【男友達】仲良く遊ぶけど彼氏とは別!恋愛に発展させたくないときの注意点

男友達は女の子にとって特別な存在です。彼氏ではないから常に自然体でなんても言い合える仲。女友達とは考え方も違うため、とてもありがたい存在なのですが、恋愛感情が混じってしまい、友情関係が壊れてしまうという話もよく聞く話です。ここでは男友達とずっと良い関係を築くためにできることを解説します。

【男友達】仲良く遊ぶけど彼氏とは別!恋愛に発展させたくないときの注意点のイメージ

目次

  1. 男女の友情って存在するの?
  2. 仲良く遊べる友達でいましょ。男友達を勘違いさせないテクニック
  3. 男友達と2人で遊びに行ってはいけないスポットは?
  4. 男友達と2人で遊ぶおすすめのプラン
  5. もし男友達に告白されたら…?
  6. 男友達と良い関係を続けよう

男女の友情って存在するの?

女の子の友達ももちろん大切だけど、男の子の友達も欲しいとは思いませんか?

恋愛を抜きにして本当に友達といて付き合える男性がいれば男の子の意見も聞けるし、女同士の変なしがらみもなくて気楽なイメージですよね?

でも問題は「男女間の純粋な友情が存在するか?」ってことです。

男と女でも友達になれる

男と女でも友達になれるのであれば、ぜひともお願いしたいところですが、男女間の友情なんてない!と言い放つ人もいますよね?
一方、「男女間の友情は成立する!」という人もいます。

結局は人それぞれというわけなのですが、男女間の友情が成立するという人がいるのだから男友達も作ろうと思えば、ちゃんと作れるはずなのです。
メリットが多い男友達だから、持てるものなら持つにこしたことはないのです。

▼関連記事:男女間の友情について男性意見はこちら!

男女の友情はある?成立しない?男の心理や本音を徹底調査!

男友達は大切な相談相手

男友達は女性にとって大切な相談相手です。
男女平等とはいえやっぱり男と女は違います。それは外見や体力的なことだけではなく感じ方や物の捉え方まで全く違うのです。

恋の相談も男の立場からアドバイスは的確、洋服のコーデだって似合わないときは気を遣わず「似合ってないよ」と言ってくれます。女友達ではこうはいきません。

ありのままのあなたを受け入れてくれる存在

男友達はあなたをありのまま受け入れてくれる貴重な存在です。
好きな人や彼氏と一緒にいるときはよく見られたいという思いからおしゃれに気を使ったり、言動にちょっぴり気を付けたりしますよね。

男友達はそんな気を使う必要がありません。別にあなたが「かわいいから」友達になっているわけではないので、そのままの自然体で友達として大切にしてくれるのです。

別にあなたのだらしない姿を見たからって友達をやめる理由にはなりません。その点、一緒につきあっていてとても気が楽ですよね。

男性心理:友達から恋愛関係になりうる?

でも気になるのは「友達から恋愛関係になりうるのか」という問題です。友達として仲良くしているうちに恋愛感情が芽生えたりしないものでしょうか?

「YES」の意見:友達から恋愛関係になりうる

友達から恋愛関係になるうると答える男性の意見は様々ですが、女性の友達がいつもと違う表情を見せた時にドキっとするギャップ萌えから好きになるケースがあります。

また友達だと思っていてもお互い恋人がいない状態なら何が起こってもおかしくないと思うという意見もあります。

基本的に「YES」の意見の男性は友達とはいえ、女性だと思いながら友人関係を保っている人が多いようです。

「NO」の意見:友達から恋愛関係になることはない

友達から恋愛関係にはならないという「NO」の意見の男性ももちろんいます。

「NO」の意見の男性は女友達の事をあまり女性だと意識せずにつきあう傾向があるようです。もはや性別を超えているのでどれだけ一緒にいても女だと思っていません。

またいい子だけどタイプじゃないから友達でいるという場合もあります。この場合、そもそもタイプでないので恋愛感情は生まれないというわけです。

告白されて、友情関係が終わってしまう

友達から恋愛関係に発展することがあるという男性がいるように、友達だと思っていても、ある日突然告白されて友達関係が終わってしまうケースもあります。

異性の友達関係は絶妙なバランスで成り立っています。お互いに同じ質量の気持ちでいることは絶対条件で、どちらかの気持ちが大きくなると友情関係は成り立ちません。

女の子側は全くの友達だと思っていても突然男友達から告白されるとびっくりして今後どうやって付き合ったらいいのか分からなくなるでしょう。

どんなに仲が良い友達だったとしても、どちらか一方に「好き」という気持ちが芽生えると友情関係を保っていくのはとても難しくなります。

▼関連記事:友達でも恋人でもない男女の関係についてはこちら!

恋人ではない。でも友達でもない。男女の関係って?

仲良く遊べる友達でいましょ。男友達を勘違いさせないテクニック

男友達は欲しいけれど、恋愛感情が芽生えてしまい、せっかくの友情が消えてしまうのは寂しいことです。とはいえ人の気持ちをコントロールすることはできません。

友達だと思っていても相手の男性に気持ちが芽生えれば、もうそこから引き返すことはできません。ではどうしたらよいのか?男性と良好な友達関係を継続するにはちょっとしたコツがあります。

要するにこちらを女性として意識させないようにするのが一番良いのですが、具体的にはどんなことに気を付けていればよいのか紹介していきます。

ボディタッチしすぎない

男の子と友達関係をキープしていきたいなら、まずボディタッチを最小限にとどめておくことが大切です。

女性の中にはボディタッチが無意識に多い人もいます。そしてボディタッチが多い女性は男性を勘違いさせやすいタイプとも言えます。

ボディタッチが多いと、男性は「この子自分のことが好きなのかな?」と勘違いしてしまうのです。またボディタッチをすると距離が近くなります。

また、あまり近い距離感でいると、女性らしい香りや女性特有の肌の柔らかさなど、どうしても男性が女性として意識してしまいがちです。

友達関係を保ちたいなら勘違いされないのが大原則ですから、ボディタッチはほどほどにしておきましょう。

家に誘われても行かない

男友達に「家においでよ」と言われて、「誘われてる」と思わず、気軽に家に遊びに行く人も多いでしょう。

家に遊びに行ったからといって、すぐに恋愛感情が芽生えるわけではありませんが、男性のプライベート空間に入り込むということはそれだけ心を許している証拠です。

そして二人きりでプライベート空間にいると、どうしても勘違いだって起きてしまいます。何かの拍子で女性の仕草にドキっとすることもあるかもしれません。

基本的に男友達から家に誘われても一人の時は断るのが安全策。複数の友達同士でワイワイ遊ぶ以外は、誘われても家にお邪魔しない方がずっと長く友達でいられます。

コーデはがんばりすぎないのが◎

友達とはいえ女友達だとやっぱりある程度おしゃれをして出かけますよね。友達とはいえ同性ですからなんとなく負けたくないというか、友達より手は抜きたくないという気持ちがどこかにあります。

一緒におしゃれして出かけたいっていう気持ちもありますよね?でも男友達ならおしゃれは逆にNGです。

一緒に出掛けるからとはいえあまりおしゃれして「女の子」っぽくしてしまうとうっかり「かわいいな」なんて思われてしまいます!

かわいいと思われるのは嬉しいですが、男友達がかわいいと思ってしまったら、それはもう女性として意識しているということです。友情が壊れるきっかけになってしまう可能性もあります。

そのため、男性から「かわいい」と思われるような恰好はおすすめしません。おしゃれが好き!という女の子でも男友達と遊ぶときは少し手抜きコーデやカジュアルなスタイルでいくのが正解です。

クリスマスやバレンタインはノータッチ!

一緒に過ごしてくれる彼氏がいない場合、クリスマスやバレンタインは女友達を誘って遊びに行く!という人も多いと思います。

「彼氏欲しい!」とか愚痴を言いあいながら恋人イベントを笑い飛ばすのです。けれど同じ感覚で男友達と過ごすのはちょっぴり危険です。

クリスマスやバレンタインは恋人のイベントの日ですから、2人でお出かけしたらまるでデートのように錯覚してしまいます。うっかり勘違いしてしまうようなシチュエーションを自ら作る必要はありません。

恋人イベントに一人でいたくないのなら誘うべき相手は「女友達」。「男友達」には声かけしないようにしましょう。たとえ慰めあう会だとしても、です。

男友達と2人で遊びに行ってはいけないスポットは?

男友達と一緒にいるときにしないほうがよい行動を紹介しましたが、仕草や言動以外にも2人で行かないほうが良い場所もあります。

男友達と遊ぶときに避けてほしい場所は、なんとなく頭に入れておきましょう。

二人で会うときは、まず場所選びが大事!

男友達と遊ぶとき、「友達なんだし、別にデートじゃないんだから行く場所なんて全く気を使う必要ない。だから気が楽!」なんて思っていませんか?

確かにそういった意味では気をつかう必要はありませんが、違う意味でちょっぴり気をつかう必要があります。

人間ってその場の雰囲気に流されてしまうことがありますよね?何とも思っていなくてもその場の雰囲気のせいで普段では考えられない行動をしてしまうのも人間の性です。

だから男友達と2人で遊ぶときに不必要な勘違いを避けるためにも、行く場所を気にする必要があるのです。

カップルの多いデートスポットは避けて

一番避けてほしいのはカップルの多いデートスポットです。

デートスポットっておしゃれスポットでもあるので、行きたい場所でもあるんですよね。彼氏がいないから男友達に付き合ってもらおう!なんて人もいますが、できればやめた方が無難です。

やっぱりカップルが多い場所は雰囲気の良いところが多く、ムードがあってドキドキしてしまうような仕掛けがたくさんあります。

例えば夜景スポットは人気のデートスポットです。でも暗くてロマンチックな場所に2人でいると、いつもとは違う気持ちが生まれることがあります。

またカップルが多い場所だと、周りは手をつないだり肩を組んだり、キスするカップルもいます。そんな中、友達とはいえ男性と2人でいると異性として意識してしまうのは仕方のないこと。

友達でいたいのなら、異性を意識してしまう場所にはいかない方がいいですよね。

男友達との旅行はキケン。関係を見極めてから決めましょう

男友達との旅行はおすすめできません。いくら友達とはいえ事故が起きないとは限りません。しかも、にわかの友達ならなおさらです。

旅行に行くと、2人でずっと一緒に行動して、お風呂に入って、宿泊施設に泊まるわけです。別々の部屋だからいいじゃない?と思うかもしれません。

でも宿泊先でお酒を飲んだり、お風呂上がりの無防備な姿を見ることで、女性だと意識される危険性が高く、男性の下心を刺激するかもしれません。

二人の距離が近くなりすぎるドライブ

ドライブも男友達となら避けた方がよいでしょう。ドライブは密室空間の中に2人きりになります。距離感が近く、勘違いが起きやすい環境です。

ちょこっと近くまで乗せていって、というのなら話は別ですが、「ドライブに行く」というのは複数ならまだしも、2人きりとなると恋愛感情が生まれがち。

ドライブデートという言葉があるようにドライブは恋人同士が好むデートパターンです。友達とわざわざデートまがいのことをしても良いことはあまりありません。

おしゃれなカフェ/バーは、間違いが起きやすい

おしゃれなカフェやバーは勘違いが起きやすいのでここも注意です!

おしゃれなカフェやバーって照明が工夫されていたりインテリアが凝っていて、とても居心地がよい場所ですよね。でも、この居心地の良さが注意したほうがよいポイントなのです。

特に照明が落としてあるところだと、自然と2人の距離が近くなります。ふとした瞬間にドキっとするケースが多発してしまうかもしれません。

またおしゃれな空間に酔って、さらにお酒が入ると、友達だと思っていてもお互いにその場の空気に流されることもあるのです。

間違いが起きてから後悔しても遅いので、おしゃれなカフェ/バーは避けるようにするのが安全策です。

隣同士に座るカップルシートは避けよう

お店によってはカップルシートしかないところがあります。フラっと入ってみてカップルシートしかないのは仕方がありませんが、事前に調べてカップルシートしかない場所は行かないようにしましょう。

カップルシートって公園のベンチとは違い、シートが若干狭くて2人がくっついて座れるようになっています。

彼氏とデートしているのならむしろお願いしたいくらいのカップルシートですが、友達ならなんの意味もありません。

膝がくっつくようなカップルシートに座ってドキっとされてはたまりません。友達でいたいならカップルシートは避ける方が無難です。

男友達と2人で遊ぶおすすめのプラン

前項では男友達に勘違いを起こさせないように、あまりおすすめできない場所を紹介しました。ではどんな場所なら誤解を招くことなく純粋に楽しく遊べるのでしょうか?

男友達とは、どこに遊びに行けばいいの?

男友達と遊びに行く場所は、2人で出かけてもデートっぽくならず友達として気取らずに遊べる場所がベストです。

また、ご飯を食べに行くとしても個室のように密室空間で2人きりにならない場所を選びます。基本的には付き合いたての彼氏と遊びに行きたい場所はスルーすればOKです。

では具体的にどんな場所があるのかみていきましょう。

下町散歩でまったり散歩

散歩...というと彼氏と一緒に散歩も楽しいですが、彼氏と散歩する場合、河川敷や公園など雰囲気がよくてゆっくりと会話が楽しめる場所。要するに「2人の時間」を楽しめる場所を選びます。

でも男友達との散歩ならあえて河川敷のようなゆっくりとした場所ではなく、下町散策などネタ探しのような散歩がピッタリ。

例えば彼氏と下町散歩に出かけたら、かわいい雑貨屋さんを覗いたりおしゃれなカフェでくつろいだりしますが、友達なら買い食い散歩など、彼氏とだとちょっと恥ずかしくてできないような散歩がおすすめです。

アクション/コメディ系のエンタメ映画を見に行く

映画館はデートスポットでもありますが、映画のジャンルによっては男友達と2人でも大丈夫です。

彼氏となら感動大作を見てかわいく感動している自分をアピールするのもよし、ロマンチックな恋愛映画を見て2人で気分を盛り上げるのもよし。

でもアクションやコメディなら男友達とでも気にしないで大丈夫。大きな口を開けて笑って時には2人で突っ込んで、映画の後も「やばかったよね」と笑いながら終始楽しく過ごせます。

美術館/博物館でそれぞれに楽しむ時間を過ごす

美術館や博物館は静かで2人の時間を作りやすい場所。そして同じ趣味の彼氏と行けば知的な自分をアピールすることもできてポイント稼ぎにもなるデートスポットです。

でも決定的に違うのはその過ごし方。彼氏と行けば2人でまったりと館内をめぐりますが、男友達と行くなら2人とも興味がある前提ですから館内は好きなようにそれぞれ見てまわりましょう。

ここは気を遣う必要ナシ。だって友達ですから。最初は一緒にみても良いのですが見るペースはお互い合わせる必要がないのでズレ始めたら1時間後にエントランスで落ち合おうなんて決めておけば大丈夫です。

気の置けない仲間として行けるとまた次も一緒に行きたくなります。しかも誤解される心配もありません。

バッティングセンター/ボーリングで体を動かす

アクティブ系ならバッティングセンターやボーリングで一緒に体を動かすのも爽快です。バットを振ってかわいく「できなーい」というのは彼氏向き。

ぶんぶんバットを振り回してガチでストレスを発散させるのが友達向き。ボーリングも同じです。他愛ない会話しながらガンガンストライクを狙って楽しみましょう。

意外と悩みを聞いてもらえる場所でもあるので体を動かしながら「聞いて!」とカジュアルに相談するのもおすすめです。

おしゃれじゃない居酒屋で気張らずに呑む

男友達とサシ飲みするならバーやレストランバーのように照明がおしゃれで周りにデート中のカップルがいそうな場所ではなく居酒屋がベストです。

男性側も赤ちょうちんに気軽に連れていける女友達は一緒にいて気が楽です。周りを見渡せばいいムードになるどころか酔っ払いのおじさまたちばかり。

そんなところならうっかり変な気分も起こさないのでおすすめです。

もし男友達に告白されたら…?

いくら自分で「友達」という予防線を張っていても男友達の気持ちが徐々に恋に変わっていくことももちろん考えられます。

もしくは女性側に気持ちがないことが分かっているから好きな気持ちを押さえて友達として付き合っていたというケースも考えられます。

では友達だと思っていた人から告白された場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

まずはじっくり考えること

男友達から告白されたら、すぐに断るのもOKするのも考えものです。

その男友達はあなたにとってどんな存在なのでしょう?絶対に失いたくない存在?もしかしたら好きになる可能性を秘めている?それとも友達以上の感情は絶対におきそうにない?

ずっと友達と思って付き合ってきた人を急に男性として見てくれと言われても戸惑うばかりです。だからこそいったん自分の気持ちを整理する時間を持ちましょう。

性急に結論を出すのは今までよい友達として付き合っていた男性に対しても失礼です。大切な存在だからこそ、きちんと真摯に彼の気持ちに向き合って自分の気持ちに正直になることが大切です。

もし付き合えなくても、男友達を失いたくない

自分の気持ちと相手の気持ちに真摯に向き合った結果、やっぱり相手の気持ちには答えられないとき、男性はもちろん女性側も傷つくことになります。

それは大切な友達を傷つけてしまうという苦しみです。今まで大切な良い友達だからこそ、気持ちに応えられないのはつらいものです。ましては友達を傷つけるのは自分だという状況。

でも恋人になれないからといって友達を失うのは悲しいですよね。付き合えないとしても友達関係を続けたいと思うのはワガママに聞こえるかもしれませんが自然なことです。

好意に対して、悲しんだり怒ってりしてはダメ

このまま友達関係を崩さずに付き合っていきたいのであれば、彼の気持ちに対して怒ったり泣いて悲しんだりするのはやめましょう。

「好きでも言ってほしくなかった」
「友達として楽しかったのにぶち壊しにされた」

なんて言ってしまう女性がいますが、友達の立場にすれば告白するまでにずいぶん悩んだ挙句の告白なのです。断わる以上に傷つける必要はありません。

一時の感情をぶつけてしまうとせっかくの友情もガラスのコップのように簡単に壊れてしまいます。彼の気持ちは友達だからこそきちんと受け取ってあげることが大切です。

自分の気持ちははっきりと伝える

一番失礼なのは、付き合う気もないのに断りにくいという理由だけでズルズルと彼の気持ちをもてあそぶような行為です。

まっすぐにぶつかってきてくれた友達だからこそ、「大好きだけど友達以上の感情はもてない」とはっきりと素直な気持ちを伝えましょう。

そのうえで友達として今までのように付き合いたいけれど、距離を置きたいなら理解すると伝えましょう。振っておきながら明日も同じように遊ぼうというのは無理な話。

友達だからこそ、彼の傷ついている気持ちを理解して距離を少し開けるのも優しさです。本当によい友達だったなら少し時間を空ければまた仲良くなれるはずです。

その時は振られた話も笑い話。前よりも友達として仲良くできるはずです。

男友達と良い関係を続けよう

男友達と良い関係を築ければ意見を率直に言ってくれるかけがいのない存在になります。男女間の友情なんてない!と言わず、男女関係なく友達になる度量を身につけましょう。

男友達との友情は繊細なときも!

男友達の友情は時として繊細な関係になることがあります。ここが一部の人に「男女の友情はない」と言われる所以です。

確かに男女である以上、ある意味永遠のテーマでもあります。どちらかの気持ちバランスが崩れたらあっという間に友達関係は壊れてしまいます。

そして修復が難しいのも事実です。

自然体でいられる関係でいるために

男女間の友情は繊細な部分もありますが、だからこそ相手に勘違いされないような関係を築くことが大切です。

お互いが男・女と気負わない自然体でいられるように。
そうすれば男女間の友情が都市伝説なんて笑って一蹴できるような一生ものの素敵な関係が築けるのです。

▼関連記事:男友達と彼氏の違いはこちら

男友達と彼氏の違い・境目は?男友達が彼氏になるのはアリ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ