告白の返事待ちをされたら期間はどれくらい待つ?可能性はある?

勇気を出して告白をしたときに、相手からその場で返事がもらえずに返事待ちの状態になることがあります。告白の返事待ちのときは、どのくらいで返事が返って来るのでしょうか?また、返事待ちになったときには、成功確率を上げることはできるのでしょうか?

告白の返事待ちをされたら期間はどれくらい待つ?可能性はある?のイメージ

目次

  1. 告白の返事待ちをすることになったら?
  2. 告白後の返事待ちはいつまで?
  3. 告白後に返事待ちになる理由 (1)関係が浅い
  4. 告白後に返事待ちになる理由 (2)気になる人がいる
  5. 告白後に返事待ちになる理由 (3)断られている
  6. 告白後の返事待ちの対応
  7. 告白後の返事待ち中に接触
  8. 告白後の返事待ち期間が耐えきれないとき
  9. 告白後の返事待ち期間中は大人しくしておく
  10. 告白後の返事待ち期間中には無理をしない
  11. 告白後の返事待ちになってもペースを乱さない
  12. 告白の返事待ちから成功するために (1)軽くアピール
  13. 告白の返事待ちから成功するために (2)大人しくしておく
  14. 告白の返事待ちから成功するために (3)普段通りに接する
  15. 返事待ちの期間中も気を抜かないように

告白の返事待ちをすることになったら?

勇気を出して告白をすれば、あとは相手の気持ち次第です。しかし、このときすぐに返事がもらえないこともあります。相手もゆっくり考えたい場合もあります。そんなときは、告白の返事はとりあえず保留となり、返事待ちの期間に入って、相手からの連絡を待つことになります。

相手には、しっかりと考えたうえで返事を出して欲しいところではありますが、返事待ちをしている方は、連絡が来るまでの期間は告白が成功するか、失敗するか、常に不安な感情に襲われます。この返事待ちはどのくらいの期間待つものなのでしょうか?また、返事を待っている間に告白成功の確率を上げることはできるのでしょうか?

告白後の返事待ちはいつまで?

告白をして、相手からの返事待ちとなった場合は相手からの連絡を待つしかありません。大抵は「少し考えさせて」などと言われます。この「少し」とは人によって感覚が違うので、明確な期間を知ることはできません。告白直後に「どのくらい待てば良い?」なんてことは聞けません。早く返事が欲しいところですが、ここは我慢するしかありません。

多くの場合、返事待ちとなれば、早くて1週間以内、長くて1ヶ月ほどと考え流と良いでしょう。中には2ヶ月以上も返事待ちすることもあるようですが、これほどの期間の返事待ちをすることは稀でしょう。

返事を待つ側が我慢できる期間

告白の成功と失敗も気になりますが、告白の返事待ちの状態となった人はひたすら我慢して連絡を待つことになります。返事は早ければ1週間以内に返ってくることが多いです。しかし、これは返事をする側の期間です。返事を待つ側としては、早く告白の結果を知りたいと思うことは当然のことです。

待つ側もあまり返事を先延ばしにされると、精神的に辛い部分があります。返事を待つ側の希望としては1週間以内には返事が欲しいと望んでいます。次に多い希望としては2、3日以内です。中には1週間待っても返事がなかった場合は、それが答えであると捉える人もいます。

告白された側はゆっくり考えたいかもしれませんが、あまり返事待ちの期間を長くすると、断られたと勘違いされる可能性もあるので注意が必要です。

告白後に返事待ちになる理由 (1)関係が浅い

告白して返事を保留するということは、すぐに返事ができない状態にあるということです。よくあるパターンとしては、男性と女性の間で関係性が浅いことがあります。

極端な話しを例に挙げると、全く知らない人から告白されても、その人がどんな人なのか知らないので告白に対して返事をすることができません。全く知らない人から告白されるということは少ないでしょうが、知り合ったばかり、数回しか遊んだことがないなど、相手のことをあまり知らないと、判断材料が少なくて、告白に返事をすることができません。

そのため、告白の返事をひとまず保留にします。返事の保留期間中に、相手の行動を見て見たり、周囲の友人に評判を確認するなどして、返事の内容が判断されます。


◆関連記事:考えさせてと言われるともやもやしちゃいますよね

告白の返事が保留になった時の可能性は?「考えさせて」はOKの証?

告白後に返事待ちになる理由 (2)気になる人がいる

告白した相手に、他に気になる人がいる場合も告白の返事を保留にされることがあります。保留期間中に、告白された人は自分の気持ちを確かめます。告白してきた人と、気になっている人に対する気持ちです。冷静に判断するために保留期間中に2人の行動を見たり、周囲の人に相談したりします。

告白後に返事待ちになる理由 (3)断られている

残念ながら、「少し考えさせて」という言葉が断りの言葉であるときもあります。ストレートに断る言葉を相手に言ってしまうと、相手が傷つきます。また、断る側であっても大きなストレスを感じてしまいます。そのため、告白を返事待ちの状態にして、その後に連絡がないことが答えである、とする方法を取られています。

このような場合、建前は返事待ちの状態ですが、答えはすでに渡されています。なので、返事待ちの間にアプローチをしても成功の確率が上がるようなことはありません。また、返事がないことが答えです。最初は気がつかなくても仕方ないですが、時間が経つに連れて察知するべきです。返事がないので、返事を催促してしまうと対応としては最悪です。

相手は断ることにストレスを感じてしまったので、返事待ちの状態で断ったにも関わらず、返事を催促すると結局は断りに言葉を伝えないといけなくなってしまいます。好きな人に迷惑をかけてしまうことになるので、このようなときはスッと身を引きましょう。また、断りと気がつかずに返事を催促してしまった場合は、鈍感な人として印象付いてしまいます。


◆関連記事:返事の仕方の参考にどうぞ!

告白されたらどうする?悩んだ時の対処法・見極め方と返事の仕方!

告白後の返事待ちの対応

告白後に返事待ちをすることになれば、返事が返って来るまでは気を抜くことはできません。相手は返事を考えている最中なので、返事待ちの期間に相手の印象を落としてしまうようなことをしていると、返事の内容に影響を与えてしまいかねません。

よくあるパターンは、告白をした後に返事がもらえるまでの間、恥ずかしかったり、怖かったり、不安になったりなど、相手に対する感情が目まぐるしく襲ってきます。これらの感情から、相手を避けてしまったり、そっけない態度になったり、不自然な挙動になってしまったりなど、好き避けのような行動を取ってしまいがちです。これらの行動は女性によく見られます。

告白された後に、避けられるような行動を取られると、相手も「本当に好きなのかな?」と疑問に思ってしまいます。相手に不信の感情が出てくると、告白成功の確率が下がる可能性があります。返事待ちの期間中も相手は自分のことを見ていることを忘れてはいけません。


◆関連記事:とりあえず付き合っちゃうっていう人もいるんです!

とりあえず付き合うはアリ?告白されたらとりあえず付き合おう!

告白後の返事待ち中に接触

告白した相手が学校の友人や職場の人などであった場合、告白とは無関係な連絡をしなければならない場合が出てくるかもしれません。告白後は相手と会話や連絡などの接触がしにくい状態になってしまいます。なので、こちらからどうしても連絡しないといけないことがあるという口実ができると、嬉しく思ってしまい、連絡するべきこと以外の内容についても話そうとしてしまいがちです。これも男性よりは女性によく見られます。

告白の内容に触れないような雑談であったとしても、あまり必要以上に接触を長引かせることは控えた方が良いでしょう。あまり会話や連絡を長引かせると、返事を催促されていると勘違いされる可能性もあります。また、ゆっくりと返事を考えるために返事待ちの期間を設けたにも関わらず、その期間中にアプローチされるとゆっくり返事が考えられないだけでなく、逆にゆっくり考えさせてくれない、と印象が悪くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

告白後の返事待ち期間が耐えきれないとき

言葉ではゆっくり考えて返事をして欲しいと伝えたけれど、本音を言うと早く返事が欲しいと思うことは自然なことです。ですが、相手がゆっくり考える時間が欲しいと言ったときは我慢して返事待ちの期間を過ごさないといけません。この返事待ちの期間は多くの不安の感情に襲われます。しかし、相手に「早く返事をください」なんてことは言うことはできません。

どうしても、不安の気持ちが強くなりすぎて辛いときは、友人などに頼んで相手の様子を探って見ても良いでしょう。ただし、友人に探ってもらった内容が必ずしも良い報告とは限らないことも理解しておきましょう。また、友人に頼んで探りを入れられることを良く思わない人もいます。

もしも、このような相手に探りを入れて、自分が頼んで探ってもらったとバレると印象が悪くなって、告白成功の可能性が下がることも考えられます。もしも、誰かに探りを入れてもらうのであれば、相手の性格を考えて実行するようにしましょう。

告白後の返事待ち期間中は大人しくしておく

告白したときに返事を保留にされると返事待ちの期間中は常に不安な感情に襲われます。この不安な感情から逃げるために、告白したことや、相手についてのことなどを周囲の友人などに、ついつい話しすぎてしまうことがあります。これも女性に良く見られる行動です。

女性は恋愛の話しを友人たちと良くするので、そのような場面で必要以上に話してしまいます。告白したことを周囲に言いふらしていることを良く思わない男性もいます。友人たちに話している内容が大したものでなくても印象が悪くなってしまう可能性はあります。わざわざ自分から告白成功の確率を下げてしまう行為になりかねないので注意しましょう。

告白後の返事待ち期間中には無理をしない

告白後の返事待ち期間中にも相手からの印象は良くなったり、悪くなったりします。返事が保留されていて返事待ち状態で、ただ待っているだけの状況は辛いので、印象を良くしようと行動してしまう人もいます。これは女性よりも男性によく見られるパターンです。

返事が保留中の期間であるにも関わらず、印象を良くしようと女性をデートに連れ出そうとする男性もいます。女性が告白の返事を保留するときはゆっくり考えたいと思っているので、男性と少し距離を取りたいと思っている人も少なくありません。頑張って印象を良くしようとアピールすることは良いことですが、女性のペースも考えてあげないと逆に印象が悪くなってしまう可能性もあります。

告白後の返事待ちになってもペースを乱さない

告白後に返事を保留されてしまうと、返事待ちの間は「いつ連絡が来るのか?」、「良い返事はもらえるのか?」など、気になって感情が不安定になります。感情が不安定になると、多少なりとも日常生活に影響が出てしまいます。恋愛も大事ですが、仕事や勉強など、日常生活も重要です。

いつ返事がもらえるかはわかりませんが、いつかは返事をもらうことはできます。それまでに、仕事などで大きな失敗する姿などを見せてしまうと頼りない人と思われてしまうかもしれません。思わぬところで告白成功の確率を下げてしまわないように、返事待ちの期間中は日常生活にも注意を払いましょう。

告白の返事待ちから成功するために (1)軽くアピール

告白してから返事待ちとなるときは、相手には返事ができるだけの判断材料が揃っていないということです。先に述べた通り、女性が相手の場合は、あまり告白後にデートなどの強めのアプローチをかけると、逆効果になってしまう可能性もあります。しかし、この状況で返事待ちの状態であるからと何もせずに、ただ返事を待っているだけでは成功の確率は低いでしょう。

返事待ちの状態にするということは、「その場で断るほど印象は悪くないけど、付き合うには判断材料が足りない」ということです。返事待ちの期間中に何もしなければ、付き合うには判断材料が足りないままで終わってしまいます。つまり、印象は悪くないけど、付き合うほどの人ではないという判断で終わってしまいます。そうならないために、相手が足りないと思っている判断材料を自分からアピールして告白成功の確率を上げましょう。

告白の返事待ちから成功するために (2)大人しくしておく

告白したことを必要以上に周囲に話しすぎると、相手からの印象が悪くなる可能性があることを先に述べました。これは女性が告白した後に注意するべきことです。逆に、女性が告白された側であるとき、告白した男性も大人しくしておいた方が良いでしょう。

女性が告白されたとき、本当はすぐに良い返事を返したい気持ちを抑えて、返事待ち状態にするときがあります。これは、告白されて、すぐに良い返事を返すことで「簡単な女」と男性から思われないようにするためです。このような場合は、女性の中では良い返事を返すつもりでいます。男性がこのときに余計なことをして女性の気を変えてしまうと、せっかく高確率で成功するはずだったのに、一気にギャンブルのような確率に下がってしまいます。

告白を返事待ちにする女性の全てがこの場合に当てはまるわけではないので、告白後の女性の反応を見て、しっかりと見極める必要はあります。

告白の返事待ちから成功するために (3)普段通りに接する

告白を返事待ちにする理由として、急に告白されて驚いたからという場合もあります。普段から良い人と思っていた相手であっても、いざ告白されれば動揺してしまう人もいます。その場では冷静にはなれないので、一旦、気持ちを落ち着かせるために、返事待ちの状態にする事もあります。

このようなときは、普段から良い人と思われているので、告白してからも普段通りに接する方が良いでしょう。告白された人の気持ちが落ち着いてきて、告白後も普段通りに良い人の印象のままであれば、あとは何もしなくても成功する可能性があります。余計な事をすれば、逆に成功確率を下げてしまう可能性もあるので、普段通りを心がけましょう。

返事待ちの期間中も気を抜かないように

勇気を出して告白したら、返事待ちの状態になった。このとき、「やるべきことはやった、あとは連絡を待つだけ」と気を抜かないように注意しましょう。返事待ちの状態になったということは相手は告白の返事を判断しているということです。

軽率な行動によって、告白成功の確率を下げてしまう可能性もあります。逆に、様子を伺いながら、うまく立ち回ることで告白成功の確率を上げることもできます。告白後も気を抜かずに行動しましょう。

もっと断り方を知りたいアナタはこちらもチェック

デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】
誘いの断り方とは!興味ない男性からの誘いを断るコツ13選!
男性を傷つけない告白の断り方!上手な断り方教えます!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ