ラブホは一人で泊まれる?上手な活用方法を紹介します!

ラブホには一人では泊まることができない、という噂がありますが本当でしょうか。最近はラブホで女子会をしたり、パーティーをする人もいるようです。だったら一人で泊まることもできるのではないでしょうか。今回はラブホは一人で泊まれるのかを調べてまとめてみました。

ラブホは一人で泊まれる?上手な活用方法を紹介します!のイメージ

目次

  1. ラブホに一人で行ける?
  2. ラブホに一人で◎空室の確認方法
  3. ラブホに一人で◎ラブホへの入り方は?
  4. ラブホに一人で◎支払い方法は?
  5. ラブホに一人で◎何か持っていく必要はある?
  6. ラブホに一人で泊まるメリット◎料金が安い
  7. ラブホに一人で泊まるメリット◎広いベッド
  8. ラブホに一人で泊まるメリット◎ゆっくり大きなお風呂を満喫
  9. ラブホに一人で泊まるメリット◎食事のデリバリー
  10. ラブホに一人で泊まるメリット◎飲食物を持ち込める
  11. ラブホに一人で泊まるメリット◎映画観放題
  12. ラブホに一人で泊まるメリット◎カラオケやゲームも
  13. ラブホに一人で泊まるメリット◎他にもイロイロ
  14. ラブホに一人で泊まるデメリット◎人の目
  15. ラブホに一人で泊まるデメリット◎部屋から出られない
  16. ラブホに一人で泊まるデメリット◎予約はできない
  17. ラブホに一人で泊まるデメリット◎年齢
  18. ラブホに一人で泊まるデメリット◎潔癖な人には向いていない
  19. 番外編!ラブホを友達とも使える?
  20. ラブホを上手につかって一人でも楽しもう!

ラブホに一人で行ける?

一人カラオケや一人焼肉、お一人様でなんでもやるのが人気になってきたので、お一人様で旅行をする人もいるのではないでしょうか。思い立ったらすぐ実行する人だと、「よし、今日旅行に行こう!」と計画を立てずに旅行に行く人もいるかもしれませんね。そんな時、後で気づくこともあるかもしれません。

「あ、ホテル予約するの忘れた…」

そんな時ビジネスホテルがすぐにみつかればいいですが、観光地の場合はホテルがなかなかみつからない、ということもありますよね。女性の場合は、泊まる場所がないというのはとても不安になるものです。

そんな時に、近くのラブホに泊まることができれば、と考える人もいると思います。でもラブホは一人で入れない、なんて噂もありますよね。入っていって追い出されるのも恥ずかしいし、と躊躇う人も多いと思います。

結論からいうと、ラブホに一人で泊まることができるホテルもあります。ただ、自殺防止や犯罪防止のために地域の条例で禁止されているところもあるので、一人で泊まれるか泊まれないかはホームページで確認をするか、フロントで確認する必要があります。

ラブホに一人で◎空室の確認方法

ラブホで一人で泊まろうと思ったら、まずはラブホの部屋が空いているのかを確認する必要があります。ラブホ初心者の人は、部屋が空いているのかどうかわからないということもあるかもしれませんが、多くのラブホは駐車場に入る前に空室があるかどうかを確認できるようになっています。

コインパーキングと同じように「空」という表示が出ていれば、ラブホの部屋が空いていますので泊まれることになります。「満」は満室という意味になりますので、そのラブホは今は空室がない状態になります。

少し待ってでも泊まりたい、という場合はウェイティング席で待つこともできますが、一人で待っているのは辛いものがあります。待つかどうするかは、自己判断になります。

ラブホに一人で◎ラブホへの入り方は?

ラブホへ一人で泊まれるかどうかは、ラブホに一人で入れるかどうかも大切になりますね。ラブホへの入り方には、大きく3タイプの入り方があります。どのラブホのタイプでも一人で入れるように、確認をしておきましょう。

一番多いタイプが無人フロントのタイプです。中に入ると、大きな画面にお部屋の写真などが貼られていて、好きな部屋を選ぶと、ルームキーやカードが出てきます。それを持って、そのままお部屋へと入っていくタイプです。誰に会うこともなくお部屋にいけるタイプになりますが、ゆっくりとお部屋を選んでいると別のお客様が来てしまうことがあります。一人でお部屋を選んでいる、というのを見られるのは辛いこともあるので、さっさと選んでお部屋にいくことをおすすめします。

最近はあまりなくなったようですが、人がいるタイプの有人フロントのラブホもあります。有人フロントの場合も、部屋を選ぶまでは無人フロントと同じです。お部屋を選ぶと、人のいるフロントへ行って鍵をもらいます。場合によってはお部屋代が前払いになっているところもあります。鍵をもらってから、お部屋へ行くというラブホのタイプです。

また同じように最近はあまりみかけませんが、ガレージ式のラブホもあります。車を停めた場所の上がお部屋になっているタイプで、車を停めたらそのままお部屋へ直行するタイプのラブホです。ガレージタイプも、誰かに会うことがないというメリットがあります。

3タイプのどのタイプも、ラブホのスタッフと顔をあわせることはありません。有人フロントのタイプであっても、お互いの顔が見えないようになっています。

ラブホに一人で◎支払い方法は?

ラブホでの料金の支払い方法は、フロントでの清算のタイプと、自動精算機タイプ、エアシュータータイプがあります。どの支払い方法であっても、フロントの人と顔をあわせる必要はありません。目隠しされたフロントになっているので、人と話すのが苦手だという人にも、支払いのしやすいシステムになっています。

フロントでの清算タイプは、お部屋からフロントに電話をして退出して、フロントで指定された料金を支払うというものです。お部屋代を前払いしている場合は、ルームサービスの料金を支払うことになります。

自動精算機は、お部屋の出入り口についている精算機で支払うタイプです。この精算機で清算しないとお部屋から出られないようになっているところが多いようです。1万円札がつかえないような古いタイプの精算機もあるかもしれないので、クレジットカードを準備しておくか、千円札を多めに持っておくと良さそうです。

ほとんど絶滅してしまいましたが、エアシューターという機能でお支払いをするラブホもあるそうです。実際に見た事はありませんが、お部屋とフロントを繋いでいるパイプに、料金をケースに入れて送るというもののようです。おつりが返ってこない、なんてコントも昔はあったようですね。

ラブホに一人で◎何か持っていく必要はある?

ラブホに一人で泊まれる場合、ラブホへは何かを持っていく必要はあるのでしょうか。

まずは、普通の旅行に必要なものは持っていく必要があります。着替えやコスメ用品ですね。ラブホにももちろんアメニティグッズはそろっています。シャンプーやコンディショナー、化粧品などの試供品もたくさんそろっているところが多いので、コスメ用品に関しては、ラブホのアメニティを使おう、というのもいいかもしれません。

人によっては、パジャマやタオル系は持っていくという人もいるようです。

ラブホのタオルは使いたくないという人は、少し多めにタオルを持っていく人もいるようです。またラブホのパジャマは、ガウンのようなタイプになっているものが多いです。寝ている間に脱げてしまって辛いし落ち着かないから、パジャマは持っていくという人もいるようです。

ラブホに一人で泊まるメリット◎料金が安い

ラブホに一人で泊まれる場合は、メリットや楽しみ、活用の仕方がたくさんあります。ラブホに一人で泊まれる最大のメリットは、料金が安いということです。地域差もありますが、ラブホの宿泊料金は4,500円から6,500円程度です。普通のビジネスホテルと同じか、少し安いというのがメリットですね。

ラブホの料金には、休憩料金と、フリータイムの料金、宿泊料金と3タイプに分かれているところがほとんどです。平日と土日祝日でも料金が違うところが多いので、料金が気になる人はしっかりと確認をして活用するようにしましょう。

休憩料金というのは、2時間から4時間程度の時間で区切った料金になっています。

フリータイムやサービスタイムというのは、14時間から17時間程度の長時間で区切られている料金になります。

宿泊は、多くのホテルで22時以降にラブホへ入った場合の料金です。滞在時間は22:00から翌15:00までと、長時間で区切ってあるところが多いようです。ラブホによっては2時間程度の休憩であっても、22時以降は宿泊料金となるラブホもあります。

どういう料金体系になっているのかは、ラブホによっても異なりますので、料金が気になる人は事前に確認して活用すると良さそうです。

ラブホに一人で泊まるメリット◎広いベッド

ラブホに一人で泊まれるときの楽しみ方は、広いベッドを一人で使うことができるという点です。

ラブホによっては、キングサイズのベッドのお部屋もあります。ビジネスホテルの場合はシングルベッドであることが多いと思います。なかなか広いベッドを独り占めするという機会はないので、ラブホに一人で泊まれるときにはぜひゴロゴロしてください。家ではできない広々としたベッドでのゴロゴロを満喫する楽しみ方もありますね。

せっかくラブホに一人で泊まれるのであれば、家ではできない楽しみ方を満喫してください。広いベッドでゴロゴロしながらテレビを観たり、ご飯を食べるのも良いかもしれませんね。

一人でラブホに泊まれるのであれば、誰に邪魔されることもなくゆっくりと休むことができて、楽しめると思います。

ラブホに一人で泊まるメリット◎ゆっくり大きなお風呂を満喫

ラブホに一人で泊まれるのであれば、ベッドだけでなくお風呂も活用しない手はありません。

ベッドと同様に、家では考えられないほど広いお風呂を完備しているラブホもあります。女性であればお風呂タイムは大切ですよね。お風呂の中にテレビがあるようなタイプのお部屋もあるので、お風呂の中でテレビを楽しむという楽しみ方でも活用できます。

ジャグジーを満喫したり、バスソルトを楽しむという楽しみ方もいいですね。ラブホにあるイロイロなサービスをフルに活用して、一人ラブホを満喫してしまいましょう。

なかなか体験できない、ラブホならではのお風呂の照明をみて楽しむ、という楽しみ方もあります。面白いので体験してみてくださいね。

ラブホに一人で泊まるメリット◎食事のデリバリー

ラブホによっては、食事をデリバリーしてくれるところもあります。

ルームサービスのひとつになりますが、女性のお客様にはデザートサービス、などのサービスメニューがある場合もあります。ラブホに一人で泊まれるのであれば、女性限定のサービスはしっかりと活用しておきましょう。

ラブホによっては、おすすめの美味しそうな食事を注文できるところもありますし、カクテルなどのお酒を楽しむこともあります。楽しみ方はイロイロの食事のデリバリーも、余裕があったら活用してみてください。

休憩利用の場合は、必ずドリンクを注文しなくてはいけない、というラブホもあるようなので注意が必要です。

ルームサービスを頼む場合も、ラブホのスタッフと顔をあわせるということはありません。何を注文しても気にする必要がないというのも嬉しいですね。

ラブホに一人で泊まるメリット◎飲食物を持ち込める

ラブホには、飲食物を持ち込めるというメリットもあります。

料金を安くしようとラブホに一人で泊まれるのに、ラブホの食事でお金をかけられない、という人はコンビニなどでご飯を買って、ラブホに持ち込む活用方法もあります。

今日はハンバーガーをたくさん食べたい、チキンをたくさん食べたい、という場合も、ニオイを気にすることなく何でも持ちこんで食べることができます。お酒をとことん飲みたいという人もいますよね。ラブホであれば、そのまま眠ることもできるのがいいところです。

ラブホにも、普通のホテルと同じように冷蔵庫が完備されています。翌日の朝食までコンビニなどで買っておくことも可能です。

自分の好きなものを買って、好きな時間に楽しめるという楽しみ方ができるのも、ラブホに一人で泊まれるメリットですよね。

ラブホに一人で泊まるメリット◎映画観放題

ラブホによっては、映画が無料で観れるサービスがあるところもあります。

観たかったあの映画も、お部屋でゆっくりと観る事ができるかもしれません。テレビの機能をしっかりと観て、映画が観れるようであれば、映画を観ながらラブホのお部屋で満喫するという楽しみ方もいいですね。

ラブホに一人で泊まれるので、どんなタイミングでどんなジャンルの映画を観るのも自由なのがいいですね。

ただし中には、有料チャンネルになっているところもあります。有料チャンネルの場合は、ほとんどが表示画面に「ここからは有料になる」という表示がされますが、見逃してしまうこともあるかもしれません。後から請求されるのも辛いと思いますので、映画を満喫しようと思っている人は、有料チャンネルがないかどうかも確認して活用するようにしましょう。

ラブホに一人で泊まるメリット◎カラオケやゲームも

ラブホのサービスで、カラオケやゲームができるというお部屋もあります。

一人でラブホに泊まれるけど、ちょっと寂しくて辛いかも、というときにはカラオケを楽しむという楽しみ方もありますね。ラブホは防音もしっかりしているので、練習したい曲のカラオケを楽しむという楽しみ方にもおすすめです。

ラブホにあるゲームは、最新のものが多いので、やってみたかったゲームがあれば、ゲームを楽しむという楽しみ方もいいですね。

あまりゲームに熱中しすぎて、次の日に寝坊しないように、注意をして活用するようにしましょう。

ラブホに一人で泊まるメリット◎他にもイロイロ

ラブホに一人で泊まれるのであれば、ラブホにあるイロイロな機能やサービスを活用して楽しみ方を探してみてください。

例えばマッサージチェアのあるお部屋があったり、美顔器があるお部屋もあります。せっかくなので、のんびりとする楽しみ方をラブホでしたいと考えている人は、ぜひ活用してみてください。

誰かと一緒だとちょっとできないけれど興味がある、という人はコスプレのサービスなどもあります。DVDを持ち込むこともできるラブホもあるので、大音量で楽しみたいDVDを観るという楽しみ方もできそうですね。あなたが楽しめる方法を探してみてください。

ラブホに一人で泊まるデメリット◎人の目

ラブホに一人で泊まれるのには、イロイロな楽しみ方のメリットがありますが、辛いデメリットもあります。

例えば人の目が気になって辛いことです。一人でもラブホに泊まれるところは多いですが、基本的にはカップルで行くのがラブホです。そのラブホへ一人で入っていくというのは、人によっては怪しい人のような目で見られたり、彼氏にフラれたのかなと、哀れんで見られることもあり、辛い思いをすることもあります。

タイミングよくラブホに入れば、他のお客様と会うことはほとんどないので、一人でラブホに泊まれるメリットは活用してもいいと思います。

人の目が気にならない、人の目が辛いと思わない、という人は気にすることなくラブホに一人で泊まれる特権を使ってください。悪いことをしているわけではないので、堂々と活用しても大丈夫です。

ラブホに一人で泊まるデメリット◎部屋から出られない

ほとんどのラブホでは、一度お部屋に入るとお部屋から出ることができない仕組みになっています。

またお部屋に戻ることも可能ですが、その場合もう一度料金がかかってしまう場合もあるので辛いですよね。お部屋から出なくてもいいように、食べ物は買い込んでおく必要があります。お腹が空いたけど、外に買いにいくことができない、というのは辛いですよね。

食事以外にも、必要だと思うものは持ち込んでおく必要があります。普通のビジネスホテルなどであれば、着替えを忘れたとか、シャンプーが気に入らないという場合は、外に買いに行くことができますが、ラブホの場合はたびたび外へ出るということはできません。

もしかしたら必要になるかもしれない、というものがあれば泊まれるときには念のため持ってお部屋に入った方がいいでしょう。

ラブホに一人で泊まるデメリット◎予約はできない

多くのラブホでは、予約は受け付けていません。

料金が安いからラブホに泊まろうという予定で旅行に出たけれども、どこのラブホもお部屋が空いていなかった、という辛い経験をしてしまうこともあります。

特に土日祝日や、クリスマスなどのイベントシーズンは、カップルも多く利用するため、お部屋が満室になってしまうことが多いようです。

イベントシーズンはお部屋が空いていたとしても、カップルと鉢合わせをしてしまって辛いということもあるそうです。

ラブホに一人で泊まるデメリット◎年齢

一人で泊まれるラブホであっても、18歳未満の人や未成年者の場合は宿泊を断れれることもあります。

特に学生服でラブホに入った場合、入り口で呼び止められるということもあります。制服ディズニーを楽しもうとコスプレ感覚で学生服を着ていたら辛いですね。

実年齢よりも若く見られる人や、自分の車ではなくタクシーや徒歩でラブホに来たりした場合、フロントで年齢確認をされることもあります。

未成年でない場合は、年齢確認ができるものを携帯しておくと辛い思いをしなくても済みそうです。

ラブホに一人で泊まるデメリット◎潔癖な人には向いていない

もともとラブホは宿泊するための施設ではありません。

もともとは、カップルが楽しめる場所を提供するというのがラブホなので、宿泊する前提での掃除はしていないお部屋がほとんどです。

安くお部屋を提供する分、お部屋の稼働率をあげたいというのがラブホになります。

普通のホテルであれば、清掃担当者の名前などがお部屋には書いてあると思いますが、ラブホにはそういった表示をしたあるところはみたことがありません。それだけ、清掃に関してはウリにはしていないのです。

一見キレイに見えるソファやテーブルも、どれだけしっかり清掃されているかはわかりません。潔癖症の人にとっては、辛いお部屋になるかもしれませんね。


◆関連記事:ラブホの使い方をおさらい!

ラブホテルの使い方まとめ!今さら聞けない利用方法と全手順!

番外編!ラブホを友達とも使える?

ラブホには一人で泊まることもできるところがありますが、友達と使えるラブホもあります。

男性同士、女性同士で使えるラブホもあるのです。ラブホによっては女子会のできる料金プランのあるところもあります。ラブホの使い方もどんどん変わってきているのですね。

男性同士や女性同士、3人以上でも使えるかどうかも、ラブホのホームページで確認することができます。

ラブホの料金は1部屋の料金になっているので、2人であっても1部屋4,500円から6,500円程度であればかなりお値打ちに宿泊できることになります。ぜひ活用したいですね。


◆関連記事:最近はラブホ女子会がブーム!

【ラブホ女子会】東京おすすめラブホ7選!女子会向けプランも紹介

ラブホを上手につかって一人でも楽しもう!

今回はラブホは一人で泊まれるのかどうかを調べてまとめてみました。

多くのラブホが一人でも泊まれるようになってきているようですが、観光地から離れたラブホの場合、一人での宿泊はできないというラブホもあるようです。

上手に活用すれば、サービスもイロイロとあって料金も安いラブホに一人で泊まれるというのはメリットがたくさんあります。

一人でも泊まれるラブホを調べて、旅行のときなどにはぜひ活用して楽しんでくださいね。

ラブホについてもっと情報を知りたい方はこちら

ディズニー近辺のラブホまとめ!穴場はここ!
露天風呂のあるラブホ11選!【東京都内のお風呂自慢ラブホテル】
目黒のラブホ・五反田のラブホおすすめ11選まとめ!
飯田橋のラブホはホテルゆたかだけ!市ヶ谷・四ツ谷は?

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ