可愛くなる方法25選!顔や目がすぐに可愛くなる!【簡単】

自分の顔にコンプレックスを感じている人はいませんか?周囲の人からは可愛いと言われても、自分ではもっと可愛くなる方法を知りたい!と感じている人も多いのではないでしょうか。こちらの記事では女の子が簡単に可愛くなる方法について25選まとめてご紹介していきます!

可愛くなる方法25選!顔や目がすぐに可愛くなる!【簡単】のイメージ

目次

  1. 可愛くなる方法25選!あなたも今日から可愛く変身♪
  2. 可愛くなる方法(1)【毎日の習慣】太り過ぎに注意する
  3. 可愛くなる方法(2)【毎日の習慣】良質な睡眠をとる
  4. 可愛くなる方法(3)【毎日の習慣】メイクをしたまま寝ない
  5. 可愛くなる方法(4)【毎日の習慣】ストレスを溜めない
  6. 可愛くなる方法(5)【毎日の習慣】フェイスマッサージをする
  7. 可愛くなる方法(6)【メイク】ナチュラルメイクをする
  8. 可愛くなる方法(7)【メイク】自分に合うメイクを研究する
  9. 可愛くなる方法(8)【メイク】カラコンを使う
  10. 可愛くなる方法(9)【メイク】つけまつげをする
  11. 可愛くなる方法(10)【メイク】眉毛の処理をきちんとする
  12. 可愛くなる方法(11)【メイク】顔の白塗りに注意する
  13. 可愛くなる方法(12)【メイク】顔の陰影を強調する
  14. 可愛くなる方法(13)【メイク】顔の中の一番の長所を活かす
  15. 可愛くなる方法(14)【メイク】季節でコスメを使い分ける
  16. 可愛くなる方法(15)【メイク】チークで血色の良さをプラス
  17. 可愛くなる方法(16)【ヘアスタイル】髪のケアをしっかり行う
  18. 可愛くなる方法(17)【ヘアスタイル】毎日丁寧にブラシを使う
  19. 可愛くなる方法(18)【ヘアスタイル】ヘアアレンジを頑張る
  20. 可愛くなる方法(19)【ヘアスタイル】プリン頭に注意する
  21. 可愛くなる方法(20)【ヘアスタイル】定期的に美容院を利用
  22. 可愛くなる方法(21)【ファッション】年齢に合った服装にする
  23. 可愛くなる方法(22)【ファッション】過度な肌の露出は控える
  24. 可愛くなる方法(23)【ファッション】華やかな色合いを考える
  25. 可愛くなる方法(24)【ファッション】奇抜な組み合せをしない
  26. 可愛くなる方法(25)【ファッション】独自のアレンジを楽しむ
  27. まとめ

可愛くなる方法25選!あなたも今日から可愛く変身♪

「ブスはもうイヤ!可愛くなりたい!」というのは世間の女性の誰もが思うことではありますが、可愛くなるにはたくさんの努力が必要です。また人それぞれ持って生まれた顔の造りや美しさは違いますので、何をすれば可愛くなるのか全く分からないという人もいるのではないでしょうか?

ここではどんな女性にも共通する簡単で絶対可愛くなる方法について、毎日の習慣やメイク、ヘアスタイルやファッションに分けて25選ご紹介していきます。

彼氏が欲しいから可愛くなりたいと社会人や高校生の女性も、子供っぽい自分は卒業して大人っぽくなりたいという小学生や中学生の女の子も今日から実践できる方法ばかりですので要チェックです!

ブスな自分とはサヨナラして、誰もが羨むような可愛い自分に大変身していきましょう♪

可愛くなる方法(1)【毎日の習慣】太り過ぎに注意する

まずは毎日の生活習慣における可愛くなる方法についてご紹介していきます。可愛くなる方法の1つめは、太り過ぎに注意することです。

最近はぽっちゃり系の女の子が人気だと言われていますが、それはあくまでもぽっちゃりの女の子の話。明らかに太りすぎの人は体だけでなく顔にも脂肪がついてブスになってしまっている場合もありますので、そのような時は適度にダイエットすることも必要です。

ただし小学生や中学生の女の子は成長期であることから、炭水化物を抜いたり3食を1食にするなどの厳しいダイエットはオススメできません。間食がクセになっている人はまず間食をサラダやジュースに変えるなどしてスリム体型を維持してみましょう。

可愛くなる方法(2)【毎日の習慣】良質な睡眠をとる

可愛くなる方法の2つめは、良質な睡眠をとることです。

受験を控えている中学生や高校生の人は毎日の勉強時間を確保するためにどうしても睡眠不足になりがちです。最近では小学生でも夜遅くまで習い事などを頑張っている子もいるため、必要な睡眠時間に足りていないこともよくあります。

しかし睡眠不足の状態が続くと頭がすっきりしないだけでなく免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、また肌荒れを起こしてブスになる原因になることも!

可愛くなるためには良質な睡眠を必要なだけ確保できるように一日のスケジュールを見直してみることも大切ですね。

可愛くなる方法(3)【毎日の習慣】メイクをしたまま寝ない

可愛くなる方法の3つめは、メイクをしたまま寝ないということです。

小学生や中学生でメイクをしている人はあまりいないかもしれませんが、高校生にもなるとプライベートな時間はメイクをしている人もたくさんいますよね。しかしメイクをしたまま落とさずに寝てしまうと、肌に大きな負担をかけてしまうことになるのをご存知でしょうか?

肌は呼吸していて眠っている間に新陳代謝は特に活発になるのですが、メイクをしたまま眠ってしまうとそれが妨げられて肌がくすんできたり汚れがたまってしまう原因になります。

可愛くなるためには透明感のある美肌が必要不可欠です。汚い肌のブスになってしまわないように、眠る時はメイクをきちんと落とすことを忘れないようにしましょう。特に目じりや鼻の周りなどは汚れが溜まりやすいので注意しましょう!

可愛くなる方法(4)【毎日の習慣】ストレスを溜めない

可愛くなる方法の4つめは、ストレスを溜めないことです。

小学生や中学生でも勉強の悩みや友人関係の悩みはたくさんあります。高校生になってくるとそこに恋愛の悩みや将来の悩みも加わってくるようになります。

これらの毎日のストレスを発散できずにため込んでしまうと、肌荒れが起きたり顔つきも暗くなりがちで、どんよりした印象のブス顔になってしまうこともあります。

ストレスを上手に発散するおは大人でも難しく感じるものですが、1週間のうち数時間でも自分の好きな趣味に没頭する時間を作ったり、気の合う友人と一緒に遊ぶだけでも気分が晴れることもあります。

可愛くなる方法を知りたい人は、まず上手にストレス解消できるように気分転換の方法を探してみることも必要なことですね。


◆関連記事:どうせならかわいいデブになろう

かわいいデブとかわいくないデブの違い!かわいいデブの条件とは?

可愛くなる方法(5)【毎日の習慣】フェイスマッサージをする

可愛くなる方法の5つめは、フェイスマッサージをすることです。

小学生や中学生にフェイスマッサージは必要ないかもしれませんが、高校生や大学生など大人に近づくにつれて肌には不要な老廃物などが蓄積されていくものです。

その老廃物を取り除きブス顔を可愛くするためには、リンパを刺激するフェイスマッサージをするのが最も効果がある方法です。

フェイスマッサージのやり方はとても簡単です。まず両方の手の平を顔に当て、ゆっくり円を描くように顔の鼻あたりの中心から外側へ向かってマッサージしていきます。

頬から鼻の周りや口の下、おでこの周りや首の周りまで丁寧にマッサージしていくと、顔がぽかぽかして血行が良くなるのを感じることができますよ。

可愛くなる方法(6)【メイク】ナチュラルメイクをする

ここからは可愛くなるメイク方法の紹介になります。可愛くなる方法の6つめは、ナチュラルメイクをすることです。

ナチュラルメイクとは一見ノーメイクに見えるほど自然なメイクのことですが、元々の自分の顔のパーツを引き立てて美しく見せる人気のメイク方法の1つです。

顔に自信がなく自分のことをブスだと思っている人でも、ナチュラルメイクのコツを掴めば気になる点も十分カバーして可愛く見せることが可能です。

濃いアイシャドウに真っ赤な口紅などの派手なメイクも確かに可愛く見せることも可能ですが、小学生や中学生などまだ幼い年齢の子は派手なメイクは失敗しやすくブス顔になってしまう恐れが高いため、ナチュラルに可愛くなるのがオススメですね。

ナチュラルメイクで可愛くなるためには、鼻の黒ずみや肌荒れなどは大敵です。しっかり洗顔を行って美肌を管理するようにしましょう!

可愛くなる方法(7)【メイク】自分に合うメイクを研究する

可愛くなる方法の7つめは、自分に合うメイクを研究することです。

ブスになってしまう人の特徴の1つとして、全く自分の雰囲気や顔立ちに合っていないメイクをしてしまっていることがよくあります。

たとえば色黒なのに淡いカラーのアイシャドウをしてもあまりメイク映えしませんし、顔全体で統一感のないカラーのメイクをしてもちぐはぐな印象になってしまいます。

また人の顔は肌の色合いや鼻の形、目の形などに違いがあります。どんなメイクが似合うかは人それぞれです。自分に合うメイクを見つけるためには、実際に自宅でメイクの研究をしてみるのが一番の近道です。

小学生や中学生などは家族にメイクのやり方を教えてもらうのも良いですし、高校生や大学生などおこずかいに余裕のある人は少し大人っぽく百貨店のコスメ売り場でプロの店員さんにメイク方法を教えてもらうのも良いですね。

目や鼻にコンプレックスがある人はそのカバーの仕方が見つかるかもしれませんよ!

可愛くなる方法(8)【メイク】カラコンを使う

可愛くなる方法の8つめは、カラコンを使うことです。

今や高校生の間でも可愛くなるメイクの定番となったカラコンですが、目をぱっちりと大きく見せたい人にはとっても人気のあるメイクグッズです。

カラコンを入れるだけで小さな黒目が大きなお人形のような目に変わるため、初めて使った人はみんなびっくりしてしまいますよね。

ただしカラコンは小学生や中学生などまだ幼い子達には不向きであると言われています。カラコンは可愛い反面、転んだ時に目を傷つけてしまったり、衛生管理が不十分で目に思わぬダメージを受けてしまうこともあるからです。

カラコンはできれば高校生や大学生になってから使うのが望ましいといえますね。カラコンを使う時は注意事項をきちんと守って使うように心がけましょう!

可愛くなる方法(9)【メイク】つけまつげをする

可愛くなる方法の9つめは、つけまつげをすることです。

つけまつげは専用の接着剤で自分のまつ毛の上につけるコスメグッズですが、マスカラと違って水や涙でにじんでブスになってしまうことがなく、目を大きく見せることが可能なグッズです。

つけまつげをすると派手な印象になってしまうと心配している人もいるかもしれませんが、つけまつげでもナチュラルで控えめな見た目の商品もたくさんあります。

小学生にはあまり馴染みが無いアイテムかもしれませんが、メイクを意識しだす中学生や高校生であれば一度コスメ売り場で商品をチェックしてみても良いですね。


つけまつげを使うと小さな目も大きくぱっちりと見えるようになります。派手になりすぎないように上手に取り入れてみましょう。

可愛くなる方法(10)【メイク】眉毛の処理をきちんとする

可愛くなる方法の10個めは、眉毛の処理をきちんとすることです。

皆さんの周りにいつも綺麗にしているなと思う女の子はいませんか?そんな女の子はたいてい眉毛の処理にも手を抜いていません。

眉毛は放っておくと伸びすぎたり不揃いになったりしてボサボサ眉毛になってしまうことがあります。顔の中で特に目立つ位置にありながらお手入れが不十分だと、顔全体がぼやけたブス顔になってしまうこともあります。

小学生や中学生はそこまで意識する必要はないかもしれませんが、見た目も大人っぽくなってくる中学生や高校生以上の女の子は眉毛をいつも理想的な形に整えておきたいものです。

眉毛はシェーバー、毛抜き、ハサミ、カミソリなどを使って処理します。家族や友人に処理の仕方を教えてもらうと良いですね。

可愛くなる方法(11)【メイク】顔の白塗りに注意する

可愛くなる方法の11個めは、顔の白塗りに注意することです。

小学生や中学生、または高校生のメイク初心者にありがちな失敗として、ファンデーションなどのつけすぎで顔が真っ白になってしまっている人がいます。首や鎖骨の色と比べて明らかに顔だけが白く浮いてしまっていると、まるで白粉をはたいたようなブス顔になってしまうことがあります。

メイクで顔だけが白く浮いてしまうのを避けるためには、なるべく明るい部屋で少し鏡から離れてメイクをすることが大切です。薄暗い部屋でメイクをしているとメイクの明るさなどがよく分からず厚塗りしてしまう原因になるた注意しましょう!

可愛くなる方法(12)【メイク】顔の陰影を強調する

可愛くなる方法の12個めは顔の陰影を強調することです。

メイクをする時に顔を平面で考えていると、のっぺりした印象の仕上がりになってしまうのをご存知でしょうか?顔には鼻や口、目など様々な凹凸があります。そのため平面ではなく立体的にメイクしていくことが可愛くなるためには重要なことです。

メイクをする時はまず顔の中で一番高さのある鼻に注目し、そこから陰影を強調していくのが上手なやり方です。

団子鼻でブス顔だからと落ち込んでいる人でも、目元から鼻筋にかけてノーズシャドウを入れていくことで鼻を高く見せることも可能です。

陰影をよく考えたメイク方法は、低い鼻も高い鼻に見せることができ、また彫の浅い顔もきりっとした印象に見せることもできます。気になる部分を上手にカバーすることができるため、とっても可愛くなれますよ。

Photo by stairhopper on Unsplash


◆関連記事:ナチュラルメイクが一番!

美人メイクはナチュラルが基本?コツをおさえよう!【女性必見】

可愛くなる方法(13)【メイク】顔の中の一番の長所を活かす

可愛くなる方法の13個めは、顔の中の一番の長所を活かすことです。

女の子は男の子に比べて早熟です。自分の顔のどこが魅力的か、どこか気になる部分なのかを小学生の高学年にもなればみんな自覚しています。

中には自分はブスだと思っている人もいるかもしれませんが、顔に自信がなくてもどこか1カ所ぐらいは他人よりも可愛いパーツがあるものです。

可愛くなる方法を知りたい時はまず自分の顔の中でどこか一番の長所になるかを考え、その部分を強調するようなメイクをするのが賢い方法です。

鼻の高さに自信がある人は鼻をもっとスッキリと綺麗に見せるメイク方法を、目に自信がある人は目を強調するメイク方法などを研究し、長所を活かすことを考えましょう。

可愛くなる方法(14)【メイク】季節でコスメを使い分ける

可愛くなる方法の14個めは、季節でコスメを使い分けることです。

小学生や中学生ではたくさんのコスメを買い揃えることはなかなか難しいかもしれませんが、高校生にもなれば自分の欲しいものはバイト代などで購入することが可能になります。

メイク道具は毎シーズンごとに新作が販売されていますが、可愛くなるためにはメイクをする時に季節によってコスメを使い分けることも重要です。

夏に冬用のファンデーションを使ったり、冬に夏用のクリームを使ってもあまり意味がありません。夏は小鼻の脂などをおさえる夏用のコスメ、冬は乾燥を防ぐコスメなどそれぞ用途が違ってくるためです。

メイクをする時は基礎化粧品から季節をよく考えて使うようにしましょう!

可愛くなる方法(15)【メイク】チークで血色の良さをプラス

可愛くなる方法の15個めは、チークで血色の良さをプラスすることです。

顔色の悪さはブス顔の原因になってしまうこともあります。冬は冷え症などが影響して顔色が悪くなってしまう女性も多いものですが、チークを使えば顔色を血色よく見せることも可能です。

小学生や中学生などは元気よく見せるために元気カラーのオレンジ系のチーク、高校生は可憐でキュートに見せるためにピンク系のチークを使うのも良いですね。

コスメ売り場にはテスターが置いてあり、実際に自分の肌につけて色を確認することもできますので、自分に合ったチークを選んでみてくださいね。

可愛くなる方法(16)【ヘアスタイル】髪のケアをしっかり行う

次は可愛くなるためのヘアスタイルについての紹介になります。可愛くなる方法の16個めは、髪のケアをしっかり行うことです。

小学生や中学生、高校生などはまだ若く髪の栄養も十分行き渡っているため、髪のダメージはまだそれほど気にならないと思いますが、その美しい髪を維持するためには日々の髪のケアをしっかり行う必要があります。

可愛くなるために髪をケアする方法はトリートメント以外にも幾つかあります。まずお風呂上りには髪を濡れたまま放置せずすぐに乾かす、タオルでゴシゴシ髪をこすらない、紫外線が強い時期は帽子をかぶるなどの方法は明日からさっそく実践できます。

髪が美しい女の子はそれだけで可愛さがアップしますよ!

可愛くなる方法(17)【ヘアスタイル】毎日丁寧にブラシを使う

可愛くなる方法の17個めは、毎日丁寧にヘアブラシを使うことです。

小学生などまだ小さいうちはお母さんやお姉さんに毎朝ヘアスタイルをセットしてもらっている子もいるかもしれませんが、中学生や高校生になると自分でヘアブラシを持つようになります。

綺麗な髪を保って可愛くなるためには、毎日丁寧に髪のもつれや絡まりをほどいていくことも大切なことです。

毎日使うヘアブラシはプラスチックなどのあまり安価なものではなく、出来れば少し品質の良いブラシを用意したいものです。

ただし髪のブラッシングはやりすぎると枝毛や切れ毛の原因になることもあると言われていますので、やりすぎには注意しましょう。

可愛くなる方法(18)【ヘアスタイル】ヘアアレンジを頑張る

可愛くなる方法の18個めは、ヘアアレンジを頑張ることです。薄いメイクでも可愛いヘアアレンジをしていると華やかな印象になれることってありますよね。

可愛くなるためにはヘアアレンジを頑張ってみるのもとても効果的です。

最近ではネット上でも可愛いヘアアレンジの作り方を解説している動画などもたくさんあります。自分にも出来そうなアレンジ方法はないかチェックしてみてくださいね!

可愛くなる方法(19)【ヘアスタイル】プリン頭に注意する

可愛くなる方法の19個めは、プリン頭に注意することです。

最近は高校生でも髪をカラーで染めている女の子がたくさんいますが、カラーをした髪はマメに手入れしなければすぐに髪の根元が黒くプリン頭になってしまいます。

せっかくおしゃれなヘアカラーをしても、プリン頭になってしまうとその可愛さは激減してみすぼらしい印象になってしまいます。ヘアカラーを使う時はプリン頭にならないように注意しましょう。

可愛くなる方法(20)【ヘアスタイル】定期的に美容院を利用

可愛くなる方法の20個めは、定期的に美容院を利用することです。

上記のプリン頭もそうですが、髪は定期的に美容院などでお手入れをしなければ長さもバラバラになりだらしない印象になってしまうことがあります。

髪が長い人の場合はヘアアレンジをせず伸ばし放題の髪では可愛くなるどころの話ではありません。髪は長くなればなるほど傷みやすくなりますので、定期的に美容院を訪れてカットするおがオススメです。髪を伸ばしたい時は毛先をカットするだけでも良いですね。

可愛くなる方法(21)【ファッション】年齢に合った服装にする

最後は可愛くなるためのファッションについての紹介になります。可愛くなる方法の21個めは、年齢に合った服装をすることです。

時々小学生なのに変に大人びたファッションをしている子や、まだ若いのに年配者のような服装をしている子を見かけることがありますが、年齢に合っていない服装はやはり違和感を感じることもありますよね。

可愛くなるためのファッションを考えた時には、やはり年齢相応の格好をするのが一番です。自分のキャラに合い自分の年齢に合ったファッションの中で出来るオシャレを考えてみてはいかがでしょうか?

可愛くなる方法(22)【ファッション】過度な肌の露出は控える

可愛くなる方法の22個めは、過度な肌の露出は控えることです。

若い女の子たちは肌を惜しみなく露出した服装をしている場合がありますが、露出すればするほど可愛くなれるというものではありません。

過度な肌の露出は変質者や痴漢などの被害に合ってしまう恐れもあるため、自分を守るためには節度のある服装をすることも重要です。肌を露出しなくても可愛くなれる服はたくさんありますので店頭や雑誌などでチェックしてみましょう!

可愛くなる方法(23)【ファッション】華やかな色合いを考える

可愛くなる方法の23個めは、華やかな色合いを考えることです。

可愛くオシャレになりたい時に手っ取り早い方法は、華やかな色合いの服を選ぶことです。黒や茶色などの地味な服は合わせ方によってはとっても素敵ですが、全身同系色で着るにはかなりのセンスが必要です。

若いうちは明るい華やかな色合いの服装を取り入れるだけで可愛くなり、オシャレを頑張っているように見えることもあります。自分には似合わないからと萎縮するのではなく、どんどん華やかな色合いの服にも挑戦していきましょう。

可愛くなる方法(24)【ファッション】奇抜な組み合せをしない

可愛くなる方法の24個めは、奇抜な組み合せをしないことです。

時々おしゃれを勘違いして何とも奇抜な服の組み合せをしている人がいますが、他人から見ると痛々しい人になってしまっている場合もありますよね。

可愛くなるためには変に奇抜なファッションや組み合せをするのは逆効果になってしまうこともあります。可愛いと思われるどころか、「変なやつだ。」と思われてしまわないように、奇抜な服の組み合わせには十分気を付けるようにしたいものですね。

可愛くなる方法(25)【ファッション】独自のアレンジを楽しむ

可愛くなる方法の最後の25個めは、独自のアレンジを楽しむことです。

可愛くなるためにはファッションセンスを磨くことも大切です。人と同じような服装や、雑誌で紹介されたままの服装をするのは確かに間違いありませんが、それではオシャレも楽しくありません。

ファッションは流行や基本をしっかりおさえた上で、独自のアレンジを楽しめるようになると大したものです。まずは今持っている手持ちの服でどれだけ可愛くファッションアレンジできるか、自宅でチャレンジしてみても面白いかもしれませんね。

まとめ

可愛くなる方法25選をまとめてご紹介しました!気になる方法はありましたでしょうか?

上記の25個の方法を実践し、誰もが羨むほど可愛くなるために頑張ってみてくださいね!

もっとかわいくなりたいあなたはこちらもチェック

50年代ファッションは可愛くて素敵♡是非参考にしたい!
ショートボブはインナーカラーで可愛く!髪型・アレンジ19選!
ポニーテールは前髪で可愛く!【前髪あり・前髪なし・伸ばしかけ】

関連するまとめ

わんらぶ
わんらぶ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ