愛想がいい女性に学ぶ!好印象を与えるコツ11選

たくさんの人に好かれる愛想がいい女性っていますよね。あんな素敵な人になりたいなと憧れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は愛想がいい女性の特徴などから、周りの人に好印象を与えるコツを11選ご紹介します。素敵な大人の女性になるための努力を始めましょう!

愛想がいい女性に学ぶ!好印象を与えるコツ11選のイメージ

目次

  1. 愛想がいいとは?
  2. 愛想がいい人の11の特徴
  3. 逆に愛想が悪い人って?
  4. 今日から始める!愛想をよくするトレーニング
  5. 愛想をよくして仕事も恋も円滑に♪

愛想がいいとは?

みなさんの周りには愛想がいい女性はいますか?

愛想がいいとは他人に不快な思いをさせることがなく、人当たりがいい様子のことを言います。愛想がいい人は誰からも好かれるのが特徴で、多くの人に愛されるのが特徴的です。

コチラの記事では愛想がいい女性の特徴などから、他人に好印象を与えるコツについて詳しく解説していきます。

過去に一度でも無愛想だと言われてしまった人や、自分の愛想の悪さに悩んでいる人には、問題を解決するヒントがきっとたくさんあります。ぜひ最後まで目を通してみてくださいね♪

▼愛想がいい人についてもっと知りたい方は以下の記事もどうぞ!

愛想がいい人はモテる?モテない?理由付きで解説します

愛想がいい人の11の特徴

他人に好印象を与えるコツを知りたい時は、身近にいる愛想がいい人の特徴に注目してみるのが一番です。

ここでは愛想がいい人の多くに当てはまる特徴を厳選して11個ご紹介します。

どれも驚くほどスゴイというものはなく大人の社会人として当然のことばかりですが、1つ1つ意識して行動することで愛想がいい印象を作りあげることができます。

全て真似をすることができなくても、自分ができることから少しずつ実践してみましょう!

相手の話を否定しない

愛想がいい人は、まず相手の話を否定することがありません。

愛想がいい人は会話をすると相手が話しやすい雰囲気を作るのがとてもうまく、話を否定せずに自然と相手を受け入れようとします。また一方的に自分の話ばかりしようとすることもありません。

愛想がいいと言われる人は、いわゆる聞き上手やお話上手と言われる人の特徴を持っています。

いつも笑顔

愛想がいい人は、いつも笑顔でいるのも大きな特徴です。

誰かと一緒にいる時はもちろん、1人でいる時も常に楽しそうにほがらかな笑顔を浮かべているため、その優しい雰囲気につられるようにいつもたくさんの人が寄ってきます。

愛想がいい人は笑顔を絶やすことがなく、不機嫌な顔をあまり表に出すことがありません。優しい笑顔は周りの人にとても安心感を与えます。

人見知りをしない

愛想がいい人は、人見知りをしないという特徴も見られます。

よくいる無愛想な人は人間嫌いであったり極度な人見知りの人が多いものですが、愛想がいい人は人見知りをしないため初対面の人とも楽しく会話をすることができます。

愛想がいい人は誰に対しても人懐っこく話しかけることができ、その独特の空気感で相手の警戒心を上手に解いてしまいます。

愛想がいい人は第一印象からプラスの印象を与えることが多い点もとても大きな特徴です。

気配り上手

愛想がいい人は、気配り上手な一面も持っています。

愛想がいい人はいつも人の立場にたって物事を考えることができます。自分がされたら嬉しいことを相手のためを思ってしてあげられるところが人から愛されるところでもあります。

愛想がいい人は他人に親切にしても押しつけがましさが一切ありません。相手に気を遣わせないように配慮できるところも気配り上手の一面と言えますね。

ハキハキとした喋り方

愛想がいい人は、ハキハキとした喋り方をするのも特徴的です。

小さな声でボソボソと喋る人は暗く見られてしまうことがありますが、大きな声でハキハキと喋る人は相手にプラスのイメージを与えることがあります。

気持ちの良い喋り方をする人は他人から好感を持たれやすく、特に何もしていなくても愛想がいい人だと評価を受けることも珍しくありません。

ノリがいい

愛想がいい人は、ノリがいいという特徴もあります。

愛想がいい人は相手を決して否定せず無意識に受け入れようとします。

そのため飲み会や食事などに誘われた時は二つ返事でOKすることも多く、遊びの誘いなども積極的に参加するノリの良さを見せます。

いつ誘っても良い返事を返してくれる人は交友が広くなる分たくさんの人から慕われるでしょう。ノリの良い人は愛想が良い人と言われることが多くなります。

挨拶や感謝の言葉を忘れない

愛想がいい人は、挨拶や感謝の言葉などを忘れないという特徴もあります。

挨拶は大人だけでなく人として当たり前の行為ですが、自分からはなかなかできないという人も意外と多いものです。

誰に対しても自分からすすんで挨拶できる人や、小さな事に対しても感謝の言葉を忘れない人は愛想がいい人だと認識されやすくなります。

ポジティブ思考

愛想がいい人は、ポジティブ思考であるのも大きな特徴の1つです。

愛想がいい人はいつも笑顔でいることが多いのですが、その笑顔には持ち前のポジティブ思考が隠されています。

困難なことがあっても前向きに気持ちを切り替えていける人は精神的にも非常に落ち着いていることが多く、他人に対しても優しく接することができます。

いつも優しく愛想がいいと言われている人は、ポジティブ思考である場合がほとんどです。

褒め上手

愛想がいい人は、褒め上手という特徴も持っています。

愛想がいい人は他人の長所を探すのがとても上手です。他の人が気付いていないような些細なことも真っ先に気付いて、恥ずかしがらず素直に褒めることができます。

褒められて悪い気がする人はいません。自分の良い所を面と向かって褒めてくれる人を愛想がいい人だなと感じることも多いようです。

誰にでも平等な態度

愛想がいい人は、誰にでも平等な態度で接することができるのも注目すべき特徴です。

人間誰でも苦手な人や敬遠したくなる人がいるものですが、愛想がいい人はなるべく誰に対しても平等な態度で接しようと努力します。

いつでも誰に対しても変わらない態度で接する人は周囲の人からの信頼感も厚くなります。褒め言葉で愛想がいいと言われるのも頷けますね。

八方美人な性格

愛想がいい人は、八方美人な性格だと言われることもあります。

上記でご紹介したように愛想がいい人は誰に対しても平等な態度で接しますが、その様子が偽善者っぽく見えてしまったり八方美人に見てしまったりすることもよくあります。

愛想がいい人は相手を楽しませるために過剰にリップサービスをしてしまうこともあるため、そういったことが鼻についてしまうことも少なくないようです。

偽善者や八方美人と言われないためには、謙虚な姿勢であまり出しゃばった行動をしないように注意も必要ですね。

▼愛嬌のある女性についての記事も参考に!

愛嬌がある女性はどうしてモテる?愛嬌のある女性になる方法は?

逆に愛想が悪い人って?

愛想がいい人の特徴をご紹介しましたが、では逆に愛想が悪い人とはどんな特徴があるのでしょうか?

愛想が悪い人は周りの人に気を遣わせたり、嫌な気分にさせてしまったりすることも少なくありません。自分に当てはまる特徴がないかしっかりチェックしましょう!

社交性がない

愛想が悪い人は、社交性がないのが最も大きな特徴です。

目と目が合っても自分からは決して挨拶を返さない、社交辞令が言えないなど、一般的に普通の人よりも社交性が低い人は愛想が悪いと思われることが多くなります。

社交性がないのは自分に自信がないのが大きな原因です。自分に自信をつけて理解者を見つけるのが一番の解決策となります。

会話を盛り上げるための努力をしない

愛想が悪い人は、会話を盛り上げるための努力をしないのも特徴です。

他人と話をするのがあまり好きでない場合だと、会話の盛り上げ方がわからないということも多いでしょう。

傍から見ると、会話の主導権を押し付け投げやりでいい加減な返事ばかりしていると見られてしまい、愛想が悪いなと思われているのかもしれません。

自分のことしか考えない

愛想が悪い人は、自分のことしか考えないという悪い特徴もあります。

愛想がいい人が他人に気遣いをして行動するのに比べて、愛想が悪い人は自分さえ良ければそれでいいと考えている人も多く、他人に対する配慮や優しさが足りないことがよくあります。

自分のことしか考えない様子は大人として非常に恥ずかしいということに気付いていないのが最大の欠点とも言えるかもしれません。

今日から始める!愛想をよくするトレーニング

もし自分が愛想が悪い人に見られる特徴に当てはまってしまった場合は、今すぐにでもその悪いクセを改めて愛想の良い人になる努力を始めてみてはいかがでしょうか。

愛想の良い人になると自分がたくさんの人に大切にされるだけでなく、周りの人の気持ちも穏やかにすることができるようになります。

自分が愛想が悪いと自覚がある人は、これからご紹介する「愛想をよくするトレーニング」をぜひ実践してみてください。自分が変われば人生が変わります。今日から少しずつ他人に受け入れられる自分に変わっていきましょう!

相手と目を合わせて挨拶をする

愛想をよくするトレーニングでは、まず相手と目を合わせて挨拶をすることから始めてみましょう。

自分から積極的に挨拶ができるようになると印象も随分と変わります。知人や友人に会った時は勇気を出して自分から近づき、最初は小さな声でもいいので挨拶をしてみてください。

何度か繰り返しているうちに自然と大きな声で挨拶ができるようになるはずです。挨拶しながら笑顔になれることが多くなってきたら愛想がいいと言われるようになるのもあと一歩です。

相手の気持ちを想像しながら会話をする

愛想をよくするトレーニングでは、相手の気持ちを想像しながら会話をするのもおすすめです。

相手の気持ちを想像しながら会話をするというのは難しそうに思えますが、実はそれほど難しい事ではありません。他人にほんの少しだけ興味を持って接することができれば自然と優しい気持ちになれるものです。

会話中に自分の話ばかりするのを少し控え、相手が気持ちよく話せるように上手に相槌を打ったり話題を広げてあげるだけでも気配りの心は十分伝わります。

笑顔を欠かさない

愛想をよくするトレーニングでは、笑顔を欠かさないようにするのもとても効果的です。

何があっても笑顔でいられる人はとても心の強い人です。いつもニコニコ笑っている人の所にはたくさんの人が集まります。本当にツライことがあった時にその人たちが助けの手を差し伸べてくれることもあります。

今愛想が悪いと言われている人も、穏やかな笑顔を身に付ければきっと愛想がいい人と言われるようになります。笑顔は人間関係を良好に築いていくための大きな要素となります。

◆笑顔の作り方の練習・トレーニング方法9選!自然な笑顔を作ろう!

笑顔の作り方の練習・トレーニング方法9選!自然な笑顔を作ろう!

愛想をよくして仕事も恋も円滑に♪

愛想がいい人の特徴や愛想をよくするためのトレーニング法などについてご紹介しました。いつもたくさんの人に囲まれている愛想がいい人の秘密が少し分かったのではないでしょうか。

愛想がいい人の特徴を真似して毎日の生活習慣に取り入れれば、自分がどんどん素敵な人間に変わっていくのが実感できるはずです。

愛想の良さは生きていく上でとても大切なものです。愛想がいい人になって仕事も恋も円滑にすすめていきたいものですね♪

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ