別れを意味する花言葉22選!失恋や儚く悲しい感情を表す花は?

花には花言葉があります。熱烈に愛を告げるものから、死を意味するものまでポジティブなメッセージもあればネガティブなものもありさまざまです。花束を贈り物にすることは日常でもよくあることですが、花言葉の意味を押さえておくことでコミュニケーションの幅が広がります。

別れを意味する花言葉22選!失恋や儚く悲しい感情を表す花は?	のイメージ

目次

  1. 別れを意味する花言葉22選!失恋・悲しい・儚い花
  2. 別れを意味する花言葉1.白いチューリップ
  3. 別れを意味する花言葉2.夕顔
  4. 別れを意味する花言葉3.ランタナ
  5. 別れを意味する花言葉4.白いゼラニウム
  6. 別れを意味する花言葉5.マツムシソウ
  7. 別れを意味する花言葉6.黄色い菊
  8. 別れを意味する花言葉7.勿忘草
  9. 別れを意味する花言葉8.彼岸花
  10. 別れを意味する花言葉9.ヒヤシンス
  11. 別れを意味する花言葉10.ダリア
  12. 別れを意味する花言葉11.マリーゴールド
  13. 別れを意味する花言葉12.アネモネ
  14. 別れを意味する花言葉13.ミヤコワスレ
  15. 別れを意味する花言葉14.黄色いカーネーション
  16. 別れを意味する花言葉15.キンセンカ
  17. 別れを意味する花言葉16.アリウム
  18. 別れを意味する花言葉17.クロッカス
  19. 別れを意味する花言葉18.エリカ
  20. 別れを意味する花言葉19.ハナニラ
  21. 別れを意味する花言葉20.シオン
  22. 別れを意味する花言葉21.秋明菊
  23. 別れを意味する花言葉22.スカビオサ
  24. 大切な人に花を贈る時は意味をしっかりと知っておこう!

別れを意味する花言葉22選!失恋・悲しい・儚い花

花には花の種類の数だけ個性的な花言葉が与えられていますが、今回は別れを意味する花言葉を22選にしてピックアップし、その詳しい意味と由来を解説しています。

失恋、悲しい、はかないなどの意味を持つ花たちの可憐な姿とともに、印象的な花言葉を覚えておくと贈り物にする際に役に立つでしょう。

別れを意味する花言葉1.白いチューリップ

色とりどりに咲き乱れる姿を思い浮かべる人の多い人気の花チューリップですが、白い姿のチューリップには「失われた愛」という花言葉が与えられています。

「失恋」というストレートでネガティブなイメージのある花言葉もありますが、そこから転じて「新しい愛」という花言葉も持ち合わせているようです。

花言葉にはネガティブなメッセージが込められたものも多くありますが、その反対にポジティブなイメージを併せ持つものもありますので注意してチェックしてみましょう。

別れを意味する花言葉2.夕顔

夏になると夕方に、その白く可憐な姿を見せる夕顔には「はかない恋」「夜」「罪」などのネガティブな意味合いを持つ花言葉が与えられています。

「はかない恋」の由来はその花の名前の通り、夕方に花開いて翌朝にはしぼんでしまうというその短命ぶりからきています。美しい花の命は決して長くはないということを肝に命じておきましょう。

別れを意味する花言葉3.ランタナ

赤、白、ピンク、黄、オレンジと華やかな色合いを持つことで知られる西洋の花ですが、日本ではあまり知名度がないと言っていいでしょう。

このランタナには「心変わり」という別れを連想させる花言葉が与えられています。他に、「合意」「協力」「厳格」といった花言葉もあります。

花言葉の「心変わり」とは、この花が七色に様変わりをする性質から与えられています。和名では「七変化」という名前を持つほど、姿の移り変わりが激しい花です。

別れを意味する花言葉4.白いゼラニウム

一年を通じて花を咲かせることで知られるゼラニウムは赤い花ぶりが印象的ですが、今回は白い姿のゼラニウムを取り上げます。この白いゼラニウムにも別れを意味する花言葉が与えられています。

白いゼラニウムの花言葉は「私はあなたの愛を信じない」という強烈な拒絶をイメージさせます。これは西洋由来の言葉のようで、他に「優柔不断」という花言葉があります。

相手に寄せる思いが心いっぱいの愛であったとしても、優柔不断にすぎるとその愛も本物とは信じられなくなってしまうのかもしれません。

別れを意味する花言葉5.マツムシソウ

西洋ではスカビオサという名前でも知られる世界中に咲く花です。このマツムシソウには「不幸な恋」「恵まれぬ恋」「私はすべてを失った」という花言葉が与えられています。

マツムシソウは紫色のボール状の花を咲かせるのが特徴ですが、西洋では紫色は悲しみの色とされていることから、マツムシソウにはネガティブな花言葉が多いようです。贈り物には不向きな花とされています。

別れを意味する花言葉6.黄色い菊

菊全般の花言葉は日本では「高貴」「高潔」「高尚」と、この花の気高さを表し、西洋では「陽気」「上機嫌」という明るいイメージに彩られています。

しかし、黄色い菊になると、「破れた恋」という失恋を意味する花言葉に変わります。これも西洋由来の色の文化からきているものであり、西洋では黄色は裏切りの色とされています。

別れを意味する花言葉7.勿忘草

勿忘草(ワスレナグサ)は、その言葉の響きからもイメージが浮き立つように、切ない恋の花として知られています。「私を忘れないで」という花言葉が与えられています。

この勿忘草は、西洋でも「私を忘れないで」という花言葉が花の名前となっていることで知られ、世界的に同じ意味の持つ花としてたいへん珍しい種類です。

花言葉の由来はドイツの悲恋伝説に由来されているとされ、ある時、若い騎士のルドルフが恋人のベルタと川べりを歩いていると、岸辺に美しく咲く花を見つけました。

ルドルフはその美しい花を摘んで恋人ベルタに渡したいと思い、岸辺に降りて花に手を伸ばしますが、誤って川に落ちてしまいます。川に流されていくルドルフはなんとか手にした花を岸辺にいるベルタに向かって放り投げますが、川の流れに飲まれて死んでしまうのでした。

最後にルドルフがベルタに残した言葉が「私を忘れないで」でした。そしてベルタの手には一輪の勿忘草が握られていたという悲しい恋のお話です。

別れを意味する花言葉8.彼岸花

赤く小さなな花ぶりが横に広がって密に咲く彼岸花は、秋のお彼岸の時期に咲くことから「彼岸花」と名付けられています。日本では墓地に植えられる花として有名なため、死を連想させる花としても取り上げられることが多いです。

彼岸花には「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「熱情」という花言葉があります。彼岸の頃に咲く花ということから別れを意味する「悲しき思い出」という花言葉が与えられているとされているようです。

その他には、この彼岸花には猛毒があり、食べてしまうと死に至るということから、別れや死を連想させる花言葉が当てられているという説もあるようです。

別れを意味する花言葉9.ヒヤシンス

紫、赤、白、ピンクなどのさまざまな色合いで咲くヒヤシンスは、色によって全然意味の違う花言葉を持っています。ヒヤシンス全般の花言葉は「悲しみを超えた愛」というものがあります。

別れを意味する花言葉を持つヒヤシンスは紫色のヒヤシンスです。西洋では紫色は悲しみを表す色とされていますが、紫色のヒヤシンスは「悲しみ」「悲哀」「初恋のひたむきさ」などの花言葉が与えられています。

ヒヤシンスが別れや死を象徴するという由来にはギリシャ神話が関係しています。嫉妬のためにとばっちりを受けて大量の血を流して死んでしまった美少年ヒュアキントスの血から咲いた花が、この紫色のヒヤシンスだということです。

別れを意味する花言葉10.ダリア

綺麗な自然の造形美を見せるダリアの花は、「移り気」「裏切り」といった花言葉を持っています。これはかのナポレオン皇帝の最初の妻、ジョセフィーヌ皇后の物語にちなんで与えられたものです。

ダリアの美しさに心を奪われたジョセフィーヌは自邸でたくさんのダリアを独占して育てていましたが、ある時、とある貴族の女性にダリアの球根を盗まれてしまい、世の中に自分以外のダリアが咲き乱れるようになってしまいました。

それを見たジョセフィーヌは怒り心頭となるわけですが、そうした事態から途端にダリアへの興味が失せ、まったく別の花へと関心が移っていったというのです。こうしたジョセフィーヌの故事から、ダリアの花言葉が生まれたとされています。

別れを意味する花言葉11.マリーゴールド

春から秋という季節に鮮やかな黄色やオレンジの花を咲かせるマリーゴールドは、その愛らしい姿には似つかわしくない別れを意味する花言葉を持ちます。

マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」というネガティブなものが多くあります。見た目とは裏腹な言葉が込められているので、贈り物にするには不向きな花と言えるでしょう。

別れを意味する花言葉12.アネモネ

赤、白、紫色した大きくて美しい花ぶりを誇るアネモネですが、この花に託された花言葉にはネガティブなものが多く、悲しい花の代表的存在です。

アネモネの花言葉は「はかない恋」「恋の苦しみ」「見捨てられた」「見放された」という切ない言葉ばかりです。由来はギリシャ神話にありました。

西風の神ゼピュロスは花の女神フローラと結ばれていましたが、ゼピュロスは侍女のアネモネを好きになってしまいます。それに気づいたフローラは烈火のごとく怒り、ゼピュロスはフローラとの関係を保つために、アネモネを見捨てたというお話です。

別れを意味する花言葉13.ミヤコワスレ

紫色が美しく映えるミヤコワスレは、すでにその名前からして悲しい響きを持っています。ミヤコワスレの花言葉は「しばしの慰め」「別れ」などがあります。

花言葉の由来は鎌倉時代にまで遡るようです。承久の乱によって敗残の身となった順徳天皇は佐渡島へ島流しの刑に処せられます。その際にミヤコワスレの美しさを愛でることで、都と別れる身になった自分を慰めていたのだそうです。

別れを意味する花言葉14.黄色いカーネーション

さまざまな色で美しさを咲き誇るカーネーションですが、中でも黄色いカーネーションは明るく目立つ色だけにひときわ華やかな印象を与えます。

しかし、黄色い花は幼稚さや未熟さなども表すカラーとして捉えられることが多く、黄色のカーネーションも例に漏れず、ネガティブな花言葉で知られています。

黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」「侮蔑」というものがあります。不信感が印象的な花言葉でまとめられているのです。贈り物としては適切ではないので、母の日などに黄色いカーネーションは間違っても送らないように気をつけましょう。

別れを意味する花言葉15.キンセンカ

夏が訪れるとキンセンカの黄色やオレンジ色といった元気で明るい色が目立ってきます。ルックスの愛らしさからキンセンカは人気の花として知られているものです。

しかし、黄色やオレンジ色の花にはあまりポジティブな印象の花言葉は与えられていません。キンセンカもその例に漏れずネガティブな花言葉を与えられています。

キンセンカの花言葉は「別れの悲しみ」「悲嘆」「失望」「寂しさ」といったものがあります。この花言葉もまたギリシャ神話に由来があるようです。

未熟さのあまり、想い人のパートナーである女性を死に追いやってしまったクリティという水の精が、自らの行いを恥じてキンセンカに姿を変えたと伝えられています。

別れを意味する花言葉16.アリウム

夏を迎えると紫色のボール状の花を咲かせるのがアリウムです。西洋では紫色の花はネガティブなイメージで語られることが多いとされていますが、このアリウムもやはりネガティブな花言葉を持っています。

アリウムの花言葉は「深い悲しみ」というものがあります。これはアリウムの花姿が悲しみにうなだれている人の姿を連想させるということからきているようです。西洋では墓地に植えられる定番の花でもあります。

別れを意味する花言葉17.クロッカス

春の訪れを告げる花として有名なクロッカスですが、中でも黄色いクロッカスには「嫉妬」「羨望」「不義の愛」というネガティブな花言葉があります。紫のクロックスの「愛したことを後悔する」という言葉も別れの花言葉です。

西洋では黄色という色には裏切りや不吉を予感させる色としてイメージされます。また紫色は悲しみの色として共通認識があります。そのため、外国人にプレゼントフラワーとして贈り物にする時は、黄色や紫色は選ばない方が無難だといえるでしょう。

別れを意味する花言葉18.エリカ

別れを意味するエリカの花言葉は「孤独」「寂しさ」です。エリカは荒野に咲く可憐な花として多くのフィクションに登場してきたことで知られています。

花言葉の由来も荒れ果てた地に孤独に風に揺られているイメージから名付けられたもののようです。古典の名作『嵐が丘』の舞台となるヨークシャー地方の荒野に咲くエリカは、この花を世界的に有名にしました。

別れを意味する花言葉19.ハナニラ

ハナニラは「花韮」とも書き、花の匂いがニラの匂いに似ていることからこの名前がつけられたといいます。

ハナニラの花言葉は「悲しい別れ」「耐える愛」というものがあります。悲しい別れとはなんとも切ないですが、これはハナニラの青白く咲く姿の物悲しさから生まれた言葉とされているようです。

別れを意味する花言葉20.シオン

古くは今昔物語に印象的に取り上げられ、今でも日本の花の代表的存在である花が紫苑(シオン)です。シオンには別れを意味する花言葉「追憶」「君を忘れない」「遠方にある人を思う」というものがあります。

シオンには父の死を悼む兄弟のエピソードが有名です。父の死を悼み、二人の兄弟は毎日欠かさず墓参りを続けましたが、ある時、仕事が忙しくなった兄は墓前に忘れ草を供え、墓参りをしなくなるようになります。

一方、弟は墓前にシオンを手向け、毎日欠かさず墓参りを続けました。この弟の行いに感じ入った鬼は弟に不思議な力を授け、弟はそのおかげで裕福に暮らしたという言い伝えがあります。

別れを意味する花言葉21.秋明菊

秋に咲く花の代表である菊の種類のひとつとされますが、実際にはキク科ではなくキンポウゲ科の花です。秋に明るい色で咲き誇ることから秋明菊(シュウメイギク)と名付けられたようです。

そんなシュウメイギクの花言葉は「薄れゆく愛」「淡い想い」「忍耐」というネガティブなものが多くあります。これらは咲く姿が似ているアネモネの影響を強く受けているとされています。

別れを意味する花言葉22.スカビオサ

スカビオサは「不幸な愛」「私はすべてを失った」という花言葉で知られる悲しい別れの花です。紫色が特徴であるように、西洋由来では紫色は悲しいイメージをまとっています。

スカビオサの花言葉の由来は、同じくギリシャ神話に由来を持つヒヤシンスの影響を強く受けているようです。ヒヤシンスも紫色が印象的な花ですが、この紫色の悲しみイメージがスカビオサにもあるようです。

大切な人に花を贈る時は意味をしっかりと知っておこう!

花は贈り物となった時に、花言葉を添えることでとても印象深く、記憶に残るプレゼントになります。そんな時、花言葉を知っているか知らないかでは大きな違いが生じてきます。

大切な人に花を贈る時は花言葉の意味をしっかりと知っておくことは重要です。贈り物の質と印象をさらに引き上げるために、この記事を参考にしてみてください!

他の花言葉の情報を知りたい方はこちらの記事をどうぞ

デイジーの花言葉を色別にご紹介!大切な人に気持ちを伝えよう!
感謝やありがとうの意味を持つ花言葉20選!大切な人に想いを伝えよう
幸せや縁起のいい花言葉30選!結婚式やお祝いごとにぴったり!
バラの花言葉は色や本数で意味が変わる!贈る相手に合わせよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ