妊娠初期のくしゃみの胎児への影響は?妊娠中くしゃみで腹痛を感じたら?

妊娠初期のくしゃみが胎児に与える影響について考えます。妊娠初期にくしゃみがよく出る人や、くしゃみ時に腹痛を感じる人は多いようです。くしゃみが胎児に与える影響は大きいものなのでしょうか?くしゃみに付随して起こる尿漏れについても解説を加えます。

妊娠初期のくしゃみの胎児への影響は?妊娠中くしゃみで腹痛を感じたら?のイメージ

目次

  1. 妊娠初期は、くしゃみがよく出る?
  2. 妊娠初期にくしゃみがよく出る理由とは?
  3. 妊娠初期によく出るくしゃみで、胎児に影響はでる?
  4. 妊娠初期によく出るくしゃみのメカニズム
  5. 結論:妊娠初期のくしゃみは、胎児に影響はありません!
  6. 妊娠初期のくしゃみによる「腹痛」を抑える方法
  7. 妊娠初期のくしゃみは、できるだけ控えめに
  8. 妊娠初期のくしゃみ時は、尿漏れに注意!
  9. 妊娠初期のくしゃみによる尿漏れには、専用ライナーを
  10. 妊娠初期のくしゃみは、減らすことができる!
  11. 妊娠初期のくしゃみを減らす方法(1)マスクをする
  12. 妊娠初期のくしゃみを減らす方法(2)アレルゲンに触れない
  13. 妊娠初期のくしゃみを減らす方法(3)鼻うがいをする
  14. まとめ:妊娠初期のくしゃみは、胎児には影響なし

妊娠初期は、くしゃみがよく出る?

そもそもくしゃみとは、鼻に直接感じる刺激や、アレルギー反応などによって起こる生理現象です。鼻や口から激しく空気が放出されるので、公の場では失礼に当たることもあります。

ところで、妊娠初期の人がくしゃみをした際、「痛い!」と感じるほどの激しい腹痛を経験することが多いようです。しかも、その腹痛をともなうくしゃみが、普段よりもよく出るようになった、というウワサも聞きます。
実は、この現象には立派な科学的根拠があるのです。

by_chiiiさんの投稿
22499688 123644608345780 5374206454800580608 n

妊娠初期にくしゃみがよく出る理由とは?

妊娠初期の人は、体内のホルモンバランスが変化し、免疫力が低下することがあります。すると、体が普段よりも敏感になり、鼻の中に入った異物(ホコリや花粉など)に過剰な反応をするようになります。つまり、鼻水が異常に流れたり、くしゃみがよく出るようになる、ということですね。

ホルモンバランスが変化すると、くしゃみがよく出るようになるだけではなく、肌にも異常が現れる場合があります。肌が荒れたりにきびが出たりしやすくなるのも、妊娠初期の特徴です。

studio.angeさんの投稿
22429965 1917930788236827 3281531726278426624 n

妊娠初期によく出るくしゃみで、胎児に影響はでる?

yamadaps1923さんの投稿
22500531 1861101097539113 1635441512441446400 n

口や鼻からたくさんの空気が放出され、時に大きな声や体の反動をともなうくしゃみ。リアクションが大きくならざるを得ないため、安静にすべき妊婦の方にとっては悩みの種になるかもしれません。
できるかぎり胎児への刺激を少なくしたい妊娠初期に、くしゃみがよく出る現象は見過ごすことはできません。

特に、妊娠初期にくしゃみをすると、おなかが痛いと感じる人も多いようです。
ちょっと痛いくらいなら平気ですが、これが激しい痛みだった場合、胎児に悪影響が出ていないか、本気で心配してしまうでしょう。
やはり、妊娠初期のくしゃみは、胎児に大きな影響を与えてしまうのでしょうか?


◆関連記事:妊婦と目薬の関係について

妊婦は目薬を使えるの?妊娠中の目のトラブルへの対策は?

妊娠初期によく出るくしゃみのメカニズム

妊娠初期にくしゃみをして、おなかが痛いと感じることもあるでしょう。しかし、その腹痛は子宮が収縮した痛みではなく、子宮の周りの筋肉の収縮による痛みなのです。
妊娠して子宮が大きくなると、それを支える筋肉や靭帯は常に固く、緊張している状態が続きます。そこに、くしゃみによって大きな圧力がかかると痛みが生じるのです。

つまり、あくまで子宮周りの筋肉の緊張が腹痛の原因であり、子宮への直接的な影響は少ないのです。
したがって、子宮内の胎児に大きな影響を及ぼすことは考えられません。「胎児が痛いと感じているのでは・・・」と思う人もいるかもしれませんが、その心配もありません。くしゃみがよく出ることによって流産や早産をしたケースは、ほぼ皆無です。

たしかに妊娠初期は、妊娠している人が食べる物や運動の影響が、胎児に及びやすい重要な時期です。様々なことに敏感になるのはわかりますが、くしゃみをして痛いと感じたことに、多大な心配をする必要は無いでしょう。

結論:妊娠初期のくしゃみは、胎児に影響はありません!

たとえ妊娠初期にくしゃみがよく出るようになったとしても、それはホルモンバランスの変化によるもので、心配はありません。
さらに、くしゃみをしておなかが痛いと感じたことが有っても、それは子宮周りの筋肉の収縮によるものです。胎児に異常が起きた証拠とは考えられませんので、安心してください。

くしゃみをしたことによって、胎児への影響をアレコレ考えるほうが、母体にとってはストレスになります。心配事は、少しでも減らしたほうがよいですよね。

k_surf05さんの投稿
22427344 135686977076839 7996228021289746432 n

妊娠初期のくしゃみによる「腹痛」を抑える方法

妊娠初期のくしゃみは、胎児に影響は無いことはわかりました。しかし、くしゃみがよく出るようになったり、腹痛が酷かったりする場合は、やはり母体に負荷がかかります。くしゃみによる腹痛を抑える方法は無いものでしょうか?

くしゃみしそうになったとき、腹痛を抑える方法はいくつかあります。

studio__fujiさんの投稿
22429809 357760204650618 1286080226815639552 n

(1)手近なものを掴む

くしゃみしそうになった時が電車の中であれば、手すりやつり革を掴みます。外出先であれば、電柱やガードレール、看板など。身の回りに建物が無い場合は、自分のかばんでも結構です。
とりあえず、くしゃみが出そうになったら、何か手近なものを思い切り掴みましょう。その状態でくしゃみをすれば、くしゃみの衝撃がその掴んだものに逃げていくはずです。

kaoru_matsuo78さんの投稿
22430415 1452202214815123 4605606311831273472 n

(2)鼻をつまんだり、歯を食いしばる

これらも、くしゃみ時に「痛い」と感じることを予防する方法です。
おなか以外のどこかに力を入れることによって、くしゃみ時におなかに力が入りすぎることを予防するのです。

ak_once0614さんの投稿
21910131 258515161337146 7732997219543941120 n


◆関連記事:妊婦の眠気についてまとめてみました

妊婦は眠い!妊娠中の眠気の原因と対策を解説!なぜ眠いの?

妊娠初期のくしゃみは、できるだけ控えめに

大きな声や動作でくしゃみをすれば、たしかに気分はスッキリと晴れるでしょう。しかし、くしゃみによるオーバーな動作は、時に鼻や喉の粘膜に傷をつけ、痛い症状を引き起こす原因にもなります。
おなかに余計な圧力を加えて腹痛を引き起こさないためにも、妊娠初期のくしゃみはできるかぎり控えめを心がけましょう。

eri.omuroさんの投稿
22344941 1124080351028306 7540894598093078528 n

妊娠初期のくしゃみ時は、尿漏れに注意!

くしゃみによる影響は、腹痛だけではありません。女性にありがちな尿漏れも、くしゃみによって引き起こされる場合があります。

妊娠中は、胎児によって大きくなった子宮が、膀胱を圧迫している状態です。くしゃみをすると、その反動が膀胱に及び、尿漏れをしてしまう人が多いのです。

妊娠初期のくしゃみによる尿漏れには、専用ライナーを

yasuha0227さんの投稿
11326069 875650879170134 688682575 n

くしゃみがよく出ることによる尿漏れが気になる場合は、尿漏れ専用のナプキン・ライナーを使うことをオススメします。いまでは、外から見えないよう薄く作られたライナーや、デザインのかわいいナプキンが数多く販売されています。

尿漏れはまったく恥ずかしいことではなく、多くの人が悩む症状です。尿漏れに特化した商品を見つけて、賢く対処しましょう。

reicoohataさんの投稿
20687799 1864795817170279 7513112129692499968 n

妊娠初期のくしゃみは、減らすことができる!

妊娠初期のくしゃみは、腹痛だけではなく尿漏れも引き起こします。胎児に影響は無いにしても、様々な悩みの原因になるくしゃみは、できるだけ回数を減らしたいものです。

しかし、くしゃみを我慢するのは、かえって体に悪影響を及ぼします。そもそも、くしゃみは体に備わった防衛機能なのです。無理やりに押さえ込んでは、体内の異物がいつまでたっても排出されない状態が続いてしまいます。
したがって、くしゃみによる悩みを減らすためには、くしゃみの原因を断つ必要があるのです。その方法をいくつかご紹介しましょう。

妊娠初期のくしゃみを減らす方法(1)マスクをする

06asami26さんの投稿
19429499 453958961636505 7270207196250505216 n

くしゃみは、鼻が直接刺激されて起こる防衛反応です。マスクをかければ、鼻に入り込むホコリや花粉などの異物を防ぐことができます。
マスクは、くしゃみ予防だけではなく、感染症の予防、ひいてはつわりの対策にもなります。妊娠初期のくしゃみに悩む人は、マスクを常用すると症状が軽くなるかもしれません。

rindamadeさんの投稿
19228683 235583606947722 4738791581232922624 n

妊娠初期のくしゃみを減らす方法(2)アレルゲンに触れない

mr.amazon_manさんの投稿
22499748 473624446354621 3284023327001149440 n

くしゃみがアレルギー反応によって起こる場合は、そのアレルギー反応を起こすモトである「アレルゲン」との接触を断つ必要があります。
アレルゲンは人それぞれです。花粉症の人にとってのアレルゲンは「花粉」。ハウスダストや、猫の毛、タバコの煙がアレルゲンの人もいるでしょう。そういったものからできる限り遠ざかる生活を心がければ、くしゃみの回数も減ってくるはずです。

一度、耳鼻咽喉科で自分のアレルゲンは何なのか、検査してもらうことをオススメします。

shimashima2228さんの投稿
17267981 392376821144337 4100628005905235968 n

妊娠初期のくしゃみを減らす方法(3)鼻うがいをする

鼻うがいも、アレルゲンを取り除くために有効な方法です。風邪やインフルエンザの予防にもつながるので、アレルギーの有る無しに関わらずオススメ出来ます。
ただし、鼻うがいは正確な手順を踏まないと、かえって健康を害する恐れがあります。医師や薬剤師など、医療関係者によく説明してもらってから使用するようにしましょう。

dhd_taharaさんの投稿
22071359 488244581555185 6724159725845348352 n

まとめ:妊娠初期のくしゃみは、胎児には影響なし

妊娠初期によく出るくしゃみは、胎児に悪影響が無いことがわかりました。
ただし、影響が無いからと言って、オーバーリアクションでくしゃみをすることはオススメできません。体の動きが大きければ大きいほど、胎児のいる子宮へ影響が出る危険性が高くなります。加えて、尿漏れの悩みも大きくなるでしょう。

くしゃみに対して過剰に敏感になることはありませんが、多少の配慮は必要です。くしゃみは控えめを心がけ、アレルゲンや風邪予防のためにも、くしゃみを減らす習慣を身につけるよう心がけましょう。

sweetmommyofficialさんの投稿
18443535 894632080684503 7453099075651502080 n

もっと「妊娠」についての情報が知りたいアナタへ

子作りのコツ!正しい方法を知って妊娠確率をあげよう【女性必見】
高温期10日目に体温下がるのは着床しているから?妊娠してるかも!
高温期10日目の症状!フライングで陰性なら妊娠してない?陽性だと?

関連するまとめ

リナロール
リナロール

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ