平成生まれが知らない!昭和生まれっぽい言葉21選【会話ネタ!】

昭和レトロという言葉をご存知ですか?いま昭和っぽいアイテムや昭和っぽい言葉などが再びブームとなって注目されています!今回は平成生まれが知らない懐かしの昭和っぽいレトロな言葉をご紹介します。ユニークな響きがとてもおもしろいですよ♪

平成生まれが知らない!昭和生まれっぽい言葉21選【会話ネタ!】	のイメージ

目次

  1. 平成生まれが驚く!昭和のレトロ言葉はこれ!
  2. 昭和生まれって何年生まれ?今何歳?【2020年】
  3. 平成生まれが驚く!今は使わない昭和っぽい言葉とは?
  4. 昭和と平成のジェネレーションギャップもネタになる!

平成生まれが驚く!昭和のレトロ言葉はこれ!

時代は平成から令和になりどんどん便利なサービスや新しい言葉が生まれています。だからこそ、昭和生まれの人の言葉は平成生まれの人間にとっては新鮮に映ることもしばしばあります。

そして、いま昭和っぽい遊びや昭和っぽい言葉が再びブームとなって注目を集めているのをご存知でしょうか。

昭和の時代の遊びや言葉はとてもレトロで、独特のノスタルジックな雰囲気がたまらなく魅力的ですよね。

上司が使っている昭和生まれの言葉に興味をひかれた方、「どんな意味なんだろう?」と疑問に思った方に向けて、今回は平成生まれが驚く昭和のレトロ言葉を厳選してまとめてみました!

今ではもう使わなくなってしまったユニークな言葉ばかりです。会話のネタとして幾つか覚えておくと、飲み会などの場で世代を超えて盛り上がれること間違いなしですよ♪

昭和生まれって何年生まれ?今何歳?【2020年】

令和、平成、昭和と時代はさかのぼっていきますが、そもそも昭和生まれとは西暦でいうと何年生まれなの?と思う方もいるかもしれませんね。

昭和という時代はとても長く、1926年12月25日から1989年1月7日まで60年以上も続きました。これだけ長く続いた時代ですから、途中には戦争があったり高度経済成長期があったり様々な出来事が起こりました。

昭和を生きてきた人たちは日本の生活や経済の移り変わりを目の当たりにしてきた人たちと言えます。

2020年は32歳以上(31歳も一部含む)が昭和生まれ!

昭和の最後の年は昭和64(1989)年1月7日までなので、2020年現在、昭和生まれは32歳以上の方が該当します!1989年の途中で昭和から平成に変わっていますので、一部の31歳の人も昭和生まれになります。

ちなみに、昭和64年生まれのかたは本当に珍しい存在です。1989年1月7日まで昭和で、1月8日以降が平成になっているため、1989年1月1日から1月7日までの7日間の間に生まれた人だけが昭和64年生まれと呼ぶことができます。

7日間しかなかった昭和64年生まれの人たちはもちろん人数も非常に少なく、非常にレアで貴重な存在と呼ばれています!

1990年代~2000年代は昭和生まれ平成育ち!?

ちなみに1990年代から2000年代に生まれた人たちは、昭和生まれの平成育ちと呼ばれることがあります。

1990年代はまだまだ日本は昭和の雰囲気が色濃く残っていた時代です。昔ながらの長屋が多くあり、各家庭では昭和時代の家電や家具が当たり前のように現役で活躍していました。

2000年代以降になるとIT技術の進化などに伴いPCや携帯電話、携帯ゲーム機などが普及し始め、一気に近代的な文化が浸透してきて生活様式がガラリと変わりました。

1990年代から2000年代に生まれた人は幼い頃は昭和の雰囲気を身近に感じながら育ち、物心がついてきた頃から平成の文化を取り入れてきた人がほとんどです。

平成生まれであっても昭和レトロをどこか懐かしいと感じる人が多いのはこのためかもしれませんね♪

平成生まれが驚く!今は使わない昭和っぽい言葉とは?

一定の年代以上の人にとっては今も懐かしく思い返す昭和時代ですが、会話の中でつい昭和っぽい言葉を使ってしまって若い人たちに驚かれたという人もいるのではないでしょうか?

ここからは平成生まれが「なにそれ?」と思わず驚いてしまう昭和っぽい言葉をご紹介します。

最近は芸人の平野ノラさんがバブル時代の言葉を連発する芸風で人気が出ましたが、昭和っぽい言葉は人を元気にするパワーがあふれています!

いろんな世代の人と話す時の1つの会話のネタとして覚えておくときっとその場が盛り上がりますよ♪

①ナウい

「ナウい」は昭和っぽい言葉の代名詞とも言えますね!「ナウい」は「最新の」「今時の」という意味で使われます。英語の「now」から生まれた造語で、若者言葉として頻繁に使われていました。

「ナウなヤング」という言葉は流行に敏感でトレンドをおさえているオシャレな若者という意味で、最大級の誉め言葉で使われていましたね!いま使うと逆に新鮮さを感じるかもしれません。

②チャンネルを回す

「チャンネルを回す」という言葉も今ではもはや死語になりつつあります。

昔のブラウン管テレビはテレビ本体にスイッチやつまみが付いていて、それをガチャガチャと回して番組を切り替えていました。そのため他の番組を見たい時は「チャンネル回して」という感じでこの言葉を使っていましたね。

今は当然のようにテレビにはリモコンが付いていますので、若い人や子供にはチャンネルの意味は分かっても「回す」の意味が理解できないでしょうね!

③DVDを「デーブイデー」という!

昭和時代は録画機器と言えばVHSのビデオが主流でしたが、新しい媒体としてDVDが登場して一躍話題になりました。

まだDVDに慣れていなかった大人たちはDVDの話をする時に「デーブイデー」という人が多く、今でもその名残で「D」と「デー」と発音してしまう人は少なくないようです。

東京ディズニーランドを「東京デズニーランド」と言ってしまう昭和生まれの人も多いですね。見た目は若くても「デーブイデー」と発音する人は昭和生まれ昭和育ちと考えてまず間違いないでしょう!

④スーシー(寿司)やザギン(銀座)などの業界用語!

昭和から平成初期にかけてはバブル真っ只中の時代だったこともあり、様々な職種で独特な業界用語が生まれていました。

お寿司のことを「スーシー」と言ったり、銀座のことを「ザギン」と言うと仕事ができる大人といった感じで格好良く聞こえたものです。

今ではギャグのように聞こえる「ギロッポン(六本木)」「シータク(タクシー)」なども今使うとジェネレーションギャップをすごく感じてしまう言葉になっています。

⑤ズボン

「ズボン」は今でも普通に使われている言葉ですが、実はこれも最近の若い人から見れば昭和っぽい言葉に分類されることがあります。

今ではズボンは「パンツ」と言います。もちろん下着のことではありませんので会話の中で恥をかかないようにしっかり覚えておきましょう!

⑥アベック

「アベック」は恋人同士のことを言います。今では「カップル」や「カレカノ」「相方」などの呼び方が定着しています。

「アベック」は実はフランス語で恋人同士を意味する「avec」が語源になっています。フランス語と聞くと「アベック」という言葉も少しオシャレな響きに聞こえてくるような気がして不思議な気持ちになりますね。

⑦花金

「花金」は「花の金曜日」の昭和の略語です。次の日が土曜日でお休みの金曜日は開放的な気持ちになって楽しめるという意味で使われていました。

また一部では金曜日に給料支給日があたっている日を特別に「花金」と呼ぶこともありました。

今の若い世代の人に「次の花金どこに行く?」と聞いてもいまいちピンとこない子もいるかもしれませんよ!

⑧おニュー

「おニュー」は昭和世代の人間にとってはすごく懐かしい言葉です。「おニュー」のニューは英語の「new」で、「おニュー」は「新しいもの」「新品の」という意味があります。

「これおニューの靴なんだよ」「そのおニューの服かわいいね!」など主に子供や女性が頻繁に使っていた言葉という印象ですね。

今では立派な死語になっていますので、プライベートや職場でつい使ってしまわないように要注意ですね!

⑨ジャンパー

「ジャンパー」は冬物の上着のことです。

本来は仕事などで着用するウェスト部分を絞った作業着の事を「ジャンパー」と表していたようですが、昭和時代は世間一般的には子どもから大人まで上着は全部まとめて「ジャンパー」とは呼んでいました。

今は上着のことは「アウター」と呼びますね。ジャンパーも今では滅多に耳にすることはなくなってきました。

⑩ジーパン

「ジーパン」はデニム生地でできた下半身に履く衣類のことです。今は「デニム」「デニムパンツ」と言います。

30代以上の人なら現在も普通に「ジーパン」という言葉は使っている人も多いですね。平成生まれにも恐らく通用するとは思いますが、年代のギャップを与えてしまっていることは言うまでもありません。

ファッション好きな人はジーパンは「デニム」と覚えておきましょう!

⑪あたり前田のクラッカー

「あたり前田のクラッカー」は「当たり前だよ」という意味の昭和のギャグですね。

1960年代に大ヒットしたコメディ番組「てなもんや三度笠」の中で俳優の藤田まことさんが「ランチクラッカー」の宣伝で「あたり前田のクラッカー」と言っていたのが大流行して広まった言葉です。

昭和時代は子どもも大人もみんなこの言葉を使っていました。今使うと懐かしの「親父ギャグ」と言われるでしょう。

⑫アッシー&メッシー

「アッシー&メッシー」はバブル時代によく使われていた言葉です。「アッシー」が女性のために車を出してくれる男性のことで、「メッシー」が女性に食事をおごってくれる男性のことを言います。

バブル時代は若い人も裕福な人が多く、女性のためにお金を使うことが一種のステータスのようになっていた頃もありました。

「アッシーくん」「メッシーくん」の数を競っていた女性も多かったようですが、今ではこの言葉を使っている人はほとんど見かけなくなりましたね。

⑬チョベリバ

「チョベリバ」は昭和のいわゆるギャル語です。「チョーベリーバッド」の略で、「最悪」を意味する言葉ですね。

よく似た言葉で「チョベリグ」という言葉もあり、こちらは「チョーベリーグッド」の略で「最高」を意味します。テレビの懐かしの昭和言葉でもよく取り上げられる言葉なので、合コンや飲み会で使ってみると意外と盛り上がるかもしれませんね♪

⑭まぶい

「まぶい」は「まぶしい」の略だという説と、「本物の」という意味の「まぶ」を使った言葉だという説があります。

「まぶい」は可愛い女性や綺麗な女性、スタイルが良い女性のことを褒める言葉として使われていました。主に男性が女性に向かって使う言葉でしたね。

⑮お先にドロンします

「お先にドロンします」は「先に帰ります」「お先に失礼します」の意味があります。忍者のように指を組んだポーズをしながら使う人も多かったですね!

ドロンは飲み会などで先に帰る人がよく使っていましたが、忍者やお化け、たぬきが煙のように消えるようなイメージから定着した言葉と言われています。今はウケ狙いで使っている人もいるようです♪

⑯余裕のよっちゃん

「余裕のよっちゃん」は語呂が良い言葉遊びの中から生まれた言葉です。「余裕だよ」と言うよりも「余裕のよっちゃんよ」と言ったほうが飄々とした雰囲気でクールでカッコよく見えたものです。

今は50代以上ぐらいの男性が使っているイメージですね。

⑰コンサバ

「コンサバ」は英語の「conservative」の略で「保守的な」という意味があります。一般的には伝統や昔ながらの考え方を大事にしている人に対して使っていました。

1990年代に流行したギャルファッションやストリートファッションなどとは対極にある清楚系お姉さんやお嬢様系のファッションを意味する言葉でした。

コンサバの逆の言葉として、革新的という意味の英語「progressive」の略で「プログレ」を使ったり、現代的なという意味のフランス語「avantgarde(アバンギャルド)」を使う人もいました。

⑱半ドン

「半ドン」はまさに昭和時代を象徴する言葉の1つです。「半ドン」は午前中だけ仕事をしたり学校に行くことを意味します。

「半ドン」のドンはドイツ語で休みを意味する「ドンタク」の略だと言われています。

昭和時代には学校も土曜日は午前中だけ登校していた時代があったのです。半ドンと言えばお昼ご飯を自宅に帰って食べたことを思い出す人も多いでしょうね♪

⑲おそよう

「おそよう」は遅い時間に起きた人などに対して使っていた挨拶言葉です。「おはよう」に対して「起きてくるのが遅い」という少し皮肉を込めた言葉ですね!

昭和生まれの昭和育ちの人は、休日にお昼まで寝ていて母親や父親に「おそよう」と言われてしまった人もきっと多いことでしょう。

⑳バッチグー

「バッチグー」は日本語の「ばっちり」と英語の「good」を組み合わせた造語で、「完璧」「素晴らしい」という意味の言葉です。

昭和時代や平成初期の頃は、軽く親指を立ててウィンクをしながら「バッチグー」とポーズを決めていたアイドルも多かったですね♪

㉑冗談はよしこちゃん

「冗談はよしこちゃん」は「冗談はやめてよ」という意味のギャグですね。本気で怒っている時は使いませんが、親しい友達同士が笑いながらじゃれ合う中でよく使われていました。

平成生まれはまず使ったことがないと思われるこの言葉は、今ではすごく新鮮な響きに聞こえるかもしれませんね!

昭和と平成のジェネレーションギャップもネタになる!

昭和っぽい言葉をたくさんご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?一定の世代の人にとっては懐かしさに思わず笑顔になってしまう人もいたかもしれませんね!

昭和っぽい言葉は世代を超えたジェネレーションギャップのネタにもなります。会話を盛り上げるテクニックの1つとしてぜひ使ってみてくださいね。

昭和時代の文化についてもっと知りたい方へ♪

平成・昭和の売れたJ-POP名曲ランキングTOP50!人気のヒットソング満載!
歴代ドラマ視聴率ランキングTOP35!平成・昭和の名作をチェック【2020年】
若い頃イケメンだった俳優ランキングTOP35!あの昭和の名俳優も♪
昭和顔の特徴!平成顔女性との違いは?女優だと誰が昭和顔?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ