頭が固い人の特徴と改善方法解説!

頭が固い人に悩まされている人も多いのではないでしょうか。仕事場に頭の固い人がいると、様々な面で迷惑してしまいます。このような人とは係わり合いになりたくないものですが、頭が固い人にはどのような特徴があるのでしょうか。紹介していきます。

頭が固い人の特徴と改善方法解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】頭が固い人が鬱陶しい
  2. 頭が固い人の特徴を知ろう
  3. 【頭が固い人の特徴①】意見を取り入れない
  4. 【頭が固い人の特徴②】常識にとらわれる
  5. 【頭が固い人の特徴③】客観的に物事を見れない
  6. 【頭が固い人の特徴④】挑戦しない性格
  7. 【頭が固い人の特徴⑤】生み出せない人
  8. 【頭が固い人の特徴⑥】考える努力をしない
  9. 【頭が固い人の特徴⑦】心配性な人
  10. 【頭が固い人の特徴⑧】両親の頭も固い
  11. 頭が固い人の改善方法を知ろう
  12. 【頭が固い人の改善方法①】人の話を聞く
  13. 【頭が固い人の改善方法②】常識を疑ってみる
  14. 【頭が固い人の改善方法③】俯瞰で考える
  15. 【頭が固い人の改善方法④】好奇心を持つ
  16. 【頭が固い人の改善方法⑤】オリジナリティーを持つ
  17. 【頭が固い人の改善方法⑥】努力する
  18. 【頭が固い人の改善方法⑦】不安に打ち勝つ
  19. 【頭が固い人の改善方法⑧】両親への反発心
  20. 【まとめ】頭が固い人は改善することができる

【はじめに】頭が固い人が鬱陶しい

頭が固い人が周りにいると、それだけで深いため息が出てしまうものです。頭が固い人が一人いるだけで、様々なことが円滑に進まなくなりますし、迷惑をかけられることもあります。特に仕事という面では、このような人がいると、かなり鬱陶しいと感じてしまうでしょう。

そもそも頭が固いの意味は、物事を柔軟に考えられないという意味です。固定観念に縛られ、一つの考え方しかできないという意味ですので、柔軟な対応が求められる仕事においては、このような人は仕事ができない人ということになってしまいます。

頭が固い人を説得するのは難しいものです。いくら説明しても意味が伝わらないどころか、それはマニュアルではないから、という固定観念に縛られ、意見を譲ろうとしません。後輩であればまだ対処できますが、仕事の上司などの頭が固いと、結局その考えに従わねばならず、ストレスが溜まってしまいます。

頭が固い人と一緒に仕事をしたいという人はあまりいないでしょう。意味の伝わらない相手よりも、少し会話をしただけでこちらがやりたいことの意味を理解してくれる相手のほうが仕事はしやすいです。できるだけ、仕事をする上では係わり合いになりたくない性格の人ですが、どのようにすれば見分けることができるのでしょうか。

頭が固い人の特徴を知ろう

頭が固い人を見分けられるようになれば、その人と係わり合いにならないようにすることができるため、なんとか頭が固い人を見分けられるようになりたいものです。そこでここからは、頭が固い人に現れる特徴を紹介していきたいと思います。

頭が固い人の特徴を知っておけば、係わり合いにならないで済むため、無意味な議論をすることもなくなり、仕事を円滑に進めることができます。また、特徴を知ることは心理や性格を知ることにも繋がるため、対処するためにも役立つものです。

頭が柔らかい人は、頭が固い人がどうしてそこまで頭が固いのか意味がわからないでしょう。話の内容や考え方そのものの意味が理解できないこともあります。しかし、ある程度、その人がどのような意味合いでそのような考えを持っているのかがわかれば、うまく頭が固い人をコントロールできるようになるものです。

様々な意味でも、頭が固い人の特徴を知っておくことは大切なこととなります。頭が固い人に迷惑している人や、頭が固い人と関わって無意味な時間を使いたくないという人は、しっかりと頭が固い人の特徴を理解しておきましょう。

【頭が固い人の特徴①】意見を取り入れない

頭が固い人の特徴としては、意見を取り入れないという特徴もあります。

頭が固い人は、基本的に自分の考えが正しいという考えを持っています。プライドが高い性格であることが原因です。自分の考えは必ず正しいという思い込みを持っているため、人の意見の意味を考えることすらせず、却下するという特徴があるのです。

このような人が上司だと、どれだけ新しいことをやりたくても、意味を理解してもらえなかったり、内容を聞くことすらしてもらえず、意見を却下されてしまいます。ワンマンな性格といってしまえばそれまでですが、このような人が仕事場にいると、全てその人の意見に従うしか方法がなくなるため、部下はかなり不満を持ってしまいます。

頭が固い人は自分の考えが間違っていると微塵も思いません。それが原因で部下に嫌われるのですが、本人はなぜ嫌われているのか意味を理解していなかったり、嫌われていることにすら気付かないというお気楽な性格をしています。注意しておきましょう。

【頭が固い人の特徴②】常識にとらわれる

頭が固い人の特徴としては、常識にとらわれるという特徴もあります。

頭が固い人は自分の考えに固執しますが、その考えはほとんどが、マニュアルや世間一般で正しいといわれている考え方です。頭が固い人はこのようなマニュアルを正しいことと信じ、マニュアルだから、と意見を変えません。

本来であれば、マニュアルの意味を考え、目の前にマニュアルでは図れない出来事があったら、臨機応変に対応するべきです。しかし、頭が固い人は心理の中に、マニュアルは絶対、という心理があるため、マニュアル以外の行動を行うことがないのです。

頭が固い人は、マニュアルを強く信じており、絶対的なものだと考えています。特に仕事だとこのようなマニュアル人間は迷惑となる人間ですので、かなり鬱陶しく感じるでしょう。実際に仕事ができない人が、このような心理を持っているため、注意しておきましょう。

【頭が固い人の特徴③】客観的に物事を見れない

頭が固い人の特徴としては、客観的に物事を見れないという特徴もあります。

頭が固い人は、人の意見を聞かない性格ですが、これは他の人の考えを想像できないからです。仕事をする上では、様々な考えが必要となるものです。自分の立場もありますが、人の立場も考え、様々なことを判断していかなければならないものでしょう。

しかし頭が固い人は主観でしか物事を見れない性格ですので、そのようなことが原因で他の人の意見をろくに熟考せずに、却下します。自分本位という心理もあるのですが、そもそも他の人の心理を想像する能力がないのが、頭が固い人なのです。

仕事をする上で上司が自分を理解してくれないというのは悲しいですし、信頼もなくなります。互いにとって良くない状況が仕事場で発生してしまうのですが、頭が固いだけにこのような上司の性格は直らないため、注意しておきましょう。

【頭が固い人の特徴④】挑戦しない性格

頭が固い人の特徴としては、挑戦しない性格である、という特徴もあります。

頭が固い人はマニュアルを大事にする心理を持っていますが、そのような心理は日常生活にも表れます。新しいことをやるのが嫌いであったり、避けたりするのです。新商品などがあっても、買ってみようと思わない人などがこれに当てはまります。

仕事を行う上では、新しいことをやらなければ対応できなかったり、結果を出せないことも多いです。しかしそのような時でも、頭が固い人は新しいことをやろうとしません。これまでやってきたことの中で、なんとか対応しようとします。

頭が固い人は、方法論がそもそも少ないです。マニュアル以外のことを仕事で行えない性格ですので、当然でしょう。そのため、ある意味、新しいことをやる能力がない、もしくはやり方がわからないというところがあります。その結果、挑戦しない性格や心理となるのです。


◆関連記事:どうせなら頭が切れる人になりたいですね!

頭が切れる人の特徴と違い9選!頭が切れるの意味ってそもそも何?

【頭が固い人の特徴⑤】生み出せない人

頭が固い人の特徴としては、生み出せない人という特徴もあります。

頭が固い人は、新しいことに挑戦しない性格なのですが、それはそもそも自分の中で新しいことを生み出すことができないからです。つまり、性格があるから挑戦しないというよりも、新しいことを生み出せないから、新しいことに対して抵抗感があるということになります。

新しい考えを生み出せないのは、マニュアル人間であることがほとんどの原因です。これまでの人生、マニュアルばかりを信じ、生きてきた人は、必ずマニュアルに頼り、それ以上のことを考えようとしません。そういう人生を歩んでいるため、新しいことを考える能力が低く、性格や心理も、新しいことを拒否するようなものになってしまうというわけです。

頭が固い人は、人から教えられたことしかできないものです。逆に教えられたことであれば、しっかりできるため、表面上、能力が低いとは思えないのですが、よく掘り下げていくと、能力が低いことがわかるため、注意しておきましょう。

【頭が固い人の特徴⑥】考える努力をしない

頭が固い人の特徴としては、考える努力をしないという特徴もあります。

頭が固い人が新しいことを嫌ったり、実行しないのは、能力的なこともあるのですが、そもそも楽をしたいという心理を持っているからという原因もあります。

新しいことを行うのは大変です。これまでのマニュアルが使えないですし、自分たちで全てを生み出さなければならないため、かなりの労力でしょう。そのため、性格的に楽をしたい性格の人は、このようなことをしたくないと思ってしまいます。とにかく楽に仕事をしたいからです。

結局、心理の中にある、ずぼらな心理が、新しいことを拒否しているのです。新しいことにおける努力をしたくないという心理が、頭が固いという形で表面化されているということになります。覚えておきましょう。

【頭が固い人の特徴⑦】心配性な人

頭が固い人の特徴としては、心配性な人という特徴も挙げられます。

頭が固い人が新しい考えをせず、古い考えにばかり固執してしまうのは、新しいことをやるのが怖いという心理があるからです。新しいことはリスクがどの程度あるかわかりません。そのため、失敗してしまうのではという心理が強過ぎると、それが原因で、行動する気持ちが弱くなってしまいます。

マニュアル通りの対応を行っていれば、それが原因で失敗が起きても、原因はマニュアルにある、と言い逃れすることができるでしょう。自分への原因を他の人に移し変えることができるため、心配性な心理が原因で、頭が固くなってしまうのです。

頭が固くなる原因は、ある意味、責任を取りたくないという心理が原因ということになります。このような上司は責任を取りたくないという心理が原因で、自分のミスを人のせいにすることもあるため、注意しておきましょう。

【頭が固い人の特徴⑧】両親の頭も固い

頭が固い人の特徴としては、両親の頭も固いというものがあります。

頭が固い人が頭が固くなってしまった原因が、実は両親にあることもあるのです。小さい頃から、両親が柔軟な考え方をせず、世の中で正しいと言われていることが全て、という考えを子供に押し付けてしまうと、それが原因で子供も同じような考えになってしまうことがあります。

小さい頃からそのような環境で育ったら、そのような考え方が普通になってしまっても仕方ないでしょう。幼少期のことが原因のため、このような考えは大人になってもなかなか変わらないものです。

頭が固い人の親が原因で頭が固くなってしまったということは、その子供もまた、頭が固くなる危険があるということです。もちろんそうならないこともありますが、自分の子供をそのようにしたくない人は注意が必要です。

頭が固い人の改善方法を知ろう

頭が固い人の特徴を紹介してきたため、これで頭が固い人をある程度、見分けることができるようになったことでしょう。頭が固い人を見分け、近寄らないようにすれば、迷惑をかけられることもなくなるため、実行してみましょう。

ただ、いくら頭が固い人を見分けられたとしても、仕事であればその人と関わらなければならないことがたくさんあります。あの人は頭が固いから、という理由で仕事を断ることなどできません。それが上司ならなおさらでしょう。

そこでここからは、頭が固い人を改善するための、改善方法を紹介していきたいと思います。上司に対してはこのようなことを指示することはできないかもしれませんが、後輩に対してであれば指導できるでしょう。

また、自分が頭が固いことで悩んでいる人は、この改善方法を意識しておくことで、頭を柔らかくすることができます。それができれば、仕事でも役立ち、出世の手助けとなるかもしれないため、頭が固い人はこの改善方法を実行してみましょう。

【頭が固い人の改善方法①】人の話を聞く

頭が固い人の改善方法としては、人の話を聞くということを意識しておくことが大切です。

頭が固い人は人の話を聞きません。当然、意見を汲み取ってあげようという考えもないでしょう。しかし世の中、自分の中に必ず答えがあることばかりではないですし、むしろ自分以外の人間の考えが参考になることばかりです。人はそのような他人の考えを吸収し、成長していきます。

人の話が自分の身になり、成長の材料になることを実感すれば、人の話を聞こうという気になります。そして、様々な考えを統合し、新しいことを生み出すこともできるようになるでしょう。

大切なのは、人の考えをむやみやたらに否定しないということです。自分の考えにはない新しい考え方がそこにあるかもしれないと、宝探しのような気分で、人の意見をしっかりと聞くようにしましょう。そうすることで、頭が固い性格を直すことができるようになります。

【頭が固い人の改善方法②】常識を疑ってみる

頭が固い人の改善方法としては、常識を疑ってみる、という改善方法もあります。

頭が固い人はマニュアルが大好きです。マニュアルを絶対的なものだと信じ、それを元に全ての行動を決めますが、マニュアルでは対応しきれないことなど、世の中いくらでもあります。実際に役所などでマニュアル対応をされ、柔軟な対応をしてもらえなかったら、イラッとしてしまうものでしょう。

マニュアルは全てではありません。あくまで指標です。その人が本当にできる人かどうかというのは、どれだけマニュアルを応用できるかという部分が重要なのです。

そのためには、まず常識を疑ってみるという改善方法が大切となります。この改善方法により、当たり前が当たり前でなくなるため、様々なことに思考を巡らせるようになります。実行してみましょう。

【頭が固い人の改善方法③】俯瞰で考える

頭が固い人の改善方法としては、俯瞰で考えるという改善方法を行うと良いです。

頭が固い人は、主観でしか物事を考えられないことが多いです。そのため、客観的に物事を考えられず、頭が固い人となってしまいます。

これを修正するためには、自分ではなく、相手になりきって物事を考えるということが大切になります。自分はこうだけど、相手だったらどのように考えるだろうと常に考え、行動することにより、頭の固さも自然となくなっていくようになるのです。

この改善方法を行えば、人間的にも優しくなれるため、人望も得られます。これまでの周りの評価ががらりと変わるため、人間関係に悩みのある人ほど、この改善方法を実行してみましょう。

【頭が固い人の改善方法④】好奇心を持つ

頭が固い人の改善方法としては、好奇心を持つという改善方法もあります。

頭が固い人は好奇心が少ない傾向があります。好奇心がないことが原因で、新しいことに対して、楽しさというものを見出せないのです。

その結果、頭が固い人は、自分の考え以外の考えを持たなくなります。

新しいことをすれば、これまでにない経験ですので、脳細胞が刺激され、考えることが楽しくなるものです。やってみなければ、このような楽しさはわからないため、頭が固い人はとにかく、新しいことをやってみるようにしましょう。

【頭が固い人の改善方法⑤】オリジナリティーを持つ

頭が固い人の改善方法としては、オリジナリティーを持つという改善方法もあります。

頭が固い人が新しいことをやりたがらないのは、その能力が自分の中にないからです。実行できないからしない、ということなのですが、このような能力は鍛えることで身につけられるようになります。

オリジナリティーを身につけるためには、今までの考えを否定し、新しいことを自分の中で探すということが大切です。考え続けていれば、いつかは新しい発想というものが出てきます。

逆に今までと同じ行動、考えに縛られていると、オリジナリティーのあるものはいつまで経っても出てきません。自分に厳しくする、ということが大切ですので、覚えておきましょう。

【頭が固い人の改善方法⑥】努力する

頭が固い人の改善方法としては、努力するということが大切です。

オリジナリティーを出すためにも大切なことですが、頭の固い人は楽をしたいという気持ちが根底にあり、それが原因で頭が固くなっています。そのため、このようなズボラな部分を改めるということが大切になってくるのです。

楽に仕事をして給料をもらい続けていければそれも良いでしょう。しかしそのようなことでは、周りの信頼を失ってしまいますし、何よりあなた自身が評価されなくなってしまいます。後輩に出世され、惨めな思いをしないためにも、努力するということが大切なのです。

まずは努力するというよりも、努力しなければならないことから逃げないように意識しておきましょう。大変だけど、やってみるかという気持ちを持つことが大切なこととなります。

【頭が固い人の改善方法⑦】不安に打ち勝つ

頭が固い人の改善方法としては、不安に打ち勝つということも大切です。

頭が固い人は、新しいことに対して、恐怖心を持っています。前例がないだけに、失敗してしまうかも、という心理に押しつぶされてしまい、行動に移すことをしないのです。

このような不安は誰にでもあるものです。行動的な人でも、様々なリスクを承知の上で、全てを背負う覚悟をして、新しいことを行っています。誰にでもある不安なのですが、頭が固い人はそれにビビッてしまい、行動を起こせないということになります。

心配性な性格は、時として役立つこともあるでしょう。その心配性な性格のおかげで、危険を避けることができたということも多いはずです。しかし、それはどのような状況下でもあなたを救ってくれるわけではありません。時として、そのような心配性な性格が仇となることもあるため、そのことをしっかりと理解し、新しいことに挑戦してみましょう。


◆関連記事:融通が利かない人っていますよねぇ…

融通が利かない人と融通が利く人の違いは?特徴をそれぞれ解説

【頭が固い人の改善方法⑧】両親への反発心

頭が固い人の改善方法としては、両親への反発心を持つという改善方法もあります。

頭が固い人は、両親からの影響で頭が固くなってしまうこともあります。両親の考えが正しいと思っているからこそ、そのような考えになってしまうのですが、なかには両親の頭が固くても、そうならない人もいます。

頭の固さの影響を受けない人は、両親への反発心を持っている人が多いです。両親みたいにはならない、という考えが、思考回路の枷を解き放ち、柔軟な考えを行う足がかりとなっています。

両親を嫌いになれというわけではありませんが、両親の考えを一部否定するということは大切です。何もかも親の言いなりにならないということですので、少しは両親の考えに疑問を持って、自分の考えを持つようにしましょう。

【まとめ】頭が固い人は改善することができる

頭が固い人の特徴や改善方法を紹介してきましたが、頭が固い人でも、必ずそれを改善させることができます。しかし、本気で改善しようという気持ちがなければ、頭の固さを改善することはできません。まずは本気で改善したいという心構えを持つようにしましょう。

もっと頭が固い人に関する情報を知りたいアナタへ!

つまらない人の特徴7つ!つまらない人間だと言われないためには?
気が利かない人の心理・特徴!気が利く人になるためには?
つまらない女の特徴7選!会話力が原因で男に魅力がないと思われる?

関連するまとめ

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ