取り柄がないと感じる人の共通点&脱却方法|考え方を変えてみよう

大人になってから「自分には取り柄がない」と悩む人はたくさんいます。今回は取り柄がないと感じる人の共通点などを解説しながら、その脱却方法についてまとめてみました。考え方を変えれば必ず自分の取り柄が見えてくるはずですよ!

取り柄がないと感じる人の共通点&脱却方法|考え方を変えてみようのイメージ

目次

  1. 取り柄ってなに?
  2. “取り柄がない”と感じてしまう人の共通点
  3. “取り柄がない”と感じてしまうのはこんな人
  4. 取り柄を見つける方法
  5. “取り柄がない”は気持ち次第!

取り柄ってなに?

「自分には取り柄がない」と悩む人はたくさんいますが、そもそも「取り柄」とはいったい何なのでしょうか。

取り柄とは他人に負けない自分の長所のようなものを意味する言葉です。取り柄がないと言うと「自分には何も良いところがない」と言っているのと同じことで、非常に後ろ向きな発言をしていることになります。

誰もが胸を張って人に自慢できる趣味や特技を持っているわけではありませんが、性格が優しかったり面白い趣味を持っていたり、人間何らかの取り柄を1つや2つは持っているものです。

ここでは「自分には取り柄がない」と感じてしまう人の共通点などを紹介しながら、その思い込みの思想からの脱却方法についてもご紹介していきます。

自分の性格を変えたい人や、生き方を変えたい人はぜひ一読してみてください!

“取り柄がない”と感じてしまう人の共通点

ではさっそく「取り柄がない」と感じてしまう人の共通点から見ていきましょう!

自分には取り柄がないと感じてしまう人はみんな共通して顔つきや雰囲気が暗いのが特徴です。心の持ちようは人の外見やイメージに大きく影響します。

取り柄がないと感じてしまう人はその思い込みから人間としての魅力を自分で下げてしまっていることも少なくありません。

皆さんも以下の項目に当てはまるものがないか、まずはしっかり自分の内面をチェックしてみてください。

他人と比較してしまう

取り柄がないと感じてしまう人は、自分と他人を比較してしまう人が多いという共通点があります。

スゴイ特技や趣味を持っている人や仕事で成功している人と自分を比較してしまうと、その人たちに比べると自分はなんてちっぽけな存在なんだろうと考えてしまう悪いクセを持っているのが特徴です。

素晴らしい取り柄を持つ人から刺激をもらうのは素敵なことですが、意味もなく自分と比較して落ち込んでしまうのはあまり良い傾向とは言えませんね。

ネガティブ志向

取り柄がないと感じてしまう人はネガティブ思考の人が多いという共通点もあります。自分には取り柄がないと感じてしまう人のほとんどは、物事を悪いほう悪いほうへと考えてしまいがちです。

他人にはできるのに自分にはできないという事が1つでもあると、もう全てがイヤになり自信を失ってしまうこともよくあります。

取り柄がたくさんある人を見て羨ましいと感じる気持ちはあっても、そのネガティブ思考のためにチャレンジ精神まで抑え込んでしまっている人もたくさんいます。

自分に厳しすぎる

取り柄がないと感じてしまう人は自分に厳しすぎるという共通点もよく見られます。

いつでも物事を完璧にこなしていたい完璧主義の傾向もあり、新しく始めた趣味なども少しでもうまくいかなければすぐに癇癪を起してしまうこともあります。

自分に厳しすぎる完璧主義者の人は、周りの人から見れば十分取り柄になるような趣味や特技を持っているにも関わらず、自分でそれを認められずにいる人も多いようです。

自己評価が低い

取り柄がないと感じる人は自己評価が低いという共通点も持っています。

自己評価が低い人は自分の本当の能力の高さや魅力を分かっていない人が多く、非常にもったいないことをしているという自覚がない場合がほとんどです。

他人から褒められることがあっても「お世辞でしょ」と聞き流してしまい、それによってプライドが満たされることもありません。

自己評価が低い人は自虐的な発言が多いという特徴も持っています。

行動しない

また取り柄がないと感じてしまう人は、何かを始めても諦めが早く「やっても無駄」と思いがちという共通点も見られます。

そのためまだ何も結果が出ていないのに行動をやめてしまったり、ひどい時は始める前から行動しない人が多いのも大きな特徴です。

行動しないということは努力をしないということですので、これでは取り柄がなかなかできないのも仕方がないことかもしれませんね。

考えることをしない

取り柄がないと感じてしまう人は考えることをしないという共通点も挙げられます。取り柄がない人は自分にはなぜ取り柄がないのかということを考えることもありません。

取り柄がある人と取り柄がない自分の違いに注目してみたり、取り柄を作るためにはどうすれば良いのかなどを想像してみることもありません。

人として成長していくためには考えることはとても大切なプロセスの1つです。考えることを放棄すればそこで成長は止まってしまいます。

「どうせ考えても無駄だ」と思っている限り、自分を変えることはできません。取り柄がないと感じてしまう人は、まず何事も考える癖をつけることが大切かもしれませんね。

夢や目標が大きすぎる

さらに取り柄がないと感じてしまう人は、夢や目標が大きすぎるという共通点もあります。何か行動を始める時にあまりに夢や目標が大きすぎると、成し遂げる前に途中で挫折してしまうことも少なくありません。

何度も挫折を繰り返していくうちにだんだん自分に自信がなくなり、自己評価が低くなってしまうことも珍しくはありません。

自分に取り柄がないと感じてしまう人は、まず小さな夢や目標を1つずつ達成して自信を取り戻す必要がありますね。

■取り柄がないと悩んでいる人は以下の記事も参考にどうぞ!

取り柄がない人向きの仕事11選!自分のと取り柄を見つける方法は?

“取り柄がない”と感じてしまうのはこんな人

上記では自分に取り柄がないと感じてしまう人の共通点を紹介し、あまり良くない性格や行動などを幾つか見てきました。

しかし取り柄がないと感じてしまう人の性格や行動は、決して全てが悪いというものではありません。

取り柄がないと感じてしまう人の以下の性格や行動はそれが長所になることもあれば、見方によっては短所にもなってしまう二つの面を持っています。

真面目さん

自分に取り柄がないと感じてしまう人は真面目な性格の人がとても多いですね。

真面目な人は他人から何か言われるとその言葉を真に受けてひどく落ち込んでしまうことがあり、一度思い込んだらその考え方にとらわれて臨機応変に対応できない一面が見られることもよくあります。

真面目さんは中途半端なことを嫌うため、行動がとても極端になりがちです。何か始めるとそれを極めるか、またはきっぱりやめるかの二択しかありません。

趣味や特技を極めることができなければそれは取り柄になることはなく、「自分はダメなやつだ」と落ち込んでしまう原因になります。

不器用さん

取り柄がないと感じてしまう人の中には不器用さんもたくさんいます。

不器用な人は何をするにも人よりも時間がかかってしまうことが多く、そのことで他人と自分を比較して自信を失ってしまうことがよくあります。

不器用さんは不器用さんなりにいろんな工夫や知恵で困難を乗り切っていく粘り強さがあるのですが、何でも要領よくこなしている人を見るとやはりその差にストレスを感じて「自分には取り柄がない」と感じてしまうことも多いようです。

一生懸命

また「自分に取り柄がない」と感じてしまう人は、いつも一生懸命な性格の人も多いですね。

一生懸命何かをやっているからこそ、失敗した時や目標を達成できなかった時に強い劣等感を感じてしまうようになります。

新しく何かをやろうと一生懸命努力をする人は、チャレンジする回数が多いとそれだけ挫折も多くなります。

一生懸命な性格の人はと非常に素敵な性格と言えますが、時にそれが諸刃の剣のように自分のやる気やプライドを傷つけてしまうこともあります。

取り柄を見つける方法

それでは自分に取り柄がないと感じる人が、取り柄を見つけるためにはどんな方法があるのでしょうか?

取り柄を見つけるためにはまず今の凝り固まった考えを柔軟にする必要があります。真面目すぎる性格の人や頑固な性格の人は、思い込みを取り払っていろんな考え方ができるように一度肩の力を抜いてみてください。

自分を変えられるのは自分だけです。取り柄を見つけることができればきっと人生が変わります。ここでは取り柄を見つける方法を全部で6つ見ていくことにしましょう!

周りの人に自分の長所を聞いてみる

取り柄を見つけるためには、まず周りの人に自分の長所を聞いてみるのが一番です。

親しい友人や知り合いに「私の取り柄って何かある?」と素直に聞いてみると、意外と簡単に、しかもたくさんの長所を教えてくれる可能性があります。

自分で思っている自分と、他人から見ている自分は全く違います。自分では思いもよらなかった長所を教えてもらうことができるかもしれませんよ。

新しいことにチャレンジ

取り柄を見つけるためには、やっぱり新しいことを「やるぞ!」とチャレンジしてみる行動力が何よりも大切になります。ただし途中であきらめざるを得ない状況になっても決して自分を責めないことが重要なポイントです。

新しいことを始めた自分をまず認めてあげて、少しずつ成長していく自分に自信を持ち、それを取り柄だと自覚していかなければ意味がありません。

まずは気軽にできることから小さな目標を掲げて新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

何か続けることを見つける

取り柄を作るためには、何か長く続けられることを見つけるのも良いですね。何でも長く続けていればそれが長所になり、ひとつのことを極めることができればそれが取り柄になります。

継続は力なりという言葉があるように、小さなことでも長く続けるには根気が必要です。真面目な性格の人に向いている方法と言えますね。

■長所となる趣味を見つけたい方はコチラの記事もぜひどうぞ!

趣味探しをしている人におすすめの趣味19選!

前を向いて笑ってみる

また取り柄を作るためには、まず「自分には何も取り柄がない」と後ろ向きな発言を繰り返すネガティブ思考から脱却することも非常に重要なことです。

そのためには、前を向いて笑ってみるクセをつけるのが効果的です。笑顔はネガティブ思考脱却にとても大きな効果をもたらします。

ポジティブ思考が身に着けばどんなことにもやる気が出てきっと今の自分を変えていくことができるようになりますよ。

考えすぎない

真面目な人や何事にも一生懸命な人は「自分には取り柄がない」と一度考え始めるとそればかり考えて落ち込んでしまうことがよくありますが、考えすぎも良くありません。

もっと肩の力を抜いて気楽な気持ちになれば、取り柄がないなどという悩みは些細な悩みに見えてくることもあります。

すごい取り柄を持つ人を見ても自分と比較したりせず、ただ純粋に「すごい!」と感動できるようになれば毎日がもっと楽しい時間に変わるはずです。

もっと自分を褒めて認めてあげる

さらに取り柄を作るためには、もっと自分を褒めて認めてあげることも大切です。取り柄がないと悩むのは、自分を否定していることと同じです。他人が褒めてくれる以上に、もっと自分を褒めてみてください。

自分を大切に思う気持ちは自尊心を育てやる気を引き出します。そのやる気は行動になり、やがて何らかの取り柄へとつながっていきますよ。

■自分の取り柄を見つける方法をもっと知りたい方はコチラもどうぞ!

取り柄がない人必見!向いている仕事や取り柄を見つける方法!

“取り柄がない”は気持ち次第!

今回は取り柄がないと感じる人の共通点&脱却方法についてご紹介しました。

「取り柄がない」という悩みは自分の気持ち次第でいくらでも変えていくことができます。ポジティブな気持ちで悩みを解消していきましょう!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ