「好きです、付き合ってください」絶対振られない告白方法まとめ!

理想の告白されるシチュエーションはやっぱり直接とかロマンチックなデート帰りとか…。しかしなかなか告白する勇気って持つのが大変。「付き合ってください!」って言ってもOKをもらえるのかどうか…。「付き合ってください!」だけじゃ不十分かも。

「好きです、付き合ってください」絶対振られない告白方法まとめ!のイメージ

目次

  1. 「好きです、付き合ってください」って言える?
  2. 【付き合ってください】まずは仲良くなっておくことが大切
  3. 【付き合ってください】一緒に居て楽しいと思わせる
  4. 一緒に遊びに行く
  5. 一緒に食事に行く
  6. 【付き合ってください】お誘いには積極的に参加する
  7. 【付き合ってください】2人だけの秘密を持つ
  8. 【付き合ってください】「好き」をアピールする
  9. ボディタッチが効果的
  10. 【付き合ってください】「私(俺)のものだ」と思わせる
  11. 【付き合ってください】「好きなんだけど…」は告白ではない!
  12. 【付き合ってください】「異性として」好きですと伝える
  13. 【付き合ってください】好きな部分を具体的に伝える
  14. 【付き合ってください】「付き合いたい」と伝える
  15. 【おわりに】

「好きです、付き合ってください」って言える?

好きな人が出来て、もっと一緒に居たい、もう一歩進みたいと思う人が出来たらいよいよ告白です。
しかしどうやって伝えよう?と思うのは誰しも同じ。映画のように「好きです。付き合ってください!」とかわいく、または恰好よく伝えられたら良いですが、現実はそう簡単にはいきません。
しかも、その相手が仲良くなった男子や女子なら、「もう告白せずに、このまま楽しい関係でいいか…」と思ってしまいますよね。

でも一緒に会うたびに、触れるたびに高鳴る胸。もう一緒に居ることが辛いくらい好きな気持ちがあふれちゃうときもあります。友達じゃなくて好きな人として見てしまったなら、もう告白するしかありません!
しかし告白して振られてしまったら…と思うと足はすくむもの。
今回は絶対に振られない告白方法についてご紹介していきます。
せっかく持てた「好きです。」という気持ち、無駄にしちゃもったいないですもんね!

■参考記事:「好きです」と告白するのは日本だけ?コチラもチェック!

好きですと言って告白するのは日本だけ?世界の恋愛事情を調査!

【付き合ってください】まずは仲良くなっておくことが大切

好きですと告白する時、全く知らない人からだと、やはり「え、あ、はい、すみませんどなたですか?」となっちゃいますよね。
いくらイケメン男子でも、モテる女子でも、さすがに初対面で好きですと言われて付き合ってくれる方法はひとめぼれくらいしかないでしょう。
やはり告白の為には外堀を埋めていくのが先決です。まずは好きな気持ちを抑えて、好きな男子や女子と距離を詰めていきましょう。

【付き合ってください】一緒に居て楽しいと思わせる

一緒に居て楽しいと思える人とはこれから先もずっと一緒に居たいなと思えますよね。それは男子でも女子でも変わりません。ですから、まずは相手に、自分と居たら楽しい時間が過ごせるということをアピールしていきましょう。
そうすることで、好きですと告白した時にも「この人の告白を断ったらもうあの楽しい時間を過ごせないのか…」と思ってもらうことが出来、振られない確率が高くなります。

一緒に遊びに行く

好きな男子や女子を誘って、一緒に遊びに行きましょう。
誰も嫌いな人を遊びに誘ったりはしませんよね。また、2人きりのデートならなおさらです。2人きりでデートに行こう!と誘うのは好きな女子や男子だけ。こうして一緒に遊びに行くことで、好きなことを遠回しにわかってもらっておくのも振られない方法の一つです。

■参考記事:初デートで告白、は大丈夫?コチラもチェック!

初デートで告白は成功する?男性から告白されたら女性はOKする?

一緒に食事に行く

遊びに行った後2人で食事をとるのもいいですね。飲みに行くのが難しい場合はちょっとランチをしに行くでも良いでしょう。
もし、お酒を飲みに行って、そのあと身体の関係を持つのはNG。また、酔っぱらっちゃいすぎるのもNGです。お酒が入ると誰とでも寝ちゃうのかな?なんて思われてしまいます。
あくまで1人の異性として見てもらえるように、はしたない言動は控えましょう。
健全にランチが出来る相手、一緒に居て楽しい相手と思ってもらうことが一番の目的です。

■参考記事:初デートでお食事、注意点はコチラも参照!

初デートの食事・ご飯での注意点まとめ!場所・服装・会話など!

【付き合ってください】お誘いには積極的に参加する

恋愛の駆け引きの手段として「LINEは焦らす」とか「誘いの返事は勿体ぶる」だとか言うものがありますが、絶対にNGです。相手は「何だつれないな…きっと脈なしだろう」と思ってあきらめてしまいます。もしそれが草食系男子ならなおさらです。
もしデートや遊びの誘いが来たら積極的に参加するようにしましょう。予定に都合がつかない場合は、別日を提案するのもありです。

【付き合ってください】2人だけの秘密を持つ

相手と仲良くなってきたら2人だけの秘密を持ちましょう。それは小さい秘密でOKです。
授業中にアメをなめているのを見られてしまっただとか、教科書にパラパラ漫画を描いているのを見られてしまっただとか、待ち受けがマニアックなものだったとか…。そんな小さな秘密を共有することで距離をぐっと縮めることが出来ます。秘密をもった時のドキドキ感を共有できるんですね。吊り橋効果と呼ばれるものです。
2人でドキドキしていると、それが不安や恐怖によるドキドキだったとしても、恋のドキドキと勘違いしてしまうんですね。

【付き合ってください】「好き」をアピールする

告白前でも、好きだという気持ちをアピールしておくことは大切です。例えば、「〇〇君となら2人だけで遊んでも楽しいよ。」「○○さんと居るとなんだか安心する。」「〇〇っていい匂いだね」などです。
こうして、自分が相手のことを異性として魅力的に感じているとアピールすることで、相手もその気になりやすくなります。

もうそのまま「〇〇のこと好きだな」と、ストレートに伝えてもいいかもしれませんね。告白とまではいかなくても、「〇〇のそういうところ好きだよ」と言うことで、ちょっとドキッとしちゃうこと間違いありません。

ボディタッチが効果的

ボディタッチするのも、自分を意識してもらう為に効果的です。
隣に座っている時にちょっと肩が触れ合って居ても気が付かないふりをしたり、話をしている時にポンと肩を叩いてみたり、呼びかける時に服の裾を引っ張ってみたり…。

そんな風にちょっとしたところでちょっと遠慮がちにボディタッチをするようにすると、相手はもっと触れてみたいと思うようになります。また、嫌いな相手ならちょっと触れられても避けますが、好きな相手ならむしろ嬉しいですよね。そうしたところでも相手の脈あり度を測ることが出来るでしょう。

【付き合ってください】「私(俺)のものだ」と思わせる

相手に、自分に対する執着心を持ってもらうことが出来れば、一気に恋心に近づくことが出来ます。
友達なら恋人ができてもおめでとうと祝うことが出来ますが、好きな人に恋人ができそうになったらもう悲しくて仕方がないですよね。そうしたシチュエーションに持っていきましょう。

片思いをしている相手の他にも、自分を好きになっている異性が居ることを感じさせるのです。例えば妙に仲がいい異性をもう一人作っておくのも効果的ですね。そうした相手が自分の他に居るということに嫉妬してもらえたらもらったも同然です。ただし嘘は禁物。本当に仲の良い異性が居た方が良いです。

【付き合ってください】「好きなんだけど…」は告白ではない!

振られない方法として「好きなんだけど…」という告白方法は絶対にNGです。
というのも、「好きなんだけど…」と言われただけでは、「うん。ありがとう。俺も(私も)友達として好きだよ!」となってしまい、告白したことにならないからです。
確かに、「好きなんだけど…」には、告白の為に頑張っている様子、恥ずかしがっている様子が可あって愛いですが、振られない告白の方法ではありません。
では、どうすればいいのでしょうか。まずは「異性として」好きですということを伝えましょう。

【付き合ってください】「異性として」好きですと伝える

好きだと思う中には友情なども入っています。しかしここで伝えたいのは異性として好きだということ。「ずっとかっこいいと思ってました」「一緒に居て楽しいと思えた男子はあなたが初めてでした」「友達だと思ってみてたけれど、いつの間にか男子として意識するようになりました。」などなど…。
自分が相手のことを異性として意識していることをちゃんと伝えることが大切です。
さらに、告白で振られないためには具体的に好きなポイントを伝えると効果的です。

【付き合ってください】好きな部分を具体的に伝える

相手が赤面するくらい、相手の好きな部分を言いましょう。例えば「あなたがあの時〇〇してくれた時、男子として〇〇君を意識するようになって、〇〇君の〇〇しているところを見て素敵だと思って、もっと好きになりました。」などです。

例は男子の場合でしたが、女子の場合も一緒です。人は褒められて嫌な気はしません。
それに、そうして自分の素直でまっすぐな気持ちをさらけ出すことで相手は「褒めてもらった」という気持ちになり、告白を断りにくくなります。

【付き合ってください】「付き合いたい」と伝える

そして最後にはしっかりと自分が今後相手とどういった関係になりたいのかということを伝えましょう。
これも少し具体的にした方が効果的です。例えば「手を繋ぎたい」「もっと一緒にいろんなところへ行きたい」「休みの日ももっと一緒に過ごしたい」といった言葉を「付き合いたい」という言葉に付け加えると良いですね。
そうして具体的にどうしたいかを伝えることで、自分が相手と付き合った時のことを想像しやすくなります。また、積極的に好きだと伝えられて嫌な気はしません。

【おわりに】

以上『「好きです、付き合ってください」絶対振られない告白方法まとめ!』でした。
好きな人に対しては素直に自分の好きだという気持ちをぶつけていく方が効果的なようですね。
男子も女子も、好きな人の前だとついつい意地を張ったり好き避けしちゃいますが、それは逆効果。
恥ずかしくても素直に好きなことをアピールした方が良さそうです。

告白についてもっと情報を知りたいアナタに!

好きかもしれないと思う瞬間13選!告白すべき?【男女別解説】
ラブレターで告白!気持ちが伝わる書き方!手紙で告白成功!
告白のタイミングで成功率が高いのはいつ?【社会人・学生必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ