【7~8月】夏生まれの男の子の名前115選!夏らしい&かっこいい

7〜8月に待望の赤ちゃんが生まれてくるママパパは、生まれてくる赤ちゃんの名前についても考えていることでしょう。今回は、7〜8月生まれの男の子にぴったりの夏らしい名前についてピックアップしました。夏らしい名前にはかっこいい名前、さわやかな名前、古風な名前、珍しい名前をたくさんご紹介していきます♪

【7~8月】夏生まれの男の子の名前115選!夏らしい&かっこいいのイメージ

目次

  1. 「夏」生まれの男の子!どんな名前をつけたい?
  2. 「夏」を使った男の子の名前20選!さわやかでカッコいい♪
  3. 「海」や「空」を連想する“夏生まれの男の子”の名前&漢字20選
  4. 夏生まれの男の子につけたい古風な名前&漢字20選!
  5. 夏の自然・植物・花を感じさせる男の子の名前&漢字20選!
  6. 夏生まれの男の子にぴったり!元気&明るいイメージの名前&漢字20選♪
  7. 夏生まれの男の子につけたい!グローバルに通用する名前15選♪
  8. 夏生まれの男の子だから…夏らしくてかっこいい名前を付けよう!

「夏」生まれの男の子!どんな名前をつけたい?

夏生まれの男の子に、あなたはどんな名前を付けたいですか?「せっかくの夏生まれなら、夏らしい名前にしたい!」と思っている方も多いかもしれません。今回は夏生まれの男の子の名前についてご紹介します!

夏のイメージは「さわやか」で「かっこいい」!

夏のイメージといえば、一般的に、爽やかでかっこいいと言うイメージを持っている方が多いでしょう。夏の「海」や「山」といった自然、暑い日差しや爽やかな風、暑さの中で感じる涼しさを思わせるものなど。様々な視点から夏をとらえることができます。

夏を感じさせる漢字、季語を使った名前もかっこいい♪

「海」「涼」「空」など、夏を連想させる季語を使うのもおすすめです。特に最近では、キラキラネームのブームは終わり、古風な名前に人気が集まっています。季語を使うことでかっこいい印象の男の子の名前を考えてみませんか?

■参考記事:知っておきたい名前に関する手続きについて

赤ちゃんの名前はいつまでに決める?出生届の手続き&提出期限は?

「夏」を使った男の子の名前20選!さわやかでカッコいい♪

夏生まれということで、名前にそのまま「夏」を入れるのが一番わかりやすいといえます。単純に夏生まれだから「夏」を取り入れる方もいますが、「夏のように明るく活発的な子に育ってほしい」という願いからあえて「夏」という漢字を取り入れる方もいます。

「夏」のイメージ!読み方は「カ」「ゲ」「なつ」♪

「夏」という漢字は訓読みで「なつ」、音読みで「か」「げ」など様々な読み方があります。夏という字に、「大きい」「盛ん」という意味もあり、とても縁起がよい漢字と言えるでしょう。

また、「夏」は舞踊している姿が由来になっており、美しさの意味も感じられる字でもあります。

それでは、「夏」を取り入れた名前について20パターンの名前をご紹介していきたいと思います!

名前①【なつき】(漢字:夏樹、夏希など)

人気の高い「なつき」くんですが、「なつ・き」に分けることで、様々なパターンの漢字が連想されます。「き」と読む漢字は多く、生まれてくる赤ちゃんに込めたい願いに合わせて変えると良いでしょう。字画数でみるのもおすすめです。

名前②【なつと】(漢字:夏斗、夏都など)

「一見して男の子だと分かる名前にしたい」という方におすすめなのが「なつと」くんです。最後に「と」をつけることで、一気に男の子らしい、かっこいい印象の名前になります。

名前③【なつみ】(漢字:夏海、夏巳など)

「なつみ」くんも夏生まれには定番の名前です。「夏の海」と書いてなつみくんにすると非常に夏らしくて爽やかな印象があります。読み方としては、中世的な響きがあります。「夏美」くんにすると、女の子に間違われる可能性もあるので考慮が必要かもしれません…!

名前④【なつや】(漢字:夏弥、夏也など)

最後に「や」をつける名前も男の子らしい印象が強いです。「なつや」くんという名前も漢字のパターンが多く、「也」「哉」など様々あります。

名前⑤【なつふみ】(漢字:夏史、夏文など)

4音で「なつふみ」くんも古風な男の子の印象の強い名前です。「史」「文」の漢字は読みやすく、知性あふれる印象があります。賢い男の子に育ってほしい、という願いを込めることができる名前でもありますよ♪

名前⑥【なつお】(漢字:夏生、夏緒など)

「夏男」でなつおくんと読むこともできますが、近年ではあまり人気がない様子。最後に「お」をつけることで男の子っぽさが出ますが、「生」「緒」などを加えると中性的で素敵な印象になります。

名前⑦【あすか】(漢字:明日夏、明夏など)

名前の中でも人気が高い「あすか」くんですが、その「か」の部分を「夏」にすることで、夏らしさを表現することができます。

名前⑧【かづき】(漢字:夏月、夏槻など)

「かづき」くん、「かずき」くんも定番です。「かず・き」くんで区切る名前は多いですが、それと同じ読みで夏を取り入れることができるとあって、親しみやすさが出ます。

名前⑨【ちなつ】(漢字:千夏、智夏など)

「ちなつ」くんも夏らしく爽やかな印象があって良いですね。「ち」と読める名前は数多くあるので、込めたい願いに合わせて漢字を組み合わせると良いでしょう。

名前⑩【なつあき】(漢字:夏昌、夏昭など)

「なつあき」くんも爽やかな雰囲気。「あき」と読むことができる人名漢字は数多くあり、古くから人気があることから古風な名前にしたい方からも人気があります。

名前⑪【なつし】(漢字:夏司、夏志など)

近年人気なのが最後になつしくんなど、「し」を付ける名前です。中でも「司」という漢字は人気が高く、最後に付けて「し」と読ませることはもちろん、漢字一文字で「つかさ」くんと読む場合もあります。

名前⑫【なつひと】(漢字:夏人、夏仁など)

夏に生まれたことからそのまま「なつひと」くん。「ひと」と読む感じにはそのまま「人」もありますが、「仁」「準」なども「ひと」と読むことができます。

名前⑬【たいか】(漢字:大夏、泰夏など)

「たいか」くんも男の子らしくかっこいい印象の名前です。「か」の部分に「夏」という漢字を使うことで素敵な名前になります。「か」に濁点をつけて「たいが」くんと読むのも良いですね。

名前⑭【なつめ】(漢字:夏目、夏芽など)

苗字で使われることもある「なつめ」くん。植物の「棗」とも読みが掛かっていることから、おしゃれな印象の名前になりますね。

名前⑮【はるか】(漢字:晴夏、遥夏など)

男の子・女の子ともに人気が高い「はるか」くん。「か」の部分を「花・華」にすると一気に女の子らしい印象になりますが、「夏」にすることで男の子っぽい印象になります。「晴」など、夏にぴったりな漢字を当てはめるのも素敵です。

名前⑯【こうか】(漢字:光夏、幸夏など)

「こうか」、または「こうが」くんと読むのも良いですね。特に明るい印象の名前にしたいという方におすすめの漢字で、「光」「煌」など、輝かしい印象の漢字が多いです。

名前⑰【るか】(漢字:琉夏、瑠夏など)

中性的でおしゃれな印象のある「るか」くん。特に海を連想させたい場合、「琉」「瑠」などを用いると、おしゃれで夏の美しい海を連想させる爽やかな印象の名前になります。

名前⑱【りょうか】(漢字:涼夏、遼夏など)

「りょうか」くんも中性的な印象があります。「涼」という夏にぴったりな爽やかな印象の漢字を使うと、よりおしゃれな印象になりますね。

名前⑲【ゆたか】(漢字:悠多夏、祐汰夏など)

「豊かな人生にしてほしい」という願いから、その響きも合わせてゆたかくんと名付けるのも良いですね。漢字三文字でゆたかくんとするのも良いですし、「豊夏」など漢字二文字で表現するのもおすすめ。あまり使われることは少ないですが「泰」「裕」も実は「ゆたか」と読むことができます。

名前⑳【かなた】(漢字:夏奈多、夏那汰など)

かなたくんも爽やかでおしゃれな印象があります。当て字で「かな」の部分を夏と読んで「夏汰」くんなどの読み方をすることもできますが、一目見て読んでもらえるケースは少ないので注意が必要ですね。

「海」や「空」を連想する“夏生まれの男の子”の名前&漢字20選

夏といえば「海」「空」に関連する漢字を使うのも定番です。ここでは夏の定番「海」「空」を連想させる名前についてご紹介いたします。

青い海や空を連想させる漢字:「夏」を連想させる!

夏の自然を連想させる漢字

  • 海:「うみ」「カイ」
  • 湊:「みなと」「ソウ」
  • 渚:「なぎさ」「なぎ」
  • 凪:「なぎ」「な」
  • 蒼:「あおい」「あお」「ソウ」
  • 空:「そら」「クウ」「ア」
  • 天:「そら」「テン」
  • 宙:「そら」「チュウ」
  • 流:「なが(れる)」「リュウ」「ル」
  • 翔:「か(ける)」「ショウ」

海や空を連想させる漢字の一例として以上のようなものが挙げられます。これらの漢字を参考にしつつ、定番の名前を20個ご紹介していきます。

名前①【かいと】(漢字:海斗、海人、海音など)

漢字の夏らしさも読みのかっこよさも合わせて人気が高いのが「かいと」くんです。「海」という漢字を使うことで、おしゃれでかっこいい印象にまとまります。

名前②【ひろみ】(漢字:広海、紘海など)

「広い海」という印象になぞらえて「ひろみ」くんという名前にするのもおすすめです。おしゃれな雰囲気ですが優しげな男の子の印象になります。

名前③【みなと】(漢字:湊斗、海那斗など)

近年男の子の名前で人気が高いのが「みなと」くんです。「湊」くんで一文字で表すのも良いですし、「みな・と」くんと漢字二文字で表すのもおすすめです。

名前④【なぎさ】(漢字:渚、凪紗など)

夏の海らしい雰囲気を表してくれる「なぎさ」くんも爽やかな印象です。「渚」「凪」などもおすすめです。

名前⑤【いさみ】(漢字:勇海、敢海など)

かっこよく、古風な印象があるいさみくんですが、「み」の部分を「海」にすることで夏らしい印象になります。

名前⑥【いづみ】(漢字:泉海、出海など)

涼しげで夏らしい印象がある「いづみ」くん。中性的な印象ですが、「泉」という漢字を実際に組み合わせたり、響きで連想させることもできます。

名前⑦【かいき】(漢字:海樹、海紀など)

かっこいい印象のかいきくん。「かい」の部分は「海」にすることで、夏らしい印象になります。

名前⑧【かいし】(漢字:海詩、海志など)

同じく「かいし」くんも人気です。「詩」「志」などおしゃれな印象の漢字を使うのも素敵です。

名前⑨【かいしん】(漢字:海信、海慎など)

古風な印象のかいしんくんですが、男の子の名前にぴったりな「信」「慎」などバリエーションが豊か。画数を考えて名前を考えるのもおすすめです。

名前⑩【かいり】(漢字:海李、海吏など)

おしゃれな印象のかいりくんは、海洋用語「海里」を連想させる響きからも、夏らしい印象があります。

名前⑪【そら】(漢字:空、宙など)

「そら」という漢字は近年人気が高い定番の名前で、漢字のバリエーションも様々。漢字一文字でシンプルにするのも良いですし、「蒼空」「宇宙」など漢字二文字でもおすすめです。

名前⑫【あお】(漢字:空生、空緒など)

同じく空や海を連想させるあおくんもおすすめです。「空」を「あ」と読んであおくんとするのも良いですね。漢字の「蒼」などを使って「あおい」と読む名前も人気です。

名前⑬【あき】(漢字:空岐、空喜など)

男の子らしい名前の響きが特徴的な「あき」くん。「空」「明」などを使うのも良いですが、名前の響きから秋生まれを連想させてしまう恐れもあります。

名前⑭【かける】(漢字:翔琉、夏翔など)

空を翔ける、というイメージからかけるくんという名前にするのもおすすめです。「翔」を「かけ」「ける」と読んでかけるくんという名前にすることはもちろん、漢字一文字でかけるくんとするのもおすすめです。

名前⑮【きそら】(漢字:輝空、祈空など)

近年人気のおしゃれな名前として「きそら」くんも人気です。「き」「そら」と分けることで、漢字のバリエーションも様々です。「輝空」と書いて「きあ」と呼ぶケースもあります。

名前⑯【くうが】(漢字:空賀、空雅など)

かっこいい雰囲気のくうがくんというのもおすすめです。「そら」と「か」「が」と読むことができる漢字を組み合わせるのが人気。「雅」はもちろん「冴」などもおすすめです。

名前⑰【たすく】(漢字:佑空、丞空など)

古風な名前として人気のたすくくん。「たすく」という漢字はバリエーションが多くあり、「たす・く」と分けることで、「空」という漢字を組み合わせると夏らしい雰囲気になります。

名前⑱【とうあ】(漢字:燈空、透空など)

温かみのある空をイメージする場合は「燈空」くん、透明感のある爽やかで澄み切った空をイメージする「透空」くんも素敵です。

名前⑲【しょう】(漢字:翔、翔雨など)

「翔」という漢字を使ってしょうくんとするのも定番の名前。特に初夏、梅雨の季節に生まれた男の子におすすめなのが「雨」を使う漢字です。

名前⑳【あまと】(漢字:天翔、海翔など)

夏らしいイメージが強い「あまと」くん。「あま」という漢字には「天」「海」「雨」など夏らしい漢字の中でも使いやすいものが非常に多いです。

夏生まれの男の子につけたい古風な名前&漢字20選!

古風な名前は漢字の読みはもちろん、俳句の季語に使われる漢字を使うのもおすすめです。ここでは古風な印象の夏生まれの男の子の漢字についてご紹介していきます。

夏っぽい古風な漢字:凛としたカッコよさ!季語も◎

古風な印象の夏らしい漢字

  • 颯:「はやて」「ソウ」
  • 爽:「さわ(やか)」「ソウ」
  • 桐:「きり」「トウ」
  • 月:「つき」「ゲツ」
  • 夜:「よる」「よ」
  • 蛍:「ほたる」「ケイ」
  • 隼:「はやと」「シュン」
  • 泉:「いずみ」「セン」
  • 舟:「ふね」「シュウ」
  • 航:「ふね」「わたる」「コウ」

古風な印象の名前は様々。夏の季語として使われるものも多いです。以上の漢字を参考にして、夏らしい古風な名前を20パターンご紹介いたします。

名前①【そうま】(漢字:颯真、颯馬、蒼真など)

さわやかで古風な雰囲気があるそうまくん。「颯」「爽」「蒼」などを使うことで、夏らしい印象を出すことができます。

名前②【いずみ】(漢字:泉、和泉など)

地名に使われることもあるいずみくん。漢字一文字で泉くんにするのも良いですし、和泉くんや出水くんとするのもおすすめです。

名前③【あおば】(漢字:青葉、蒼葉など)

草木が生い茂る春〜夏の季節におすすめのあおばくん。緑の葉を連想させる名前は特に海よりも山の方が好きな方に人気です。

名前④【なぎと】(漢字:凪斗、凪杜など)

「凪」を使ったなぎとくんはかっこいい雰囲気ですが、風流な雰囲気の字面にすることができます。

名前⑤【はくや】(漢字:白夜など)

夏の夜を思わせる白夜くん。少しなまらせて「びゃくや」くんと読むのもおすすめです。

名前⑥【ひなみ】(漢字:日那海など)

中性的な雰囲気のひなみくん。漢字三文字で日那海くんとするのも良いですし、陽波くんなど漢字二文字で表すのもおすすめです。「波」という漢字も海を思わせますね。

名前⑦【みずき】(漢字:水樹、水岐など)

同じく中性的な雰囲気のみずきくん。夏らしい「水」という漢字を使ったりと、漢字のバリエーションも様々です。

名前⑧【いぶき】(漢字:伊吹、颯樹など)

古風な雰囲気のいぶきくん。そのまま「伊吹」くんとするのも良いですし、「颯」という漢字を使って颯樹とするのも古風で夏らしい雰囲気です。

名前⑨【たつき】(漢字:樹、汰月、汰津樹など)

同じくたつきくんも古風な雰囲気。「月」や「津」を使うことで夏らしさや古風な印象をつけることができます。

名前⑩【はやと】(漢字:隼人、颯斗など)

はやとくんも人気のたかい名前のひとつ。爽やかな雰囲気を出すことができます。

名前⑪【なつしげ】(漢字:夏繁、夏滋など)

名前の響きで古風な印象をつけたい場合は、なつしげくんなど爽やかで古風な印象を出すことができます。

名前⑫【おみ】(漢字:央海、皇海など)

おみくんと言うと、漢字一文字で「臣」くんとすることもできます。名前の響きはとても古風ですが、夏らしい「海(み)」などを使うことで、漢字二文字でおみくんとすることができます。

名前⑬【みかげ】(漢字:海景など)

「景」と書いて「かげ」と読む名前も今人気が高いです。その中でも、夏らしさを印象付けるために「海景」くんとすることで夏の景色を思わせる古風な名前になります。

名前⑭【かいしゅう】(漢字:海舟、海秀など)

名前の響きも古風なかいしゅうくん。「しゅう」の部分を「舟」など海や舟を思わせる漢字をすることで夏らしさが出ます。

名前⑮【とうご】(漢字:桐吾など)

夏の季語である「桐」を使うことで「とうご」とすることもできます。桐はまっすぐに伸びる木。青々と茂る凛々しい姿が目に浮かびますね。夏生まれの名前にもピッタリです。

名前⑯【りょうご】(漢字:涼吾、涼冴など)

「涼」と言う漢字も夏らしい古風な印象の名前になります。「涼吾」くんとすることで、読みやすく、夏らしい古風な印象の名前になりますね。

名前⑰【しょうへい】(漢字:菖平など)

夏の植物である「菖蒲(あやめ)」。菖蒲を表す「菖」を使うことで、「菖平」くんとすることができます。漢字を変えて「翔平」くんとするのも良いですね。

名前⑱【ゆうせい】(漢字:悠清、裕星など)

夏といえば清らか・爽やかなイメージ、また綺麗な星空を連想する方も。そのイメージにぴったりなゆうせいくんと言う名前はバリエーション豊富です。

名前⑲【すずはる】(漢字:涼晴、鈴悠など)

古風な印象の響きが素敵なすずはるくん。「涼」と言う漢字はもちろん、夏の風物詩・風鈴を思わせる「鈴」も人気です。

名前⑳【せいしろう】(漢字:清史郎、青士郎など)

「〇のしん」「〇しろう」くんなど、古風な響きの名前は人気です。その中でも「清」「青」など「せい」とつくものを使うと、爽やかで読みやすい名前になります。

夏の自然・植物・花を感じさせる男の子の名前&漢字20選!

四季折々の植物や花を名前に取り入れる方も多いです。その植物の花言葉はもちろん、思い出深い花、生まれた季節に咲いていた花や植物の名前を取り入れてみましょう。

太陽・夏の植物・さわやかな風を感じさせる漢字

夏の植物や自然に関する漢字

  • 陽:「ひ」「はる」「ヨウ」
  • 草:「くさ」「ソウ」
  • 葵:「あおい」「あお」「キ」
  • 桔:「キ」
  • 梗:「キョウ」
  • 桐:「きり」「トウ」
  • 紫:「むらさき」「シ」
  • 柾:「まさ」「まさき」
  • 蓮:「レン」
  • 莉:「り」
  • 柚:「ゆ」「ゆう」

夏を思わせる植物や自然には以上のようなものがあります。そのまま植物の名前を入れることはもちろん、夏の植物の花言葉を漢字に入れるのもおすすめです。

名前①【そうすけ】(漢字:蒼介、草介、颯佑など)

「草」「蒼」などを使ってそうすけくんと言う名前にするのは定番。定番の響きに植物の漢字を取り入れやすいです。

名前②【ちぐさ】(漢字:千草など)

中性的な名前として人気の高いちぐさくん。千草と書くことで、植物の漢字を取り入れて素敵な印象の名前に仕上がります。

名前③【はるき】(漢字:日葵など)

「向日葵」から漢字を取って「日葵」くんと読むのも人気です。他にも「陽葵」くんなど、夏の太陽を思わせる漢字を取り入れるのもおすすめです。

名前④【あおい】(漢字:葵など)

同じく「向日葵」から葵くんと名付けるのもおすすめ。漢字一文字の名前の中でも人気が高いです。

名前⑤【きょう】(漢字:梗など)

夏の花である桔梗。そのまま「桔梗」くんと名付けるのも素敵ですが、「梗」を使って梗くんと名付けるのもおしゃれです。

名前⑥【きいち】(漢字:桔壱、桔逸など)

「桔梗」の「桔」を使ってきいちくんと名付けるのも古風で素敵な印象の名前になります。

名前⑦【きりと】(漢字:桐人など)

人気アニメの主人公の名前でもありますが、あちらは本名ではありません。夏の植物「桐」を使って「桐人」くんと名付けることで、かっこいい印象の名前です。

名前⑧【しよう】(漢字:紫陽など)

初夏、梅雨の季節といえば紫陽花です。紫陽花から取って「紫陽」くんと名付けるのも綺麗な字面です。

名前⑨【ようじ】(漢字:陽紫など)

紫陽花を名前に取り入れつつ、男の子らしい響きにしたい方は、「紫陽」くんから漢字を入れ替えて「ようじ」くんとするのもおすすめです。

名前⑩【まさき】(漢字:柾、柾樹など)

男の子っぽい名前の響きで考えてる方に同じくおすすめなのが「まさき」くんです。漢字の「柾」を使うことで夏の植物を名前に取り入れることができます。

名前⑪【れお】(漢字:蓮央など)

英語の響きを取り入れる名前も親しみやすくかっこいい印象になります。夏の植物として定番の「蓮(はす)」はそのまま「れん」と読むこともできますが、「れ」と読んで「れお」くんと読ませることもできます。

名前⑫【りお】(漢字:莉央など)

茉莉花(ジャスミン)から取って「莉央」くんとするのもおすすめですが、女性名によく使われる漢字なので、中性的なイメージになりますね。

名前⑬【ゆずき】(漢字:柚樹など)

夏の植物・果物のひとつである柚子。「ゆず」と読んでも良いですし、「ゆ」「ゆう」と読んでもおすすめです。爽やかな印象のゆずきくんですが、「柚」を使うことで読み方によっては「ゆうき」くんと読むこともできます。

名前⑭【まこと】(漢字:麻琴など)

夏の植物の中でもまっすぐ上に育つことから名前に取り入れる方が多い「麻」。「ま」「あさ」と読むことから、人気が高いです。

名前⑮【あさひ】(漢字:麻陽など)

「朝日」とそのまま名付けるのもおすすめですが、「麻」を組み合わせるのも人気です。

名前⑯【きょうすけ】(漢字:杏介、杏亮など)

男の子らしい名前の響きの中に植物を取り入れる場合、「杏」「梗」などを組み合わせてきょうすけくんとするのも古風で素敵です。

名前⑰【りゅうすけ】(漢字:柳介など)

同じく「柳(やなぎ)」を使って「りゅうすけ」くんと名付けるのも植物を取り入れられており夏らしさが出ます。

名前⑱【りゅうや】(漢字:柳弥など)

男の子らしい名前の響きとして、最後に「すけ」をつけるのも良いですが、「や」を加えるのも人気です。

名前⑲【わかば】(漢字:若葉など)

夏らしい植物を取り入れた「あおば」くんも人気ですが、同じく「わかば」くんと名付けるのも人気です。若い緑の柔らかい印象とともに、爽やかな雰囲気を感じられます。

名前⑳【ようた】(漢字:陽汰、葉多など)

ようたくんという名前は漢字のバリエーションが多く、太陽を表す「陽」、植物を表す「葉」、海を表す「洋」など様々な種類があります。

■参考記事:モテる名前には法則性がある?

モテる名前ランキング!誕生日や趣味などモテる人に多い特徴って?

夏生まれの男の子にぴったり!元気&明るいイメージの名前&漢字20選♪

夏といえば、さんさんと降り注ぐ「太陽」や青い「海」から、元気で活発なイメージを持たれる方も多いでしょう。では、元気で明るいイメージを持たせる名前にはどのようなものがあるのでしょうか?

夏の明るさや活発さを感じる漢字!

明るい・元気な印象の夏の漢字

  • 健:「たける」「ケン」
  • 明:「あか(るい)」「あき」「メイ」
  • 武:「たけし」「たけ」「ブ」
  • 勇:「いさ(み)」「ユウ」
  • 朝:「あさ」「チョウ」
  • 虎:「とら」「コ」
  • 輝:「かがや(く)」「キ」
  • 星:「ほし」「セイ」「ジョウ」
  • 爽:「さわ(やか)」「ソウ」
  • 祭:「まつり」「サイ」

明るくて元気な漢字として、勇しさや輝く星などを連想させる漢字を取り入れるのもおすすめです。

それでは、元気で活発な印象の男の子の夏らしい名前について、具体的にご紹介していきたいと思います。

名前①【けんた】(漢字:健太、健大など)

健やかな健康を願うのにぴったりなけんたくん。定番の名前で読みやすいことが特徴です。

名前②【たける】(漢字:健、健琉など)

漢字一文字でたけるくんという名前もかっこいい雰囲気があり素敵です。

名前③【けんと】(漢字:健都、健斗など)

かっこよくスマートな雰囲気のけんとくん。「健」という漢字と合わせて「と」という漢字もバリエーション豊富です。

名前④【たけし】(漢字:健士、健志など)

たくましい男の子の印象が強くなるたけしくん。「健」はもちろん「武」一文字で読むこともできます。

名前⑤【あさひ】(漢字:朝日、明紗日など)

朝の爽やかで明るい日差しをイメージしたあさひくん。漢字一文字で「旭」くんと読むのもおすすめです。また、柔らかい印象にしたい方はあえてひらがなで「あさひ」くんとするのも良いですね。

名前⑥【あすま】(漢字:明日真、明馬など)

人名として使われることが多い「あすま」は、「遊馬(あすま)」という苗字が存在することからも親しみがあります。「明」という漢字を使って明るい印象の字面にすることができます。

名前⑦【こうめい】(漢字:孝明、輝明など)

賢そう・活発そうという印象になるこうめいくん。古風な名前にしたい方にもおすすめです。「孝明」は「たかあき」、「輝明」は「てるあき」と訓読みで読ませることもできます。

名前⑧【かいと】(漢字:海虎、櫂虎など)

スマートな印象のかいとくんですが、「と」に「虎」を使うことで、かっこいい、たくましい印象の名前になります。

名前⑨【かずとら】(漢字:一虎、和虎など)

古風な名前にしたい方におすすめなのがかずとらくんです。「かず」の部分に使える漢字は多く、バリエーション豊富です。

名前⑩【こてつ】(漢字:虎徹、虎鉄など)

同じく古風な雰囲気のこてつくん。虎という漢字を使って男の子らしい印象を出すことはもちろん、植物の「コテツ」と響きを合わせることもできます。

名前⑪【いっせい】(漢字:壱星、逸星など)

おしゃれな雰囲気のいっせいくんも親やすい印象の名前になります。「せい」に「星」を使うことで明るい印象の名前になります。

名前⑫【かいせい】(漢字:海星、快星など)

「海」や「星」という漢字を使ってかいせいくんとすると綺麗で明るい印象の名前になります。他にも、そのまま「快晴」くんとするのも良いですね。

名前⑬【せな】(漢字:星那、星凪など)

中性的な雰囲気のせなくんは海外でも通じやすい響き。星を使うことで、綺麗な印象の字面になりますね。

名前⑭【まつり】(漢字:祭、祭里など)

中性的な印象のまつりくん。漢字一文字で「祭」くんとするのも良いですし、漢字二文字で取り入れるのもおすすめです。

名前⑮【さいり】(漢字:祭理、祭李など)

同じく中性的なさいりくん。「さい」の部分に「祭」という漢字を使うことでおしゃれな印象になります。

名前⑯【さいや】(漢字:祭夜、祭也など)

祭りといえば夜にやるもの。そのイメージから祭夜くんと名付けるのも良いですね。

名前⑰【あき】(漢字:蒼輝、明輝など)

明るい星、青い星という字面からあきくんとするのも綺麗で明るい印象の名前です。

名前⑱【いつき】(漢字:壱輝、樹輝など)

「星」という漢字の代わりに「輝」を使うのも良いですね。いつきくんは植物の漢字を使って「樹」くんと一文字で表すこともできます。

名前⑲【そうし】(漢字:爽志、爽詩など)

爽やかで明るい印象のあるそうしくん。「詩」という漢字はもちろん「紫」など夏らしい植物を組み合わせるのもおすすめです。

名前⑳【なぎさ】(漢字:凪爽、渚爽など)

海らしい名前としてなぎさくんも人気ですが、その「さ」の部分に「爽」を合わせるのも良いですね。

■参考記事:古風でかっこいい名前を付けてあげたい!

男の子の名前一覧!『古風』でかっこいい480選を紹介

夏生まれの男の子につけたい!グローバルに通用する名前15選♪

グローバル化が進む中、海外でも呼びやすい・親やすい名前にも人気が出ています。グローバルに通用する夏らしい名前についてご紹介いたします。

海外でも呼びやすい名前を付けたい!

もちろん漢字の意味を知らない外国人からすると「夏らしい」という印象を持たれる訳ではありません。それでも漢字を知らなくても「素敵だな」「親やすい」と思われる名前は多く、漢字も合わせて夏らしさを加えましょう。

名前①【カイ】(漢字:海など)

「カイ」「ケン」など、シンプルな読みの漢字は海外でも親やすいです。そのまま「海」「快」など爽やかで親やすい漢字を使いましょう。

名前②【エイト】(漢字:瑛湊など)

英数字の「8(eight)」と響きが似ているえいとくん。「えい」「と」についてもバリエーションが多く、込めたい願いに合わせて名付けることができます。

名前③【ハルト】(漢字:晴斗など)

快晴の青空をイメージしたはるとくん。「晴」はもちろん「日」「陽」もおすすめです。

名前④【レン】(漢字:蓮など)

シンプルな読みの「れん」くんも人気。「蓮」という漢字を使うことで、夏らしさが出ます。

名前⑤【ライト】(漢字:雷斗など)

夏の天気としてイメージのある方も多い「雷」。たくましいイメージですが、音読みで使うことで「光(light)」の意味合いを掛けることができます。

名前⑥【アラン】(漢字:明嵐、亜藍など)

海外の人名で多いアランくん。日本では夏の季節に台風が多く来ることから「嵐」や青を意味する「藍」を使うことで漢字でも当てはめやすいです。

名前⑦【シオン】(漢字:紫苑、志音など)

紫陽花を連想させる「紫」などを使うことで、中性的で大人っぽい印象の名前にすることができます。

名前⑧【ナオ】(漢字:夏緒、那緒など)

シンプルですが海外でも親やすく覚えやすい名前が「なお」です。漢字一文字はもちろん、「夏」や「那」など夏らしい漢字を使うのもおすすめです。

名前⑨【ケイタ】(漢字:蛍汰など)

けいたくんも響きがシンプルで親やすいです。夏らしさを取り入れるため、「蛍」を使うことで綺麗な字面になります。

名前⑩【タイガ】(漢字:大夏など)

英語で「虎(tiger)」の響きと似ているたいがくん。「大河」はもちろん「大雅」「大夏」などもおすすめです。

名前⑪【リヒト】(漢字:李日斗など)

ドイツ人名で定番のリヒトくん。スマートな印象の名前ですが、「李」や「陽」など夏を連想させる漢字が人気です。

名前⑫【エイジ】(漢字:瑛滋など)

英語の「年(age)」と響きが似ているえいじくん。日本人名では定番ですが、親やすさがあり人気があります。

名前⑬【コウキ】(漢字:煌輝、航紀など)

「こうき」くんなど、「コーキ」「ケート」など伸ばし棒が入る響きは海外でも人気。「輝」「航」など夏らしい漢字との相性も抜群です。

名前⑭【シュウ】(漢字:舟など)

覚えやすいしゅうくんは、漢字一文字で「舟」くんとすることで、シンプルで夏らしい印象の名前になります。

名前⑮【トウリ】(漢字:桐李など)

「トーリ」くんは「桃李」くんとすると春らしい字面になりますが、「桐李」くんとすると夏らしい字面にすることができます。

夏生まれの男の子だから…夏らしくてかっこいい名前を付けよう!

いかがでしたか?今回は夏らしい男の子の名前についてご紹介いたしました。夏らしい名前をつけることで、親しみやすく、素敵な印象の名前にすることができます。大切なお子さんのために、かっこよくて素敵な名前をつけてあげてくださいね。

素敵な名前を付けてあげたい方にオススメ!

【子どもの名前ガイド】命名の基礎知識!赤ちゃんの名前の決め方は?
ハーフの子供の名前の参考に!男女別におすすめの名前例を紹介!
男の子の名前で「自然」をイメージさせるかっこいい名前500選!
中性的な名前特集!女の子にも男の子にも使える!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ