ラブホに初めて行く?困らないために知るべき利用方法まとめ!

初めてラブホをりようするとき、ラブホのシステムはわかりにくいです。なぜなら、表の料金表には細かく値段設定がしてあったり、入室や退室、精算の仕方がビジネスホテルや旅館とは違ったりします。初めてラブホに行く前には、これらのことを少し調べておきましょう。

ラブホに初めて行く?困らないために知るべき利用方法まとめ!のイメージ

目次

  1. ラブホに初めて行く?
  2. 初めてのラブホ選び
  3. 初めてのラブホ(フロントタイプ)
  4. 初めてのラブホ(モーテルタイプ)
  5. 初めてのラブホはどっち?
  6. 初めてのラブホシステム
  7. 始めのラブホで快適に過ごす
  8. 初めてのラブホ精算(フロントタイプ)
  9. 初めてのラブホ精算(エアシューター)
  10. 初めてのラブホ精算(自動精算機)
  11. 【おわりに】初めてのラブホはスマートに

ラブホに初めて行く?

彼女、彼氏ができたのならば、次の段階に進まなければなりません。特に彼女としてはデートやキスなどは彼氏にリードして欲しいので、タイミングなどは、ある程度は任せるという人が多いようです。うまくデートやキスまでの流れを作ってくれた彼氏は次は付き合ってから初めてのセックスの壁に挑まなければなりません。

若いカップルであれば実家暮らしの人も多いので、ラブホを利用することが多いです。いよいよ初めてのセックスに向けてラブホへ向かうと彼氏がソワソワし出す。初めてのエッチで緊張しているのかと思いきや、ラブホの利用方法がわからなくて困ったことを彼女に告白。

彼氏が彼女にラブホの利用方法を聞くなんてことをすれば、せっかくのムードが壊れてしまいます。また、彼女がラブホの利用方法を知っているとも限りません。このような困ったことにならないように、ラブホの事前知識は持っておくようにしましょう。

初めてのラブホ選び

今ではラブホも凝っています。リーズナブルでシンプルな料金の部屋もあれば、高価な値段で設備が充実している部屋もあります。これらは、ラブホの外観や、表にある料金表の看板などである程度は確認することができます。ですが、始めてラブホを利用するのであれば、場所や部屋の雰囲気などを少しくらいはネットなどで調べておきましょう。

■参考記事:都内でおすすめのラブホは?コチラも参照!

浅草のラブホテルまとめ!定番から穴場までおすすめ11選
東京駅・有楽町付近にラブホテルはない?近場のラブホまとめ

初めてのラブホ(フロントタイプ)


部屋の内装や料金も気になるところですが、初めてラブホを利用するときの意外な落とし穴がラブホの形式です。ラブホにはフロントタイプと、モーテルタイプがあります。フロントタイプであれば、ラブホでなくても、ビジネスホテルや、旅館のフロントと同じです。フロントで従業員に部屋や休憩や宿泊などの利用方法を伝えて部屋の鍵をもらいます。

フロントに部屋のパネルが用意されている場合は、そのパネルから空室状況がわかるようになっています。ラブホによってはパネルのスイッチを押すだけで、あとは勝手に部屋に向かうという場合もあります。何にせよ、フロントに従業員がいるので、わからないことがあれば、聞くことができます。

初めてのラブホ(モーテルタイプ)

問題はモーテルタイプです。日本ではあまり馴染みがないので、何も知らずにモーテルタイプのラブホに入るとうろたえてしまうかもしれません。基本的に1部屋に1台の駐車場が付いています。車を止めた駐車場に対応する部屋にそのまま入室することになります。

入室できる部屋の駐車場には空室の表示がどこかにあるはずです。駐車場のすぐ近くに対応する部屋の入口があるはずです。注意しないといけないのは、駐車場が空いているからといって、空室とは限らないことです。モーテルは基本的に車で来て、そのまま入室できることが特徴ですが、中には徒歩で来る人もいます。また、清掃中や、平日は稼働させていない部屋があったりもします。必ず、車を止める前に空室の表示を確認しましょう。

初めてのラブホはどっち?

フロントタイプとモーテルタイプのラブホにはそれぞれ、その利用方法にメリット、デメリットがあります。フロントタイプは部屋数が多いです。なので、部屋のタイプを考えなければ、たいてい待つことはありません。しかし、部屋数が多いということは、それだけ利用者がいるということです。通路やフロントで他の利用者と出会ってしまうことはよくあります。

モーテルタイプであれば、車からすぐに部屋に入れるので、他の利用者と出会うことがほとんどありません。しかし、車1台に1つの部屋という性質上、部屋数は多くありません。モーテルの中に入ってみたら、全ての駐車場が埋まっていて、そのまま出口へ、ということも少なくありません。セックスの前のホテル選びで躓いてしまうと気分が盛り下がってしまいます。また、徒歩でモーテルタイプへ行き、満室だった場合は待合室は無いところが多いので、困ったことになってしまいます。

初めてのラブホシステム

ラブホの看板には休憩、宿泊、サービスタイムやフリータイムなど細かく料金が書かれているので、初めて見た彼氏は戸惑ってしまうかもしれません。看板にずらっと書かれると、ややこしいですが、言葉にするとそれほど難しいことはありません。

休憩は1時間~数時間の利用時間を決めて、その利用時間によって料金が決まります。カラオケでもお馴染みの形式です。今はフリータイムやサービスタイムを取り入れているところも多く、決められた時間までは料金が一定のラブホもあります。

注意しないといけないのは、ラブホによって多少異なりますが、20:00や21:00を過ぎると、強制的に宿泊しか選べなくなってしまうことがあります。宿泊せずに数時間で退室することもできますが、その場合でも宿泊の料金を支払うことになります。

20:00や21:00など指定の時間を越えて入室しようとすると、自動的に宿泊の料金になります。これもラブホによって変わりますが、10:00や11:00までに退室すればよいです。

注意しなければならないのは、すでに休憩で入っていたときに宿泊の時間に突入してしまった場合や、朝の退室しないといけない時間を越えてしまった場合です。特に夜はセックスが盛り上がってしまうと、ついつい時間を忘れがちになってしまいます。この場合は宿泊料金にプラスで休憩料金などが上乗せされてしまいます。

思っていた料金よりも高くなってしまったと、困ったことにならないよう、宿泊の切り替わるタイミングは確認しておきましょう。

また、ラブホによっては深夜でも休憩で利用できるところもあります。フレックスタイム制と呼ばれるものです。このシステムが一番シンプルで、部屋の滞在時間によって料金が変わります。

始めのラブホで快適に過ごす

彼氏と彼女がラブホで一晩をともにするとなると、おそらくセックスをすることにもなるでしょう。そうなると、いろいろな部分でエチケットを気にしないといけません。お風呂にも入ります。歯も磨きます。喉も乾きます。なので、タオルや歯磨きセット、剃刀やヘアブラシなどのお泊りセットのことを気にするかもしれません。

しかし、ラブホにはたいていの物はそろっています。ラブホのホームページにアメニティや設備についての説明を見れば書いてありますが、本当に何でもそろっています。タオルや歯ブラシ、シャンプーなどの小物から、ポット、電子レンジ、冷蔵庫、テレビにDVD、部屋によってはマッサージチェアなんかもあります。お腹が減ってもラブホで食事を頼むこともできるので困ったことになることはありません。

基本的に手ぶらで大丈夫ですが、どうしても使いたい物や、お菓子や飲み物がいる場合はコンビニなどで買っておきましょう。

初めてのラブホ精算(フロントタイプ)

彼氏と彼女でラブホに行けばセックスをすることでしょう。楽しい時間も終われば、寂しいですが部屋を出ないといけません。このとき、セックスが終わって満足しているからといって、最後まで油断してはいけません。初めてのラブホでは精算の形に種類があるからです。精算方法がわからずに困ったことになることは意外と多いです。

フロントタイプではフロントに電話して、退室の連絡をすることから始まります。すると、フロントで精算の準備を始めてくれるので、退室してフロントへ向かいます。フロントに行けば料金を教えてもらえるので、支払うだけです。顔は見えないように仕切りがしてあるので手元しか見えません。

宿泊のように料金が確定している場合は先払いするときもあります。そのときでも体質の際はフロントに連絡しましょう。

初めてのラブホ精算(エアシューター)

今ではあまり見なくなりましたが、エアシューターという形もあります。部屋とフロントを繋ぐパイプの中にカプセルがあって、そのカプセルにお金を入れてフロントに運んでもらいます。お釣りもカプセルに入って部屋まで戻ってきます。

わざわざフロントに行かなくても、その場でお金のやりとりができます。

初めてのラブホ精算(自動精算機)

エアシューターが減っている代わりに増えているのが自動精算機です。会計ボタンを押せば料金が表示されます。クレジットカードも使えるので便利です。

なにより、従業員も手間が減るのでラブホ側には嬉しい方式なのかもしれません。

【おわりに】初めてのラブホはスマートに

せっかくデートなどで格好良い姿を彼女に見せてきた彼氏でも、ラブホの利用方法がわからず困ったことになってしまっては格好悪いです。初めてラブホを利用するのであれば、少しで良いので利用方法を事前に調べておくべきでしょう。彼女のデートの前にデート先を下調べすることと何も変わりません。

また、せっかく入室が上手くいっても、彼女とのセックスで満足してしまって、退室のときに気を抜かないようにしましょう。まだ精算が残っています。このときに困ったことになってしまう人は意外と多いです。

楽しい恋人関係を続けていくうえでも、ラブホという場所は重要な場所になります。これからも楽しく恋人でいるために、ラブホの使い方をしっかり確認しておきましょう。

ラブホデートについてもっと情報を知りたいアナタに!

ラブホデートのマナー9選!過ごし方・誘い方などのたしなみ解説
ラブホでセックスする時の7つの注意点!これだけ守って楽しもう
ラブホテルの使い方まとめ!今さら聞けない利用方法と全手順!
ホテルへの誘い方11選!自然に女性をラブホテルに連れ込む方法とは

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ