• lovely
マニキュアの乾く時間は平均何分くらい?早く乾かす方法もご紹介!

マニキュアの乾く時間は平均何分くらい?早く乾かす方法もご紹介!

マニキュアが乾く時間がわかっていれば、忙しい時間も有効活用できますね♪マニキュアがしっかりと乾くのは平均30分ですが、マニキュアの種類によって異なります。今回はマニキュアのだいたいの乾く時間と、マニキュアを早く乾かす方法をご紹介します!

記事の目次

  1. 1.マニキュアが乾く約30分を短縮する方法12選をご紹介♪
  2. 2.マニキュアが乾く時間の短縮法(1)爪の表面を磨いておく
  3. 3.マニキュアが乾く時間の短縮法(2)冷蔵庫で冷やしておく
  4. 4.マニキュアが乾く時間の短縮法(3)指先の温度に注意する
  5. 5.マニキュアが乾く時間の短縮法(4)ドライヤーで風を当てる
  6. 6.マニキュアが乾く時間の短縮法(5)トップコートを塗る
  7. 7.マニキュアが乾く時間の短縮法(6)氷水で冷やす
  8. 8.マニキュアが乾く時間の短縮法(7)扇風機や暖房の風に当てる
  9. 9.マニキュアが乾く時間の短縮法(8)少しずつ薄く塗る
  10. 10.マニキュアが乾く時間の短縮法(9)乾きやすいものを使う
  11. 11.マニキュアが乾く時間の短縮法(10)ネイル保護カバーを使う
  12. 12.マニキュアが乾く時間の短縮法(11)速乾スプレーを使う
  13. 13.マニキュアが乾く時間の短縮法(12)ネイル乾燥機を使う
  14. 14.マニキュアが乾く時間を待つ間に注意することとは?
  15. 15.マニキュアが乾く時間を待つ間の注意(1)液垂れ
  16. 16.マニキュアが乾く時間を待つ間の注意(2)衝撃による剥げ
  17. 17.マニキュアが完全に乾いたか確かめる方法とは?
  18. 18.マニキュアが乾いたか確かめる方法(1)息を吹きかけてみる
  19. 19.マニキュアが乾いたか確かめる方法(2)予備の爪につけてみる
  20. 20.マニキュアが乾いたか確かめる方法(3)ツヤ感を観察する
  21. 21.まとめ

マニキュアが乾く約30分を短縮する方法12選をご紹介♪

指先を綺麗に彩るネイル♪女性のおしゃれの楽しみの1つでもあるネイルですが、マニキュアが乾く時間がかかりすぎて大変だと感じている人も多いのではないでしょうか?

マニキュアは凝ったものにすればするほど完全に乾くまではかなりの時間がかかります。だいたいだいのマニキュアが乾く時間は何分ぐらいなのかというと、速乾性のあるマニキュアでおよそ10分から30分、普通のマニキュアで30分から1時間はかかると言われています。

仕事から帰ってきた時にネイルをしたい女性や、子育ての合間にネイルを楽しみたい女性は少しでもマニキュアを早く乾かす方法を知りたいと思うものですよね。

今回はマニキュアが乾く時間を短縮するための方法をまとめて12選ご紹介致します。自宅にあるものを利用する方法もあれば、専用のアイテムを使う方法もあります。マニキュアを早く乾かす方法を知りたい方は要チェックですよ♪

マニキュアが乾く時間の短縮法(1)爪の表面を磨いておく

マニキュアが乾く時間の短縮法の1つめは、爪の表目を磨いておくことです。

爪のお手入れをする時は甘皮の処理をしたり爪の先をやすりなどで整える人は多いと思いますが、爪の表面まで磨いている人はいますでしょうか?マニキュアを早く乾かすためには、爪の表面をツルツルに磨いておくこともとても重要になります。

爪の表面に凹凸があるとその溝にマニキュアの液が多くたまってしまい乾きにくく、色ムラの原因になることもあります。爪の表面を綺麗に磨くと見た目が格段に良くなるだけでなく、マニキュアが乾く時間も何分間か短縮することもできオススメです♪

マニキュアが乾く時間の短縮法(2)冷蔵庫で冷やしておく

マニキュアが乾く時間の短縮法の2つめは、冷蔵庫で冷やしておくことです。

マニキュアというのは実は冷蔵庫で冷やしてから使うと伸びが良くなり、スッと綺麗に塗ることができるのをご存知でしょうか?そしてさらに冷やしておいたマニキュアは常温のものに比べるとはるかに乾く何分も時間を短縮することも可能になります。

出来ればネイルを始める前の30分間程度は透明フィルムなどのカバーを外して冷蔵庫で冷やして使うようにすると後でとても便利ですね。冷蔵庫に入れる時間が無い時は器に氷水を作り、そこにカバーを外したマニキュアを入れて冷やすこともできます。マニキュアを早く乾かすためには是非お試しください。

マニキュアが乾く時間の短縮法(3)指先の温度に注意する

マニキュアが乾く時間の短縮法の3つめは、指先の温度に注意することです。

マニキュアが乾く時間の短縮法ではマニキュア本体を冷蔵庫や氷水で冷やすと紹介しましたが、さらにマニキュアを早く乾かすためには実は指先の温度についてもしっかり調整する必要があります。

マニキュアというのは外気温と指先の温度の差が大きければ大きいほど乾く時間が何分か短くなると言われています。そのため例えば冬の寒い時期はヒーターやお湯で指先を温めておき、暑い夏は氷水や扇風機などで指先を冷やしておくと効果的だと考えられます。



■参考記事:マニキュアフラワーでアクセサリーを作ってみよう!

マニキュアフラワーの作り方は?余ったネイルで可愛くDIY! | Lovely[ラブリー]のイメージ
マニキュアフラワーの作り方は?余ったネイルで可愛くDIY! | Lovely[ラブリー]
みなさんマニキュアフラワーをご存じですか?マニキュアフラワーは家にあるマニキュアを使ってアクセサリーや雑貨・小物を可愛く作れる最近注目されているマニキュアのDIY方法です。今回はマニキュアを使ったマニキュアフラワーについて作り方などをご紹介していきます。

マニキュアが乾く時間の短縮法(4)ドライヤーで風を当てる

マニキュアが乾く時間の短縮法の4つめは、ドライヤーで風を当てることです。

マニキュアは表面は意外と早く乾くことがありますが、その中身までしっかり乾かすためにはかなりの時間が必要になります。あまり時間がない時にマニキュアを早く乾かすためには、ドライヤーの熱風を指先に当ててみると何分間か早く乾かすことができますよ。

1本1本の指にゆっくりとドライヤーの風を当てていくことで、マニキュアは表面だけでなくしっかり中の液まで乾きます。

ただしドライヤーのパワフルモードなどをあまり指先に近づけると火傷をしてしまう恐れもありますので、やりすぎには注意が必要です。ドライヤーを使う時は火傷防止のために冷風と温風を交互に当てると良いかもしれませんね。

またドライヤーの風が強すぎるとせっかくのマニキュアがよれてしまったり吹き飛んでしまうこともあります。ドライヤーを使う時は慎重に使うことをオススメします。

マニキュアが乾く時間の短縮法(5)トップコートを塗る

マニキュアが乾く時間の短縮法の5つめは、トップコートを塗ることです。

マニキュアの基本的な塗り方はベースコート、マニキュア、トップコートの順に重ねていく事です。ベースコートは爪の表面をなめらかにしてマニキュアの発色を良く見せる目的があり、トップコートはマニキュアを塗った爪の表面をカバーする目的があります。

トップコートはネイルに艶感を出すだけでなく、仕上げにマニキュアの爪をコーティングしてカバーすることで傷をつけにくくしたり剥げを防止する効果もあります。

速乾性のトップコートを塗れば少なくとも表面は何分も早く乾かすことができますので、忙しい人でも身動きが取れやすくなります。綺麗なネイルをすぐにカバーしたい人はトップコートは欠かすことはできません。

マニキュアが乾く時間の短縮法(6)氷水で冷やす

次のページ

マニキュアが乾く時間の短縮法(7)扇風機や暖房の風に当てる

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely