セフレとの連絡の頻度や内容は?本命との違いは?

男がセフレと連絡を取る時は、基本的に性欲を満たしたいから。つまり、その連絡頻度は男の気まぐれともいえるでしょう。では、その連絡頻度は、本命彼女とセフレでどのような違いがあるのでしょうか?その違いが分かれば、自分が本命彼女かどうかわかるかも。

セフレとの連絡の頻度や内容は?本命との違いは?のイメージ

目次

  1. 男がセフレに連絡をする時ってどんなとき?
  2. セフレとの連絡頻度は?
  3. セフレと会う頻度はどのくらい?
  4. 男がセフレに取る態度とは?
  5. 連絡頻度だけで本命かセフレか判断するのは間違い?
  6. 男がセフレにするLINE・メールのパターン
  7. セフレにされやすい「都合のいい女」の特徴
  8. セフレから本命彼女に昇格するために
  9. 女だってセフレが欲しい!
  10. セフレとの連絡の頻度や内容は?本命との違いは?のまとめ

男がセフレに連絡をする時ってどんなとき?

セフレは、男にとって都合のいい女。自分が会いたい時に連絡して、相手の都合など全く考えていません。自分がセックスしたくなったらセフレに連絡し、食事など普通のデートを楽しむこともなくホテルに直行。付き合っていると思っている男性がこのような態度ばかり繰り返すなら、あなたは彼女ではなくセフレの可能性も。

セフレとの連絡頻度は?

男がセフレに連絡をするのは、基本的に自分の都合がいい時です。その連絡頻度は、カップルの付き合い方によってかなり違いがあるようです。

セフレと毎日連絡を取り合うカップルは意外と多い

LINEやメールでエッチな会話を楽しんだり、写真を送りあったりするセフレカップルは意外と多いようです。メールは実際に会うより本命にバレるリスクが少ないですし、ゲーム感覚でエッチな気分を楽しむことができます。

週1回~2回の連絡なら頻度は高め

週1回以上の連絡があるなら、セフレとしては連絡頻度は高めと言えるでしょう。ただし、連絡頻度が高いということは、本命にバレる危険性も高まるので、注意が必要です。期間限定で短い間の関係であればいいでしょうが、長期間続けるのは難しいかもしれません。

連絡頻度は年に数回というカップルも

お互い本命がいて、たまに刺激が欲しいときに連絡しあうセフレカップルもいます。お互いの行動に干渉することもないので、完全に割り切った関係と言えます。本命にバレるリスクも低く、会う頻度は少ないけれど長期間にわたってセフレの関係が続くパターンです。

関係を長く続けたいなら月1回の連絡頻度が最適

月1回程度の連絡頻度であれば、セフレとしての適度な距離感を保って付き合うことができるでしょう。本命がいる場合も、会う約束をする程度の連絡頻度ならバレる可能性は低くなります。お互いに飽きがこない頻度ともいえるでしょう。

セフレと会う頻度はどのくらい?

セフレと会う頻度で多いのは、週1回~2回というパターン。とくにどちらかに本命がいる場合は、休日は本命のために使う人が多く、セフレとは平日の夜に会うカップルが多いです。

セフレであっても、お互いに本命がいない場合は休日に会ったり、週に何回も会うというカップルもいます。しかし、セフレと割り切って付き合っている場合は、会う時はセックスだけというカップルが多く、長い時間共に過ごすことは少ないようです。

男がセフレに取る態度とは?

基本的に、男は都合よくセックスをさせてくれるセフレに対して、会っているときは優しく接します。しかし、その態度や言動はそっけないもので、本命彼女にする態度とはかなり違うものです。

夜しか会おうとしない

男がセフレと会う目的はセックスなので、基本的に夜しか会おうとしません。セフレの気をつなぎ留めようと、たまにランチに連れ出す場合もありますが、長時間のデートの約束はしないでしょう。

セックスの後すぐに帰る

セフレとはセックスすることだけが目的なので、本命がいる場合はすぐに帰ろうとするか、いない場合でもすぐに寝てしまうことが多いでしょう。セックスの後、態度がそっけなくなるのは「セフレだからいいや」と、男になめられている証拠です。

連絡が来るのは会う約束があるときのみ

男は、日常の出来事などをメールやLINEで報告しあうということが苦手な人が多いです。ただでさえ面倒なことを、わざわざセフレ相手にしようとは思わないでしょう。セフレに連絡をするのは、会う約束をするときだけという場合が多いです。

■関連記事:デートでの態度でも判断できます!こちらもチェック!

男子がセフレにすること・しないこと!デートはどう?【要注意】

連絡頻度だけで本命かセフレか判断するのは間違い?

女性は、連絡頻度で男性の愛情を計る人が多いですが、連絡がマメなことが「本気で愛している」という考え方はちょっと危険かもしれません。

連絡頻度が多いのは後ろめたい理由があるからかも

男性は、自分に後ろめたいことがあると連絡頻度が多くなる傾向があります。たとえば、彼女と喧嘩して誰でもいいから構ってほしいという場合など。連絡が多いから自分は本命だと安心していたら、実はセフレだったという例もあるのです。

連絡頻度より行動を重視するべし

逆に、連絡はそっけないけれど、風邪をひいたとき看病してくれたり、困った時に助けてくれたりと、実際の行動でマメに愛情表現をする男性もいます。甘い言葉より、愛のある行動をしてくれるかどうかで、本命かどうかの判断ができるでしょう。

男がセフレにするLINE・メールのパターン

男は、LINEやメールをするとき、セフレと本命で内容を使い分けています。セフレへのメールやLINEの内容は、基本的にそっけないもので、既読スルーされることも多いでしょう。

LINEやメールの内容は用件のみ

基本的に、セフレにするLINEやメールの内容は、「〇〇日に会おう」など会う日時を確認する用件のみのものがほとんどです。あるいは、エッチなメールのやり取りを楽しむセフレカップルならいきなりエッチな写メを送るなど、相手のことを考えた内容というよりは、自分の性欲を満たすためだけにLINEやメールを利用しているという感じです。

メールの返事がそっけない

好きな相手であれば、メールをするのも楽しく、少しでも長く会話を続けたいと思うものですよね。しかし、興味のない相手の場合、メールがきてもそっけない返事をすることになります。つまり、男がセフレに求めるのは性欲を満たすことのみにありますから、それ以外の労力は無駄だと考えるのですね。

セフレからのメールは基本的にスルー

男は、セフレに会いたければ自分の都合に合わせて、自分のタイミングで連絡してくるのが普通です。セフレからメールやLINEがきても、それが次の約束につながるメールでなければそっけない返事をするか、スルーします。とくに、日常の報告的な内容のメールは、面倒以外の何物でもありません。返信が来ることはほぼないでしょう。

セフレにされやすい「都合のいい女」の特徴

「いつのまにかセフレのような関係になっていた」という経験がある女性は案外多いかもしれません。男性に、都合のいい女としてセフレ扱いをされてしまいやすい女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

男に尽くすタイプはセフレになりやすい

何かと男の世話を焼いたり、急な呼び出しにも応じてしまうような尽くすタイプの女性は、男にとって格好のセフレ候補。なかなか会えなくても、黙って耐えてしまったりするのですね。このタイプは、一度セフレ関係になってしまうとなかなか抜け出せないという特徴があります。

恋愛に依存するタイプは本気じゃなくても体を許してしまう

常に彼氏がいないと不安を感じる、恋愛体質の女性は、「彼氏がいないからとりあえずこの人でいいか」と、特に好きな相手ではなくても簡単に肉体関係を結んでしまいがちです。男はそこにつけこんで、都合のいいセフレにしてしまうんですね。

押しに弱い女性は男にとって都合がいいセックス相手

押しに弱い女性は、その場の雰囲気に流されやすいので、一夜だけの関係を望む男にとっては格好の餌食となります。男に言いくるめられて体の関係を結んだ結果、ヤリ逃げされてしまうパターンは多いです。嫌なら嫌と、毅然とした態度を取ることが大切です。

セフレから本命彼女に昇格するために

最初はセフレの関係だったけれど、何回も会っているうちにセックスだけの関係では満足できなくなることもあるでしょう。「本命彼女になりたい!」と思ったとき、男を本気にさせるには、どのような態度を取るのが効果的なのでしょうか。

自分から連絡しない

自分のほうから「会いたい」とか「いつ会えるの?」などの連絡をすると、男に都合のいい女扱いされて終わる可能性が高いです。自分からあまり連絡しない、すべての誘いに乗らないなど、自分を安売りしない態度を見せるのが大切です。

会ったときは最高の印象を残す

本命彼女になるためには、「会いたい」と思ってもらうことが大前提です。男が会いたいと思う女性は、一緒にいて楽しい、癒してくれる女性。反対に、男が彼女に選びたくないのは、重たく面倒な女性です。

束縛は絶対NG

男性は、基本的に束縛を嫌います。たとえ本命彼女であっても、束縛されると関係がおかしくなってしまうことがあります。それほど嫌う束縛を、セフレの立場でしてしまうと、男にとっては「ただの面倒な女」となり、急にそっけない態度を取られて、連絡も来なくなってしまうかもしれません。

男に合わせすぎない

「彼に嫌われないように」と、男に合わせすぎていると、自分の魅力を十分出すことができません。男にとって、何でも言うことを聞いてくれる女性は都合がいいですが、そういう女性を本命彼女にしようとは思わないものです。しっかりと自分の意志を持って、人間的に魅力を感じられる女性になることが、本命彼女になるための秘訣です。

■関連記事:本命彼女になるための方法についてはこちらもチェック!

セフレと彼女の違いは?男がセフレから本命彼女にしたくなる瞬間9選!

女だってセフレが欲しい!

「セフレが欲しい」と思うのは、なにも男だけではありません。女性でも、約4割の人が「過去にセフレがいたことがある」そう。女性がセフレを作るとき、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

飲み会で酔った勢いで

女性が男性とセフレの関係になるきっかけで多いのが、「飲み会などでお酒に酔った勢いでセックスしてしまった」というもの。1回限りの関係で終わることもありますが、「今は本命がいないし、まぁいいか」と、セフレ関係を続けてしまうというパターンもあります。

彼女になれないならセフレでもいい!

相手の男性が好きだけれど、彼女がいるという場合、「セフレでもいいから彼と結ばれたい」とセフレになってしまう女性もいます。割り切ったセフレ関係とは違い、「彼が好き」という気持ちがあるので、彼にそっけない態度を取られて落ち込むことも多いでしょう。

カラダの相性がいい

真剣に付き合う男性には、ルックスや性格などさまざまな条件があります。長く付き合っていくには、セックスの相性もとても重要ですが、なかなかすべての条件がそろう男性に出会うのは難しいもの。セックスの相性がイマイチな彼を好きになってしまったとき、相性がいいセフレの存在は結構重要なのかもしれません。

セフレとの連絡の頻度や内容は?本命との違いは?のまとめ

セフレの彼には、普通の彼氏と同じものを求めることはできません。割り切った大人のお付き合いができる人や、期間限定でセフレ関係を続けると決めた場合以外は、長期間続けることは難しい関係です。「付き合っていると思っていた彼がセフレかも」と感じた場合は、確かめる勇気も必要かもしれません。

セフレに関する情報についてもっと知りたいアナタへ!

セフレでいることが辛い女子必見!悪いセフレ関係の特徴と解決法!
セフレと結婚することはある?結婚するのはどんな場合?
セフレやめたい!脱却する方法9選!恋人にはなれないの?
セフレが欲しい人必見!セフレを見つける方法完全解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ