既婚女性も恋愛したい!独身男性にときめきを感じる瞬間7選!

世間ではよく芸能人の不倫騒動が騒がれていますが、決して他人ごとではありません。普通に生活しているごく普通の既婚女性だって、恋愛したいと感じることがあるのです。今回は、既婚女性が恋愛したい、独身男性にときめきを感じる瞬間とその心理や対処法について紹介します。

既婚女性も恋愛したい!独身男性にときめきを感じる瞬間7選!のイメージ

目次

  1. 恋愛したい既婚女性は意外と多くいる?!
  2. 既婚女性が恋愛したいと思うその心理とは?!
  3. 恋愛したい既婚女性の心理①夫が恋愛対象じゃなくなった
  4. 恋愛したい既婚女性の心理②夫が女として見てくれなくなった
  5. 恋愛したい既婚女性の心理③ときめきがほしい
  6. 恋愛したい既婚女性の心理④誰かに必要とされたい
  7. 恋愛したい既婚女性の心理⑤まだ女でいたい
  8. 恋愛したい既婚女性は夫と話し合いが大切!
  9. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間とは?!
  10. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間①女扱いしてくれた
  11. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間②自分を頼ってくれた
  12. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間③異性として魅力的
  13. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間④独身時代が蘇った
  14. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間⑤忘れられない人
  15. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間⑥夫にないものがある
  16. 恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間⑦昔の夫に似てる
  17. とは言っても、既婚女性の恋愛は危険!
  18. 既婚女性が恋愛したいと感じてしまったときの対処法とは?!
  19. 既婚女性が恋愛したいときの対処法①夫とデートする
  20. 既婚女性が恋愛したいときの対処法②夫との思い出を振り返る
  21. 既婚女性が恋愛したいときの対処法③今の幸せを改めて考える
  22. 今ある幸せはかすんで見えがち!大切なものを見落とさないで!

恋愛したい既婚女性は意外と多くいる?!

結婚したら浮気、不倫はしないのは当然。
それは、モラルの問題として当然の話ですよね。
でも、最近芸能ニュースでもよく話題に上がっているように、既婚者でありながら、ときめきを求めて恋愛をしたいと感じ、不倫に走ってしまう人が多くいます。

不倫や結婚しているのに恋愛したいと思っている…なんて聞くと、男性のイメージがあるかもしれませんが、実は既婚女性にも非常に多くの不倫経験者がいます。
女性は比較的バレずに行動することが上手なため、バレずに不倫してバレずにその恋愛を終わらせたなんてこともよくある話なのです。
今回は、そんな結婚しているのに恋愛したいと考えてしまう既婚女性の不倫に対する考え方について詳しくまとめました。

既婚女性が恋愛したいと思うその心理とは?!

まずは、既婚女性が恋愛したいと思うその心理から紹介していきたいと思います。
既婚女性が独身男性と恋愛するということはつまりは不倫関係になるということですよね。
不倫というのは誰がどう考えても不貞行為で、もしそれが理由で離婚するなんてことになれば慰謝料の問題や、親権の問題にもなりかねません。
親権は母親が取れるイメージが強いかもしれませんが、女性側の不倫が原因での離婚で、なおかつ経済力などの問題から男性が親権を取るケースもあるのです。

ちょっとくらい恋愛したって…なんて目先の幸せを考えていると、後々とんでもないことになってしまうもの。
それでもやめられないくらい、不倫にはまってしまう既婚女性が多くいるのです。
プラトニックな恋愛でもいいから、ときめきがほしい、あえて不倫ではないと言い切るためにプラトニックな恋愛を貫くといった既婚女性もいるほど。
そんな恋愛したい既婚女性の心理をまずは紹介していきます。

■関連記事:プラトニックな関係って?こちらもチェック!

プラトニックな関係になるには!セックスしないカップルになれるの?
プラトニックラブとは?本当の意味は?プラトニックな不倫ってどう?

恋愛したい既婚女性の心理①夫が恋愛対象じゃなくなった

恋愛したいと感じる既婚女性の心理として、まずは「夫が恋愛対象ではなくなった」ということが挙げられます。
夫のことは嫌いじゃないけど、子どもを産んでからはなんだか恋愛対象として見られなくなった、以前のようなときめきがなくなったと感じる既婚女性は意外と多くいます。
性の対象として夫を見ることが出来ず、性欲もわかないという既婚女性も多くいます。

それでもやっぱり既婚女性はときめきがほしい、ついつい独身時代に感じた恋愛のときめきを追い求めてしまう…。
そんな時、夫は恋愛対象から外れてしまっているので、ほかの独身男性に走ってしまうのです。
こういった心理の持ち主の場合は、ときめきを感じられればいいため、プラトニックな関係でただメールするだけとか、電話するだけの関係を望みます。
出会い系などでプラトニックな関係を希望して募集をしたり、ただお互いのことを暇つぶし程度に話す、本当にプラトニックな関係で満足する傾向にあります。

恋愛したい既婚女性の心理②夫が女として見てくれなくなった

次に、恋愛したい既婚女性の心理として、一つ目とは真逆で、自分は夫のことがまだまだ大好きなのに、夫が自分を恋愛対象として見てくれなくなったというパターンもあります。
この場合は、夫が自分を性対象として見てくれなくなるということですから、妻としては非常にさみしい思いをすることになります。
夫が仕事で忙しい、仕事で疲れてしまって夜の営みも全くないなどの理由から、どんどんと寂しい心理に陥ってしまい、ほかの独身男性との恋愛に逃げてしまう傾向にあります。

このパターンの女性は、一つ目に紹介した「プラトニックな関係でいい」と思っている人とは逆に、プラトニックな関係では物足りなく、寂しさを埋められないため、身体の関係をも持ってしまう人が多い特徴があります。
どうしても、プラトニックな関係では寂しいという気持ちは抑えきれず、誰かに抱きしめてもらいたいという気持ちが強くなるのです。
プラトニックな関係では得られない男性のぬくもりを得て、夫のことを考えているという非常に辛い恋愛の仕方ですね。

恋愛したい既婚女性の心理③ときめきがほしい

恋愛したい既婚女性の心理として、ただ単に独身時代の時のようなときめきがほしいという心理も挙げられます。
夫とは一緒にいすぎて、好きだけどときめきがあるような関係ではないし、今更夫にときめきたいとも思わないけれど、独身時代恋愛に夢中になっていた自分を思い出すとつい、ときめきが恋しくなるという心理です。

この場合の女性も、ただときめきがあればいいので、性の対象として見れる独身男性であれば、特にプラトニックな関係でもOKと言う人が多くなっています。
恋愛対象として見ることが出来て、相手からも既婚女性でありながら自分を恋愛対象として見てくれるのであればOKという考えです。
そのため、疑似恋愛のような不倫の楽しみ方をしている人も多いため、夫にすべてがバレたときに、不倫相手を捨てるというのも簡単にできてしまうのがこのタイプの特徴です。

恋愛したい既婚女性の心理④誰かに必要とされたい

中年の夫婦の既婚女性に多いのが、「誰かに必要とされたい」という心理からの不倫のパターンです。
専業主婦でずっとやってきた女性は特に、こういった心理を抱えることが多くあります。
子どもが小さいときはまだ母親として手一杯で、日々忙しく過ごしていたけれど、子どもが小学校に上がり、友達と遊びに行く時間が増え、昼間はほぼ一人で過ごしているような主婦は、誰かに必要とされたい、恋愛対象として見られたいという願望が強くなり、不倫に走ってしまう傾向にあります。

子どもが小学校に上がると、子育てもひと段落して、昼間は自由な時間が非常に多いんですよね。
家のことを一生懸命やっても、10年以上もの間毎日家事をしていたら、夫も毎日は感謝してくれず、ありがとうの言葉をきけないという既婚女性もたくさんいます。
誰にも感謝されずに私は家政婦なの?と感じている専業主婦の人が世の中沢山いるのです。
そんな中で、自分の頑張りを認めてくれ、恋愛対象として見てくれる独身男性が現れてしまったら、不倫に走ってしまい、その願望が満たされるのが病みつきになってしまうのです。

恋愛したい既婚女性の心理⑤まだ女でいたい

大体の女性が、子どもを産んだら女である前に母親であるという意識のもと生きていくようになります。
それが、一つ目の「夫を恋愛対象に見ることができなくなった」という理由でもあるのですが、中には、子どもを産んで年齢を重ねても「いつまでも女でいたい」と感じる女性もいます。
周りから見たら、「いつまで恋愛を求めているの?」と思われるかもしれませんが、恋愛依存症のような心理になっている人は、いつまでも異性を性の対象として見ていて、自分も同じように異性から性の対象として見られたいという願望があるのです。

そんな心理を持った女性に、運よく自分を恋愛対象として見てくれる独身男性が現れたら…すぐに不倫に走ってしまうのがこのタイプです。
よく、「母親になりきれていなかった」というような言葉を聞きますが、まさにこのタイプがそういった女性であるのです。

恋愛したい既婚女性は夫と話し合いが大切!

いかがでしたか?
既婚女性が不倫は悪いことだと分かりながらも恋愛したいと感じる心理について、わかっていただけたでしょうか。
内容の理解はしても、気持ちを共感することはできないという人がほとんどかもしれませんね。
でも、ときめきを求めたり、独身時代のころを懐かしく感じて、独身男性に走ってしまう女性心理が働き、不倫をしてしまう女性も少なくないということは事実なのです。

でも、どんなに恋愛がしたいといっていても、既婚女性にとっての一番はやっぱり夫であることがほとんどです。
何かしら夫に不満があったり、夫がかまってくれないなどの理由で、夫にしてほしいことをほかの独身男性にしてもらっているというケースが非常に多いため、まずはそんな切ない恋愛をして不倫に手を染めるのではなく、夫と話し合いをすることが大切です。
プラトニックな恋愛をしてときめきを感じて一時的に癒されても、一番大好きな夫を裏切ってしまう結果になるのですから、それならしっかりと一番大切な夫との話し合いを優先させることが大切です。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間とは?!

では次に、既婚女性が独身男性にときめきを感じる瞬間とは一体どんな瞬間があるのでしょうか。
これから紹介する、ときめきを感じる瞬間を目の当たりにした既婚女性は、今まで不倫したいなんて一度も思わなかったけれど、そこから急に不倫に走ってしまったというケースも少なくありません。
女性にとってときめきというのは非常に大きく心を動かすもので、今まで夫一筋だった女性を180度変えてしまうこともあるのです。

これから紹介する既婚女性が独身男性にときめきを感じる瞬間について、「私は絶対不倫なんてしない」と思っている女性も、一読していただき、意識しておいた方が身のためです。
結婚して長くたっていると、どうしてもときめきがなくなりがち。
そんな時に若い独身男性からときめきを感じるようなことをされると、「何をされても夫以外の人には心が動かない」と思っていた人も、「プラトニックな恋愛なら…」「これはプラトニックだから不倫じゃない」なんて思い、行動に移してしまう人もいるので注意しましょう。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間①女扱いしてくれた

既婚女性が男性にときめく瞬間として、まず「女扱いしてくれた」というシーンが挙げられます。
結婚生活が長ければ長いほど、ときめきを感じていない既婚女性が多くいます。
特にそれに不満を感じておらず、「ときめきはないけど、家族みんなでいられるこの日々がしあわせ♡」と感じている既婚女性でも、いざ若い独身時代のように女扱いをしてくれる男性が現れたら、ときめいてしまうのが女です。

実際にそこから不倫関係に発展したり、恋愛したいという願望が強くなるかどうかは個々人によって異なりますが、独身時代のような女扱いをされるのが久しぶり!と言うシーンに出くわしたときには、やっぱり既婚女性でもときめきを感じてしまうものなのです。
重いものを持ってくれたり、「男なんだから俺が出す」なんて、偶然ご一緒したランチをおごってくれたり…そんなシーンでは、不倫願望のない女性でもちょっとときめいてしまうのです。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間②自分を頼ってくれた

既婚女性で、年齢を重ねた人に多いのが、「自分を頼ってくれた」という時にときめきを感じるということです。
前述のとおり、専業主婦が長いなどの理由で、「自分は誰からも必要とされていない」「誰かから必要とされたい」と感じている既婚女性は、例えばパートに出た先の新人の社員さんなどに頼られたりしたときに、必要とされている願望が刺激され、ときめきを感じるのです。

自分が必要とされたいという気持ちが強ければ強いほど、このときめきは大きくなるため、日ごろから夫との会話の中で感謝の気持ちを言い合えていなかったり、すれ違いの毎日を送っていたり、家事に育児、すべて自分がこなして当たり前と思われていることに不満を抱えている既婚女性は、こういうシーンにめっぽう弱い特徴があります。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間③異性として魅力的

既婚女性が男性にときめきを感じる瞬間として、「異性として魅力的な所を見たとき」というのも挙げられます。
例えば、普段は割とおとなしめで控えめな性格の男性が、いざという時は男らしくびしっと決めてくれたり、守ってくれるなどのシーンに既婚女性は非常に弱いです。

ちょっと酔ってしまった日の飲み会の帰り道などに、「危ないよ」と手を引かれたなど、そんなシーン考えるだけでもドキッとしませんか?
既婚女性は、夫からながらくそういった異性としてときめく行動をしてもらっていない傾向が強いため、そんな一瞬の出来事でも充分きゅんとしちゃうのです。
自分を守ってくれるような異性として魅力的な面を見ると、やっぱりときめいてしまうのが女性ですよね。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間④独身時代が蘇った

独身時代にしていたことを、独身男性と一緒にして楽しい時間を過ごしたという時にも、独身時代の気持ちがよみがえり、ときめきを感じます。
例えば、独身時代はカラオケが大好きで、仲のいい友達と一緒によくカラオケに行っていたけれど、夫は特にカラオケが好きでもないし、子どもが生まれてからは子ども優先で出かけるから、大好きなカラオケには数年以上言っていない…なんて場合。

ふと、飲み会の二次会に有志だけで集まった結果、ちょっとイケメンの独身男性と一緒にカラオケで盛り上がった、何てことがあると、やっぱり独身時代の思い出と今の独身男性が重なって見え、ときめきを感じてしまうのです。
今の夫や子どものことを考えると、昔に戻りたいなんて微塵にも思わないけど、昔の思い出はそれはそれでいいなあ…なんて感じてしまうのです。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間⑤忘れられない人

既婚女性がときめく瞬間として、「忘れられない人に会った」ということが挙げられます。
心の中に忘れられない人を抱える人は非常に多いと思います。
それは既婚女性であっても同じことで、今の夫と結婚したことに後悔はないけれど、心のどこかで前の恋人のことを思っている、なんて人は少なくありません。

でも、普通は「過去は過去」として忘れられないながらも、心の中にしまって年月を過ごしていくんですよね。
ただし、その封印した心を開けようとするかのように、忘れられないその人とバッタリ会って話をしてしまった、なんてことがあるとどうしても胸のときめきが抑えられず、気持ちが暴走してしまうこともあるのです。
長い間封印していればいるほど、その暴走は止められないものになりがちなので要注意ですね。

■関連記事:あなたにも忘れられない人がいる?こちらもチェック!

元カレが忘れられない心理・理由!未練を断ち切るには?
好きな人が忘れられない?好きな人を忘れる方法9選!【失恋・片思い】

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間⑥夫にないものがある

夫に「こういうところを直してほしい」とか「こういうことが出来るようになってほしい」という不満が溜まっている既婚女性に多いのが、ふとかかわった男性が、夫にないものを持っていると感じて、ときめくということです。
うちの夫はこんななのに、この人は…という心理に陥ってしまい、無意識に夫と比べてしまい、ときめいてしまうのです。

夫に不満があるけれど、それを言い出せなかったりなかなか夫が変われなかったりして不満がどんどん募っているときに、こういった男性と出会ってしまうと、ときめく心を止められず、不倫に走ってしまうこともあるため要注意ですね。

恋愛したい既婚女性が男性にときめく瞬間⑦昔の夫に似てる

既婚女性が男性にときめく瞬間として、ある男性に対して、「この人、自分が恋したころの夫に似ている」と感じたときに、昔の大好きだった夫と重ねてときめくということもあります。
人はいいようにも悪いようにも変わっていきますよね。
夫に対して「付き合いたては、あんなに素敵な人だったのに…」なんて思っている既婚女性も少なくありません。

そんな時に、「付き合いたてのとっても素敵な人だった夫」とそっくりの行動や容姿をしている男性と出会ってしまったら、既婚女性とは言えども、その人に夢中になってしまい、ときめく気持ちを隠せなくなってしまうものなのです。

とは言っても、既婚女性の恋愛は危険!

いかがでしたか?
既婚女性にとって、紹介したこれらの「独身男性にときめきを感じる瞬間」はちょっと納得するものがあったのではないでしょうか。
納得することがあったからと言って、あなたに不倫願望があるというわけではありません。
ただ、女性はやっぱり男性からちやほやされたいとか、恋愛初めのようなときめきが恋しくなる時期は何歳になってもあるのです。

だからこそ、急にあなたに近づいてくる、不倫目的の独身男性などにうっかりときめきを感じてしまい、まんまと不倫の関係に持ち込まれてしまわないように注意が必要です。
プラトニックであっても不倫は不倫ですから、そこはしっかりとわきまえるようにしましょうね。

既婚女性が恋愛したいと感じてしまったときの対処法とは?!

では、いざ自分が夫への不満や、素敵な独身男性と出会ってしまい恋愛したいと感じてしまったときにはどうすればいいのでしょうか。
そのまま不倫に突き進みたい、と心の底から思っている人はいないはず。
誰もが不倫はダメだけれど、その時の感情に流されてしまい、「プラトニックだから」とか「夫がかまってくれないから」などと言い訳をして不倫に手を染めてしまうのです。

そうならないように、恋愛したいと感じてしまったときは、以下の対処法を実践してみてください。
不倫に走らないで、しっかり夫と向き合うことが何よりも大切です。
人は危険な恋愛に惹かれがちですから、不倫しそうになっている独身男性のことを無理に忘れようとするほど、その独身男性のことが忘れられなくなってしまうもの。
無理に忘れようとするのではなく、以下の対処法で根本的な解決を目指すようにしましょう。

既婚女性が恋愛したいときの対処法①夫とデートする

恋愛したい!という願望が強く募ったら、夫とデートをしてみましょう。
最初はどちらも乗り気ではないかもしれませんが、懐かしい昔デートした場所に行ってみたり、久しぶりにゆっくりと2人でカフェで会話をしてみたら、新鮮な気持ちがよみがえってきますよ。

普段忙しく過ごしていて、すれ違いになりがちな夫婦こそ、一度試してみてください。
お子さんがまだ小さいご家庭の場合は、たまにはお子さんをお母さんたちに預けて夫婦だけで過ごすというのもアリです。
例えば誕生日や結婚記念日などに実践してみてください。

既婚女性が恋愛したいときの対処法②夫との思い出を振り返る

次に、既婚女性が恋愛したいと感じたときの対処法として、夫との思い出を振り返るということも挙げられます。
例えば、アルバムを見返したり、しまい込んでいた夫からもらったプレゼントを引っ張り出して並べてみましょう。
沢山の思い出がよみがえってくるはずです。

大好きで愛し合って結婚した二人なんですから、思い出の品を見て、思い出がよみがえらないはずがありません。
一度、夫との思い出のアルバムを眺めてみてください。
自然と心が安らぎ、「他の人と恋愛したい」なんて気持ちは薄れていくはずです。

既婚女性が恋愛したいときの対処法③今の幸せを改めて考える

既婚女性が恋愛したいと感じたときの対処法として、損得勘定に置き換えることも効果的です。
これは、どうしても不倫願望が消せないときにおすすめです。
今の幸せを改めて見つめ直してみて下さい。
例えば、勤勉に働いてくれている夫のおかげで、衣食住何不自由なく暮らせている、毎日子どもの笑顔が見られる、自分のスキンケア用品なども買える…などどんな些細なことでも大丈夫です。

一方、一時の不倫願望に勝てず、不倫をしてしまいそれがバレて離婚してしまったときはどうなるでしょう。
充分な収入も得られないままに生活しながら、最悪の場合、最愛の夫だけでなく子どもとも離れることになるかもしれません。
今のように裕福な暮らしも出来ません。
それでも、不倫したいか?と自分に問いかけてみるのです。
そうすれば、自然と答えは出てくることでしょう。

今ある幸せはかすんで見えがち!大切なものを見落とさないで!

いかがでしたか?
既婚女性が恋愛したいと感じる心理から、独身男性にときめきを感じる瞬間、そして恋愛したいと感じてしまったときの対処法までいっきに紹介してきました。
納得していただけたでしょうか?
既婚女性が恋愛したいと感じるのは、日々に変化が感じられず、つまらなかったり、時間を持て余してしまったり、夫とうまくいっていないときが多いです。
そういったときは今一度要注意です。

プラトニックな関係だとしても、気持ちが浮ついてしまえばそれは浮気で、された夫からしたられっきとした不倫です。
「プラトニックな関係だから!」なんて言い訳は通用しませんし、相手の心の傷が小さくて済むわけでもありません。
不倫は絶対にいけない最大の裏切り行為。
目の前にある幸せを見落として、大きな過ちを犯さないように、今回紹介したことを是非参考にして幸せに過ごしてくださいね。

もっと既婚女性の恋について知りたいあなたへ!

既婚女性と独身男性の不倫!危険な恋愛を続ける方法とは!
不倫する女の特徴7選!既婚女性が不倫する心理・理由とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ