妻帯者との恋愛事情!妻帯者に狙われやすい女の特徴とは?

妻帯者であるにも関わらず、妻以外の女性にアプローチをする男性がいます。ですが、妻帯者とわかっていて付き合う女性は少ないです。しかし、中には不倫カップルとなってしまう女性もいます。妻帯者は不倫を成立させるために、どのような女性を狙うのでしょうか?

妻帯者との恋愛事情!妻帯者に狙われやすい女の特徴とは?のイメージ

目次

  1. 妻帯者に狙われる女性
  2. 妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (1)おとなしい
  3. 妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (2)断ることが苦手
  4. 妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (3)不思議系
  5. 妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (4)面倒見が良すぎる
  6. 妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (5)軽い女性
  7. 妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (6)美人な女性
  8. 妻帯者と不倫する意味 (1)公言できない
  9. 妻帯者と不倫する意味 (2)行動範囲
  10. 妻帯者と不倫する意味 (3)タイミング
  11. 妻帯者と不倫する意味 (4)プレゼント
  12. 妻帯者と不倫する意味 (4)バレたときのリスク
  13. 妻帯者のアプローチには注意しよう

妻帯者に狙われる女性

世の中には妻帯者でありながら、妻以外の女性と恋愛しようとする男性がいます。ですが、妻帯者の男性と恋愛をしようという女性は少ないです。当然ながら、不倫となってしまうためです。しかし、中には男性のアプローチに負けてしまい、妻帯者のことが好きになってしまって恋愛関係になってしまう女性もいます。

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性は誰でも良いわけではありません。アプローチをかけていることを周囲にバラしてしまうような女性だと自分の立場が悪くなってしまうためです。なので、妻帯者は浮気相手となるターゲットを慎重に選びます。

では、この妻帯者が浮気相手のターゲットとして狙われやすい女性とは、どのような女性なのでしょうか?

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (1)おとなしい

妻帯者は妻以外の人と恋愛するためには、まず自分が妻帯者でありながら、妻以外の女性に対してアプローチをかけていることを周囲に漏らさない人である必要があります。

付き合ってからであれば、不倫関係となるので、女性も自分から周りに相談しにくくなりますが、アプローチの段階であれば、「妻帯者からアプローチされているけど、どうしよう?」と友人たちなどに相談されてしまう恐れがあります。

誰か友人の1人にでも相談されてしまうと、さらに別の人へと知れ渡り、どんどん拡散してしまいます。なので、妻帯者が恋愛のターゲットとして狙うのは、アプローチをかけても、情報を漏らしにくい女性となります。

情報を漏らしにくい女性の特徴の1つがおとなしいということです。あまり口数が多くなく、友人の少ない女性であれば、悩み事は1人で抱え込むタイプの人が多いです。誰にも相談しないということは、情報が漏れにくく、アプローチがしやすくなります。

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (2)断ることが苦手

断ることが苦手で、強引なアプローチに負けて恋愛関係になってしまう女性もいます。気の弱い女性に多いタイプで、妻帯者が不倫相手に選びやすいタイプでもあります。

断ることが苦手なので、アプローチをかけている段階から、「2人の関係を周囲には秘密にしておいて欲しい」、と釘を刺しておいたりします。このような妻帯者側の都合である要求も断ることが苦手な女性は、強引な説得によって、承諾してしまいます。

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (3)不思議系

不思議系や、天然キャラと言われる女性も、妻帯者から不倫相手のターゲットとされやすいです。これらの性格の女性にはふわふわとした不安定な性格をしていることが多く、物事をあまり深く考えない場合があります。

なので、相手が妻帯者であったとしても、アプローチをされると、「好きになってしまったので仕方ない」と開き直って、その妻帯者と恋愛関係になってしまいます。この手のタイプは不倫に対する罪の意識が薄く、不倫関係を終わらせるときも流れさえ作ればモメることが少ないので、妻帯者が好む不倫相手のタイプです。


◆関連記事:不倫現場を覗き見!

不倫男女のLINEを覗き見!生々しくてドン引き...
不倫カップルのLINE5選!言い訳がひどすぎる...

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (4)面倒見が良すぎる

他人のお世話をすることが好きという女性は多いです。しかし、面倒見が良すぎると、その性格に漬け込んで、妻帯者が不倫相手にしようとしてくることがあります。

面倒見が良い女性は、相談事を持ちかけると、喜んで話しを聞いてくれます。なので、相談をダシにして食事のデートに誘い出すことができます。この相談を定期的に繰り返し、徐々に距離を詰めていきます。

妻帯者が面倒見が良い女性を不倫相手にしようと狙っているときは、妻に対する愚痴や悩み事を中心に、家族のことを相談することが多いです。徐々に距離を詰めながら、妻に不満があることをアピールしておくという方法です。

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (5)軽い女性

男性に声をかけられると、簡単に誘いに乗ってしまう女性もいます。いわゆる、軽い女と呼ばれる人です。女性にはしっかりした人が多いので、この軽い女と呼ばれる女性の数は少ないです。

なので、妻帯者で不倫相手を探している男性が軽い女を見つけたときには、ここぞとばかりにアプローチをします。軽い女は相手の男性を気に入るかどうかで恋愛をするか判断をします。なので、男性は少し良い場所へデートに誘ったり、気の利いたプレゼントを渡したりなど、一気に好印象に持っていくために、短期決戦で勝負します。

妻帯者が浮気相手に選ぶ女性の特徴 (6)美人な女性

綺麗な女性や、可愛い女性などは妻帯者からしても魅力的な女性です。なので、単純に美人な女性と関係を持ちたいという欲求で行動を起こしてしまう男性もいます。しかし、美人な女性は男性からモテるので、わざわざリスクの多い妻帯者を恋愛対象にする必要はありません。

また、美人な女性の周りには人も多く集まるため友人も多く、情報が周囲に漏れてしまう危険性も高いです。なので、妻帯者の男性が、不倫相手として美人な女性をターゲットにすることはハードルが高い場合が多いです。

妻帯者と不倫する意味 (1)公言できない

上記などのような特徴がある女性は、妻帯者の男性が不倫相手を探しているときにターゲットにされてしまう可能性があります。そして、その男性からアプローチを受けることによって、不倫関係に発展してしまう女性もいます。不倫関係は通常の恋愛関係ではありません。なので、通常のカップルでは当然のことも、不倫カップルではできないということがよくあります。

まず、不倫カップルとなることを受け入れてしまった女性は、「恋人ができた」と友人たちなどに公言することできません。もし、「恋人ができた」と友人たちに報告したとしても、どこで働いている、どのような人など、明確な情報を伝えることができません。

常に恋人が妻帯者であるということを隠さないといけないためです。なので、恋人に対して、嘘の設定などを作る必要があり、その設定や内容の意味などに矛盾点などが出ないように注意しないといけません。妻帯者と付き合うということは、友人たちに隠し事を作るということになります。

妻帯者と不倫する意味 (2)行動範囲

不倫カップルはお互いの生活圏内でデートなどをしてしまうと、知り合いに目撃されてしまう可能性があります。なので、2人で会う場合は行動範囲が限定されてしまいます。

職場が同じであれば、仕事帰りに相談や仕事の話しがあるように見せかけて食事デートなどに行くことはできます。しかし、休日にプライベートで職場周辺や、お互いの自宅周辺などを一緒に歩くことができません。

なので、デートなどは基本的に知り合いに出くわさないようにするために、お互いの生活圏から遠く離れた場所でする必要があります。なので、妻帯者と付き合うと、好きな場所へ気軽にデートはできないという意味です。

妻帯者と不倫する意味 (3)タイミング

不倫カップルの場合、妻帯者には家族がいるため、デートをする日や時間に制限があります。仕事終わりにデートに行っても、怪しまれないうちに帰宅しないといけません。また、休日も気軽に会うことができません。

また、仕事帰りのデートであれば、職場仲間との飲み会や、休日であれば、個人的な用事など、妻帯者は理由を作らないと出かける事ができません。同じ理由を頻繁に使う事もできず、1人で出かける頻度が多すぎると怪しまれてしまいます。なので、妻帯者と付き合うということは好きなときに、好きなだけ会う事ができないという事です。

妻帯者と不倫する意味 (4)プレゼント

妻帯者と付き合う場合、プレゼントを送るときには注意が必要です。明らかに女性からもらったプレゼントと妻にバレてしまうような物をプレゼントする事はできません。しかし、記念日や、イベントなどのときにはプレゼントは欠かす事ができません。なので、プレゼント選びは慎重にしないといけません。

妻帯者にプレゼントを渡すときは、基本的に男性が家に持って帰ってきても不自然でないものである必要があります。スウェットなどの部屋着や、マグカップや箸など自分専用で使う食器類などです。ただし、普段これらは妻が買ってくるという家では不自然になってしまうので、プレゼントを選ぶ際には、妻帯者の生活の様子なども配慮に入れないといけません。

ネクタイやボールペン、万年筆など、職場で使う物であれば、妻にバレないと思う人は多いです。しかし、女性のセンスと男性のセンスは違います。なので、不意にプレゼントでもらったこれらを妻に見られると、「夫が自分で買った物ではない」と感づかれてしまう場合があります。妻帯者と付き合うと、好きな物を気軽にプレゼントする事ができないという意味です。

妻帯者と不倫する意味 (4)バレたときのリスク

妻帯者と付き合うということは不倫をするという事です。不倫がバレると、当然ながらトラブルへと発展してしまいます。最悪の場合、慰謝料を請求されてしまう事もあります。慰謝料の額は、不倫期間や、会っている頻度、肉体関係の有無などの状況によって変わります。

妻帯者も、妻以外の女性と肉体関係を持ってしまう事は立派な離婚事由となってしまいます。さらに、離婚だけでなく妻帯者にも慰謝料を請求する場合もあります。また、単純に世間からの信用も急落してしまいます。

妻帯者と付き合うという事は、バレたときにはその責任を2人で取らないといけないという事です。

妻帯者のアプローチには注意しよう

妻がいる男性が、妻以外の女性にアプローチしてくる事があります。そのアプローチを受けて、男性の事が好きになってしまう女性もいます。しかし、相手の男性は妻帯者なので、不倫になってしまいます。

不倫カップルでは通常の恋愛のような楽しみ方をする事ができません。また、不倫がバレたときの責任もあります。もし、妻帯者と付き合うのであれば、全てを理解したうえ、自己責任で付き合うようにしましょう。

もっと不倫について知りたい方はこちら

不倫の出会いはどこで?出会い方5選紹介!
妻の浮気・不倫の原因とその後の対応7選まとめ!
不倫経験のある女性は4割以上?罪悪感はどのくらいあるの?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ