アッシュ系の色がおしゃれ!色見本から好きな色を選ぼう!

アッシュ系の色は髪色の中でも人気ですが、アッシュにも様々な色味があります。灰色がかったくすんだ色味がお洒落なアッシュの色見本があれば役立ちますよね。そこで今回はアッシュ・アッシュ系の色見本や特徴などをご紹介します。サロンでのオーダーの参考にしてみてくださいね。

アッシュ系の色がおしゃれ!色見本から好きな色を選ぼう!のイメージ

目次

  1. ヘアカラー♡アッシュ系の色とは
  2. アッシュ系の色見本をご紹介!
  3. アッシュ・アッシュ系にぴったりなヘアスタイルはこれ!
  4. ブリーチありとなしではどう違う?
  5. メンズのアッシュ・アッシュ系の色見本
  6. アッシュ・アッシュ系のグラデーションカラー
  7. 市販のヘアカラーでもできる!アッシュカラーにしたいならこれ!
  8. 思い通りのアッシュ系ヘアカラーでお洒落度UP!

ヘアカラー♡アッシュ系の色とは

ヘアスタイルを見ていると必ず出てくる色名が「アッシュ」や「アッシュ系」のお色です。アッシュとは英語で「灰」のことで、そのままですと灰色のようなグレーということになりますね。

しかし、ヘアカラーで使われるアッシュやアッシュ系の色は無彩色のグレーとは異なり赤みのない色味をのせたグレー系のお色と言えるようです。

ベースは青紫などの色味をいれて、灰色がかったようなブラウンになります。

アッシュと言っても色々なカラーがある

例えば、ヘアサロンに行って「アッシュに染めたいのですが」「アッシュ系の色が良いです」とオーダーしたとしたとしても全く同じ色にはなりません。

特にカラーリングを繰り返している方がアッシュ系に染める場合は、しっかりと入れないと普通のブラウンのようになってしまいます。

何度も繰り返すカラーリングにより壊れた髪の毛のメラニン色素は、髪の毛に赤や黄味をつくりだしていくのでアッシュ系は難しいお色の1つとも言えます。

髪質や元の髪色などによっても仕上がりは変わる

元々の髪色は暗い場合には、ミルクティーブラウンのような明るいアッシュ系のカラーははっきりしたものにするのは容易ではないようですね。

その理由は、黒髪に含まれているメラニン色素です。しかし、メラニン色素が壊れる=髪の毛が茶色っぽくなるということですので

黒染めをしていない限りは、黒髪でもアッシュ系の色に挑戦することも可能なようです。また、薬剤の調整やベースカラーに混ぜる色味によって様々なアッシュの色があります。

アッシュ系の色見本をご紹介!

大人気のアッシュ系。流行の色味なので試してみたいという人も多いはず。

各色見本でイメージしてみてくださいね。あなたにはどれが似合いそう?!

暗めのアッシュ:アッシュベージュ

まず最初にご紹介するのが、暗めのアッシュやアッシュ系のカラーの色見本です。

暗めのアッシュと言っても色々なカラーがあるので、どんな色味があるのかの参考にしてみてくださいね!

そのサロンや写真によって、おなじカラー名でも微妙に違ってくるので、色見本をみながら相談してみることをおすすめしますよ。

素の黒髪の色を生かしながらも、オレンジ系の色味を消すことでグレーがかったお色に。アッシュ系と言うと、明るいブラウン系のくすみカラーをイメージしますが、このようなアッシュベージュは落ち着いた大人の雰囲気ですね。

暗めのアッシュ:ピンクアッシュ

こちらのアッシュはこれから春にかけてトライしてみたいピンクカラーです。

茶髪のような赤みではなく、ベースで赤みや黄味を消しながら、ピンクカラーを入れているのでアッシュの上に薄っすらピンクがのっています。

暗めのアッシュ:グレージュカラー

アッシュにグレーがかったベージュカラー「グレージュ」を入れた落ち着いたヘアカラー。

アッシュグレーは、もっと灰色がかった色味もあります。アッシュにグレーを混ぜることでブリーチをしなくても透明感がでますし、落ち方も汚くならないのが特徴です。グレーと青をミックスしたお色です。

とことんアッシュにこだわったグレージュ

かなり暗めの灰色アッシュです。グレージュといっても、灰色感が強いアッシュは大人の女性にも人気があります。

こちらは、ハイライトを太めに入れることで立体感をだしています。

暗めのアッシュ:パープルアッシュ

暗めのアッシュとはいっても地毛を生かすだけのナチュラルなカラーばかりではありません。グレージュにパープルを混ぜて灰色を強めにだしたカラーもあります。

こちらは、その上にグラデーションカラーとハイライトをプラスしています。

◆関連記事:アッシュグレーについてはこちら!

アッシュグレーの髪色が可愛い!これであなたも外国人風♡

明るめのアッシュ:シフォンベージュ

アッシュ系は灰色をベースにしていますので、くすみ感が魅力です。

こちらのシフォンベージュアッシュは、そのくすみを少しさじ加減して、明るさのある透明感カラーに仕上げています。絶妙なお色ですね。

グレージュでも明るめカラーも♡

透明感のあるアッシュ系のグレージュが綺麗ですね。

こちらは、細くハイライトを入れて奥行き感をだしていて、外国人風の立体感のあるヘアカラーになっています。

明るめのアッシュ:オリーブアッシュ

緑がかったアッシュは、これから春に向かうヘアカラーにぴったりです。

ダブルカラーをほどこすとこのようなオリーブアッシュの色がでます。アジア人の肌色にもなじみの良いオリーブ系アッシュはトライしてみたいですね。

アッシュ・アッシュ系にぴったりなヘアスタイルはこれ!

髪色によって、似合う髪型としっくりこない髪型があるものです。

お気に入りのアッシュカラーを見つけたら、あとはヘアスタイルですね。あなたの髪色にベストマッチなヘアスタイルで、友達に差をつけちゃいましょう。

ボブスタイルに:6トーンのアッシュブラウン

ミディアムヘアからボブやショートなどをエレガントに魅せてくれるのが6トーン(暗めの)アッシュブラウンです。

6トーンまで暗くすれば、成人式など学校や会社関係の行事にもOKですよ。髪色のレベル(トーン)は明るさのことですが4~6レベルまでは、日本人の自然な地毛の色のトーンなので染めているかな?くらいの明るさです。

ロングにぴったり:明るめミルクティーグレージュ

ミルクティーベージュやグレージュは暗めでも明るめでも人気のあるカラーです。小嶋陽菜さんのようなウェーブの肩下ロングヘアにもぴったりですよ。

こちらのヘアカラーもブリーチを使ったあとにミルクティーのようなアッシュをいれています。

切りっぱなしスタイルに:ホワイティアッシュ

毛先をパツンと切った切りっぱなしスタイルや、レイヤーがあまり入っていないセミロングに。ホワイトカラーのアッシュは軽快な印象を与えてくれてお洒落です。

こちらはミルクティーのような色味のホワイティアッシュですが、もっとシルバーがかった色味もあります。やはり、ブリーチをすると美しく発色するカラーです。

レイヤーストレートに:ナチュラルベージュアッシュ

ストレートなヘアスタイルを楽しむなら、レイヤースタイルがおすすめです。ストレートレイヤーにもナチュラルなベージュアッシュにすれば垢抜けた印象に。

ブリーチが必要かどうかはサロンで確認してみてくださいね。

◆関連記事:アッシュブラウンの髪色はこちら!

アッシュブラウンの髪色まとめ!明るめから暗めまで!【上品】

ボーイッシュなショートに:ピンクバイオレットアッシュ

ボーイッシュで動きのあるショートはクールでかっこいいですよね。

そんなショートに女性らしさをプラスしたければ、アッシュにピンクバイオレットを混ぜたピンク系のカラーにしてみませんか?

ブリーチありとなしではどう違う?

カラーリングの時は、ブリーチする派としない派に分かれます。レベルごとに紹介していきますので、ブリーチをどうするかの参考にしてくださいね。

ブリーチありの場合

ブリーチしたヘアスタイル:グレージュ

こちらはブリーチした後にツヤ感のあるグレージュをほどこしたカラーです。とても透明感があって美しいグレー系ベージュですね。グラデーションカラー&ハイライトがさらにお洒落度を上げています。

ブリーチした回数によって、紫シャンプーやシルバーシャンプーを使用すると、カラーを補いながら、落ちる速度をゆるめることができるんですよ。

ブリーチしたヘアスタイル:アイスブルー

こちらは2回以上ブリーチした髪にアイスブルーを入れた美しいアッシュです。

こちらはヘアカラーで青みを表現しているので難しいそうですが、ヘアサロンやスタイリストの技術によっては叶うカラーです。

ブリーチしたヘアスタイル:カラーリストのつくるアッシュ

まるで外国人の地毛のようなアッシュ系透明カラーはブリーチをしています。カラーにくわしい、カラーリストと呼ばれる専門のスタイリストがてがける絶妙カラーです。ハイライトも個人にあった入れ方を考えてあり落ち方も綺麗な計算されたアッシュになります。

どうしても外国人のような全く赤みのない輝くアッシュにしたい方は、専属のカラーリストが細かく相談に乗ってくれるヘアサロンへ行きましょう。

やはり、このようなカラーは紫シャンプーやシルバーシャンプーでのセルフケアも必須です。

ブリーチなしのアッシュ:ラベンダーアッシュ

ボブやショートスタイルにもぴったりの少しトーンが暗めのラベンダーアッシュです。

ハイライトが細く入っているのと、ダブルカラーを施すことでこのような色味になっています。ラベンダーカラーは髪の毛に透明感がでて美しいですね。

メンズのアッシュ・アッシュ系の色見本

これまで女性のアッシュカラーを見てきましたが、メンズのアッシュがカッコイイんです。

男は見た目じゃないなんていいますが、見た目もいいに越したことはありません。髪色に合ったカッコイイヘアスタイルにしませんか?

メンズのアッシュ:シルバーアッシュ

メンズでもシルバーアッシュはとてもクールでカッコイイお色です。ホワイトやシルバー系のアッシュはブリーチしたほうが綺麗にでます。

ヘアスタイルを変えなくても色をシルバー系アッシュにするだけで印象は変わりますね。

7レベルのアッシュ:ブルージュ

アッシュにも色々な色味や明るさがあるのですが、ここからは髪の色のレベルごとにご紹介します。

7レベルのアッシュは、地毛の暗めのトーンを保ちつつもちゃんとアッシュ系の色がのっているのがわかるので、あまり髪の毛を明るくしてはいけない職業のかたにも楽しめるかもしれません。

こちらは、ブルージュで暗めなのに外国人風のニュアンスがでていますね。

8レベルのアッシュ:ブリーチありのグレージュ

グレーとベージュが絶妙にまじりあったミルクティーカラーですが、ブリーチを施すことによって明るさが十分にでています。

8レベルまでトーンをあげてブリーチすると外国人の地毛のような色に近づきます。

8レベルのアッシュ:マットアッシュ

ブリーチをしていないにもかかわらず全く赤みがないマットアッシュに。

この髪色は繰り返し同じマットアッシュまたはアッシュ系で染め続けることで、このような色味がでてくるとのことです。

ブリーチが嫌な方は、同じようなマットアッシュを何年にも渡って続けるといいかもしれません。

9レベルのアッシュ:ブルーサファイア

毛先にブリーチしたことがある髪ですが、9レベルでブルー系のブルーサファイアと言うアッシュカラーです。

灰色に近い寒色系カラーがスタイリッシュで、シンプルなボブも可愛く決まります。

9レベルのアッシュ:ラベンダーベージュ

ストレートのセミロングにラベンダーの寒色系カラーがマッチしています。アッシュでもベージュ系だと少しブラウンが強めになるのでしょうか。

ブルーやラベンダーなどを入れたい場合は確認して完成の色味をききましょう。

10レベルのアッシュ:モノトーン&ブルー

アッシュ系に見せるためにモノトーンというカラーがあるのですが、これは色をつけるというよりオレンジや黄味などの色を消してくれるカラーだそうです。

こちらはそんなモノトーンを10レベルで使用し、ブルーをプラスして赤みが全くない美しいブルー系のアッシュになっています。

ロングでの巻き髪スタイルにしてもクールで上品な印象です。

11レベルのアッシュ:グレーパールアッシュ

パールのような艶と輝きが美しいグレーパールというヘアカラーです。ブリーチしないとここまでのくっきりした色合いは難しいでしょう。

ロングヘアでもボブでも似合いそうなカラーですし、巻いてもお人形のようで素敵です。

11レベルのアッシュ:アッシュベージュ

アッシュベージュはレベル(トーン)が暗めだと地毛に近いような落ち着いた色味になりますが、11レベルまで明るさを上げていくとこのような色合いになります。

ブルー系などと違い自然な柔らかさがありますので、30代~40代の大人の女性にもトライしやすいアッシュといえます。

ニュアンスカールのロングヘアでアッシュベージュにすれば優しい雰囲気になります。

アッシュ・アッシュ系のグラデーションカラー

単色に飽きたらグラデーションに挑戦!難しそうに思えるかもしれませんが、出来上がりの髪を見たらやってみたくなりますよね。

スタイリストさんにお任せすれば大丈夫。これからの季節に合ったグラデーションを楽しんでみましょう。

ブリーチなしでつくるグレージュのグラデーションカラー

ブリーチをせずにここまでのグレージュをだせるのは、スタイリストさんの技術力や、それまでのあなたのヘアカラー歴、髪質なども関わってきます。

グラデーションカラーは海外セレブから人気が広まったヘアカラーのことで、一般的には根元の方が暗めで毛先にいくにしたがい明るくグラデーションになったカラーです。

カーキの入ったグレージュのグラデーションカラー

オリーブアッシュのように、カーキの色味を入れたグレージュです。

微妙なブラデーションカラーになっていて、明るさもですぎないので、派手な色にできないけど髪色を楽しみたい方にもおすすめです。

グリーン系のカラーは日本人の肌を綺麗にみせてくれる効果もあります。

市販のヘアカラーでもできる!アッシュカラーにしたいならこれ!

時間もないしお金もかけたくない。そんな時には市販のヘアカラーを使ってみましょう。市販のヘアカラーはかなり優秀で、思い通りの色に染め上げてくれます。

おすすめのヘアカラーをご紹介します。

市販の「ビューティ―ン」モノトーングレージュ

グレージュカラーはセルフカラーでも染めることができます。

ですが、しっかりグレーやベージュの色をだすためには地毛がかなり明るいかブリーチしてないと難しいでしょう。ブリーチしてあれば、手軽に自宅で染めることができますよ。

ヘアサロンでアッシュに染めるときもブリーチしているものも多いですので、自宅で安価に仕上げたいなら、ブリーチも市販のものを買ってみるのもいいでしょう。

ロングヘアを自分でブリーチするのに抵抗がある方は、毛先のみをブリーチしてから、市販の泡タイプのアッシュ系カラーを入れるとなりたいイメージに合わせて様々な色味を楽しむ事ができます。

また、ブリーチしてあればカラーバターなどをつかってアッシュにすることも可能です。

思い通りのアッシュ系ヘアカラーでお洒落度UP!

大人気のアッシュカラーの色見本をご紹介しました。

アッシュ系のカラーはベージュが強いものは女性らしく柔らかな明るさがあり、暗めやグレー、寒色系が強いものはクールな印象があることが分かりましたね。

自分の髪質や元の髪色などを相談しながらスタイリストさんに工夫してもらい、思い通りのアッシュカラーを楽しんでみませんか?

もっとヘアカラーについて知りたい方はこちら

アッシュグレーの暗めがお洒落!上品な髪色で学校でも仕事でも人気に!
ダークアッシュの髪色が人気!ブリーチなしでも透明感抜群!
アッシュは色落ちしない&可愛い最強ヘアカラー!2018年トレンド!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ