彼氏と喧嘩した!こじらせずに上手く仲直りするには?

彼氏と喧嘩してしまった!喧嘩をしたときに大切なのは、こじらせることなく早めに仲直りをすることです。ではどうしたら早めに仲直りをすることができるのでしょうか。また、もしかしたら喧嘩をこじらせてしまう行動をしているかもしれません。不安な方はいますぐチェック!

彼氏と喧嘩した!こじらせずに上手く仲直りするには?のイメージ

目次

  1. どうしよう!?彼氏と喧嘩した!
  2. いつ仲直りをすればいいの?
  3. 彼の本音は?仲直りしたいと思ってるの?
  4. こじらせたくない!喧嘩の仲直りのコツは?
  5. 大喧嘩もこれで解決!仲直りの7つの方法
  6. 喧嘩別れになるかも!?やってはいけない言動
  7. 喧嘩しても仲良し!長続きカップルがやっていること
  8. 喧嘩はお互いの本音を知ることができる時でもある

どうしよう!?彼氏と喧嘩した!

付き合い始めであっても、長く付き合っていても、一緒にいる時間が長くなれば彼氏と喧嘩をしてしまうこともありますよね。今まで喧嘩らしい喧嘩をしてこなかったという人は、彼氏と喧嘩をしてしまったら、どうしようかパニックになってしまうこともあるかもしれません。

この記事では、彼氏と喧嘩をしたときにこじらせることなく仲直りをする方法について紹介していきます。喧嘩をしたらどれくらいで仲直りをしたらいいのかという期間から、仲直りのコツや方法を解説していきます。

また喧嘩した後仲直りをしていく上で、ついついやってしまうNGポイントも合わせて紹介させていただきます。

彼氏と早く仲直りができるように、喧嘩をした後の行動について確認していきましょう。

いつ仲直りをすればいいの?

まずは彼氏と喧嘩をしてしまったら、いつ仲直りをすればいいのかを確認しておきましょう。仲直りをするタイミングというのが、仲直りが上手にできるかどうかのポイントになってくることがあります。こじれてしまう前に解決できるようにしておきましょう。

喧嘩したばかりならすぐに仲直りを

喧嘩をしたときには、基本的にはそれを次の日にまで持ち越さないというのが、仲直りをスムーズにするポイントになってきます。

彼氏とではなくても喧嘩をしたときのことを思い出してみてください。最初は何か理由があって喧嘩をしていたはずなのに、だんだんその理由以外のことでもイライラしてきてしまうということはないでしょうか。

もともと喧嘩した理由以外のことでイライラし始めると、喧嘩がこじれることになってしまいます。こじれる前に、解決をしておきましょう。

3日以上空くとタイミングを失う

仲直りをしたいと思ったときには、喧嘩をした日がベストですが、遅くても次の日の午前中には解決するようにしておきましょう。喧嘩をしてから3日以上日にちが空いてしまうと、謝るタイミングがなくなってしまいます。

なんとなくお互いに喧嘩の話を避けるようになって、なんとなく会話が減ってしまうのです。減ってしまった会話を埋めていくのには時間がかかってしまいます。

上手に乗り越えられなければ、そのまま別れてしまう原因にもなってしまうのです。喧嘩をしてその日に解決ができなくても、できるだけ早めに仲直りをするようにしていかなくてはいけません。

音信不通なら1~2週間空ける

同じ会社であるとか、同じ学校であるという彼氏であれば、喧嘩の仲直りをしたいと思ったときに仲直りをする話し合いができます。

しかし違う会社の人で、もともと1週間に1回くらいしか会うことができていなかったという人なら、彼氏が電話などにでてくれなければ音信不通のまま1週間近く会えないという場合もあるかもしれません。

彼氏から音信不通になっているという場合には、不安な気持ちもあるでしょうが、しばらく冷却期間を置いたほうがいいかもしれません。ただし、全く連絡を取らないとそのまま自然消滅をしてしまう可能性があります。

メールやLINEで謝って、「一度、しっかりと話したいから会える時間を作って欲しい」ということを、彼氏に伝えるようにしましょう。

▼関連記事:カップルの喧嘩のときの心理とは?

「もういい」とカップルの喧嘩で恋人が言う心理は?男女で意味が違う?

彼の本音は?仲直りしたいと思ってるの?

彼氏と喧嘩をしてしまって焦っている彼女もいると思います。そんなとき、彼氏はどんな気持ちでいるのでしょうか。彼女と同じように、仲直りをしたいと考えているのでしょうか。それとも、まだ仲直りをしたい気持ちにはなれていないのでしょうか。

謝罪すると立場が弱くなると思う男性が多い

彼女と喧嘩をした後の彼氏は、明らかに彼氏が悪いというわけではない場合には、仲直りをしたいとは思っていても、謝ることができないと考えている場合もあるようです。

彼氏も彼女もどちらも悪いという場合は、彼女の方から謝って欲しいというのが本音なのです。これは男性の中で、謝罪をしてしまうと立場が弱くなってしまう、彼女を図にのらせてしまうと考えていることがあるからです。

恋愛では自分のほうが優位にいたいと考える彼氏や、プライドが高い彼氏によく見られる心理です。

喧嘩後も無視されるならまだ怒っている

喧嘩をした後、仲直りをしたいけれど謝ることができないという彼氏もいますが、喧嘩をしたことにまだ怒っていて謝らないという彼氏もいます。

もしもあなたが「ごめんね」と謝っても、何の反応もなく無視されてしまうという場合には、彼氏はまだ怒っている状態であることが多いようです。

もしかしたらあなたの謝罪に心がこもっていないと感じているのかもしれません。根本的な解決ができていないから怒っているのかもしれません。

逆ギレをするのではなく、どうしてまだ怒っているのかを確認してみましょう。どうしても話してくれないときには、しばらく席を外してみるのもいいかもしれません。

喧嘩に触れないなら仲直りを考えている

喧嘩をして少し時間がたった時に、そろそろ謝ろうとしたけれど、なんとなく彼氏が喧嘩の話を避けていると感じたときは、彼氏も仲直りをしたいと思っているのかもしれません。

喧嘩の理由があなたにもあると感じているときには「さっきはごめんね」と謝っておくといいでしょう。男性はプライドが高いものです。自分からは謝ることができない場合も多いようです。

しっかりと仲直りをしておきたいと思ったときには、なかったことにするのではなく、謝ってすっきりとさせておきましょう。

こじらせたくない!喧嘩の仲直りのコツは?

喧嘩の後の謝り方や仲直りの仕方を間違えてしまうと、些細な喧嘩が別れる別れないの大喧嘩になってしまうこともあります。こじらせないように、するっと仲直りをするコツというのはあるのでしょうか。喧嘩の仲直りのコツをみていきましょう。

コツ①どちらが悪くても先に謝る

喧嘩の仲直りのコツは、あなたが悪くても彼氏が悪くても、ともかく先にあなたが謝ってしまうことです。

喧嘩の原因が彼氏になるなら、「感情的になってしまってごめんなさい」という謝り方でもかまいません。先ほども書いたように、男性はプライドが高い生き物です。自分から謝ることができないということもあるのです。

あなたが先に謝ることで「自分のほうこそごめん」と謝ってくれるかもしれません。お互いに謝ることができれば、そこから冷静に話し合うことができることもあるでしょう。

コツ②喧嘩の原因を把握する

喧嘩はしたけれど、すっきりと仲直りをしたいというときには、どうして喧嘩になってしまったのかの原因を探ってみましょう。

・最近会えなくてすれ違った
・彼氏の浮気を疑ってしまった
・我慢の限界が来た
・生活の些細なこと      など

同じことでまた喧嘩になってしまわないように、どういうことで喧嘩をしたのかを把握しておきましょう。そして2人でどうしたらもう喧嘩をしなくなるのかまで、考えることができるといいでしょう。

コツ③反省の姿勢を見せる

あなたの何かが原因で喧嘩になったのだとしたら、あなたがしっかりと反省をしている姿を見せることが大切です。目から入ってくる情報は、耳から入ってくる情報よりもインパクトがあると言われています。

どんなに心をこめた謝罪の言葉を述べたとしても、あなたの態度にまるで反省の色がなければ、彼氏も許せるものも許せなくなってしまうかもしれません。

コツ④彼への愛情表現は忘れない

喧嘩をしたあとは、仲直りをしたいとは思っていても、なかなか気持ちがすっきりしないということがあります。気持ちがすっきりとしないことから、「ごめん」と謝ることができても、愛情表現をすることができないということがあります。

彼氏と仲直りがしたいというときには、愛情表現をプラスすることも忘れない方がいいと言われています。

言葉を使って「好き」とか「愛している」という方法もありますが、手をとって謝るとか、ハグをするというのも効果的になるようです。あなたの伝えやすい方法で、彼氏に謝るときには愛情表現もプラスするようにしてみてください。

コツ⑤うわべではなく心からの謝罪を

とりあえず仲直りをしておきたいから、謝っておこうというような、うわべだけの謝罪は相手の気持ちには届きません。喧嘩を終わらせて、彼氏と仲直りをしたいと感じたときには、心をこめた謝罪をすることも大切です。

喧嘩の原因があなたになかったとしても、本当に仲直りをしたいという気持ちを込めることが大切になりそうです。

大喧嘩もこれで解決!仲直りの7つの方法

喧嘩をしたときには、早く仲直りをしたいものです。しかし謝るにしても、どうやったらいいのかわからないという人もいるでしょう。そんなあなたのために、仲直りの方法を紹介させていただきます。

方法①直接謝罪して仲直り

仲直りをしたい時には、ストレートに謝って仲直りをするのが王道になります。できれば喧嘩をしたその日に、彼氏に会って謝罪をするようにしましょう。

あなたからの心からの謝罪は、何よりもスムーズに仲直りができるポイントになるのです。

彼の心に響く謝罪の言葉って?

ストレートに謝罪をするとはいっても、どんなことを言うと彼氏の心に響きやすいのでしょうか。「ごめんなさい」というだけでもいいのでしょうか。

彼氏の気持ちを打つ謝罪の言葉は、行動を伴うものがいいと言われています。例えば「謝りたいんだけど、これから会える?」というよりは「謝りたいから、近くまできているの。会えるかな?」のほうがいいようです。

「ごめんなさい」よりは「これからは〇〇しないようにするね。ごめんなさい」のほうが、彼氏の気持ちを動かしやすいと言われています。

方法②LINEで仲直り

喧嘩別れをしてしまって、会いに行く勇気がないというときには、LINEを上手に使うという方法もおすすめです。

LINEであれば、じっくりと言葉を選んで相手に送ることができます。自分の気持ちを冷静にすることもできるのでおすすめです。

LINEの例文や既読無視されていたら?

LINEで謝るときにも、直接謝るときと同じように、ごめんねだけではなく、プラスで改善策などを提案できるといいでしょう。

また相手が返事をしやすいように「許してくれるかな?」とか「また、会ってくれる?」と最後を疑問形にしてみるというのもおすすめです。

万が一、既読無視をされたときには、しばらく返事を待ちましょう。返事がないと不安な気持ちになりますが、3日は返事を急かすべきではありません。

3日経っても何の反応もないときには、「まだ怒ってる?ちゃんと謝りたい」とメッセージを送ってみてください。

方法③心を込めた手紙で仲直り

直接会うのは勇気がいるけれど、LINEでは少し味気がないと感じたときには、手書きの手紙を書いてみるのも1つの方法です。便箋に何枚も書く必要はありません。

今のあなたの素直な気持ちを手紙にして、そっと彼氏に届けてみましょう。郵便を使う方法もありますが、少し時間がかかってしまうので、家を知っているなら彼氏の家のポストに投函してしまうのがおすすめです。

▼関連記事:手紙を使って気持ちを伝えることも!

彼女からの手紙に感動!彼が泣いた手紙の嬉しい内容は?

方法④プレゼントや手料理で仲直り

いつもよりちょっと大きな喧嘩をしてしまったというときには、プレゼントや手作り料理を使って仲直りをするという方法もあります。

プレゼントとはいっても、そんなに高価なものをプレゼントする必要はありません。彼氏が観たいといっていた映画のチケットとか、DVDなどでもいいかもしれません。あなたと一緒に楽しめるものなら、さらによいプレゼントになるでしょう。

方法⑤好物で仲直り

ちょっとしたもので、仲直りのきっかけを作ることもできます。コンビニで購入できるようなもので、彼氏の好物があったら、それを仲直りのきっかけに使うこともできます。

パッケージに「ごめんなさい」と書いて、渡してしまってもいいでしょう。好物はきっかけ作りのアイテムなので、その後にしっかりと謝罪をすることは必要になります。

方法⑥ドライブに行って仲直り

なんとなくお互いに仲直りをするきっかけを探しているような気がすると感じているときには、彼氏をドライブに誘ってみるのもいいかもしれません。

いつもいるところから離れて話すというのも、仲直りをしたいときのきっかけ作りになります。ドライブをしているときは、顔を見つめ合っているわけではないので、謝罪がしやすいというメリットもあります。

方法⑦友達に協力してもらって仲直り

彼氏と彼女の2人だけでは、どうにも仲直りができる気がしないというときには、友達に協力をしてもらうという方法もあります。共通の友達に間に入ってもらうという方法です。

彼氏のことも彼女のこともよく知っている友達がいる場合に限りますが、中立の立場で話を聞くことができる人がいることで、仲直りがしやすくなることがあるようです。

▼関連記事:もし旦那と喧嘩をしてしまったときは?

旦那と喧嘩する原因と仲直りする方法!夫婦喧嘩でNGな行動とは?

喧嘩別れになるかも!?やってはいけない言動

喧嘩をしたときには、気持ちが高ぶっているので言わなくてもいいことを言ってしまったり、言った後で後悔をするということもあります。

喧嘩別れになってしまうかもしれない、やってはいけないことにはどんなことがあるのでしょうか。

言動①何かと言い訳をする

喧嘩をしたときというのは、なんとか自分を正当化しようとしてしまうものです。自分が正しいということを伝えたくて、言い訳をしてしまうということがあります。

しかし喧嘩をしたときの言い訳は、誰かのせいにしているようにしか見えなくて、あまりよい印象を与えません。

言動②彼を無視する

怒りが沸点に達すると、彼氏のことが許せなくなってしまって彼氏を無視するという行動をとってしまうことがあります。しかし無視をするというのは、仲直りをするチャンスを奪ってしまう行動でもあります。

いっときの感情が、大きな溝を生む原因になるかもしれません。

言動③逆ギレする

あなたが原因で喧嘩になっているのに、相手からガンガン責められることで逆ギレをしてしまうということはないでしょうか。

キツイことを言われると、言い返してしまいたい気持ちになることはありますが、早く喧嘩を終わらせて仲直りをしたいと思っているときには、あなたが悪いならぐっと我慢をしましょう。

言動④とりあえず謝る

早く仲直りをしたいから、とりあえず謝っておこうというのもよくありません。相手がなぜ怒っているのか理解ができていないうちに謝るというのは、根本的な解決にもなっていません。

相手から「どうして自分が怒っているのか、わかっているのか?」と聞かれた時に答えられないと、さらに相手の怒りをかうことがあります。十分に気をつけましょう。

言動⑤感情的になる

喧嘩をしていて感情的になるなというのは難しいかもしれませんが、男性は感情的になった女性が苦手で向き合いたくなくなってしまいます。

感情的になりすぎてしまうと、そもそもの喧嘩の理由から論点がずれていって、相手の人格を否定してしまうようなことを言ってしまう場合もあります。

言動⑥誰かと比べる

「元カレはそんなことでは怒らなかった」というように、誰かと比べるような発言をするのもよくありません。喧嘩をしている相手からすれば、「じゃあ別れてそいつと付き合えばいいじゃないか」と思わせてしまう1言です。

言動⑦何も言わない

喧嘩をしたときにしない方がいい行動には、何も言わないということです。無視をしているわけではないし、明らかに怒っているのだけれど、喧嘩をしようとしないという態度です。

「怒ってるの?」と聞かれて「怒ってないよ」と言いながら、本当は怒っているのです。もやもやした気持ちのままでいるのはよくありません。喧嘩をするなら喧嘩をして、早めにもやもやを無くすようにしましょう。

▼関連記事:同棲カップルでも喧嘩は問題に!詳細はこちらを

同棲して喧嘩ばかり?彼氏と仲直りする方法とは?

喧嘩しても仲良し!長続きカップルがやっていること

喧嘩するほど仲がいいと言われますが、長続きするカップルほど、喧嘩もするし、喧嘩をしてもすぐに仲直りができると言われています。

長続きするカップルは、どんな風に喧嘩をしているのでしょうか。またどんな関係を築いているのでしょうか。

①お互い一人の時間を作る

長続きカップルは、お互い1人の時間を作ることも大切にしています。四六時中喧嘩をしてしまうカップルは、四六時中一緒にいるから喧嘩になってしまうのです。

適度に自分の時間をつくって、自分だけの楽しみを作ることで、2人でいるときは2人の時間を楽しもうとすることができるのです。

②過去の喧嘩は掘り返さない

喧嘩をしているときに「あのときも思ったけど」と、以前の喧嘩を掘り返すカップルがいます。長続きするカップルは、過去の喧嘩のことは掘り返しません。掘り返さなくてすむように、その時にしっかりと解決をすることができているのです。

例え思い出したとしても、そこには触れないという暗黙のルールもあるのです。

③相手のためを思った喧嘩をする

長続きするカップルは、喧嘩をする内容も選びます。相手のためを思ったことなら、喧嘩をすることを怖がったりはしません。例えば相手が毎日お酒を飲んでばかりいるなら「毎日飲んだら体に毒だから」と伝えることができます。

「そんなこと言われる筋合いはない」と喧嘩になってしまうこともありますが、相手の体を心配して言っていることなので、喧嘩になっても最後にはお互いが納得いく形で終わらせることができるのです。

④悪口の言い合いにはならない

小学生のような喧嘩にならないというのも、長続きするカップルの喧嘩の特徴です。長続きするカップルは、お互いの欠点も含めて相手のことが好きでいられるカップルでもあります。相手の外見や性格に悪いところがあるとは思っていないのです。

喧嘩の原因と関係ないことを言い合う意味がないとわかっているので、相手の外見や性格まで引っ張り出したりはしないようです。

⑤将来のための喧嘩はしっかりする

長続きするカップルは、喧嘩の内容も選ぶということを書きましたが、将来に関することでも喧嘩になることがあります。

2人の将来について真剣に考えているからこそ、喧嘩になってしまうのです。喧嘩をしているというよりは、お互いの考えをぶつけているというイメージになります。

⑥喧嘩の後こそ共同作業を

喧嘩の後は仲直りをしてもどことなくギクシャクしてしまうものです。喧嘩の後だからこそ、一緒に料理をしたり、一緒に食器を洗ったり、共同作業をするということが大切になります。

共同作業をするためには、日頃から家事の分担などができていることも大切になるかもしれません。誰かが何かをやらなくてはいけないと、決めつけないことも必要なのです。

⑦喧嘩両成敗

喧嘩の原因があなたにあっても、相手にあっても、喧嘩になった時点で喧嘩両成敗だということも忘れてはいけません。

相手が悪いとお互いに思っているうちは、仲直りをすることができません。どちらかが悪いのではなく、どちらも悪いのだと思うことで、謝罪もしやすくなるのではないでしょうか。

▼関連記事:カップルは喧嘩をしないほうがいい?したほうがいい?

喧嘩しないカップルは別れる?長続きする?カップルの特徴とは?

喧嘩はお互いの本音を知ることができる時でもある

今回は彼氏と喧嘩してしまったときに、こじらせずに上手く仲直りするにはどうしたらいいのか、仲直りの方法やコツを紹介させていただきました。

喧嘩をしないで、ずっと仲良くできていたら、それはそれで素敵なカップルなのかもしれません。しかし喧嘩をすることで、相手がどんなことを考えているのか、本音を知ることができるときでもあるのです。

喧嘩をすることで見えてくるものもあるかもしれません。カップルにとって悪いことばかりではないので、喧嘩をしたときには、しっかりと相手と向き合うようにしていきましょう。

仲直りの方法をもっと知りたい人はこちらも!

彼氏と喧嘩した後の仲直りの仕方!喧嘩中のNG事項も!
彼氏を怒らせた時,別れず仲直りする方法!連絡がないなら要注意!
「喧嘩するほど仲がいい」は嘘?本当?恋愛における喧嘩の意味!

関連するまとめ

鈴子
鈴子
もうすぐ冬ですね。イベントの準備が大変です♪

新着一覧

最近公開されたまとめ