アマレットのおすすめカクテル20選!アマレットの美味しい飲み方

今回はアマレットというお酒のカクテルについて、詳しくまとめていきます。おしゃれなバーなどに行った時に、お酒の種類がわからないということはありませんか。そんな時のためにアマレットに関する歴史やアマレットを使ったカクテルの種類などをチェックしておきましょう。

アマレットのおすすめカクテル20選!アマレットの美味しい飲み方のイメージ

目次

  1. アマレットの基本情報3つ!
  2. おすすめのアマレットの銘柄3選!
  3. アマレットの基本的な飲み方3選!
  4. アマレットのカクテルレシピ20選!カクテル言葉もチェック!
  5. お酒が強い人におすすめ「アマレット×ウイスキー」のゴッドファーザー!
  6. お酒が弱い人におすすめは「アマレット×フルーティー」のドマーニ!
  7. アマレットを使ったオリジナルカクテル
  8. お菓子作りにおすすめのアマレット3選!
  9. アマレットと相性抜群のおつまみ3選
  10. アマレットを使ったカクテルを飲んでみよう!

アマレットの基本情報3つ!

おしゃれなバーに必ずと言っていいほど置いてあるカクテルリキュールといえば、「アマレット」です。「お酒にはあまり詳しくない」「好みの合わなかったらどうしよう」といった不安から、なかなかアマレットを頼みにくいなんてことはありませんか?

実はアマレットは世界中の人々から愛されているお酒で、カクテルとしても幅広いく楽しむことができます。

今回はそんなアマレットに関する知識やカクテルの種類などの情報を一挙にまとめていきます。きっとあなたも素敵なバーでアマレットを頼むことができるようになるでしょう♪

アマレットの歴史

まずはアマレットというお酒の歴史について解説していきます。アマレットが誕生したのは16世紀ごろのイタリア、サローノといった街です。現在においてもサローノはアマレットの工場が有名で、ファンにはたまらない聖地でもあります。

そんなサローノの街でアマレットが誕生した物語には、芸術という分野も絡んできます。レオナルド・ダ・ヴィンチの弟子であるベルナルディーノ・ルイーニが絵画の修復のためにサローノに訪れ、その街の娘に恋をしてしまいました。

ベルナルディーノ・ルイーニはその娘に絵をプレゼントしたのですが、そのお礼として彼女が作ったお酒が現在のアマレットの元となるお酒だったそうです。そのリキュールのレシピがどのように伝えられてきたのかは謎のままとなっています。

その数百年後にカルロ・ドミニコ・レイナという人物によってそのリキュールがイタリア中に広がり、イタリアの伝統的なお菓子である「アマレッティ」に似ていたことから「アマレット」と呼ばれ、人々に愛されるお酒となっていきました。

アマレットは、その元となったレシピの継承元に謎はありますが、そのレシピが発見され、アマレットの誕生のきっかけから数えると約500年もの歴史を持った伝統的なお酒ということになります。

アマレットの味

次にそんなアマレットの気になる味について解説していきます。アマレットは基本的に甘い雰囲気のあるお酒です。これは製造に関してアプリコット(あんず)が使われていることからであり、アプリコットの香りにアーモンドのような香りが混じった甘い雰囲気を楽しむことができます。

アマレットという名前にはイタリア語で「苦い」といった意味が含まれています。実際にアマレットにはその甘みの中にほのかな苦味を感じます。その苦味によってアマレットの甘みに深みをもたせているのです。

アマレットの度数

アマレットには現在500種類以上のも銘柄が存在しています。その全てにおいてアルコール度数に多少の違いがありますが。25度〜28度程度と思っていて間違い無いでしょう。

有名なアマレットの銘柄を実例で出してみると

・「アマレット・フローリオ(Amaretto Florio)」アルコール度数25度
・「ルクサード・アマレット・ディ・サスキーラ(Luxardo Amaretto di Saschira)」アルコール度数28度
・ディサローノ アマレット(Amaretto disaronno)アルコール度数28度

などとなっています。アルコール度数は28度程度のお酒・リキュールです。

おすすめのアマレットの銘柄3選!

長い歴史を持ち、イタリアにおいて今もなお愛され続けるアマレットですが、その銘柄はとても多く、実際に自分で買ってみるにしてもどれがいいのか分からなくなってしまいます。

そこでここではたくさんのアマレットの銘柄のうちオススメの銘柄を3つ選んで紹介していきます。

①ディサローノ

まず最初にご紹介するのが、「ディサローノアマレット」です。アマレットリキュールにおいては世界的にも一番有名であり、王道ではないでしょうか。元祖アマレットでもあるため、アマレット初心者には入り口として最適な銘柄となっています。

アーモンドのような甘さにアプリコットの香ばしい香りが混ざり合い、アマレットの本場であるイタリアにおいても不動の人気を誇っている銘柄です。

②ボルス

次にご紹介するのが「ボルスアマレット」です。ボルスといえば様々な種類のリキュールを販売しているボルス社のお酒ですが、そんなボルス社が販売しているアマレットのリキュールになります。

ボルスアマレットは隠れファンが多くついているブランドリキュールで、世界中のバーテンダーからは高い支持を受けている銘柄です。

ボルスアマレットは独自の上品さと濃厚な香りを楽しむことができ、すっきりとした後味も人気の理由となっています。アマレットに対してこだわりを持ちたいのなら是非チャレンジしてみたい銘柄でしょう。

③モナン

3つ目にご紹介するのが「モナンアマレットシロップ」です。モナンアマレットシロップは名前の通りお酒などに使うシロップであり、アルコール度数は0度となっています。アルコールが苦手な人でもアマレットを楽しむことができます。

お酒以外にもおかし作りやコーヒーの風味づけなどにも利用されることがあります。アマレットの甘苦さと香りを楽しむことができるシロップです。

アマレットの基本的な飲み方3選!

アマレットに関する基本的な知識やオススメの銘柄などを紹介してきました。では実際にアマレットを楽しむための飲み方について、その基本的な飲み方をご紹介していこうと思います。

①ストレート

まずアマレットというお酒そのものを味を味わいたいという方にはストレートで飲むことが一番オススメです。アマレットの甘苦い味や香りがダイレクトに伝わってくる飲み方といえるでしょう。

方法は、ストレートグラスにそのままアマレットを注ぐだけ。簡単な飲み方ながら、お酒が好きな方やお酒に強い方がアマレットの魅力を存分に味わうことができるので、是非試してもらいたい飲み方です。

②ロック

次にご紹介する飲み方が「ロック」です。ロックはストレートのようにお酒そのものの味を楽しむことができますが、氷をプラスすることでさらにまろやかな味わいを楽しむことができます。アマレットの味わいを楽しむことができる飲み方です。

ロックグラスに大きめの氷を入れてアマレットを注ぐだけで楽しむことができます。

③ソーダ割

アマレットのソーダ割りは、アマレットをそのままでは味が強すぎるという方にオススメの飲み方です。またアルコールが苦手な方も、ソーダで割る分飲みやすくなります。さっぱりとした飲み口なのでジュースのように飲みやすくなるでしょう。

アマレットをソーダ割りで味わう方法は、まず背の高いコリンズタイプのグラスに氷を入れアマレットを30ml程度注ぎます。最後にソーダを入れ、軽くステアすることで完成します。

アマレットのカクテルレシピ20選!カクテル言葉もチェック!

それでは実際にアマレットを使ったカクテルのレシピをご紹介していきたいと思います。またカクテルにはカクテル言葉というものが存在しているカクテルもあります。そんなカクテル言葉も合わせてご紹介していきます。

①ゴッドファーザー

ウイスキー(45ml)
アマレット(15ml)
カクテル言葉「偉大」

ゴッドファーザーはアーモンドの香ばしさと甘みが特徴のカクテルです。1972年に公開された映画『ゴッドファーザー』になぞらえて作られたカクテルです。

②ゴッドマザー

ウォッカ(45ml)
アマレット(15ml)
カクテル言葉「無償の愛」「他人の考え方を受け入れられる優美な人」

ゴッドマザーは比較的甘くて飲みやすいカクテルです。しかし、ウォッカを使っていてアルコール度数が高いので、飲みすぎには注意が必要なカクテルといえるでしょう。

③ボッチ・ボール

アマレット、オレンジジュース(各30ml)
炭酸水(適量)
カクテル言葉「自分の意見を主張できる」「一匹狼」

ロングカクテルで、アマレットの甘みととオレンジジュースの甘みが混ざり、非常に飲みやすいカクテルとなります。フルーティーな甘みとアーモンドの香ばしさを楽しむことができます。

④フレンチ・コネクション

アマレット(適量)
ブランデー(適量)
カクテル言葉「妄想力豊かな不思議な世界の住人」

アマレットとブランデーは50:50の割合で割ります。

⑤イタリアン・アイスティー

アマレット(30ml)
烏龍茶(90ml)
レモンスライス、氷(適宜)
カクテル言葉「物事に手ごたえを感じる」「本格的な人」

アマレットの甘みとアーモンドの香りを烏龍茶で割ることでさっぱりした飲み口となります。

⑥イタリアン・サーファー

マリブ(30ml)
アマレット(30ml)
パインジュース(適量)
カクテル言葉「正々堂々と勝利のカギをにぎる」「風雲児」

ココナッツ風味のマリブが加わることでトロピカルな味わいになります。

⑦シシリアン・キッス

サザンカンフォート(40ml)
アマレット(30ml)
カクテル言葉なし

香ばしいアーモンドとフルーティーな香りが特徴的。

⑧アル・カポネ

ウイスキー(30ml)
クランベリーリキュール(15ml)
アマレット(15ml)
ライムジュース(1tsp)
カクテル言葉「自然や植物を育て喜びを知る清らかな人」

2001年にカクテル・オブ・ザ・イヤーに輝いたカクテルです。

⑨ドマーニ

ジン(20ml)
カンパリ(20ml)
アマレット(20ml)
ブラッドオレンジジュース(適量)
カクテル言葉「人や動物をひきよせる魅力的な人」

2005年にサントリーカクテルアワードにおいて最優秀賞に輝いたカクテルです。

⑩ローザ・ロッサ

ノアマレット(30ml)
ジンジャーエール(30ml)
赤ワイン(60ml)
カクテル言葉「理屈抜きで人付き合いができる自由人」

ジンジャエールの辛味が大人のクールさを演出した甘辛いカクテルです。

⑪ギャツビー

アマレット(15ml)
カカオリキュール(15ml)
生クリーム(30ml)
カクテル言葉なし

カカオと生クリームで、まるでデザートのような味わいのカクテルです。

⑫ロード・ランナー

ウォッカ(30ml)
アマレット(15ml)
マリブ(15ml)
カクテル言葉なし

アマレットとマリブミルクのココナッツの甘さが女性に人気のカクテルです。

⑬アマレットジンジャー

アマレット(30ml)
ジンジャエール(適量)
カクテル言葉なし

ジンジャエールを甘口、辛口変えることでまた変わった味わいを楽しめます。

⑭アマレットオレンジ

アマレット(30ml)
オレンジジュース(適量)
カクテル言葉なし

オレンジジュースの酸味がアマレットの甘みと程よくマッチしたフルーティーな味わい。

⑮アマレットミルク

アマレット(30ml)
牛乳(適量)
カクテル言葉なし

一言で言うと杏仁豆腐のようなお酒です。

⑯アマレットカフェ

アマレット(30ml)
ホットコーヒー(150ml)
ホイップクリーム(お好みで適量)
カクテル言葉なし

コーヒーに甘く香ばしいアマレットが加わった贅沢感のあるカクテルです。

⑰アマレットウーロン

アマレット(30ml)
烏龍茶(90ml)
カクテル言葉なし

アマレットの甘い香りを感じながらも、すっきりとした味わいのカクテルです。

⑱アーモンド・ジョイ

カカオリキュール(20ml)
アマレット(20ml)
牛乳(10ml)
生クリーム(10ml)
カクテル言葉なし

アマレットのアーモンド感とチョコレートの風味が合わさった甘いカクテルです。

⑲アマレット・アレキサンダー

ブランデー(15ml)
アマレット(15ml)
生クリーム(15ml)
カクテル言葉なし

生クリームの滑らかさでスイーツのようの楽しめる女性にも人気の高いカクテルです。

⑳オーガズム

ドランブイ(20ml)
カルーア・コーヒーリキュール(20ml)
アマレット(15ml)
生クリーム(15ml)
牛乳(15ml)
カクテル言葉なし

その名前とは裏腹に甘くまろやかな味わいが特徴のカクテルです。

お酒が強い人におすすめ「アマレット×ウイスキー」のゴッドファーザー!

アマレットを使った様々なカクテルをご紹介してきましたが、お酒の強さには自信があるという方にぜひチャレンジしてもらいたいカクテルが「ゴッドファーザー」です。

ゴッドファーザーは濃厚なウイスキーの味わいとアマレットの甘苦さが癖になるカクテルです。シンプルなレシピながらに味わいには深みがあり、とても人気なカクテルとなっています。ウイスキー好きにもオススメできるカクテルです。

ゴッドファーザーに使うウイスキーはバーボンやスコッチなど、特にこれといった明確なルールは存在していません。お好みのウイスキーで楽しんでみてください。

ちなみにゴッドファーザーというカクテルの名前は映画「ゴッドファーザー」が由来となっています。

お酒が弱い人におすすめは「アマレット×フルーティー」のドマーニ!

お酒があまり強くないという方にオススメなのが「ドマーニ」というカクテルです。アマレットの甘さとジンの辛味が絶妙にマッチしたすっきりとした飲み口が人気です。カクテルグラスを使用した可愛らしい見た目から女性にも人気のカクテルとなっています。

ちょっとおしゃれに、でもあまり無理はしたくないという方には是非オススメしたいカクテルの1つでもあります。

アマレットを使ったオリジナルカクテル

アマレットの甘みやアーモンドの香りに加え、グレープフルーツの酸味がアクセントとなっているフルーティーなオリジナルカクテルです!

アマレットの甘さをライムの爽やかさで程よく中和したさっぱりとした飲みやすいオリジナルカクテルですね!淡いオレンジ色がキレイでうっとりしてしまいます。

アマレットの甘みとライムの爽やかさで中和された飲みやすさにウイスキーで深みをだしたオリジナルカクテルです。ホテルのバーだからこそ、真似できない絶妙なバランスを持っていそうです…!

お菓子作りにおすすめのアマレット3選!

アマレットはお酒のリキュールとしてでなく、お菓子作りの場面においても活躍することがあります。その独特の甘みから、お菓子作りの際はバニラエッセンスのような役割を果たし、焼き上げたときの香ばしさに深みを出すので、重宝されることがあります。

今回はその中でも、特にアマレットの香りが活躍するお菓子を3つ紹介していきます。

①マフィン

まずご紹介するのが「マフィン」です。マフィンにアマレットリキュールを少し加えるだけで味に深みが出て、上質な仕上がりになります。アマレットの風味を活かしたい方には焦がしバター風味のマフィンよりは溶かしバターがオススメです。

作り方としては、泡だてた卵黄にグラニュー糖、はちみつ、薄力粉、アーモンドプードル、溶かしバターを加えたものに少量のアマレットを加えて混ぜるだけ。あとはオーブンで焼けば完成です。

②杏仁豆腐

次にご紹介するのが「杏仁豆腐」です。アマレットリキュール自体が杏仁豆腐の味に近いものがあり、アマレットを牛乳で割って飲むと杏仁豆腐のようなカクテルが出来上がります。アマレットを使用した杏仁豆腐はこれを応用した作り方となっています。

作り方としては水とゼラチンを混ぜ合わせたゼラチン液に、牛乳、砂糖を加え弱火にかけます。砂糖が溶けたらアマレットを加え粗熱をとり、あとは容器に移して冷やすだけ。とても簡単に杏仁豆腐が出来上がりますよ。

③ケーキ

アマレットを使ったケーキもオススメです。アマレットの風味がケーキに上品さをプラスすることで簡単にワンランク上のケーキ作りができてしまいます。

作り方は、砂糖、薄力粉、バター、アーモンドプードル、シナモンをボールで混ぜ、冷やしておきます。常温で柔らかくしたバターをミキサーで混ぜ、さらに砂糖を加えて混ぜます。そのにクリームチーズとアマレット、卵を混ぜてオーブンで焼けば完成です。

アマレットと相性抜群のおつまみ3選

お酒を楽しむ時にはどうしてもおつまみが欲しくなりますよね。そこでアマレットを楽しむためのオススメのおつまみを3つご紹介していきたいと思います。

①ナッツ

まずご紹介するのが「ナッツ」です。アマレットの甘い風味をナッツの塩分が程よく中和させてくれます。おつまみの定番としても人気のナッツはアマレットのおつまみとしても最適なため、是非オススメしたいおつまみの一つです。

②サラミ

サラミもおつまみの定番どころですね。サラミ独特の酸味や塩っぱさがアマレットの甘さと絶妙なバランスを保ちます。アマレットの風味の口休めのような感覚で一緒につまんでいくにはもってこいのおつまみとなっています。

③チーズ

アマレットの風味や香りをより一層引き立たせてくれるのがチーズです。チーズのまろやかさがアマレットをより深く味あわせてくれるので、アマレットを深く楽しみたいという方には是非オススメなおつまみとなっています。

アマレットを使ったカクテルを飲んでみよう!

アマレットというお酒がどれほど魅力的なのかを理解していただけたでしょうか。香り高いアマレットは男性だけでなく、女性からの人気も高いリキュールです。実際にお店に行ってアマレットのお酒にチャレンジしてみてくださいね♪

そのほかお酒に関する記事はこちら!

父の日にプレゼントするおすすめのお酒20選!種類別に総まとめ!
【15選】カロリーが低いお酒!ダイエット中も飲みたい女性にも♡
市販のおすすめおつまみTOP30!お酒ごとに合うおつまみも紹介!
【夢占い】お酒の夢の意味7選!パターン別に深層心理を解説♪

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ