人間関係がうまくいかない人の特徴と原因|良い関係を築くには?

自分では普通に接しているつもりなのに、なぜか人間関係がうまくいかないと悩んでしまうことはありませんか?今回は人間関係がうまくかない人の特徴と原因についてご紹介します。他人と良い関係を築くための方法を知って人間関係のストレスを解消しましょう!

人間関係がうまくいかない人の特徴と原因|良い関係を築くには?のイメージ

目次

  1. 人間関係がうまくいかない人の特徴
  2. 人間関係がうまくいかない原因は?
  3. どんな人間関係が良い関係?
  4. 良い人間関係を築く方法
  5. それでもうまくいかないときは
  6. 人間関係がめんどくさいと感じたら
  7. いい人間関係が人生を豊かにする!

人間関係がうまくいかない人の特徴

「いつもなぜか人間関係がうまくいかない」「トラブルばかり起きてしまう」。そんな悩みを持っている人はいませんか?

周りの人はみんな楽しく良好な人間関係を築いているのに、なぜ自分だけいつも他人とうまくいかないのかと自分自身に情けなさを感じてしまっている人もいるかもしれませんね。

どこへ行っても人間関係がうまくいかないという人は、自分では気付いていなくても何か原因を抱えていることも少なくありません。

今回コチラの記事では人間関係がうまくいかない人の特徴や原因について詳しく掘り下げ、良い人間関係を築くための方法についてまとめてみました。

もうこれ以上人間関係で悩みたくないという方はぜひ悩み解決のために一度目を通してみてください。心の悩みを解消し、ストレスを溜めない生活を取り戻しましょう!

人の顔色ばかり伺う

人間関係がうまくいかない人は、人の顔色ばかり伺ってしまうクセを持っている人がほとんどです。

悪い意味で自意識過剰なため他人がいつも自分に注目していると考えてしまい、相手がどう思っているのかが気になって挙動不審になってしまうことがよくあります。

人の顔色ばかり伺ってしまう人は他人の目が気になって自分が思うような行動ができないため、人間関係でストレスを溜め込みやすくなるという特徴があります。

自分の意見を言えない

人間関係がうまくいかない人は、自分の意見を率直に言えないという特徴もあります。

このタイプの人は他人と議論をかわしたり考えを共有することが苦手で、相手が言うことにただ頷いてその場をサッサとやり過ごしたいという気持ちが強い傾向にあります。

会話をしていても主体性がなく、話が盛り上がることもないためどうしても周りの人に「つまらない人」と思われてしまうことも少なくありません。

意志がない

また人間関係がうまくいかない人は、自分の意志がない人も多く見られます。

何も考えず他人に流されるまま行動してしまうため、職場やプライベーで時に予想外の思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともよくあります。

何もしていないのになぜかいつも人間関係の厄介事に巻き込まれるという場合は、その意志の無さが原因になっている可能性があります。

自分を好きになれない

人間関係がうまくいかない人は、そもそも自分のことを好きになれないという悩みを抱えていることも少なくありません。

小さなことで悩んでしまう自分、嫌なことをいつまでも引きずってしまう自分に嫌気がさしている場合は、やはり何をするにも投げやりでいい加減な態度になってしまうものです。

自分自身を好きになれない人は他人を気遣う気持ちの余裕がないため、人間関係がうまくいかないことも多くなります。

八方美人

人間関係がうまくいかない人は八方美人な人が多いのも大きな特徴です。他人に良く思われたい、嫌われたくないという気持ちが強すぎて1人で空回りしてしまっている人もたくさんいます。

大人になると誰に対しても公平な態度で接することは社交辞令としてとても大切なことですが、あちらにもこちらにも良い顔をして調子を合わせているとやはり嫌われてしまう原因になることも珍しくありません。

人との距離感がつかめない

また人間関係がうまくいかない人は、他人との距離感がつかめない人が多いという特徴もあります。

他人に対して変に壁を作ってよそよそしい距離感だったり、逆に最初の段階で相手のプライべートに踏み込みすぎてしまったりして、適度な距離というものがよく分かっていないことがよくあります。

他人との適切な距離感をつかむためには、たくさんの人と接してその感覚を身に着けるしかありません。

空気が読めない

さらに人間関係がうまくいかない人は、空気が読めないという特徴もあります。

みんなで話をしていても急に自分勝手な話を始めてしまったり、他人に迷惑をかける変なタイミングで行動してしまったりすることも多く、そのことで周りの人に違和感を与えてしまうこともよくあります。

友人などと今まで仲良くしていたのになぜか突然距離を置かれるようになることが多いという人は、空気を読まない言動が原因になっている可能性があります。

表情が暗い

人間関係がうまくいかない人は毎日何らかのストレスを感じています。そのため表情が暗くなりがちで、そのネガティブなオーラが余計に周りの人との間に大きな壁を作っているケースも多いようです。

誰でもいつも暗い顔をしている人と仲良くしたいとは思いませんよね。

他の人達は楽しそうに会話をしているのに、自分はなぜか人と必要最低限の会話しかできないという場合は暗い表情がマイナスの印象を与えているのかもしれません。

■人間関係の距離感がつかめないと悩んでいる人はコチラの記事もどうぞ!

人間関係の距離感がつかめない?モテる女子がやっている5つのこと!

人間関係がうまくいかない原因は?

それでは人間関係がうまくいかない原因とはいったいどんなことが考えられるのでしょうか?

人間関係がうまくいかないと毎日の生活がツラく感じてしまうこともあります。次は人間関係がうまくいかない原因を詳しく探っていきましょう。

過去のトラウマ

人間関係がどうしてもうまくいかない人は、もしかすると過去のトラウマが原因になっている可能性が考えられます。

他人と一対一で会うのが怖かったり、話しかけられると異常に挙動不審になってしまったりするのは、過去にあった嫌な出来事を思い出して体が緊張してしまっているのかもしれません。

過去にいじめを受けたことがある、友人に裏切られたことがある、ひどい暴言を受けたなど、過去のトラウマを持っていてそれを自覚しているのであれば、そのトラウマを解消しなければ良い人間関係を築くことは難しくなります。

苦手意識がある

人間関係がうまくいかない人は、「自分は他人とはうまくやっていけない」と苦手意識を持っていることが原因になっている場合もあります。

たまたま何度かフィーリングが合わない人と出会ってしまったことで、自分は他人と接するのが苦手だと思い込んでしまっているケースもあるでしょう。

苦手意識を取り払うにはフィーリングの合う人と出会い、自分の殻を脱ぎ捨てる必要がありますね。

心を開けない

人間関係がうまくいかない原因の1つとして、自分が心を開けないために周りの人にも親しく接してもらえないという理由も考えられます。

自分のことを全く話そうとしない人に、親しく話しかけようとする人はほとんどいません。

他人に心を開けない人は当たり障りのない上辺だけの会話しかできず、気まずい雰囲気になってしまうことも多くなります。

価値観が違う

人間関係がうまくいかない人は、自分と他人の価値観の違いが原因になっている場合があります。

自分と他人は考え方は違って当たり前なのに、少しでも違う意見が出るともう「合わないな」と感じて壁を作ってしまったりしていませんか?

価値観の違いを認められるようにならなければ、どんな人と出会っても人間関係がうまくいくことはありません。

自分に自信がない

人間関係がうまくいかないと感じている人は、自分に自信がないことも大きな原因になっている可能性もあります。

周りの人たちがみんな自分よりも優れていてコミュ力が高いと感じていると、次第に人との関りが億劫になってしまったりネガティブ発言につながってしまったりすることも少なくありません。

自分に自信がないと自然に笑うことが出来なくなってしまうことも人間関係をギクシャクさせる大きな原因になります。

■人間関係がうまくいかない人の特徴や原因については以下の記事もどうぞ!

人間関係がうまくいかない人の特徴9選!原因はなんなの?

どんな人間関係が良い関係?

人間関係がうまくいかない原因はたくさんありますが、それでは良い人間関係とはいったいどんな関係のことを言うのでしょうか?

人間関係はただ楽しいだけでは、良い人間関係とは言えません。相手に不快な思いを与えることなく自分にとってもいい関係とは、以下のような関係を表します。

信頼関係がある

良い人間関係とは、まず相手と自分の間に信頼関係が築かれている関係のことを言います。何があってもお互いに相手の不利益になるようなことはしないと信じられる関係は、とても心地良いものです。

他の人に心無い言葉をかけられても、信頼できる人が1人いるだけで自分に自信を持って対応することができます。

本当に素敵だなと感じる人がいる場合は、自分から心を開いて信頼関係を築いていけると素敵ですね。

尊敬し合える

良い人間関係とは、お互いに尊敬し合える関係のことも意味します。

仕事でもプライベートでも、お互いに何から尊敬し合えるものがあれば対等な立場で接することができます。尊敬し合える関係に年齢や職業は関係ありません。

一方的に相手に頼るのではなく、持ちつ持たれつのお互いをサポートし合える関係はとても健全で良い関係と言えますね。

成長できる

また良い人間関係とは、付き合っていくうちに自分が成長できる関係でもあります。

ただ楽しい時間を過ごせるというだけでなく相手から何か感じるものや得るものがあり、それが自分の性格や内面を高めることにつながるのであれば、それはとても良い関係と言えます。

ネガティブだった自分が相手の影響で前向きな考え方をするようになった、など良い影響を与えてくれる関係を作っていきたいものですね。

良い人間関係を築く方法

では上記でご紹介したような良い人間関係を築いていくためにはいったいどうすれば良いのでしょうか?ここからは良い人間関係を築くための方法について詳しく見ていくことにしましょう。

相手を知る

良い人間関係を築くためには、まず相手をよく知ることから始める必要があります。相手を知らずして良い関係を気付くことはできません。

相手がどんな考え方をする人なのか、何が好きで何が苦手なのか、相手のことを知っていけば長所や短所がよく見えてきます。

「この人は完璧に見えたけど意外と面白い人なんだな」など新たな発見があると、他人に興味を持つ良いきっかけになります。

自分を知る

良い人間関係を築くためには、相手を知ること以上に自分を知ることも非常に大切です。

自分を知るためには長所、短所を一度ゆっくり考えてみてください。自分には短所しかないと感じている人でも必ず長所はあります。

他人に自分をアピールするためにも、自分のことを自信を持って話せるようになっておきたいですね。

自分を好きになる

自分の長所をたくさん見つけることできたら、自分を大切にすることも意識してみてください。自分を労わって大切にしてあげることで、きっと自分自身のことを好きになることができるようになります。

自分を好きになると毎日の生活を丁寧に過ごすようになり、それが良い人間関係へとつながっていきます。自分を大切にする人は、他人からも大切にしてもらえる人になります。

周りを気にしすぎずに行動する

そして良い人間関係を築くためには、あまり周りを気にしすぎずに行動することも重要なポイントです。

周りを気にしすぎないというのは、自分勝手なKYな行動をすることではありません。自分の信念に基づいて行動するということです。

他人の目を意識しすぎて委縮してしまうのでなく、共感してくれる人が集まってきてくれるような自信を持った行動をすることが大切ですね。

明るい表情を心がける

良い人間関係を築くためには、明るい表情を心がけることも忘れてはいけません。

暗い表情はネガティブなオーラを作ってしまいます。いつも笑顔でいる人は雰囲気まで明るく見えます。嫌なことがあってもそれをいつまでも引きずらずに、常に明るい表情を意識しておくことが大切です。

挨拶・感謝の言葉を口にする

良い人間関係を築くためには、挨拶と感謝の言葉をしっかり口にすることも非常に重要です。

挨拶と感謝の言葉は人間関係の基本です。人から何かしてもらったら小さなことでもちゃんと感謝の気持ちを言葉にして相手に伝える努力が必要です。

挨拶と感謝の言葉をきちんと口にできる人は、他人から大切にしてもらえる人になります。些細なことですが人間関係を良くするためには忘れてはいけない大事なことですね。

正面から顔を見る

さらに良い人間関係を築くためには、相手の正面から顔を見るクセをつけることも大切です。ビクビクしながら上目遣いで相手の表情を伺ったり、おどおどとして目を合わせられなかったりするのは違和感を感じる行為として相手に伝わってしまいます。

対等な人間関係を築くためにも必要以上に相手に対して弱腰にならず、堂々と正面から顔を見るように意識してみましょう。

それでもうまくいかないときは

上記で紹介した方法を試してもやっぱり人間関係がうまくいかないと感じることもあるでしょう。努力しても報われないと疲れてしまう人もいるかもしれませんね。

そんな時は一度気持ちを切り替えてみる必要があるかもしれません。

割り切るのも大事!

どんなに頑張っても周りの人の反応が変わらず、解決法も解決にいたらずに悩みすぎてどうしようもなくなってしまった時は割り切ることも大事です!

人間関係に悩む場所は思いきって放棄して、離れてみるという選択をするのも良いでしょう。地元の友達や趣味友達など自分の居場所はきっとまた別にもあります。考え方を少し変えると気持ちが楽になります。

なにが大事か考える

人間関係がどうしてもうまくいかない時は、自分にとってなにが大事か考えてみるのも良いでしょう。

強いストレスを感じる場所が自分とって本当に必要な場所なのか、本当にずっと関わっていく必要はあるのか、冷静になって考えてみてください。

もし自分にとってそこまで必要不可欠な場所ではないと感じた場合は、勇気を持って離れる選択肢を選ぶこともまた重要かもしれませんね。

人間関係がめんどくさいと感じたら

人生を長く生きていると、人間関係に疲れてめんどくさいと思う時は誰にでもあります。そんな時には無理をして自分を傷つけないことが1番大切です。

最後は人間関係がめんどくさいと感じたときの上手な対処法をご紹介します♪

ひとりの時間を楽しむ

人間関係がめんどくさときは、無理をしないでひとりの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

いつも誰かと一緒にいると確かに楽しいかもしれませんが、時には自分のペースでひとりの時間を過ごしてみるととてもリラックスした気持ちになることができます。

ひとりで映画を見たり、美味しいものを食べに行ったり、部屋の掃除をしてみたり、ひとりの時間を満喫して気分をリフレッシュさせましょう!

家族との絆を再確認する

人間関係がめんどくさいと感じる時は、他人と過ごすことをやめて家族との絆を再確認する時間をとってみるのもおすすめです。1人暮らしの人なら実家に帰って過ごすのも良いですね。

家族と過ごすことで自分が愛されていることを再確認できれば、またいろんなことを頑張っていこうという活力がみなぎってきます。

家族がいる人は甘えられる人がいるという幸せを実感することが心の平穏につながることもあります。

ひとり旅行に出かける

人間関係がめんどくさいと感じた時は、ひとり旅行に出かけるのも非常におすすめ!

日常生活から離れて誰も知らない場所へふらりと旅行に出かけることで、心身ともに解放感を味わうことができます。真新しい場所でいろんな刺激を受けることもできますね。

仕事が忙しい人は休日に日帰りで少し遠出をするだけでも気分が変わります。ぜひ試してみてください!

いい人間関係が人生を豊かにする!

人間関係がうまくいかない人の特徴と原因、そして良い関係を築く方法などについてご紹介しました。

人は生きていく以上、他人と全く関わらずに生活していくことはできません。ストレスを溜め込まず、良い人間関係を築いて人生を豊かにしていきたいものですね♪

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ