コンディショナーとトリートメントとリンスの違いは?【完全解説】

コンディショナーやトリートメントは女性のヘアケアには欠かせない必須アイテムですが、正しい用途を理解されていますか?今回は、コンディショナーやリンス、トリートメントなどのヘアケアアイテムの違いや、正しく効率的にケアする方法などをご紹介していきます。

コンディショナーとトリートメントとリンスの違いは?【完全解説】のイメージ

目次

  1. 正しいヘアケアを心掛けましょう
  2. トリートメントの効果は?
  3. コンディショナーの役割とは?
  4. トリートメントとは違うリンスとは?
  5. コンディショナー&トリートメントの併用はおすすめ?
  6. コンディショナー&トリートメントの併用、正しい順番は?
  7. 洗い流さないトリーメント併用時の正しい順番は?
  8. コンディショナー&トリートメントの併用、注意点は?
  9. コンディショナーとトリートメント、両方使うべきなの?
  10. ヘアケア商品、あなたはどれを使うべき?
  11. 髪質によってはトリートメントしない方が良い?
  12. ヘアケアアイテム・インバストリートメントとは?
  13. ヘアケアアイテム・アウトバストリートメントとは?
  14. トリートメントやコンディショナーの使用頻度は?
  15. コンディショナーとトリートメントとリンスの違いは?まとめ

正しいヘアケアを心掛けましょう

トリートメントやコンディショナーを使っていますか?

女性にとって大事なパーツの1つでもある「髪の毛」は、お手入れや化粧品の選び方1つで“女性らしさ”に大きく差がつく箇所ということもあり、手抜きをしていると髪から直接ボロが出てくる場所と言えますが、みなさんはご自身の髪のお手入れはどのようにされていますか?トリートメントやリンス、コンディショナーなどを使用していますか?

私はトリートメントを使っているからお手入れは十分!という方や、私はコンディショナーを使っているから平気よ!という方は、それぞれの化粧品の違いを理解して使用されていますか?トリートメントやコンディショナーなどのヘアケア化粧品には正しい使い方や順番があります。おすすめの併用方法などもご紹介していきますので是非参考にしてください。

トリートメントの効果は?

トリートメントは「髪の内部」を整えるもの

女性のヘアケア化粧品であるトリートメントは一般的に、「髪の毛の内部」に成分を浸透させ、足りていない栄養を補給し、髪の補修を果たしてくれる役割を担っています。

トリートメントは、ダメージのある髪やうるおいに欠ける髪の内部に入りこみ、保湿成分などを浸透させ、髪の補修を助けてくれるだけでなく、質感のコントロールが効きやすくなるようです。

トリートメントを選ぶ際は、弱酸性のアミノ酸成分が配合されたトリートメントがおすすめでしょう。というのも、髪の毛は弱酸性ですので、時間をかけて髪の内部に浸透させるトリートメントに適しているからです。

コンディショナーの役割とは?

コンディショナーは「髪の表面」を整えるもの

“髪の内部”に浸透させて補修する“トリートメント”と違い、「コンディショナー」は「髪の表面」に油膜を作りコーティングする働きをしてくれます。髪の表面に油膜を貼ることで、摩擦などの刺激から保護したり、髪のコンディションを整えたりしてくれます。

コンディショナーという名前の由来は、髪のコンディショニングをしてくれるところからきていますので、覚えておくと良いでしょう。

最近、トリートメントの特有の保湿成分を配合しているコンディショナーなどが販売されていて、髪の表面と共に内側の補修も同時に行ってくれるようですが、保湿成分などを配合できる分量にも限界がある為、効果にはあまり期待しない方が良いでしょう。


◆関連記事:コンディショナーについてもっと情報を知りたいアナタに!

コンディショナーの使い方!正しい使い方を知りましょう

トリートメントとは違うリンスとは?

リンス&コンディショナーの効果はほとんど同じ

トリートメントとコンディショナーの説明をしましたが、リンスは日本独自の文化と言われていて、リンスの効果はコンディショナーとほとんど同じと言っても過言ではないでしょう。ただ、コンディショナーのような保湿効果や補修成分が配合されていないので、表面のコーティングが主な役割と言えるでしょう。

リンスは元々、洗浄力の強いシャンプーで髪を洗うと、洗いあがりの髪が非常にごわごわしたために製造されたヘアケア商品と言われています。今ではシャンプーにも様々な成分が含まれ、髪に悪影響を及ぼす成分は含まれていない為、リンス単体では世の中から必要とされなくなったようです。

ですので、あまり髪にお金をかけたくないからトリートメントやコンディショナーは使わないで、髪表面のコーティングだけしたい!という場合や、生まれつき直毛で髪がサラサラしている人の場合の化粧品は、リンスのみで問題ないでしょう。

コンディショナー&トリートメントの併用はおすすめ?

コンディショナー・トリートメント・リンスの違いを説明してきましたが、それぞれのヘアケア化粧品の区別はつきましたでしょうか?生まれつき人によって髪質も異なり、これまで行ってきたお手入れのやり方も人それぞれ異なります。コンディショナーやトリートメントはそれぞれ単体で使用するのが1番良いのでしょうか?

ヘアケアの方法として1番良いと言われているのが、コンディショナーとトリートメントを併用する、1回のシャンプーにつきコンディショナーとトリートメントを両方使う、という方法が1番髪に効果があるようです。

トリートメントの特徴とも言える「髪内部の補修」、更にはコンディショナーの特徴である「髪表面の補修」を行うことで、よりツヤ感のある理想的なサラサラヘアスタイルに一歩近づくことが出来るかもしれません。

見た目も触り心地も理想に近づけるために、コンディショナーとトリートメントの併用を試してみましょう♪

コンディショナー&トリートメントの併用、正しい順番は?

①トリートメント→②コンディショナー

コンディショナーとトリートメントを両方使うことで、髪のケアがより向上するということを理解した後は、コンディショナーとトリートメントの併用をする際に最も重要となのが、両方使用する際の“順番”です。正しい順番通りにヘアケアを行わないと、せっかく補修してくれるものもしてくれなくなります。

コンディショナーとトリートメントを両方使う際の正しい順番は、
①普段通りシャンプーで頭皮や髪の汚れを落とし、洗い流してください。
②トリートメントを使って髪をダメージケアしてください。
③最後にコンディショナーで髪の表面にフタをしてあげてください。
④必ず、全て洗い流してください!

あれ?私の順番と違う!という人もいたのではないでしょうか?トリートメントの成分や役割を考えて、トリートメントを最後に使用する人もいますが、「髪の表面に油膜を作りコーティングしてくれるコンディショナー」の使用後に、「髪の内部に浸透し補修してくれるトリートメント」を使用しても効果はほとんどないでしょう。
コーティングされた髪の毛には、補修成分がしっかりと中まで浸透しづらくなってしまうのです。

コンディショナーとトリートメントを両方使うにはコストもかかりますので、髪の毛により良い影響を与えてくれるように正しい順番でヘアケアしてみてくださいね♪
※化粧品のメーカーによってはコンディショナー→トリートメントという順番を推奨しているところもあるようなので、化粧品の使用方法を確認するようにしてください。

洗い流さないトリーメント併用時の正しい順番は?

①コンディショナー→②トリーメントでもOK!

洗い流すタイプのトリートメント使用時の正しい順番はトリートメントから!とお伝えしてきましたが、洗い流さないタイプのトリートメントとコンディショナーの両方を使う場合は、順番が逆でも大丈夫です。というよりも、洗い流さないトリートメントなので、先にトリートメントを使ってからコンディショナーをすると洗い流す羽目になってしまいもったいないですよね。

また、洗い流さないタイプのトリートメントは、タオルドライをして、髪の根元の部分の水分をしっかり取り除いてあげて、ドライヤーを使用する前に使用するようにしましょう。

洗い流さないタイプのトリートメントは、髪の毛をドライヤーの熱から保護してくれますし、洗い流さないので保湿効果やツヤ出し効果も抜群に良いです。さらには、スタイリングもしやすくなるのでおすすめですよ♪

コンディショナー&トリートメントの併用、注意点は?

コンディショナーやトリートメントのすすぎ残しに注意!

コンディショナーとトリートメントを併用する際の正しい順番を理解し、ヘアケアのコツを掴んだ後は、コンディショナーとトリートメントを併用する際の「注意点」を見ていきましょう。

髪を洗う際、シャンプーやコンディショナー、トリートメント、リンスなど使うかと思いますが、併用するにしてもそうでなくとも、「すすぎ残し」には十分注意しましょう。頭皮にすすぎ残しがあると、髪へのダメージを深めるだけでなく、薄毛や抜け毛などにも繋がってしまいますし、髪の生え際などにすすぎ残しがあると、お肌トラブルの原因にもなり兼ねません。
また、洗い流さないタイプのトリートメントを使用する際は、髪の根元の頭皮の辺りではなく、毛髪にきちんとつけるようにしましょう。

コンディショナーとトリートメントを併用する際は、以上の注意点に気を付け、髪を洗ってあげましょう。

コンディショナーとトリートメント、両方使うべきなの?

最近街中で売られているコンディショナーには、トリートメント効果のある成分が入っているコンディショナーもありますし、逆にコンディショナー効果のある成分が入っているトリートメントも売られていますので、髪の傷みがそこまで気にならないようであれば、どちらか一方のみでも良さそうです。

ただ、コンディショナーやトリートメントに含まれる成分を一つのボトルに収納させるには限界がありますので、あまり効果が見られない方は、惜しまずにコンディショナー&トリートメントの両方を使うと良いでしょう。

ヘアケア商品、あなたはどれを使うべき?

ここでそれぞれの化粧品の違いのおさらいですが、「コンディショナー」の効果は「髪の表面」に油膜を作りコーティングする働きをしてくれるもので、「トリートメント」は一般的に、「髪の内部」に成分を浸透させ、足りていない栄養を補給し、髪の補修を果たしてくれる役割を担っているもの、「リンス」はコンディショナーと同じような働きをしてくれますが、保湿効果や補修成分が配合されていない!でしたよね♪

髪のダメージがあまりない人はコンディショナーのみでも良いですし、コンディショナー無しでも良いかもしれません。髪のダメージが気になる人は、トリートメントとコンディショナーの両方を毎日使うことをおすすめします。

髪質によってはトリートメントしない方が良い?

髪の内部を補修してくれるトリートメントは、髪の毛を柔らかくする成分が入っているので、髪質が固い人と違い、生まれつき動物の毛のような柔らかい髪質の人にはあまり向いていないかもしれません。髪のダメージがひどいからどうしてもトリートメントしたい!という人は、洗い流さないオイルタイプのトリートメントや、しっとり系のトリートメントを使ってみると良いでしょう。

とは言っても、髪質によって合う、合わないが違いますので、ものは試しに色々な化粧品を試してみるのもアリですね♪ご自分の髪質に合ったトリートメントやコンディショナー、リンスを選び、キレイな髪質に仕上げていきましょう!

ヘアケアアイテム・インバストリートメントとは?

トリートメントやコンディショナー、リンスの違いや正しい化粧品の使い方を学んだあとは、より髪質を改善してくれるヘアケアアイテムをご紹介していきます。

まず、インバストリートメントとは、「インバス」+「トリートメント」の組み合わせなので、バスルームの中でトリートメントをすることを言います。お湯で髪の毛を濡らして柔らかくし、髪表面のキューティクルを広げることでトリートメントのケア成分がより浸透しやすくなります。

ですので、一般的なトリートメントは「インバストリートメント」と呼ばれていますので覚えておきましょう。

ヘアケアアイテム・アウトバストリートメントとは?

インバストリートメントの次は「アウトバストリートメント」です。先程の語呂合わせ同様、「アウトバス」+「トリートメント」の組み合わせなので、お風呂の外で使用するトリートメント化粧品のことを言います。

アウトバストリートメントはコンディショナーやインバストリートメントを使用したあと、タオルで軽く水気をきり、ドライヤーで熱風を当てる前に使うものです。ヘアオイルやヘアケアクリーム、ヘアパックなどが良い例でしょう。

アウトバストリートメントの効果は
①熱から髪を保護する
髪の毛というのは熱や紫外線に弱いので、ドライヤーの熱などで髪が傷みやすくなります。髪を自然乾燥するのも傷むのに、ドライヤーの風を当てるだけでも傷んでしまう、ということなので、ドライヤーをする前にアウトバストリートメントを使用すると良いでしょう。ただ、ヘアオイルをつけてアイロンや͡コテを当てると髪が焦げてしまうので控えましょう。

②髪にツヤを出してくれる
これはインバストリートメントも同様ですが、アウトバストリートメントを使うことで、より髪にツヤ感を出し、見栄えを良くしてくれます。

③保湿効果もある
トリートメントには保湿効果もありますので、バサバサな髪になってしまわないように、しっかりとトリートメントしてあげましょう。紫外線で髪はダメージを受けますが、髪の外側をしっかりとコーティングすることで、髪へのダメージを軽減することが出来ます。また、髪のまとまりが良くなりますので、湿気で髪のセットが上手くいかない時なども、スタイリングがしやすくなるでしょう。

トリートメントやコンディショナーの使用頻度は?

トリートメントやコンディショナーの違いを知ったら、それぞれの使用頻度はどの程度が良いのか見ていきましょう。
①髪のダメージが全く気にならない人
週に1度、コンディショナーとトリートメントの両方を使いヘアケアしてあげれば十分でしょう。両方使うのが嫌だ、という場合は、月に1度美容院で両方組み合わせたヘアケアをしてもらうと良いでしょう。

②髪のダメージが気になる人
トリートメントやコンディショナーは、効果は別にして“やりすぎるのは良くない”ということは決してないので、出来れば毎日、トリートメントとコンディショナーの両方を使いヘアケアしてあげましょう。

トリートメントやコンディショナーの両方を選ぶ際は、それぞれの商品の違いや、成分の違い、効果の違いなどをしっかりと見極めて選ぶことを意識していきましょう。

コンディショナーとトリートメントとリンスの違いは?まとめ

コンディショナーとトリートメント、リンスの違いをご紹介してきました。コンディショナーは「髪の表面」の補修、トリートメントは「髪の内部」の補修をしてくれる役割を担っている、ということが分かったかと思います。コンディショナーとトリートメントを併用する時は、トリートメント→コンディショナーという順番を忘れないようにし、ダメージの少ないキレイな髪を目指して、日々ヘアケアをしていきましょう♪

トリートメントについてもっと情報を知りたいアナタに!

美容院のトリートメントはおすすめ?効果はあるの?自宅でもできる?
広がる髪を抑える方法!トリートメントでしっとりした髪は作れる?
トリートメントの正しい使い方!効果的に使ってツヤ髪に!
洗い流さないトリートメントのおすすめ人気ランキングTOP11!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ