男性とは、モテる女子のあなたにとって「(今は)興味ない男性」、「(今もこれからも)興味(がわくことの)ない男性」の2つに分けられます。ここでは分かりやすいように、前者はキープしておきたい相手、後者は2度と誘ってほしくない相手としています。

デートや食事を誘いを断る場合でも、モテる女子のあなたが相手のことをどう思っているのかで対応が変わります。

相手が「2度と誘ってほしくない相手」なら、相手に期待を持たせるような丁寧な対応・言動は慎みましょう。

相手が逆にまだ好きでも嫌いでもないけれど「キープしておきたい相手」なら、普通の断り方や断りメールに加えて、相手を期待させるような一言を添えてみて、丁寧さを出してください。

たとえば、デートや食事の誘いを断る常套句「仕事が忙しい」を使う場合、「二度と誘ってほしくない相手」なら「仕事が忙しいので…」のみで十分です。「キープしておきたい相手」なら仕事が忙しいという理由に加えて、「いつも誘ってくれてありがとう」とメールで付け足すと丁寧さが増し、相手に期待を持たせられます。

■関連記事:キープの女かどうかはコチラ!

キープの女?それとも本命?状況をしっかり見抜こう!【男性心理】

断り方の前に…「直接的」か「遠まわし」か

興味ない男性からの誘いを断るコツには、誘いに対して「直接的な断る旨の言葉を使って誘いの断る方法」と「態度や行動を駆使して遠まわしに誘わせない方法」とがあります。後者は相手がある程度空気の読める男性であることが大前提です。

これら紹介する誘いの断り方のうち、【誘いの断り方⑧】以下は比較的遠まわしに誘わせないようにするものになっています。

断り方の前に…「その場しのぎ」か「2度目がない」か

指定された日をとりあえず断れればいいのか、指定された日だけでなく、その後のデートや食事の誘いも継続して断りたいのかで、断り方や断りメールが変わってきます。

たとえば、2度誘ってほしくないような相手に「その日は友達と遊ぶから」「この日なら良かったんだけど」といった断り方。丁寧な断り方ですが、この断り方は、相手にいくつか代替日を指定されれば、逆にこちらからは断りにくくなってしまうという落とし穴があります。

その新しく指定された代替日も断ることができるのなら良いですが、興味ない男性からの誘いを断る方法に悩むようなモテる女子には、何度も何度も理由をつけて断ることは難しく、またメンタルが蝕まれてしまうのではないかと思います。

誘いを断るときには、その誘ってきた相手が「二度と誘ってほしくない相手」なのか「キープしておきたい相手」なのかに合わせて、断り方や断りメールの初動を間違えないようにしてください。

誘いの断り方!興味ない男性からの誘いを断るコツ13選

ここでは、興味ない男性からの誘いを断るコツをまとめています。

まずは、あなたにとってデートや食事に誘ってきた男性は、キープしておきたい相手なのかできれば二度と誘ってほしくない相手なのかを心の中で確認してください。
その後、その場しのぎで直接断るべき案件か、2度目が無いように長い目で見て遠まわしに誘わせないようにするべき案件なのか考えましょう。

誘ってきた男性への好感度やモテる女子のあなたの目的に合わせて使い分けて下さい。

【断り方①】ストレートに誘いを断る

数ある誘いの断り方の中でも、群を抜いた「直接的な誘いの断り方」です。誘ってきた相手への好感度が全くない・キープする気もない場合には、ストレートに誘いを断るようにしましょう。最も確実に誘いを断ることができます。仕事や友人関係に悪い影響がでるかもしれないと尻込みしてしまうかもしれませんが、結局、お互いに不毛な時間を使ってしまうことになります。


少しでも期待させると2度目の誘いがきてしまうので、断りたい理由と、もう誘わないでほしいという旨をしっかりと丁寧に伝えてください。ストレートに断ると言っても、メールの内容、言葉選びを丁寧にすれば、相手を傷つけることもないと思います。

興味のない男性・嫌いな男性に対しても「傷つけたくない」と考えてしまう方は、確実性は落ちますが、この後の比較的オブラートに包んだ断り方や断りメールを選んだ方が精神衛生上良いでしょう。

【断り方②】こちらから連絡すると言って誘いを断る

こちらも「直接的な誘いの断り方」です。曖昧な断り文句ではありますが、相手の誘いへの抑止力があります。

愛想がよく感じられるものの「予定が分かったらこちらから連絡します」と言われると、追撃的にデートや食事には誘いにくくなるものです。「ガツガツしすぎ」「しつこい」と思われたら嫌だと守りに入る人が大半ですし、それとなく「そっちから誘わないでほしい」という意志を感じます。

興味のある人が相手なら、無理にでも時間的な余裕を作るのが真実。「こちらから連絡しない」だけで、「折り返し連絡がない=脈なし」であると、相手に察してもらうことができます。そのため、角が立つような断り方・断りメールを使うことなく、あなたの意志を伝えることができます。

【断り方③】仕事を理由にして誘いを断る

こちらも「直接的な誘いの断り方」で、デートや食事の誘いを断る理由の常套句でもあります。「仕事が忙しい」というのは誰もが身に覚えることなので、断り方・断りメールとして使っても角が立ちません。「しばらく忙しい」と不確定な期間を付け加えればその間は誘いづらくなり、相手の誘いへの抑止力があります。

同じ職場でなければ、困ったときにはとりあえず・急遽使える断り方です。同僚の場合は、本当に仕事が忙しいのであれば問題ありません。しかし、断りたいがための嘘ならバレる可能性があります。「あえて嘘を吐いたんだ」と空気を読んで引き下がってくれる人もいれば、逆切れしたり嘘吐きだと言いふらされたりすることもありえるため、嘘を吐くときには注意してください。

とりあえずキープだけはしておきたい相手なら、誘いを断る際には「誘ってくれてありがとう」「せっかく誘ってくれたのにごめんね」「また誘ってね」など一言付け足しておきましょう。同じ仕事を理由にした断り方でも、感謝の一言があるだけでとても丁寧な印象になりますよ。

【断り方④】この日だったらよかったと言って誘いを断る

相手がキープしておきたい男性であれば、二度と誘ってほしくない相手よりも「嫌な気分にさせずに断る」ようにしなければなりません。

そういうときには、「直接的な誘いの断り方」の中でも特にマイルドな「この日なら良かったんですけど…」とスケジュールの問題を理由に誘いを断りましょう。自分は誘いを体裁よく断れ、相手は言葉の裏に「この日じゃなければ行きたかったんだ」と脳内で好意的な変換をしてくれます。

また誘っても良い空気・余地があるため、スケジュールの問題を理由にした断り方は、他の断り方よりもマイルドな印象です。
二度と誘ってほしくないような相手なら、この断り方はあまり適さないので別の断り方・断りメールを使ってください。

【断り方⑤】友達と遊ぶことを理由にして誘いを断る

デートや食事に誘われた日に別の予定が入っていることを理由に誘いを断る方法で、「直接的な誘いの断り方」の1つです。

特に「その日は友達と遊ぶ」という明確な理由があれば、誘いの断り方・断りメール特有のあいまいさがないため、誘った相手も納得しやすいです。また、直接断っているわけでもないので嫌な気分にもなりません。

【断り方⑥】他に好きな人がいると言って誘いを断る

完全に断りたいのなら「彼氏がいる」「婚約者がいる」「結婚している」と伝えてしまいましょう。
「直接的な誘いの断り方」の中でも最も誘いの抑止力がある断り方です。

彼氏や婚約者がいても、既婚者でも良いと言うような男性は信用できないので、「彼氏(婚約者・夫)を悲しませたくないからやめてほしい」と気持ちを伝えて、誘いを取り合わないようにしてください。

仕事関係の知り合いが相手の場合は、調べれば結婚しているかどうか分かるので、「結婚している」という理由で断るなら、本当に結婚している方だけにしてください。また、「婚約者がいる」という理由で断るときも、今好きな人・今後好きな人ができたときの足かせになるので、嘘はつかないように。

他と比べて効力はやや弱いですが「彼氏がいる」が、最も汎用性が高く使い勝手が良い理由なのでおすすめです。

【断り方⑦】一度行ってから誘いを断るか考える

こちらは、現段階では好きとも嫌いともいえない相手向けです。相手に特別な嫌悪感がなく、自分も時間的に余裕があるのなら、一度目は誘いを断ることはせず、デートや食事の誘いに乗ってみるのはいかがでしょうか。

デートや食事などプライベートで接してみると、思いがけず気が合うということもあるかもしれません。もし一度デートや食事の誘いに乗ってみて行った結果、「合わない」「嫌だ」と感じたなら、次からの誘いは断るようにすればよいのです。

一度デートや食事をしてプライベートを一緒に過ごして、モテる女子のあなたが覚えた「合わない」「嫌だ」といった違和感は、相手も同様に感じている可能性があります。一度デートや食事の誘いに乗ることで、相手の方から離れていってくれることも期待できます。

【断り方⑧】親切な人で終わらせて誘いを断る

必要以上にモテる女子のあなたに優しくして、気を惹こうと頑張る男性もいます。モテる女子のあなたをデートに誘う男性がそんな相手なら、とりあえず普段のしつこい優しさは善意として受け止めましょう。そして「みんなに優しい良い人」というレッテルを押し付ければ、相手を貶めたことにもならず、自分への好意をうやむやにできます。


「(優しくするのは)君だけだよ」と言われて悪い気はしないならキープの方向、逆に「寒い!」と感じたら、その人とモテる女子のあなたの相性は良くないことが明白です。「お父さんみたい」「お兄ちゃんみたい」と空気を読めないフリをしながら恋愛対象外であることを匂わせましょう。少しでも「脈ありかも?」と思わせないように、丁寧に丁寧に空気を読まないフリを続けてください。

あえて空気を読まない道を選ぶことで、相手を傷つけて後悔したり、デートや食事の誘いを断るのに失敗して仕事などに支障がでたりするのを未然に防ぐことができます。

【断り方⑨】冗談扱いして誘いを断る

確かに、好きでもない人から好意を寄せられることは迷惑なことなのですが、相手の男性だって悪気があってやっているわけではありません。明確な断りの言葉を浴びせて、相手を傷つけてしまうのは避けたいと思っている方には、相手の誘いや口説き文句を一貫して「冗談扱い」するという方法がおすすめ。

明確な断りの言葉よりもマイルドな印象になります。マイルドな印象といっても、一貫して好意を受け取ろうとしない態度は強い意志を感じさせるので、一度「この人は落とせない」と思わせれば勝ち。


冗談と扱われ続けると、次第に「自分とはデートや食事したくないのかな」と理解できます。相手に空気を読んでもらうことで、自分の手は汚さず身を引かせられるというわけです。

ただ、相手が空気を読めるタイプの人間でないと使えない誘いの断り方とも言えます。空気の読めない相手には他の断り方のうち、曖昧なものでは効果が薄いので、ストレートな断り方・断りメールという選択も考える必要があります。

【断り方⑩】嫌われるように仕向けて誘いを断る

一部の人に嫌われてでも誘われたくない!と思うような相手には、自分を幻滅させて嫌われていくというのも1つの手になります。誘い自体を断るのではなく、相手の好意を打ち消す方法でデートや食事に誘う気を失せさせるのです。

仕事や友人関係でこちらが下手に出ざるを得ず、モテる女子側がはっきりと断れない立場であることを利用して、男女関係に迫ってくるような男性には非常に有効です。

幻滅させる方法としては、誘ってくる男性のコンプレックスを突く、前の彼氏と比べる、人の悪口を言って裏表の激しいモテる女子を演じる、女性として終わっているような仕草・言葉遣いをするなどがあります。心ない言動で男性の自尊心を攻撃したり、男性の理想をぶち壊したりすることで、あっちの方から逃げ出していくように仕向けましょう。


誘ってきた男性を含め、その周りの一部の人には確実に嫌われますし、モテる女子のあなたの悪い噂が流れることも考えられますが、後者の噂に関しては普段の行動をきちんとしていれば消えていくものなので問題はありません。

一部の人に嫌われてでもデートや食事に誘われるような関係を断ちたい、嫌われる覚悟ができているという方は、諸刃の剣として使ってみてください。

【断り方⑪】恋愛の相談をもちかけて誘いを断る

こちらも遠まわしに誘いを断る方法の1つです。デートや食事に誘われたら、こちらから恋愛相談を持ち掛けて自分のペースに持ち込んでしまいましょう。
「相談がある」と言われると、男性としては頼られているように感じられ嬉しく思うもの。しかし、それが「ただの惚気」であったときのガッカリ感は相当なものになります。

こちらが断りたいのにガンガンくるような男性は、割とイケそうなコなら誰でも良いという節があるのが否めません。既にラブラブな恋人・とても好きな人がいるようなモテる女子だと分かった時点で、アタックして失敗する可能性が高いことを悟ります。そうすれば、こちらから何かテコ入れしなくても自ら身を引いてくれるでしょう。

【断り方⑫】家族や実家を理由に誘いを断る

その場しのぎではなく、今後も誘ってほしくないときには、家族や実家を引き合いに出して誘いを断るのはどうでしょうか。

実家がごたついている、母が病気で看病しているといった理由を使えば、普通の神経をしている男性なら無理には誘いません。また、実家の問題や親族の病気は解決・完治するまでに個人差があるため、再びデートや食事に誘うタイミングは掴みづらいです。本当に好きな相手・気にかけている相手なら「ご家族の調子はどう?」と心配するもの。ちょっと付き合いたい・イケそうと思って声を掛けたモテる女子なら、家族の影が見えた時点で敬遠するでしょう。

誘ってきた相手が、自分のことをどれくらい気にかけて声を掛けてくれたのかを判断する基準にもなりそうですね。

【断り方⑬】両親の管理下にあることを理由に誘いを断る

こちらも家族の存在を匂わす断り方です。両親と同居しているモテる女子は手が出しにくいと感じるのが男性の本音。門限があったり、同居していなくても休日は毎週のように両親と過ごしていたりすることを理由に断れば、相手から身を引いてくれるでしょう。

デートや食事を断りたいがために両親の管理下にあると嘘を吐いても、プライベートなことなのでバレる心配もありません。

誘いの断り方!興味ない男性からの誘いでも丁寧に

興味ない男性からの誘いの所為で、面倒な対応に頭を悩ませなければならないのは気の毒なことです。しかし、人間関係というものは思うようにいかないというのもまた事実。

モテる女子のあなたにとって誘ってきた男性はどんな人ですか?

モテる女子のあなたにとって誘ってきた男性が2度と誘ってほしくない相手には、誘う余地のない理由付けの断り方・断りメールを使い、今回の誘いは断るけれど、今後誘いに応じる可能性のある相手には、曖昧な理由付けの断り方・断りメールを使うようにしてください。

どちらも言葉遣いには気をつけて、丁寧さを心掛けるように。これらは興味ない男性からの誘いを断る上では大前提になります。


以上を踏まえた上で、誘いを断る理由を具体的に考えましょう。興味ない男性からの誘いを平和的に断るためには、相手が納得できるような理由を用意する必要があります。

そうすることで、相手を傷つけない・嫌な気分にさせずに断ることができます。

状況や相手との間柄の関係で、直接的な断り方か遠まわしに誘わせないように立ち回るか選んでください。

行き当たりばったりな誘いの断り方・断りメールをするよりも、多少計画性を持って丁寧に対処していく方が、後々の影響が少なく済みます。断りの理由に一貫性を持たせ、矛盾がでないように丁寧に対応しましょう。

モテる女子はコチラもチェック!

しつこい男の特徴・心理11選!対処法も解説します【要注意】
男性からの脈なしLineの特徴11選!【女子必見】
好きな人がわからない!彼を本当に好きかどうか判断する方法とは?
好きな人が脈なし?男性サイン・態度で見極める13のポイント!

関連するまとめ

tsuka_show
tsuka_show
恋愛やファッションに役立つ情報を客観的な視点から記事にしています。面白いと感じていただけたら嬉しいです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ