マニキュアの捨て方は?中身が残ってるときの処分方法は?

皆さんは古くなったマニキュアや使わなくなったマニキュアの捨て方をご存知ですか?中身を使い切ったマニキュアは化粧品の瓶などと一緒に捨てることができますが、中身が残っている時の捨て方って迷いますよね。今回は中身が残っているマニキュアの捨て方についてご紹介します♪

マニキュアの捨て方は?中身が残ってるときの処分方法は?のイメージ

目次

  1. 悩みを解決!中身の残っているマニキュアの捨て方をご紹介♪
  2. マニキュアの捨て方(1)中身を新聞紙や古布などに出す
  3. マニキュアの捨て方(2)ビニール袋で密封する
  4. マニキュアの捨て方(3)分別して一般ゴミへ
  5. マニキュアの捨て方で注意する事とは?
  6. マニキュアの捨て方の注意(1)中身を排水溝に流さない
  7. マニキュアの捨て方の注意(2)換気をしっかり行う
  8. マニキュアの捨て方の注意(3)服につかないように作業する
  9. 余ったマニキュアを捨てずに再利用する方法とは?
  10. マニキュアを再利用する方法(1)ペイント材として使う
  11. マニキュアを再利用する方法(2)ボタンの補強に使う
  12. マニキュアを再利用する方法(3)ノリ代わりに使う
  13. まとめ

悩みを解決!中身の残っているマニキュアの捨て方をご紹介♪

たくさん買ったものの飽きて使わなくなったマニキュアを持っている人はいませんか?マニキュアは化粧品のように各シーズンごとに新作カラーや新作商品が販売されるため、以前のものを使い切る前に新しいものを開封してしまうということもよくありますよね。

他の化粧品もそうですが、マニキュアは使わず放置しておくと中身が固まってしまったりドロリとした質感になってしまうため使い勝手も悪くなって処分に困ってしまうことも多いものです。

またマニキュアは中身が燃えるゴミになるのか、ガラス瓶はどう処分するのかとにかく捨て方がややこしいと感じる人もたくさんいるのではないでしょうか。

今回はそんな中身の残っている古いマニキュアの捨て方について詳しくご紹介していきます♪たくさんある化粧品と一緒に使わない古いマニキュアの整理をしたいなと考えている方はぜひ確認してみてくださいね♪

マニキュアの捨て方(1)中身を新聞紙や古布などに出す

中身の残っている古いマニキュアを捨てる時は、まずその中身を新聞紙や古布などに出して染み込ませていきます。瓶の中に中身をそのままゴミに出してしまうと、何かの刺激で中身が膨張し破裂してしまうこともあるためとても危険です。

新聞紙を何枚も重ねた上や古布の上に容器を逆さまにして中身を全てだ仕切ります。固まってしまっている時は除光液で少しずつ溶かしていくかまたは麺棒で直接中身を掬い取っていくと簡単に取りだすことができます。

中身ががっちりと固まってしまってどうしても取れない場合は仕方ないためそのまま化粧品の瓶などと一緒にゴミとして処分することになります。

古いマニキュアはもったいないからとそのまま置いておいても品質はどんどん悪くなり、爪に塗った時に光沢が出にくくなることもあります。あまり古いマニキュアは使わない方が良いかもしれませんね。

マニキュアの捨て方(2)ビニール袋で密封する

マニキュアの捨てる時はビニール袋で密封することも大切なことです。

古いマニキュアの中身を吸い込ませた新聞紙や古布は、そのままでは匂いがキツク頭が痛くなってしまうこともあります。出来れば外に液体が漏れ出てこないように内側に包み込んで丸め、ビニール袋に入れて固く縛って密封しましょう。

匂いが気になるような時はビニール袋を何重かに重ね、ゴミ出しの日まではベランダや庭のゴミ箱などに入れておくと良いかもしれませんね。古いマニキュアは鼻にツンとくる匂いがするものです。たくさんゴミで出す時は匂いで気分が悪くならないように十分気を付けましょう。

マニキュアの捨て方(3)分別して一般ゴミへ

家庭ゴミを捨てる時は、どこの自治体でもしっかりゴミの分別して捨てることが義務付けられています。

古いマニキュアを捨てる時は大抵の自治代では中身を吸わせた新聞紙や古布が燃えるゴミ、空き瓶は化粧品の瓶などと一緒に燃えないゴミ、マニキュアを爪に塗る時のハケは燃えるゴミまたはプラスチックゴミになります。

中身が固まってそのままガラス瓶に残ってしまっているマニキュアは燃えないゴミとして処分することになります。化粧品の瓶やマニキュアの瓶は飲料の瓶とは捨て方が異なりますので注意しましょう。

自治体によってはゴミ出しのルールを非常に細かく設定している所もありますので、どうしても分別方法が分からない時は役所のゴミ担当課に問い合わせてみるのも良いかもしれません。化粧品やマニキュアを適当にそのまま捨ててしまうとご近所の方やゴミ収集の担当者に迷惑をかけてしまうことになりますので気を付けましょう!

マニキュアの捨て方で注意する事とは?

マニキュアの捨て方をご紹介しましたが、実際に作業する時には注意したい事が幾つかあります。マニキュアは他の化粧品とは違って取扱いに注意が必要なコスメです。

次はマニキュアを捨てる時に気を付けなければいけない事についてまとめてみました。これからマニキュアを処分しようと考えている人は要チェックですよ!

マニキュアの捨て方の注意(1)中身を排水溝に流さない

マニキュアの捨て方の注意の1つめは、中身を排水溝に流さないことです。

マニキュアの瓶を綺麗にしようと考えると洗面所などで洗い流すのが一番だと思う人もいるかもしれませんが、マニキュアはそのまま排水溝に流すのは厳禁です。

水質汚染につながってしまうのは当然ですが、洗面所にマニキュアの色が付着して汚れてとれなくなってしまったり、または排水溝がつまってしまう原因になることもあります。

持ち家の方もそうですが、賃貸物件で洗面所や排水溝を汚してしまうと補修するのはとても大変です。場合によっては専門業者を呼んでクリーニング作業をしてもらう必要も出てきますので、絶対にやめておいた方が良いですね。

処分したいマニキュアの数が多い時は新聞紙や古布に中身を出したりするのは少し手間がかかってしまいますが、しっかり処理して処分するようにしましょう!

マニキュアの捨て方の注意(2)換気をしっかり行う

マニキュアの捨て方の注意の2つめは、換気をしっかり行うことです。

上記でも少しご紹介しましたが、マニキュアを捨てる時は独特のキツイ匂いが発生します。寒い日などは窓を閉め切った部屋で作業をしてしまう人もいるかもしれませんが、長時間そのまま作業をしていると頭が痛くなったり気分が悪くなってしまうこともあるため換気は必須です。

マニキュアを捨てる作業をする時は、可能であれば部屋の窓を大きく開けて空気を入れ替えながら作業するのがオススメです。庭やベランダなど屋外で作業するのも良いかもしれませんね。

■参考記事:除光液の成分も危険なの?

除光液の成分は?マニキュア除光液は危険なの?

マニキュアの捨て方の注意(3)服につかないように作業する

マニキュアの捨て方の注意の3つめは、服につかないように作業することです。

たくさんのマニキュアを処分するために作業する時は、服に液体が跳ねたりこぼしてしまわないように注意することも大切です。マニキュアの染料というのは服につくと水洗いで簡単に落とすことはできないほど濃いシミになってしまうこともあります。

マニキュアがもし服についてしまった時は漂白剤を使ってしみ抜きをしたり、または除光液を使ってしみ抜きをしていくことになります。小さいシミであれば丁寧に処理すれば目立たなくすることは可能かもしれませんが、広範囲にわたってシミが出来てしまった時はその服を再利用するのは難しくなるかもしれません。

マニキュアを処分したい時は汚れても良い服を着たり、またはエプロンなどを利用して作業することをオススメします!


■参考記事:除光液がない時、代用できるものは?

除光液がない!代わりに代用できるもの9選!これでネイルを落とせる!

余ったマニキュアを捨てずに再利用する方法とは?

マニキュアの捨て方について色々とご紹介しましたが、ただマニキュアを捨てるのは勿体ないなと感じている人も多いのではないでしょうか?

実は古くなったマニキュアは、爪に塗る以外にも様々な用途に使うことが可能です。最後は余ったマニキュアを捨てずに再利用する方法についてご紹介していきます♪

マニキュアを再利用する方法(1)ペイント材として使う

マニキュアを再利用する方法の1つめは、ペイント材として使うことです。

余って多少ドロリとした質感になってしまったマニキュアでも、何かを塗ったりデザインする時のペイント材としての役割であれば十分使える場合があります。

絵を描くときの絵具代わりに使えばぼかしたり淡い色合いを楽しむこともできますし、コップやサングラスなどをペイントする時にも発色が良く綺麗にデザインすることが可能です。

色々なカラーのマニキュアが残っている時はぜひお試しください♪

マニキュアを再利用する方法(2)ボタンの補強に使う

マニキュアを再利用する方法の2つめは、ボタンの補強に使うことです。

色つきのマニキュアは少し難しいですが、トップコートや透明のマニキュアが残った時はぜひシャツのボタンなどの上に塗ってボタンの補強に再利用してみましょう。

ハケでボタンの穴にマニキュアの液を落としていくだけでボタンを留めている糸が切れにくくなり、外れにくくなるという効果があります。ボタン付けの頻度が減りとても便利ですよ。

マニキュアを再利用する方法(3)ノリ代わりに使う

マニキュアを再利用する方法の3つめは、ノリ代わりに使うことです。

マニキュアは封筒をノリ付けする時にサッと一塗りするだけでノリ代わりに使うことも可能です。粘着質なマニキュアは乾かすと固まりますので、ぴったり封をするのにも役立ちます。

目上の人に送る手紙や職場で使えるアイデアではありませんが、友達にちょっとした手紙を送る時などには面白いマニキュアの再利用のアイデアですね。マニキュアをそのまま捨てるのが勿体ない時にはぜひ試してみてください。

まとめ

中身の残っているマニキュアの捨て方や、中身の残っているマニキュアを再利用する方法などについてご紹介しました。

中身の残ったマニキュアの捨て方に悩んでいた人や、そのまま捨てるのが勿体ないなと考えていた人はお役にたちましたでしょうか?

中身の残ったマニキュアはついつい放置してため込んでしまうことがありますが、上手に再利用できるのであれば最後まで綺麗に使いきることもできるかもしれません。

皆さんも残ったマニキュアはぜひ賢く最後まで使い切り、しっかり分別してゴミ出しが出来るように覚えておきましょう!

身近な物の捨て方についてもっと情報を知りたいアナタに!

ぬいぐるみ・人形の捨て方!寄付をするのが一番?【処分方法】
シンプルに生きる方法21選!物を捨てたら幸せに!
服を断捨離しよう!クローゼットの服を上手に捨てる方法解説!
本を断捨離しよう!不要な本を捨てるコツは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ