ビートたけしの年齢と伝説!離婚の理由&年収は?若い頃の画像も!

「お笑いBIG3」のビートたけしさんと言えば、日本の芸能界における大御所として知られる存在です。また、90年代は映画監督の「世界のキタノ」とグローバルな人気を誇ります。今回はビ-トたけしさんの年齢や年収、今までの伝説や離婚など幅広く注目していきます。

ビートたけしの年齢と伝説!離婚の理由&年収は?若い頃の画像も!のイメージ

目次

  1. ビートたけし(北野武)のプロフィール
  2. ビートたけしの年齢はいくつ?若い頃の話題や画像も!
  3. ビートたけしの気になる事件&活躍!あの時何歳だった?
  4. ビートたけしが72歳で離婚&事務所独立!裏に愛人が?
  5. ビートたけしの年収は?自宅や車もすごい!
  6. 勇気が湧く!ビートたけしの名言集
  7. ビートたけしの家族は?子供や兄弟も有名人?
  8. 70代でも衰えなし!ビートたけしの今後にも注目!

ビートたけし(北野武)のプロフィール

芸名:ビートたけし
本名:北野武(映画監督として本名で活動)
生年月日: 1947年1月18日 (年齢 72歳)
出身地: 東京都足立区
血液型:O型
身長:168cm

80年代の漫才ブームで大ブレイクを果たしたビートたけしさんは、その後もお笑い界の第一人者として芸能界をけん引してきました。

自身のプライバシー問題に端を発する有名なフライデー事件で謹慎する時期もありました。しかし、自ら監督した映画作品が世界で好評を持って迎えられると、文化人としての世評も高まりました。

プライベートでは当時人気絶頂だった女優、宮沢りえさんとの不倫が噂されながらも、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの最中、大きなバイク事故を起こしてしまいます。

復帰会見で見せた顔面まひの症状は世間に大きな衝撃を与えました。しかし、復帰後、ふたたび旺盛な活動を始めたビートたけしさんは、テレビ出演、映画監督、音楽活動、書籍執筆など、まさに八面六臂の活躍を続けています。

今回は、そんなビートたけしさんの波乱万丈の半生を年齢とともに見ていきましょう。

ビートたけしの年齢はいくつ?若い頃の話題や画像も!

ビートたけしさんは今年で72歳になります。25歳(1972年)のころ、ビートたけしさんは浅草のストリップ劇場でエレベーターボーイとして勤め、そこから下積み時代が始まります。

ながらく舞台でコント経験を積んでいたビートたけしさん。これから漫才の時代が来ると一念発起して、2年先輩のビートきよし(兼子二郎)さんとコンビを組み、テレビへと主戦場を移していきました。

「背が低くガニ股」というスタイルは、ビートたけしさんの代名詞のようなルックスですが、若い頃はストリッパーのお姉さんから「タケちゃん」と呼ばれて可愛がられていたようです。

漫才ブームの頃の写真にも、どこかイタズラ坊主のような雰囲気があると思いませんか。母性本能をくすぐるようなところがあったのかもしれませんね。

同い年の芸能人は?意外な顔ぶれ…!

それでは同い年の芸能人には、どんな方がいるのか、見ていきましょう。

まずは芸能界から俳優枠では、西田敏行さん、岸部一徳さん、寺尾聡さん、泉ピン子さん。タレント枠では、高田純次さん、稲川淳二さん、蛭子能収さん、平野レミさん、尾木直樹(尾木ママ)さん。音楽界では、小田和正さん、千昌夫さん。スポーツ界では、星野仙一さん(故人)、尾崎将司(ジャンボ尾崎)さん、アニマル浜口さん。政治家では鳩山由紀夫さんなどの顔ぶれです。

意外な方も見られたのではないでしょうか?さすがにみなさん、各界の大御所の方ばかりで、個性的が光る方、エネルギッシュな印象が強い方が多いようですね。

「ツービート」結成は何歳?ブレイクはいつ?

今でこそビートたけしの名前は世界にとどろくビッグネームですよね。しかし、その成功の第一歩は漫才コンビ「ツービート」から始まりました。

浅草のストリップ劇場「浅草フランス座」の先輩だった兼子二郎さんとコンビを組んだのは、ビートたけしさんが25歳(1972年)の時でした。

結成当初はなかなか売れず、舞台暮らしを続けて不遇の時期を過ごしていました。しかし、70年代後半になると、徐々に力を着けていったツービートは立川談志さんなどの目にも留まるなどして、ついに1975年、テレビ出演を果たします。

やがてツービートはフジテレビ「THE MANZAI」に出演します。速いスピードでしゃべくり倒す新しい漫才の独自スタイルを確立し、一躍漫才ブームの寵児に躍り出ることとなります。

「たけしの元気が出るテレビ」は何歳から?

ビートたけしさんのテレビでの大ヒット作と言えば、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」をあげる人が多いでしょう。テリー伊藤さんが総合演出を務めた本番組は、日本のバラエティ史に残る傑作として語り継がれています。

番組が開始したのは1985年、ビートたけしさんが38歳の時でした。1996年の番組終了まで、実に10年以上も続く長寿番組となりました。

番組冒頭で、ビートたけしさんが「こんな●●はイヤだ!」といって小ネタを披露する「たけしメモ」は、人気コーナーでしたね。他にも高田純次さんや兵藤ゆきさん、島崎俊郎さんなどのレギュラー陣による過激なリポートコーナーも話題となりました。

ビートたけしの気になる事件&活躍!あの時何歳だった?

ビートたけしさんはこれまでの長い人生で、たびたびお騒がせな事件も巻き起こしています。その活躍ぶりと合わせて、数々の伝説をご紹介します。

フライデー襲撃事件は何歳のとき?

1986年、人気絶頂だった時期に、ビートたけしさんは「たけし軍団」のメンバー12名と共に、講談社編集部へ殴り込みをかけました。いわゆる「フライデー襲撃事件」として語り継がれる有名な傷害事件です。この時、ビートたけしさんは39歳でした。

事件の発端は、当時交際していた専門学校生を、写真週刊誌「フライデー」の記者が追いかけまわし、怪我を負わせたことでした。この殴り込みでビートたけしさんらは講談社の編集部員5名に怪我を負わせ、器物を損壊したという罪に問われ、結局、懲役6か月、執行猶予2年という判決を受けることになるのです。

それ以降、およそ6か月の謹慎生活に入りますが、当時売れっ子でレギュラー番組をいくつも抱えていたので、ビートたけしさんの不在はテレビにとって大きな痛手となりました。

TBS「痛快なりゆき番組 風雲!たけし城」で、ビートたけしさんの顔の被り物をかぶったキャラクターを代役にするなどで、不在の期間を持ち応えようとしていた様子も印象的でしたね。

映画監督・北野武の誕生はいつ?「ソナチネ」は何歳の作品?

1989年、ビートたけしさんは、「その男、凶暴につき」ではじめてメガホンを取ります。もともと出演だけのはずでしたが、深作欣二監督が降板したため、代役を務めたことで監督デビューとなりました。

また、海外でも高く評価された「ソナチネ」は、ビートたけしさん46歳(1993年)の時の作品です。この作品の評価をきっかけに「世界のキタノ」の称号が生まれました。

衝撃!バイク自損事故で大怪我は何歳だった?

47歳(1994年)の時、ビートたけしさんは深夜の雨中の運転ミスにより、ガードレールに突っ込むバイク事故を起こします。幸い対向車や後続車がなく、一命はとりとめました。

しかし、顔面を強打し頭部に重傷を負うなどしたことから、長期入院を余儀なくされ、これにより約半年間、芸能活動を自粛することになります。また、酒気帯び運転をしていたことが明らかになり、書類送検されています。

人々を何より驚かせたのは、事故後の会見で見せた顔面まひ状態の素顔でしょう。まるで別人のようになってカメラの前に現れてギャグを放つなど、持ち前の強さで逆境に立ち向かう姿は伝説と言っても過言ではないでしょう。その後は驚異的な回復を見せ、現在の活躍に至ります。

ちなみに、この事故の第一発見者は光GENJIの諸星和巳さんだったという噂があります。ビートたけしさんのお弟子さんであるシェパード太郎さんが、ビートたけしさんから聞いた話として語っているようです。その話の真偽は、一体どうなのでしょうか?ビートたけしさんのジョークの可能性も捨てきれませんね…!

国際映画祭で数々の賞を受賞!

映画監督・北野武として、その独特な作品はさまざまな国際映画祭で評価されています。それでは、代表的な作品を見てみましょう。

・「キッズ・リターン」(1996年/49歳)第49回カンヌ国際映画祭に出品
・「HANA-BI」(1998年/51歳)第54回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞
・「Dolls」(2002年/55歳)ダマスカス国際映画祭最優秀作品賞受賞
・「座頭市」(2003年/56歳)第36回シッチェス・カタロニア国際映画祭グランプリ受賞
・「アキレスと亀」(2008年/61歳)テサロニキ国際映画祭・ゴールデン・アレクサンダー名誉賞受賞
・「アウトレイジ」(2010年/63歳)第63回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ノミネート作品

多くの作品が国際映画祭で受賞するなど、海外の評価はすこぶる高いようですね。今後の監督作にも期待したいところです♪

ビートたけしが72歳で離婚&事務所独立!裏に愛人が?

ビートたけしさんが72歳で離婚と事務所独立を決めたことは、お家騒動にも発展し、大きな話題となりました。プライベートでは奥様、ビジネスでは森昌行社長と、長年連れ添ったパートナーとの間に一体何があったのでしょうか?

ビジネスパートナーが愛人に?

ビートたけしさんの離婚と独立の背景には、愛人の存在があるとされています。この愛人とされる女性は、現在ビートたけしさんのビジネスパートナーとされる人物で、すでに独立を済ませた新事務所「T.Nゴン」では取締役も務めているといいます。

長年連れ添ったパートナーと別れを切り出してまでも、新生活へと踏み出すことを決意したビートたけしさんに、今でもさまざまな憶測が飛び交っています。

事務所独立も孤立…テレビから消える!?

新事務所「T.Nゴン」設立当初はまだ、ビートたけしさんの新たな門出を祝福する向きもありました。しかし、その後、ビートたけしさんの側近たちが新事務所に移籍してきますが、すぐに次々と退所することが続きます。そこで、ふたたび愛人の存在が取りざたされるようになってきました。

「ビートたけしさんは愛人に洗脳されているのでは?」という、根拠のない噂も出ているようです。元々独立の背景には愛人女性の影響が大きくあったと言われていたために、あらぬ噂が再燃することとなりました。

現状、ビートたけしさんのテレビ出演も続いており、今のところはまだ安泰と見られますが、なんとも不穏な状態である可能性も高いと見る声も少なくありません。

ビートたけしの年収は?自宅や車もすごい!

80年代から現在まで、40年以上も芸能界の一線で活躍するビートたけしさん。はたしてその年収はどれほどのものなのでしょう。

ネットで検索してみると、とあるネット広告会社による<芸能人年収ランキング>というリサーチデータを見つけました。そちらでは、1位の秋元康さんに次いで第2位にランクインし、その推定年収は、15億8,000万円とありました。ちなみに1位の秋元康さんの推定年収は、50億円ということです。

タレントに映画監督…一番稼いでいた時期はいつ?

タレントだけでなく、アーティストとしての活動も旺盛なビートたけしさん。高額なギャランティにプラスして、書籍印税や映画の権利収入など、年収額は大きく膨らんでいます。

前述の<芸能人年収ランキング>では、お笑いBIG3のタモリさんは第3位で9億9,600万円、明石家さんまさんは第4位で7億9,200万円でした。

1980年代の漫才ブームの頃はバブルの時期と重なりますが、この頃が最も稼いでいた時期であることを本人がテレビで語っています。なんと年間の収入額は200億円!そこから税金を180億円納めて、手元に20億円が残ったという話でした。

どこまでが本当の話なのかはわかりませんが、とにかく普通では考えられない金額の年収だったことは間違いありません…!

自宅は豪邸!愛車遍歴も豪華!

自宅の大豪邸は、セレブの邸宅が集まると言われる世田谷区等々力にあります。

土地は時価で約5億円とも言われています。建物は地上三階、地下二階で延べ床面積が約300坪と言われ、土地と建物を合わせて、およそ10億円の大豪邸と推測されています。

また車好きと知られるビートたけしさんの愛車遍歴は、とにかく開いた口がふさがらないラインナップです。フェラーリ、ポルシェ、ベンツ、BMW、ロースルロイスなどの高級車を、ミニカーを買うように買い揃えていると言われるほどです。

さらに、日本に数台しかないと言われていたブガッティ・ヴェイロンを所有するなど、車好きならため息が出るほどの豪華さです。

勇気が湧く!ビートたけしの名言集

ビートたけしさんは、その長い芸能人生の中で、数々の名言を残しています。それではいくつかの名言を、ご紹介します。

お前にはその才能がないんだと、親が言ってやるべきなのだ

毒舌で売り出したビートたけしさんらしい名言ですね。厳しくとも、親が確かな目で子供を導いてあげることの大切さが説かれています。

最後まで押し通せなかったらやさしさではない。途中でくじけるなら悪人になればいい。やさしさは根性です。

ハードボイルド小説に出て来そうな名言です。映画では不器用な男の美学を描くことが多いですが、まさに北野映画の主人公を物がたっているような言葉です。

自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、人間としては幸せだと思う。

「与えられるよりも与えたい」という、ビートたけしさんのやさしさが伝わる名言です。ヒロイックな言葉のように感じますが、なかなかこう言い切れるものではありません。やはり、ストイックな生き方が、こうした物言いを可能にしてるのでしょう。

ビートたけしの家族は?子供や兄弟も有名人?

ビートたけしさんのご家族を紹介します。家族のみなさんがビートたけしさんの影響を強烈に受けているようです。

兄は学者でコメンテーターの北野大!

大学教授で化学者の北野大さんは、80年代から現在を通じてテレビに出演することも多く、家族の中では最も有名です。ビートたけしさんが東京芸術大学大学院教授に就任したため、兄弟そろっての大学教授を名乗ることになりました。

「マス北野」という異名を持つほど、特に理系の学力の高さを誇るビートたけしさん。血を分けた兄弟であるお兄さんの経歴からも頷けますね。

娘は元歌手の北野井子!息子は現在博報堂社員?

お嬢さんの北野井子さんは、かつては歌手としてデビューし、芸能活動を行っていたこともありました。デビュー曲は、X JAPANのYOSHIKIさんプロデュース・楽曲提供ということもあって話題となり、13万枚をセールスするスマッシュヒットとなりました。

息子さんは篤さんといって、大手広告代理店博報堂の社員だと伝えられています。篤さんは一般人ですのであまり詳しいことはわかっていませんが、元モーニング娘。の道重さゆみさんのMVのクリエイティブディレクターなどを務めていたようです。

愛人の子供はいる?孫を養子にした?

ビートたけしさんには過去の愛人との間にも、子供をもうけていると噂されています。その過去の愛人とは、フライデー襲撃事件で渦中の人となった当時専門学校生だった女性です。事件から4年後の1990年、ビートたけしさんは彼女との間に女児を授かったと伝えられています。

また、ビートたけしさんは井子さんのお子さん、つまりお孫さんを養子にしたことでも話題になりました。その思惑を色々と取りざたされていましたが、孫を養子に迎えることで相続税が安くなるとのことから、養子縁組を行ったと伝えられています。

70代でも衰えなし!ビートたけしの今後にも注目!

現在72歳のビートたけしさんは、離婚に事務所独立など、まだまだ世間を騒がせるパワーに満ちています。テレビに映画に、精力旺盛な芸能活動を見せてくれるビートたけしさんに、これからも注目です。

ビートたけし(北野武)さんの映画情報を知りたい方はこちらの記事をどうぞ!

ビートたけしの映画一覧|俳優・北野武監督作品のおすすめもご紹介!

ほか芸能人情報を知りたい方はこちらの記事もチェック!

阿部寛の身長体重は?逆サバ疑惑や長身芸能人たちを調査!
セクシーすぎる男性芸能人ランキングトップ25!悩殺エピソードも♡
芸能人の私服特集!おしゃれなのは誰?ダサいのは誰?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ