体だけの関係を求める男性心理とは?本命になるにはどうする?

体だけの関係と本命を男性はどこで区別し、なぜ体だけの関係を求めているかご存知ですか?体だけの関係から本命になるのは難しいと言われていますが、努力で本命は手に入れられます。体だけの関係からでも彼に本命だと認めてもらいませんか?

体だけの関係を求める男性心理とは?本命になるにはどうする?のイメージ

目次

  1. 体だけの関係から本命になれるの?
  2. 体だけの関係と本命の違い1.告白の有り無し
  3. 体だけの関係と本命の違い2.体の関係以外も楽しめるか
  4. 体だけの関係と本命の違い3.彼女の内面を見ているか
  5. 体だけの関係を求める男性心理1.都合の良い関係がラク
  6. 体だけの関係を求める男性心理2.自分好みのプレイ
  7. 体だけの関係を求める男性心理3.告白する勇気がない
  8. 体だけの関係から本命になるために実践したい3つのこと
  9. 体だけの関係を終わらせるための3つのこと
  10. 心も満たされる関係を目指しましょう

体だけの関係から本命になれるの?

体だけの関係になってしまうと、本命になるのは難しいと言われます。その理由は、女性に大きな努力や強さが必要になるからです。そもそも、体だけの関係と本命は何が違い、男性はなぜ体だけの関係を求めるのでしょうか?男性の心理や思考を知ると共に、本命になるためにすべきことや、体だけの関係との相手を終わらせたいと思った時の心構えを見ていきましょう。

体だけの関係と本命の違い1.告白の有り無し

何度か二人だけで遊び、体の関係があるとなると、自分たちは付き合っているのかいないのか分からないという方は多いでしょう。この悩みは、体だけの関係でも付き合っている関係でも、やっていることは変わらないためだと言えます。唯一違うのは、「付き合おう」という言葉が有るか無いかです。

告白することで、「自分たちは付き合っているのだから、他の人と遊ばないでほしい」といったお互いのつながりを強めることにつながります。告白しないことで、お互い会いたくなったら会うし体の関係も持つけれど、他の人とも同じことをしても咎められることはありません。

体だけの関係と本命の違い2.体の関係以外も楽しめるか

お互いを彼氏・彼女だという認識があれば、体の関係ももちろんありますが、電話やLineで他愛ない話をしたり、デートをするなど、体の関係以外の楽しみもあります。ところが、体だけの関係の女性とは、頻繁な連絡や体の関係を楽しむ前のデートを面倒に思う男性は多いです。

他に本命の彼女がいたり既婚者の場合、彼女や奥さんにデートしていることを見られたくないため、会うのはいつも夜に女性の自宅かホテルだけということもあります。

体の関係を持つ前は頻繁に連絡をしたり二人きりで遊びに行くことで、体の関係に持ち込もうと考える男性は多いため、体の関係を持った後に体の関係以外の接触が減ったのなら、体だけの関係としか見られていません。今まで通りに連絡やデートを楽しめていれば、本命度は高いです。

体だけの関係と本命の違い3.彼女の内面を見ているか

性格はあまり好きになれないけれど体の相性は良いという女性に対し、男性は体だけでもつながっていたいと考えます。二人きりで遊んだ時、食の好みや好きな映画など価値観が合うと感じる女性は、一緒にいて楽しいと思ってもらえるため、本命に選ばれる可能性は高いです。しかし、価値観が異なる、考え方に共感できないという女性とは、心のつながりを求めようとせず、体だけの関係を楽しめれば良いと思われてしまいます。

体だけの関係を求める男性心理1.都合の良い関係がラク

お互いを彼氏・彼女だと認めてしてしまうと、複数の異性と遊べなくなるのはもちろん、毎晩電話をかけるなどのお互いを束縛する約束が増えます。

基本的に男性は束縛されるのは嫌いという心理です。彼氏・彼女の関係であれば、自分が忙しくて連絡できる状態にない時でも「毎晩電話する」という約束をしてしまっていたら電話しなくてはいけないとプレッシャーになりますし、定期的に会わなければ彼女に不安がられてしまいます。

しかし体だけの関係であれば、自分が会いたいと思った時に連絡して体の関係を築けます。会いたい気分ではない時には連絡しなかったり、他の女性と遊んでも問題はないと見なされます。

妻との体の関係に満足できず、自分の快楽のために体だけの関係を求める既婚者が多いのも、この心理から来ています。男性に限らず、女性の中にも、結婚してから夫と体の関係が減ってしまい寂しい・虚しいと感じ、他の既婚男性と体だけの関係を持つ女性もいます。

既婚者同士で体だけの関係を持つ例は多く、心と体を切り離せて関係を楽しめるからラクという意見は、まさにこの心理を表していると言えます。

体だけの関係を求める男性心理2.自分好みのプレイ

人は様々な性的趣向を持っているものですが、アブノーマルなものを本当に好きな女性には要求できないという男性は多いです。彼氏・彼女の関係ですと、彼女が彼氏や旦那の趣向についていけないと悩むかもしれないと気にかけるほどです。既婚者ですと、奥さんに今更自分の趣向を知られたくないと思う方もいます。

しかし、体だけの関係の女性に対しては、アブノーマルな性的趣向を知られても何とも思わず、様々なことをやってみたいと思うものです。体だけの関係の女性には、本命の女性にはできないことで楽しませてもらうことを求めていると言えます。

体だけの関係を求める男性心理3.告白する勇気がない

体だけの関係を求める男性は、女性の気持ちを弄ぶ最低な人だというイメージがあるでしょう。しかし、告白する前に体の関係を持ってしまい、体だけの関係が長ければ長いほど「もし告白して彼女からは体だけの関係の相手にしか思えないから彼氏には考えられないなんて言われたらどうしよう」と不安になり、会えなくなるくらいならこのまま体だけの関係を続けようと思い、告白してこない男性もいます。

体の関係を持つ前後で男性の態度が変わらないなど、自分に気持ちがあるかもしれないと感じることがあれば、他の男性と遊んでいないことをほのめかしたり、あなたが彼氏だったら幸せだろうなといったように内面も好きなことを伝えるなど、男性に告白すれば上手く行くと思ってもらえるようにしましょう。

【参考記事】体の関係を求める男性心理についてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!

体の関係を求める男性心理って?その後どう付き合う?【要注意】

体だけの関係から本命になるために実践したい3つのこと

1.相手の男性について深く知る

いつも男性と会う時、体だけの関係で終了で何だか虚しいなんて思っていませんか?体だけの関係であっても、一緒にいる時は女友達よりは深い時間を過ごせるのですから、その時間を利用すれば、確実に彼に関する情報を仕入れることは可能です。

関係を持っている最中に彼がどのようなことを求めてくるのかで、彼がどのような女性が好きなのかを知ることができます。いくら体だけの関係であっても、一切会話をせずに終わりということはないでしょう。そこで、彼の話に耳を傾けてみると彼は仕事やプライベートでは何をしているのかが分かったり、家に行けば何が好きなのかを知ることもできます。

相手が既婚者の場合、家に行くことはないかもしれませんが、奥さんのどこが好きで、なぜ結婚しようと思ったのか、今はどこに不満を抱いていて、なぜ自分と体の関係を築いてくれたのかなどを知ることもあるでしょう。


彼のことを深く知って、彼の趣味・思考に興味や理解を示すことで、彼はあなたの内面にも惹かれる可能性が高まります。

2.体の関係を断る時をつくる

体だけの関係ですと、体の関係を断ってしまうと彼とは二度と会えないのではないかと不安に思う方も多いでしょう。しかし、いつも彼の求めに応じていたら、いつまでも行為が終わったらあっけなく別れる、なんて虚しい関係都合からは抜け出せません。そこで、たまには彼からの誘いを断りましょう。いつも彼からの連絡にすぐ返信をしていた方は、連絡頻度を減らすことから始めてみましょう。

男性はこれまで自分の理想通りだった女性が突然離れてしまうと、虚しいと感じ、その女性を手放したくないと思い、何かしら行動を起こします。男性から頻繁に連絡が来るようになっても、付き合ってほしいと言われるまで体の関係を持たないだけでなく会わないでいるくらいの強さを持ちましょう。相手の女性を本当に好きであれば、誰かのものになってほしくないと思い、告白してくるはずです。

相手が既婚者の場合、「早く奥さんと別れて私と結婚して」などと相手を追い詰めて、ご自身から家庭を壊すようなことは決してしないようにしましょう。たとえ相手が奥さんに冷めきっていたとしても、自分の家庭を壊すかもしれない女性に恐怖を抱き、体だけの関係さえ終わりにされる可能性があります。

あっけなく関係が終わってしまったら、いつか自分を選んでくれるかもと体だけの関係で我慢していたのを虚しいと感じてしまいますよね。今の奥さんよりもあなたを選びたい何かがあれば、男性はあなたの所へ来てくれるはずです。

3.どんな姿でも見せられる相手だと思わせる

男性は本命の相手には、居心地の良さを求めます。毎日忙しく過ごしていたり、何か悩んでいる時は誰しも弱っています。体だけの関係の相手が既婚者の場合、結婚したら奥さんの自分への態度が変わってしまったり、結婚生活が上手く行っていない場合などは、優しさを求めているものです。

そのような時、自分の愚痴を聞いてくれたり励ましてくれる彼女がいれば、癒されると感じます。どのような姿を見せてもあなたが温かく見守ってくれれば、いつしか彼の中であなたは心の拠り所となり、「彼女の彼氏になれれば、心も満たされる気がする」「もっと早く彼女と出会って結婚できていれば」と思ってもらえます。

【関連記事】体の関係をやめる方法についてはこちらでもっと詳しく知ろう

セフレでいることが辛い女子必見!悪いセフレ関係の特徴と解決法!

体だけの関係を終わらせるための3つのこと

1.新たに熱中できることを見つける

失恋してしまって寂しい、毎日を何となく過ごしてしまい何だか虚しいなど、後ろ向きな気持ちを埋めたいがために体だけの関係を持ってしまうという女性は多いです。

特に相手に本命の彼女がいたり、既婚者の場合、自分よりも彼女や奥さんを大切にしていると感じてしまうと、体だけの関係を虚しいと感じるものです。

行為の最中は幸せを感じても、終わった後に正式に付き合っている関係ではないために、寂しい・虚しいといった感情が湧き上がり、ますます関係を求めてしまうという悪循環に陥ります。

そこで、新しい趣味や資格取得に挑戦するなど、彼以外に夢中になれることを見つけてみましょう。彼以外に懸命になることで、前向きな気持ちを取り戻せます。

2.男性と一切連絡をとらない

体だけの関係を求める男性は、女性との関係を続けようと口ではいくらでも上手いことを言います。そして、甘い言葉に騙されて「いつか告白してくれるかもしれない」と淡い期待を抱き、体だけの関係を受け入れてしまう女性は多いです。

そこで、体だけの関係を終わらせたいと思ったら、決して自分から連絡せず、男性から連絡が来ても無視し続けましょう。今まで頻繁に連絡をとっていた女性からすると、無言で関係を終わらせるのは心苦しいと思うかもしれませんが、連絡をとってしまうと、男性に関係を続けるきっかけを与えてしまいます。告白されたわけではないのですから、そこは体だけの関係を逆手にとりましょう。

一切連絡がなくなれば、男性は関係が終わったことを察します。

3.自分の将来を想像する

体だけの関係を続けて、本命になれることはおろか、結婚する未来が見えないという方は多いのではないでしょうか。他の男性と正式に付き合えば、日中に堂々とデートしたり、同棲や結婚できるかもしれないと考えれば、体だけの関係の男性を忘れて、新たな恋に歩み始めたいと思えるはずです。

体だけの関係を続けていれば、相手から病気をもらったり望まない妊娠をして自分を傷つける可能性もあります。もっとご自身の輝く未来を想像し、体だけの関係しか望めない男性とは終止符を打つことも必要です。

心も満たされる関係を目指しましょう

体だけの関係を求める男性の心理や体だけの関係から本命になるための秘訣、体だけの関係を終わらせたいと思った時に覚えておきたいことをご紹介しました。体だけの関係とは、本命の相手に対してと行動は変わらないことが多いですが、体の関係以外も楽しめたり愛おしいと思えることが大きな違いです。体だけの関係は男性は自分本位に動けると思われがちですが、相手のことが好きなあまり告白できずに体だけの関係になってしまうこともあります。

そこで、本命になろうと思ったら、男性の内面を知り、体の関係がなくても魅力的だと思ってもらうことが大切です。しかし、相手との関係が発展しそうになく、体だけの関係が辛いと感じたら、男性と連絡をとるのをやめ、新たに熱中できることを見つけるなど、もっとご自身が輝ける未来へ歩み始めましょう。

体だけの関係に悩んだことを糧に、恋愛を楽しいと思える道に進めることを応援しています。

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ