電話で告白の成功率は?LINEやメールとどっちがいい?

好きな人に告白するのはドキドキしますね!ましてや表情のわかりづらい電話での告白なら余計です。もし、告白するならLINEやメール告白と電話告白ではどっちの方が成功しやすいのでしょうか? メリットやデメリットを押さえながら、電話での告白方法の秘訣を探ります。

電話で告白の成功率は?LINEやメールとどっちがいい?のイメージ

目次

  1. 電話での告白は相手をドキドキさせる!?
  2. 1.電話告白するといいこと
  3. 電話告白は相手のセリフまではっきりとわかる
  4. 2.電話告白では伝えられないこと
  5. 電話告白はボディタッチが使えない
  6. 3.LINE・メール告白のメリット
  7. 電話と違ってLINE・メール告白は残すことができる
  8. 4.LINE・メール告白の欠点
  9. 告白は一方的な行為!?
  10. 5.家から電話告白を決行!
  11. 相手のスケジュールを確認してから電話告白する
  12. 6.一緒に帰った後に電話告白する!
  13. 電話告白のポイント
  14. 7.イベントの後に電話告白する!
  15. パーティー当日の電話告白は避ける
  16. 8.電話告白の成功率は高いか?
  17. いかに電話告白の成功率を上げるか?
  18. 9.電話告白しない方がいいケース
  19. 仕事中に電話告白はしない
  20. 電話での告白・まとめ

電話での告白は相手をドキドキさせる!?

直接、会って話すよりも電話で話す方が緊張する方もいますね。それは、きっと相手の顔や表情が見えないからでしょう。
では、遠距離恋愛にも多い電話告白はLINEやメール告白よりもドキドキするのでしょうか?
ここでは、直接、女性から電話告白するメリットやデメリットも見ながら、告白の成功率を高める方法を紹介します!

1.電話告白するといいこと

直接、女性から電話告白できる状態にあるということは、あなたは好きな人と何らかのつながりがある状態です。
この時点で他者よりも告白の成功率が高いのです。仕事の営業電話をのぞけば、男性側は好意がなければ女性の電話番号は聞かないからです。もしかしたら、仕事を口実に電話番号を聞いているかもしれません。
いずれにしろ、あなたはいつでも好きな人に告白できる状態なのです。

まずは直接、女性から電話告白する利点は状況次第で告白をやめることもできることです。やはり、好きな人に告白するというのは勇気が入ります。もし、脈がない感じであれば、引き下がるのも手段の一つです。
一方的にメッセージを伝えるLINEやメール告白と違い、遠距離でも電話は相手のセリフや周りの音から、相手のいる状況や感情を察知することができます。
直接、会えなくても相手の声の調子で、うれしそうだなとか、元気ないなとか、分かります。
ちょっと話して乗り気な感じではなければ、うまくごまかして電話告白を次回に延期することも可能です。

次に電話告白だと遠距離恋愛でも相手に考える時間を与えずに済みます。LINEやメール告白だと相手がいつ見るかもわかりませんし、返事を待っている間、気になって何も手につきません。
その点、電話告白だと直接、話せるので、気をもむ心配もありません。

電話告白は相手のセリフまではっきりとわかる

最後に電話告白は自分の用意したセリフが直接的に伝わるので、自然と感情も伝わります。電話告白が本気ならば、その感情は自分が思っている以上に相手に伝わります。当然、告白の成功率も上がります。
告白なので普通の会話と違い、緊張して途切れがちになるかもしれません。覚えたセリフも少し小さくなるかもしれません。でも、そうした雰囲気が遠距離でも電話告白では相手に直接伝わります。
そうすると相手も緊張してくるはずです。

緊張すれば「吊橋の法則」が使えます。それは、自分が不安定な場所にいるというドキドキした感情を「恋をしている」状態と脳が錯覚して、告白の成功率がアップする法則です。
直接、女性から電話告白すると、こうした緊張感も伝えることができるメリットがあります。

2.電話告白では伝えられないこと

電話告白で伝えられない点を直接、会って告白する場合と比較してみましょう。
面と向かって話していると声の調子の他に相手の表情やしぐさがわかります。目は口ほどに物を言うとは、よく言ったもので、どんなに口のうまい人でも目は嘘をつけないのです。

直接、会って告白する場合には自分が好きだと言う本気度を目からも伝えることができ、成功率も高まります。遠距離恋愛にありがちなビデオ電話を使えば別ですが、それでもタイムラグが生じるので、やはり直接、会って話しているときほどは伝わらないでしょう。

電話告白はボディタッチが使えない

次にボディタッチが使える点です。電話告白だと相手の手を直接握ったり、肩を寄せたりするというボディタッチが使えません。
男性は言葉以上に体と体が触れ合うと相手が好きなんだなという感情がよく伝わり、告白の成功率も上がります。もし、隣に好きな人がいたら、少しくっついて告白することもできますが、電話告白ではボディタッチ作戦が使えません。

そして、声が少し小さい方はLINEやメールの方が便利な場合もあります。電話では相手の表情が見えないので不安になる方もいるでしょう。普段は女性からペラペラとしゃべるのに、いざ告白となると用意したセリフがうまく言えない人もいます。
これらのパターンに当てはまる場合は、直接、女性から電話告白しない方がいいでしょう。そうすると、うまく気持ちが伝えられず、男性側からしてみれば、なんで遠距離で料金も高いのに電話してきたんだろうと、いぶかしく感じます。
こちらは、必死になって告白しようとしたのに、うまく話せないがために「不思議な子」という印象を与えて終わってしまうのです。

もし、何度か食事をしたり、デートしている間柄の場合は別ですが、遠距離だったり、仕事でしか会っていない場合は、相手の印象に残る可能性は低くなります。
つまり、電話告白よりもLINEやメール告白の方が成功率が上がるケースに当てはまります。

3.LINE・メール告白のメリット

LINEやメール告白の利点は何と言っても、よく考えて思いを伝えられることです。
遠距離によくある電話告白では、瞬間、瞬間で言葉を考えて一気に告白しなければいけません。一方で、LINEやメール告白の場合は、ゆっくりと時間を使って文章を選びながら、伝えることができます。

また、片思いの時は、女性から好きな人に告白するのが苦手という人もいます。その場合は、LINEやメールだと落ち着いて自分の思いを「形」にすることができます。人によって、告白の成功率が上がる方法が違うのです。

電話と違ってLINE・メール告白は残すことができる

ラブレターから携帯電話、そしてLINEと姿を変えて自分の思いを文章にして告白するという方法は現代社会でも行き続けているのです。それは遠距離恋愛の壁をカンタンに乗り越えます。
手紙に比べれば、即時性は高まり、返信も早くなりました、告白を文章という形に残して保存しておくこともできます。

もし、うまく告白の文章を書けないときは、途中で保存しておくこともできます。また、LINEやメールでの告白が成功した場合、男性側はそのメッセージをとっておくことができます。
女性からしてみれば恥ずかしいですが、男性は意外と保存しておくケースが多いです。その後、付き合い初めて時が経ってから、あなたに見せてくるかもしれません。
もしかしたら、それがきっかけでケンカしていても仲直りできるかもしれません。
LINEやメールによる告白には思い出として保存しておけるというゆるぎない利点があるのです。
もし、あなたがいつまでも告白したときの気持ちを大事にしたいと考えているのであれば、LINEやメールによる告白で成功率を上げるのもいいかもしれません。

4.LINE・メール告白の欠点

直接、女性から電話告白する場合と同じようにLINEやメール告白にも欠点があります。
まず、相手の返信を待つ時間が長いということです。遠距離恋愛でも電話なら話した瞬間に結果や感情が分かりますが、LINEやメール告白だと、そうはいきません。

なぜなら、相手に考える時間を与えてしまうからです。LINEやメール告白の場合は、すぐに返信してくれるとは限りません。また、相手がそのLINEやメール告白をいつ、どんな状況で見ているかもわかりません。
もし、宴会の最中だったり、気分がすぐれない時は告白の成功率が下がります。
そうなれば、LINEやメール告白したあなたは相手の状況がわからないので、たくさん追加のLINE・メールを送って迷惑をかけたり、告白したけれども、成功したかどうかわからないという不安定な状況に置かれます。

■参考記事:LINE、メールでの告白について、コチラの記事も参照!

Lineで告白はあり?成功する方法とは?告白成功画像7選!

告白は一方的な行為!?

そもそも告白というのは、自分から一方的に感情を伝える行為なので、相手からしてみれば、それほど重大なできごとではありません。もし、あなたの感情に気づいていなければ、告白も連絡事項にすぎないのです。

そのため、相手の状況が読めないという点はLINEやメール告白にとって弱点となります。一度もデートしたことがない状況でいきなり、LINEやメールで告白するのは避けた方がいいでしょう。
なるべく範囲を広げて自分の価値観に近い人を探してみましょう。そして、何度かデートを経て、いいなと思った時点でLINEやメールで告白をすると告白の成功率が高まるでしょう。

5.家から電話告白を決行!

家から直接、電話告白する場合のメリットは周りが比較的、静かで落ち着いた状況で告白できる点です。大家族だったり、繁華街の中心に住んでいるのでなければ、家からの電話告白に適した環境と言えるでしょう。

こうして自分の環境は整いました。次は、相手の環境を確かめなくてはいけません。遠距離にいたり、駅のホームにいるときは最悪です。相手の声はよく聞こえるのに、自分の準備した告白のセリフがよく聞こえないという事態になります。もし、電話した瞬間に周りがガヤガヤしていたり、駅のアナウンスなどが聞こえたら、掛け直した方が得策です。
そんな時は「ちょっと聞こえづらいみたいだから、かけ直すね。」というセリフで、告白をごまかしましょう。

相手のスケジュールを確認してから電話告白する

相手の職業にもよりますが、ある程度スケジュールを把握しておいた方がいいでしょう。少し面倒ですが、女性からの電話告白を成功させるためには大事なことです。
例えば、会社勤めであれば、土日や祝日は休みか、休みなら土曜日は毎週出勤するのかを確認しておきます。男性は仕事がある日は疲れているので、告白されてもテンションは上がりません。圧倒的にリラックスしている休日の方が告白に対して誠実な対応ができます。

また、相手がシフト制の職場で休みが不定期の場合は、次の休みとその次の休みの日を聞いておきます。自分は「告白するぞ」と準備しているので、仕事のある日でもいいのですが、相手は「告白されるぞ」と思っていないので、リラックスしている休日の方が対応しやすいでしょう。
ひとまず相手の休みをチェックしたら、次は電話の時間帯です。午前中は脳が活性化していないので、やめましょう。

次には昼下がりのお腹がいっぱいなってのんびりしているだろう時間帯ですが、これも避けましょう。休日なので出かけている可能性も高いですし、リラックスしすぎて緊張感に欠けています。
そして、寝る前ですが、今度は自分が「告白するぞ」と興奮していて、落ち着いて告白の内容を伝えられません。電話であせってドギマギしてしまうでしょう。

一番いい時間帯は夕方の日が落ちる頃のロマンチックな時間帯です。よく風邪をひくと夕方に熱が上がったりします。これは夕方が一番、体が活性化しているからなのです。そして、体温が上がります。
同様に気持ちも高揚しているのが夕方の時間です。そのため、直接、電話告白しても成功しやすい時間帯です。
ここでは「夕陽見える?」というセリフで切り出しましょう!遠距離恋愛でも見ている太陽は同じなのです。

6.一緒に帰った後に電話告白する!

例えば、学校からの帰り道や仕事帰りでオフィスを出るときなどは、好きな人と二人きりになりやすいタイミングですよね。
そんな時でも電話告白は使えるのです。ある程度、同じ場所で交流があれば好きな人の帰るタイミングというものがわかってきます。高校などで部活が終わる時間はだいたい同じですから、校門や自転車置場などにいれば、かなりの確率で会えるはずです。

部活の話しなどで軽くあいさつしたら、途中まで一緒に帰りましょう。すでに相手の電話番号を知っているわけですから、実に自然です。男性側も学校の最寄り駅までなら、普通に帰ることでしょう。
ここでは「ちょっと駅まで行こう!」というセリフで話しかけます。

電話告白のポイント

そして、ここからがポイントです。別れ際に「もう少し話したいから、後で電話してもいいかな。」のセリフを使います。OKならば、電話告白の準備は整った証拠です。告白の成功率はわかりませんが、相手に特別な存在であることを印象づけられます。
しかし、10分後に電話してはいけません。早すぎます。相手が家に着いたぐらいの時間にかけるのです。少なくとも1時間は空けましょう。すると、その間に相手はあなたからの電話を待つと同時に頭の中でいろいろと思いを巡らせます。

そうすることで、まだかな、まだかなと期待感を高めるのです。「あとで、電話する。」のセリフの効果は意外と高く、多くの男性は何度も着信がないか携帯電話をチェックするようになります。
電話が鳴ってから考える女性と違って、男性はいつ電話が鳴ってもいいように身構えるからです。つまり、電話の内容が告白かどうかまでは考えませんが、準備はできています。
そこで、あなたからの電話を受けた男性はいつもより早く電話に出ることでしょう。この時点であなたの方が立場的に有利になっています。なぜなら、いつ電話するかという裁量はあなたの手にあるからです。

そして、帰り道で話題になった事柄に触れつつ、さりげなく女性から電話告白するのです。
ポイントは告白した後、相手が無言でも返事を待つことです。失敗かなと思っても、笑ったりしてごまかしてはいけません。沈黙の時間を設けることで、緊張を高めるのです。
ゆっくり10秒数えても反応がない場合は、女性から話しかけても構いません。ただし、ちゃんと聞いているかを確認するかに留めます。
そして、もう一度、考えたセリフで女性から電話告白します。必ず相手の返事を待ちましょう。告白で恥ずかしくなっても電話は切らないことです。

7.イベントの後に電話告白する!

スペイン語交流会のように何らかの共通点を持ったグループで行われたパーティーがあったとします。多くの人は初対面もしくは2,3回会った程度と仮定します。
学校や会社と違って定期的に会うことはないものの共通の趣味や話題を持ち合わせているので、話題が合います。別れ際に連絡先を交換することもあるでしょう。
定期的に開催されているイベントであれば、また顔を合わせることもあるでしょうが、遠距離に住んでいる場合もあるので、相手が次も来るかどうかはわかりません。
そのため、あなたに直接、連絡先を男性が聞いてきた場合、付き合うかどうかは別として、あなたに興味があります。

もちろん、あなたのタイプで価値観も同じだなと感じたら、直接、電話告白するといいでしょう。しかし、この場合はいきなり告白にもっていくより、交流会でも他の場所でもいいので、もう一度会うという約束を取り付けた方が安全でしょう。
ここで使えるのは「次も来る?」という何気ないセリフです。

パーティー当日の電話告白は避ける

ただし、パーティーや交流会のあった日は避けましょう。お酒が入っていることもありますし、だいたい終わるのは遅い時間です。翌日の午後や夕方にします。
そこで、次のデートの約束を取り付けらればOKです。二人きりがダメそうなら、交流会を利用しましょう。他の人も参加するので、かなりの確率でもう一度、会うことができるでしょう。
社会人になると新たに彼氏候補を探すのは意外と大変です。同僚が女性ばかりの場合は、近所や共通の趣味で集まる交流会などに参加しましょう。

もし、あなたが内気な性格でも最低3人の男性に直接、話しかけます。女性から話しかけられて気を悪くする男性はいません。ここで使えるセリフは「どこの出身ですか?」です。今、住んでいる場所は言いづらくても、生まれた場所ならカンタンに話してくれるでしょう。
それで、失敗してもいいのです。少なくともあなたは前向きな行動をとったのですから。

8.電話告白の成功率は高いか?

では、直接、電話告白した場合の成功率はLINEやメール告白より高まるのでしょうか?

答えは五分五分です。

なぜなら、お互いの連絡ツールが何であるかに依存するからです。もっぱら、LINEやメールでしか連絡をとらない場合もありますし、とにかく文字を打つのが面倒だから電話というケースもあります。
男性は仕事しているとメールを主な連絡手段にする場合が多いです。メールであれば、すぐに出られなくてもメッセージは残りますし、落ち着いて見ることができます。IT関連でセキュリティが高い職場では社内に私用の携帯電話を持ち込めない場合もあります。

また、普段はメールだけど、デートの待ち合わせや緊急時は電話という男性もいます。急ぎのときは文字を打つより、話した方が早いからです。
そのため、電話告白とLINEやメール告白では成功率が高いのはどちらかと問われれば、結果は五分五分ということになります。

いかに電話告白の成功率を上げるか?

しかしながら、成功する確率を上げることはできます。一番悲惨なのは、両思いだったのにスレ違いによって、失敗してしまうことです。特に遠距離恋愛に多いです。しばしば日本の女性は本音や自分の意思をはっきりと言いません。
男性側も好きだったのに、誤解が生じてうまく付き合えなかったというエピソードも耳にします。
それらを防ぐために遠距離恋愛の場合は、特にメールやLINE、電話をうまく使い分けて告白を成功させましょう。すでに連絡先が分かっているのですから、慌てることはありません。少しずつ距離を縮めていって、脈がありそうなら告白してしまいましょう。

心理学的に見て、人はやった後悔よりもやらなかった後悔の方が記憶に残りやすいのです。どうせなら、直接言っておきましょう!
ここで使えるセリフは「気になって、電話してみた。」です。

9.電話告白しない方がいいケース

失敗は成功の母と言うように失敗したときの理由はよく分かります。反対に成功したときの理由は意外とわからないものです。
これをふまえて、遠距離恋愛にも通じる電話告白の事例を紹介していきます。
まずは、相手がタクシードライバーや営業など車を使った仕事をしている場合です。また、車好きな人も含んでいいでしょう。
2017年現在の日本では運転しながらの電話は禁止されています。ハンズフリー機能であれば、問題ありませんが、運転中に電話がかかってくると落ち着いて対処することができません。

「男性脳」というのは、同時に二つのことを処理するのが苦手なのです。運転しているときはたいてい安全に運転することしか頭にありません。運転中に直接、女性から電話告白されても馬耳東風です。試しにドライブ中に話しかけてみましょう。普段よりそっけない返事が返ってくることでしょう。

仕事中に電話告白はしない

次に、仕事中です。
相手がどのような職業か分からない場合は、どんな時間であっても、必ず仕事中ではないことを確認しましょう。仕事中は頭が仕事モードに切り替わっていて、たとえ遠距離恋愛でも、ゆったりとあなたの電話告白を聞く余裕はないはずです。

最後に相手が友達などと一緒にいるときです。必ず冷やかされます。本当にあなたのことが好きだったとしても、下手に冷やかされてうまく返事できないこともあります。
二人の関係は二人にしかわからないのです。できるだけ好きな人が一人でいるときに告白しましょう。
シフト制や夜勤でなければ、土曜か日曜の夕方に告白するのがいいかもしれません。少なくとも休日に電話したことで、あなたの気遣いが感じ取れます。
ここでは「今日は仕事休み?」というセリフで告白を切り出します。

■参考記事:忙しい彼氏とどう付き合う?コチラの記事も参照

忙しい彼氏と円満に付き合う方法7選!彼が仕事ばかりしている?

電話での告白・まとめ

いかがでしたでしょうか。電話告白とLINE・メール告白との特徴を比較しながら、電話告白について紹介してきました。後半では電話、メール、LINEを上手に使い分けることで告白の成功率を上げる方法なども触れました。
この記事によって、あなたの電話告白の成功率が1%でも上がれば幸いです。告白が成功するように祈ります。
それでは、よい恋愛を!

告白についてもっと情報を知りたいアナタに!

卒業式での告白を成功させるには?成功率をあげる方法公開!
女性からの告白はあり?なし?恋愛を成功させるための方法とは?
片思いの告白の仕方11選!両思いになれる!
曖昧な関係を終わらせる方法11選!告白すべき?どうすればいい?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ