死後の世界はあるの?死んだらどうなる?存在や体験談など!

死後の世界はあるの?死んだら私たちはどうなってしまうの?なんとなく不安になってしまいますよね。今回はそんな死後の世界に関する体験談や科学的な論説について様々ご紹介していきます。死後の世界を見た人のはなし、聞いてみませんか?

死後の世界はあるの?死んだらどうなる?存在や体験談など!のイメージ

目次

  1. 死後の世界はあるの?科学的立証や体験談をご紹介
  2. 死後の世界を見た人の体験談続出!
  3. 死後の世界の体験談(1)脳外科医が見た死後の世界
  4. 死後の世界の体験談(2)前世を見たという少女
  5. 死後の世界の体験談(3)自殺したその先は…
  6. 死後の世界の体験談(4)気がついたら駅に
  7. 死後の世界の体験談(5)死んだはずの家族が…
  8. 死後の世界の体験談(6)花畑や川を見た
  9. 死後の世界の体験談(7)光に包まれて転生する
  10. 死後の世界の体験談(8)知らないはずの親の姿
  11. 死後の世界の体験談(9)上へ昇ること
  12. 死後の世界の体験談(10)幸せな死を迎えたら
  13. 死後の世界はない!?科学的に結論付けた論説をご紹介
  14. 死後の世界の科学的立証(1)量子力学の観点から
  15. 死後の世界の科学的立証(2)物理学から見ても死後の世界はない
  16. 死後の世界の科学的立証(3)死後の世界を信じるかはお国柄?
  17. 死後の世界の科学的立証(4)脳科学的に走馬灯は存在する?
  18. 死後の世界の科学的立証(5)脳科学的に見る死後の世界の存在
  19. 死後の世界の科学的立証(6)量子論により死後の世界はある!?
  20. 死後の世界はある?ない?信じるかはあなた次第!

死後の世界はあるの?科学的立証や体験談をご紹介

死後の世界はある?ない?あなたはどう思いますか?死後の世界を見た事があるという体験談や天国や地獄に関する逸話など、様々ありますよね。今回はそんな死後の世界にまつわる雑学や見た人による体験談、また死後の世界に関する科学的な立証や論説まで様々ご紹介いたします。死後の世界、わからないからこそとても興味を惹かれてしまいますよね。雑学としてもとても注目の死後の世界についてです。

死後の世界、とりわけ人の死については科学的にも医学的にもまだまだ解明されていないことは多いです。なので、科学的にも死後の世界について肯定する意見も実は多いことをご存知でしょうか?学問によっても見解が全く異なるというところが面白いですね。

死後の世界を見た人の体験談続出!

実は、死後の世界を見た人による体験談は様々あります。「臨死体験」という、病や事故などで死の淵を彷徨った際に死後の世界を垣間見た人、夢の中で死後の世界を見た人など、死後の世界を体験するその方法は様々ですが、自然とその意見は一致している事が多いです。こちらではまずそんな死後の世界を見た人の体験談についてご紹介いたします。また、死後の世界はどんなもの?どんな景色で、どんな人がいるんだろう?そういった死後の世界がどんなところかについても体験談と合わせて見ていきましょう。

死後の世界の体験談(1)脳外科医が見た死後の世界

死後の世界を見た人がなんと脳外科医。こちらの体験談はテレビでも紹介されるほど有名ですが、知っておきたいとても真実味のある体験談です。この話は脳科学の学者たちの間でも大きな話題となり、様々な学者が意見を出しています。

Aさん(仮名)は、脳神経外科医で、人体や人の脳についての研究を行っていました。もちろん、Aさんは科学的な観点から死後の世界というものを否定してきました。

ですが、Aさんは病に倒れ、一時期は重篤な症状に侵されて死の淵をさまよいました。彼が奇跡的に目を覚ました時、死後の世界を見たと口にしたのです。

彼によると、死後の世界とは脳から乖離した自分の意識が、現実とは異なる異世界を彷徨うというもの。彼が見た世界には、綺麗な女性がいたということ。その周りには雲や空が広がっていたそうです。

夢よりもずっとリアリティがあり、ですが現実とはかけ離れた世界。それを体験したことで、Aさんは死後の世界はあると一転意見を変えたそうです。夢の中のことにしては、しっかりと記憶があって、妙にリアリティがありますよね。

死後の世界の体験談(2)前世を見たという少女

こちらは巨大掲示板サイトに上がった少女が語った死後の世界、また前世を見たという体験談。

彼女の前世は人間、日本の昭和を生きていたそうです。前世では最期にトラックとの衝突事故での即死だったそうです。その時、体から魂が引き抜かれるような、そんな浮遊感を感じてふわふわと幽体離脱をしたそうです。

彼女曰く、天国や地獄と言った概念は存在せず、そのまま霊体として人間界、現実を彷徨ったそうです。天国や地獄はないという概念はとても驚きです。そのあと、自分のお葬式の様子などを見たそうです。それからしばらく彷徨って、ついに自分の49日が訪れました。

そのあと、死後の世界というものを見たそうです。死後の世界は天国や地獄ではなく、人間界のように死者が生活している空間だそうで、見た人も多いそうです。そこで死後の世界の人間?に、人間界に行くように告げられ、今の少女となって生まれたというものでした。

死後の世界の体験談(3)自殺したその先は…

自殺未遂をして生死の淵を彷徨った方にも死後の世界を見た人がいます。こちらはその某掲示板サイトでの体験談です。

首吊り自殺をしたら、そこには真っ暗で何もない世界が広がっていた。そこは地獄でも天国でもなく、ただただ何もない空間。地獄の逸話でも、自殺をしたらその人は天国にも地獄にもいかず、ただ永遠に真っ暗な世界でい続けなければならないというものがあります。

完全に真っ暗な世界で、だんだん目が慣れてくると、そこには若い男女がたくさん、無表情で佇んでいた。見た人はみんな無表情で、その人たちもまた同じように自殺をしてこの空間にきたということらしい。真っ暗な空間はまるでブラックホールで、無限に続いていたそうです。

そこで自殺をしたという体験者は死の淵から脱出し、現実に戻ってきたそうです。死後の世界、とりわけ自殺をしたあとの真っ暗闇を見た人は、もう二度と自殺をしないと口を揃えて言っている人ばかり。それが夢かどうかは定かではありませんが、雑学でもそういった話題が多いです。

死後の世界の体験談(4)気がついたら駅に

こちらも臨死体験をした時に死後の世界?を見た人の体験談。

病いで倒れた時に、気がついたら駅にいたそうです。それも、見たこともない、どこの駅だかわからない駅。あたりを見回してみると、ちらほらと人がいて、その人たちも電車を待っているようでした。

みんなが電車を待っているというこの状況は、自分の魂が死後の世界へと向かうための順番待ちということだと、意識が戻ってから気がついたそうです。夢のような話ですが、他にも臨死体験をした際に駅で電車を待っているという夢を見た方がいます。

その電車に乗ってしまえば、もう死後の世界。天国や地獄が待っているということでしょうか。夢のような雑学ですが、実際に夢占いでも駅という言葉は生死とも大きく密接してきます。そのまま電車に乗っていたら、見た人はいったいどうなっていたのでしょうか。

死後の世界の体験談(5)死んだはずの家族が…

死んだ瞬間、現実とは異なる空や海などの場所で、死んだはずの家族に会ったという方もいます。実はこの体験談はとても多くて、もう死んだはずの人間を見た人は、そこが死後の世界であったという可能性が高いんです。

雑学や逸話でも、死に直面すると、死んだはずの人間が見えたり、現実の世界へ帰る後押しをしてくれたりしますよね。果たしてそれは生死の淵を彷徨っている時に見る夢だったのでしょうか?覚えているということは、妙にリアリティのある夢ですね。

死んだはずの人間を見た人は臨死体験をしたという人にも多く、雑学でもかなり多く聞く話です。つまり、そこは死後の世界。あなたは死んだ家族や大切な人たちに会うことができたということでしょう。

死後の世界の体験談(6)花畑や川を見た

こちらも死の淵を彷徨ったという方の体験談。「花畑」は天国や楽園を想像できますよね。そういった綺麗な花畑や、そばに小川が流れているという綺麗な景色を見たという方も多いです。また、綺麗な花畑に、死んだはずの大切な人を見たという体験談もあります。

雑学でも川というものは死後の世界、また生死を分かつひとつの仕切りとしてとても有名です。「三途の川」という言葉があるように、その川を渡ると死後の世界へ行くという雑学はとてもよく聞きます。それを実際に見たという方が多く、妙にリアリティがあり、夢とも言い切れないのが現実です。

また、死後の世界を描いた作品でも川や花畑は数多く登場しています。体験談も多いことから、花畑や川は死後の世界と密接に関係していることが伺えます。死後の世界は実際にあると考えている方にとっては、天国だと錯覚してしまう方もいます。

死後の世界の体験談(7)光に包まれて転生する

また、死んで霊体となった瞬間、光に包まれて死後の世界へ行く、または生まれ変わるという証言も多いです。死後の世界を見たことがある人、またはあると証言する人の中には死後の世界への入り口は光であると言う方が多いです。

光が放たれている場所があり、そこに歩いていくことで、死後の世界へと歩むという意味が強いそうで、死後の世界を見たという方は直感的にそこに向かうことで天国に行けると証言する方もいます。また、雑学としても光、後光は神聖な意味合いを持ちますよね。

そんな光に包まれることで、死後の世界へ行く、転生する、など様々な意見がありますが、真相は闇の中。ですが、雑学や逸話でも、天国や死後の世界への入り口や輪廻転生の入り口として、光があるという話はとても多いです。

死後の世界の体験談(8)知らないはずの親の姿

海外のある少年が、交通事故に遭った際に死後の世界を見たそうです。その少年によると、死後の世界で川を渡り、花畑にたどり着いたそうですが、そこに1人の男性の姿がありました。その男性は、自分の名前を言い当てて、すぐに帰るように促されたということ。

その男性の容姿や声、話し方を聞くうちに、それが少年が生まれた時にはもう死んでいたはずの、少年の祖父のものだったそうです。母親は驚いて少年の祖父の古い写真を見せたところ、少年は「この人だ」と言いました。

会ったことも見たこともないはずの祖父の姿を言い当てた少年は、死後の世界を見たということでしょうか。これには少年の母親も驚いたそうです。やはり死後の世界はあるということなのでしょうか。少年は死後の世界で祖父に助けられたということでしょうか。

死後の世界の体験談(9)上へ昇ること

また、幽体離脱をするという死後の世界を見た人の証言では、天国や地獄の概念が存在するという証言も。

こちらは事故にあって生死の淵を彷徨った方の証言で、死んだと思った瞬間に体からふわっと幽体離脱をしたそうです。しばらく自分の姿を眺めてから、取り憑かれたように上へと登って行ったそうです。

そのまま空の上へ上へと登って行って、よく見るとそこは現実の空の色ではなく、ピンクや黄色、オレンジなど綺麗な、けれど現実味のない色をしていたそうです。すると、気がついたら周りにも同じようにひたすらに登っていく人がいて、その人も死者なのだと直感的に思ったそうです。

すると、そのまま吸い込まれるように同じように上へ登っていく人が空に消えていきます。低い位置で吸い込まれると地獄、高ければ高いほど天国、楽園に近いところに行けるという考え方だそうです。

死後の世界の体験談(10)幸せな死を迎えたら

また、寿命などで幸せな死を迎えたら、その先は天国であるというこちらも天国や地獄の概念がある体験談。その方の証言では、幸せな死を迎えれば、あとは楽園が待っているそうです。

自分の容姿も食べたいものも欲しいものも自由自在。死後の世界、とりわけ「天国」ではそういった何もかもが許される世界を楽しむことができるそうです。

これは仏教における極楽浄土の考え方にも関わってきますよね。雑学として仏教や天国に関する逸話というのも、大きく関わってきます。ですが、その人曰く、楽しい天国の世界にはやがて飽きてくるそうです。そして、飽きたら輪廻転生してまた人や動物として生まれ変わるということです。

また、望みがおおよそ叶う天国では、望めば人間ではなく誰かの守護霊など、人間ではないものに生まれ変わりたい、転生したいという意思も叶うそうです。雑学として、守護霊などを司ることで大きなパワーを受け取ることができます。そういったパワーは、この考え方だと良い行いをしてきた人の魂が宿っているということになりますね。

死後の世界はない!?科学的に結論付けた論説をご紹介

ここまで死後の世界に関する雑学や天国や地獄に関することの体験談などをご紹介してきました。でも、実際に死後の世界、天国や地獄はない!ただの夢や妄想だろう!という現実主義者な方も。こちらではそんな死後の世界、天国や地獄についての科学的な存在の有無の立証を発表した科学者の方やその理論についてご紹介いたします。科学的に立証されると、なんだか納得してしまいますよね。物理学や量子力学、また脳科学など、人の死や世界の心理についてを追求する様々な学問から見た観点は様々で、とても面白いです。

死後の世界の科学的立証(1)量子力学の観点から

ホーキング博士という名前をご存知の方も多いのではないでしょうか?量子力学の第一人者で、一時期彼の発言が量子力学の世界を超えて話題になりました。それは、「死後の世界はない。死んだら無になる。」というもの。科学的に、また現実的に考えればそう考える方も多いですよね。また、ホーキング博士の話でもう一つ話題に上がった言葉があるんです。

「人間の脳はコンピューターと同じ。脳がその機能を失えば人間の意識もなくなる」というもの。確かに、人間の脳のその機能が停止してしまえば、考えることも感じることもできなくなってしまいますよね。その先にあるのは何も感じられない、なにも考えることができない世界。つまり、死後の世界は無いという結論になりますよね。

死後の世界の科学的立証(2)物理学から見ても死後の世界はない

また、物理学の観点から見ても、死後の世界はないと断定する論説があります。人が何かを感じる時、何かを考える時、神経から脳へ、また脳の中で電子による電気信号が発生します。これが脳の中を流れることで、各部位への神経伝達を行い、人間は何かを感じ、考え、そして行動することができます。つまり、人が何かを考えたり感じたりするためにはこの電子という存在が必要になってくるということです。

電子はごく微量、原子レベルの微量な存在ですが、確かに質量として存在します。その電子が、死亡した人間の脳や神経から離れることはありません。死んだ人間の体の中に電子は依然存在するので、魂や意識が体から離れて、霊体として考え、感じることのできる雑学や噂に聞く「幽霊」という存在になることはありえないという見解です。確かに、そう言われてみれば納得してしまいますよね。

死後の世界の科学的立証(3)死後の世界を信じるかはお国柄?

死後の世界の存在は様々な科学分野で提唱されてきましたが、あらゆる分野で死後の世界を考えるにしろ、雑学として知っておきたいのがその国のお国柄。死後の世界の存在を肯定しているキリスト教。キリスト教信者は多いはずですが、なんと日本ではその人口は1%未満。90%を超える国もある中この数字は珍しく、またキリスト教信者の数が多ければ多いほど、科学者も死後の世界を肯定する結論を導き出す方が多いんです。

逆に言えば、日本は死後の世界を否定する傾向にあります。それにより死後の世界はない、と結論付ける方も多いです。同じ学問でも死後の世界はある、死後の世界はない、と正反対な結論を出すというのは、そこに人の価値観や宗教的、オカルト的価値観が含まれていることも多く、死後の世界の存在を誰もあるともないとも確証を得られない、つまり信じるか信じないかはあなた次第、ということになりますね。

死後の世界の科学的立証(4)脳科学的に走馬灯は存在する?

また、先ほど死後の世界の体験談にて知らないはずの祖父の特徴を言い当てたというものがありました。実はこれ、死後の世界ではないという脳科学的な学説があります。脳科学的に、人は死を意識すると、また脳の機能が死に近づいていくと、自分では忘れているつもりだった記憶も全て、あなたの脳内に呼び起こされます。子供の頃から今に至るまでの様々な鮮明な記憶が呼び起こされるのです。

その際に、例えば母親や親類が話す祖父の姿や特徴について耳にしていたのかもしれません。それが偶然鮮明な記憶として脳に呼び起こされ、それと同時に脳は眠っている状態。夢の中に祖父の姿が映し出されていたのかもしれません。そういった観点から、走馬灯、また死んだはずの人間が現れることは死後の世界に自分がいるということではないと結論付けています。

死後の世界の科学的立証(5)脳科学的に見る死後の世界の存在

脳科学の分野では、時折死後の世界の存在を科学的に立証する論説が浮かび上がります。それは、脳の働きによるもの。「臨床死」といって、人の死後についての研究をする医学分野において、時折一度心臓が止まるなど死に近い状態になってから、生き返る、身体機能が復活するという方がいます。そういった方が口を揃えて死後の世界、天国や地獄についてを口にするというものは先ほどもご紹介いたしました。

人の脳は心臓が止まっても、呼吸が止まっても、科学的にはかなり長い間活動が続いています。私たちは生きていても死後の世界、天国や地獄について想像したり、その存在を信じたりしますよね。そういった想像はあなたの固定観念に強く結びつき、一般的に見る「夢」という形で死後の世界を見ます。脳科学、心理学の観点から見て、その死んだ時に見る夢を死後の世界として結びつけることができます。

死後の世界の科学的立証(6)量子論により死後の世界はある!?

なんと科学的に死後の世界はあると結論付けた科学者もいるんです。量子力学、とりわけ量子論の第一人者の方がそう発表したということが当時話題になりました。量子論の中には「生命中心主義」という、いまだ多くが謎に包まれている宇宙の心理を生命という観点から解明しようとする考え方により、身体機能、つまり体や脳の働きと生命、魂は別物であるという考え方があります。

つまり、量子論的な観点で話を進めると、肉体や脳の働きと生命や魂の活動は異なるものなので、たとえ肉体が死んでしまっても生命や魂そのものは存在し、それが霊体となって肉体から離れていく場所が、死後の世界であるという仮説があるんです。量子力学の中でも有名な「二重スリット実験」という、物質の状態の矛盾というものを考えれば、死後の世界というものの存在は理解しやすいと仰っています。「シュレディンガーの猫」の実験といえば知っている方も多いのではないでしょうか?

死後の世界はある?ない?信じるかはあなた次第!

いかがでしたか?

今回は死後の世界に関する体験談や、科学的な学説についてご紹介いたしました。死後の世界はある?ない?それは誰にもわからないですよね。科学は日々進歩していく中、いまだ解明されていない死後の世界について。それがあるかないかは、実際に死んでみないとわかりません。あなたは死後の世界を信じますか?それとも信じませんか?

また、雑学や噂話としても死後の世界は話題に上がりやすいですよね。死後の世界はただの夢や妄想なのでは?でも、もし本当にあったとしたら。そう考えて仲間内で話すだけでもとても楽しいです。そんな死後の世界に関する話をして、今生きている世界を楽しみましょう。

もっと死に関する情報について知りたいあなたへ!

死後の世界はない?ある?根拠や体験談など!
死期が近い人の特徴15選!行動/接し方/夢/手相など
生命線が短いと早死にする?長生きできないの?【手相解説】
【夢占い】自分が死ぬ夢の意味7選!自分が死んだ夢は吉夢だった?

関連するまとめ

hinacco
hinacco
恋も趣味もおしゃれも、全部充実させたい欲張り女子。おしゃれになりたい人、恋を実らせたい人の為に、有用な情報をお届けします♪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ