固まったマスカラを復活させる方法!乾燥で固まっても大丈夫!

固まるマスカラを復活させる方法をご紹介します。マスカラは、たとえまだ容器に残っていても乾燥して固まり、パサパサして使えなくなることがあります。そんなときに便利なのが、化粧水や眼薬。マスカラの復活方法を知れば、メイク代の大きな節約になります!

固まったマスカラを復活させる方法!乾燥で固まっても大丈夫!のイメージ

目次

  1. マスカラが固まった!復活させられるの?
  2. 復活方法を学ぶ前に・・・【マスカラの基礎知識】
  3. 復活方法を学ぶ前に・・・【マスカラの原料とは?】
  4. マスカラの復活方法を学ぶ前に・・・【マスカラが固まる原因】
  5. マスカラが固まる原因(1)使用期限が過ぎているため
  6. マスカラが固まる原因(2)容器内に空気が入るため
  7. マスカラが固まる原因(3)マスカラの油分が固まるため
  8. いよいよ、マスカラの復活方法をご紹介!
  9. 固まるマスカラを復活させる方法(1)容器を温める
  10. 固まるマスカラ液を復活させる方法(2)化粧水や乳液を1滴加える
  11. 固まるマスカラ液を復活させる方法(3)目薬を1滴加える
  12. 固まるマスカラ液を復活させる方法(4)ミネラルオイルを1滴加える
  13. 固まるマスカラ液を復活させる方法(5)コンタクト保存液を1滴加える
  14. まとめ:マスカラの復活方法を試してみよう!

マスカラが固まった!復活させられるの?

まだ容器にたくさん残っているはずのマスカラが、パサパサして乾燥し、使い物にならなくなってしまった・・・そんな経験はありませんか?
マスカラの付き方が悪くなったり、ダマが出来るようになってしまったら、それがマスカラが乾燥した証拠です。メイクしにくくなるのは当然ですし、あるいは、マスカラを使い終わってしまったと勘違いして、新しいものに買い換えてしまうこともあるかもしれません。

大事に使っていたお気に入りのマスカラの場合、ガッカリする気持ちは大きいですよね。固まる機能が付いていてこそのマスカラですが、こんなときは恨めしく思ってしまいます。

しかし、そんな固まったマスカラを復活させる方法があります!そのお気に入りのマスカラ、捨てるのはまだ早いです!
マスカラが固まるときの復活方法を学べば、マスカラを長~く使うことが出来ます。メイク代の節約にもなって、一石二鳥です!

復活方法を学ぶ前に・・・【マスカラの基礎知識】

パサパサマスカラの復活方法を知る前に、まずは、マスカラに配合されている成分について学びましょう。
そもそもマスカラは、まつ毛を長く見せたり、目を大きく見せたりするためのメイク用品です。アイメイクにとって、まつ毛の長さや太さは見過ごせないもの。マスカラが無くてはならない存在である人も少なくないでしょう。

一口に「マスカラ」といっても、種類はさまざまあります。
(1)ボリュームアップタイプ
(2)ロングタイプ
(3)ウォータープルーフ
(4)お湯でオフできるタイプ
(5)まつ毛ケアできるタイプ
こういったマスカラの種類によって、配合されている成分が違ってきます。

復活方法を学ぶ前に・・・【マスカラの原料とは?】

マスカラは、まつ毛に色を付けてカールを固め、持続させるアイメイク用品です。その原料としてだいたい共通するものは、次の通りです。
(1)顔料
(2)水
(3)ワックス
(4)ポリマー
(5)保存料
(6)繊維(ファイバー)

マスカラの成分中で見過ごせないのが、最後に挙げた「繊維(ファイバー)」です。これはまつ毛をより長~く見せるための必需品!細かい繊維をまつ毛に付けさせることで、まつ毛を長く、ボリュームアップして見せることができます。
この成分を「ロングラッシュ成分」というふうに呼ぶときもあります。

マスカラの復活方法を学ぶ前に・・・【マスカラが固まる原因】

伸びがよくてダマもできない新品のマスカラ。その状態がいつまでも続いて欲しいものですが、マスカラの乾燥は避けられません。大事に使っていたのに、どうしてマスカラは乾燥してパサパサになってしまうのでしょう?
実は、その原因はアナタの使いかたに潜んでいるかもしれません。知らず知らず、マスカラにとって悪い使用方法をしていないか、次の項目をチェックしてみましょう。

マスカラが固まる原因(1)使用期限が過ぎているため

え!?マスカラに使用期限なんてあるの!?と思われがちですが、実は、マスカラは開封してから3ヶ月が使用の限度と言われています。3ヶ月を過ぎたマスカラは、中身も劣化しやすく、結果、乾燥してパサパサになる原因になってしまうのです。

メイク用品は「なま物」と考え、できるだけ早めに使いきるのがベストです。肌や目に直接触れるものだからこそ、鮮度には気を付けたいですよね。
使用したあとは、きっちりと蓋を閉めて保存することをおすすめします。

マスカラが固まる原因(2)容器内に空気が入るため

マスカラをまつ毛につける前は、余分なマスカラ液をしごいて、ダマにならないようにしますよね。実は、この方法がマスカラの固まる原因になることがあります。
マスカラのブラシを何度も出し入れすることで、容器には空気が入りやすくなります。その空気によってマスカラ液が乾燥してしまうのです。

マスカラが固まる原因(3)マスカラの油分が固まるため

マスカラの主成分には、水や油分、繊維があります。使用しているうちに、マスカラから水分だけが蒸発し、あとに残った油分や繊維が固まることがあります。

油分は気温が下がると固まりやすいものです。したがって、冬の寒くて乾燥している時期は、特にマスカラがパサパサになりやすいと言えるでしょう。

いよいよ、マスカラの復活方法をご紹介!

お気に入りのマスカラを最後まで使い切るため、固まったマスカラを復活させる方法をご紹介します。
どれも、「パサパサのマスカラが元通りになった!」という口コミで大人気の裏技ばかりです。復活方法をいくつも試せば、きっとアナタのマスカラにピッタリのものが分かるはず。

ただし、マスカラ本来の成分と違うものを混ぜる復活方法の場合は、カール持続性やウォータープルーフなどの機能が衰えることがあります。それを踏まえたうえで、マスカラの復活方法を試してみましょう。


◆関連記事:美人になりたいならチェック!

美人メイクはナチュラルが基本?コツをおさえよう!【女性必見】

固まるマスカラを復活させる方法(1)容器を温める

マスカラ液が完全に固まっていなかったり、水分が残っていたりする状態であれば、容器を温めることでマスカラは復活します。

具体的な方法は次の通り。
(1)ドライヤーの温風を当てる
(2)お湯を入れたマグカップにマスカラの容器を入れて、湯煎する
(3)ワキに挟んで温める
(4)手のひらに挟んで温める

マグカップ等で湯煎をする場合は、熱湯ではなく50度くらいの温度で構いません。お湯を触ってみて「少し熱いな」と感じるくらいがベストです。
また、ドライヤーで温風を当てるときは、マスカラの容器が変形しないよう注意が必要です。同じ場所にずっとドライヤーを当てることは避けましょう。

マスカラは、人肌の温度でも充分温まり、固まりが溶けてきます。それほど高温を当てなくても復活するということは覚えておきましょう。マスカラに何も足さずに復活させたい人にオススメの方法です。
ただし、マスカラ内の水分が復活するわけではないため、固まりを溶かす効果は一時的であることに注意しましょう。

固まるマスカラ液を復活させる方法(2)化粧水や乳液を1滴加える

マスカラが固まるのは、水分が足りずに乾燥することが原因です。つまり、その水分を補ってあげればマスカラは復活します。
用意するのは手持ちの化粧水や乳液。1滴をマスカラの容器に入れて、よーく振って混ぜてください。化粧水や乳液を入れすぎてしまうと、マスカラ液がゆるくなって使えなくなります。まずは1滴から様子を見ましょう。
メイク用品売り場に売っているスポイトを使えばやりやすいですね。

化粧水の主成分は水分です。マスカラに加えた後に蒸発してしまったら、また化粧水を1滴ずつ加えて復活させることが出来ます。
しかし、化粧水よりも乳液のほうが、油分も加わるためにマスカラの使用感が上がるようです。

化粧水や乳液には、商品それぞれのテクスチャーがあります。自分好みのマスカラに復活できるよう、いろいろ調整してみてください。

固まるマスカラ液を復活させる方法(3)目薬を1滴加える

化粧水や乳液の代わりに、目薬をマスカラへ入れる復活方法があります。実は目薬は、マニキュアが固まったときの復活方法としても使える優れものです。

化粧水や乳液のときと同じように、マスカラの容器へ1滴垂らして混ぜ合わせましょう。使用感をよく確認しながら加える量を調節します。
目薬の容器なら、マスカラへ1滴ずつ加えるのも簡単です。便利で効果的な復活方法を、ぜひ試してみて下さい。

固まるマスカラ液を復活させる方法(4)ミネラルオイルを1滴加える

ミネラルオイル・・・つまりオリーブオイルやグレープシードオイルなど、天然の植物性オイルを1滴マスカラへ加えてみましょう。マスカラのブラシ部分に1滴のオイルを垂らして、容器の中で混ぜ合わせます。これで、ダマにならないマスカラが復活します。

メイク売り場で売られている、肌専用のオイルなら安心です。臭いも無く使用感もよい、精製されている植物性オイルを選びましょう。もし臭いが気にならなければ、食用のオイルでも問題はありません。

固まるマスカラ液を復活させる方法(5)コンタクト保存液を1滴加える

化粧水や目薬と同じく、マスカラに水分を補給して復活させる方法です。コンタクトの保存液なら、目に入っても安心な成分が使われているため、衛生面も合格です。
マスカラ復活方法としては意外な方法ですが、口コミではひそかに評価されています。

マスカラの容器に1滴ずつ加えて、容器をよく降って混ぜ合わせましょう。マスカラ液とよくなじませて、使用感を確かめながら調整してみてください。

まとめ:マスカラの復活方法を試してみよう!

お気に入りのマスカラがパサパサし始めると悲しいですよね。このページで紹介した方法ならば、自宅にあるもので簡単にマスカラを復活させることができます。
乾燥したからといってマスカラをすぐ捨てるのは勿体無いことです。復活方法を使って、アイメイクに欠かせないマスカラを、できるだけ長く、大切に使えるようにしましょう。

もっと「マスカラ」についての情報が知りたいアナタへ!

マスカラ人気ランキング17選!おすすめなのはどれ?【口コミあり】
ウォータープルーフマスカラおすすめランキング15選!【大人気】
マスカラはボリュームとロングどっちがいい?おすすめ15選紹介!
落ちないマスカラ人気おすすめ25選!絶対落ちないメイク方法も!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ