男性を傷つけない告白の断り方!上手な断り方教えます!【必見】

脈なしの男性から告白されたときの、上手な断り方をご紹介します。関係を断ちたい場合や、友達として付き合いたい場合など、それぞれどのような断り方なら、男性を傷つけないので済むのでしょうか?メールでの告白の断り方もご紹介。恋愛上手になりたい女性必見です。

男性を傷つけない告白の断り方!上手な断り方教えます!【必見】のイメージ

目次

  1. はじめに:上手な告白の断り方がわからない!
  2. 告白の断り方で、上手に伝えるべき5点
  3. 告白の断り方に悩む女性に、知ってほしいこと
  4. 告白を断る=大部分は、女性のエゴである
  5. 告白の断り方は、男女二人の心を守ることが大切!
  6. 告白の断り方=女性のエゴの伝え方
  7. 告白の断り方(1)「好きな人がいるから」と言う
  8. 告白の断り方【補足】「○○君の知らない人」と言う
  9. 告白の断り方(2)「付き合えない」と明確に伝える
  10. 告白の断り方【補足】「キッパリ断る」具体的な台詞
  11. 告白の断り方(3)今までどおりの態度で接する
  12. 告白の断り方【捕捉】友人関係を保つ台詞って、ある?
  13. 「恋人にはなれないけど、今までと同じ関係でいたい」
  14. 告白の断り方(4)第三者の力を借りる
  15. 告白の断り方【補足】手伝いの強要はしない!
  16. 告白の断り方【補足】男性の個人名は出さない
  17. 告白の断り方(5)メールを使って返事をする
  18. 告白の断り方【補足】メールの必須項目
  19. 告白の断り方【補足】メールの返信はすばやく!
  20. まとめ:告白の断り方は、早く、ハッキリ、優しく!

はじめに:上手な告白の断り方がわからない!

女性としては、男性から好かれること自体は嬉しいものです。しかし、相手が脈なしの人物だった場合、もしくは今の自分に恋愛が必要ない場合は、できるかぎり上手な断り方で、男性との距離を置きたいですよね。

そもそも、女性が男性からの告白を断る理由は、千差万別です。

「友達だと思っていた男性が、女性として私を見ていたことがショック」
「生理的に無理な人に告白されてしまった・・・」
「今は仕事に集中したいから、恋愛している場合ではない」

告白を断る女性

下手な断り方では、二人とも嫌な気分になるかも・・・

他にも様々な思いが交錯して、上手に自分の気持ちを伝え切れないこともあるでしょう。

それに、下手な告白の断り方では、相手の男性を傷つけないとも限りません。脈なしとはいえ、自分を好きになってくれた男性です。できるだけ、男性を傷つけない、双方が納得する形の断り方を実践したいものですね。

良き友人同士でいたい!

男性と、友達の関係を続けたい女性もいます。

告白の断り方で、上手に伝えるべき5点

ではまず、「上手な告白の断り方」として、相手にキッパリ伝えるべき事柄をまとめてみましょう。

(1)「交際は無理」なこと
(2)「男女関係になりたくない」こと
(3)「友達として付き合いたい」こと or 「今後連絡を取りたくないこと」
(4)相手の男性を「恋愛対象として見られない」こと
(5)好きになってくれた男性への「感謝」の言葉

大人らしく話し合おう!

考えなしの告白の断り方はNG!


このように告白の断り方をまとめてみると、(5)以外の事柄は、はっきりした物言いだと、男性を傷つけてしまうことがあります。
上手な断り方とは、(1)~(4)まで、女性の心をどのような表現で男性に伝えれば、相手を傷つけないのかを知ることです。

言葉の選択によって、同じ会話内容でも印象はまったく異なります。相手の男性に敬意を払うことを忘れずに、上手な断り方を実践しましょう。

大喧嘩!

告白の断り方次第では、思わぬトラブルに巻き込まれることもあります!

告白の断り方に悩む女性に、知ってほしいこと

具体的な「上手な告白の断り方」をご紹介する前に、「告白を断る女性」として、心にとめておきたいことがあります。

それは、「告白を断る」ということは、男性の大切な気持ちに答えることができない、女性の勝手なエゴを伝えることである、ということです。

恋愛するすべての女性へ

知ってほしいことがあります。

告白を断る=大部分は、女性のエゴである

告白の断り方で悩んでいる女性は、主に、「振られた男性の心」を心配しています。
「告白を断ったら、男性がかわいそう」
「せっかく好きになってくれたのに、断るなんて勝手だよね」
「男性のプライドを傷つけないためには、どうしたらいいの?」

相手の顔も見ずに拒否!

わがままな女性は美しくありません。

しかし、本当に男性がかわいそうと思っているのならば、告白を承諾して、その男性と付き合えばいいだけの話です。
女性自身の気持ちを隠すだけでよいのですから、自分を好きになってくれた男性の気持ちを傷つけない方法としては、それが一番確実なのです。

しかし、世の女性たちは、自分の気持ちを犠牲にする方法ではなく、男性の告白の上手な断り方ばかりを知ろうとしています。これをエゴと呼ばないわけにはいきません。

一方的な告白の断り方は・・・

女性以前に、人間としてNGです!

告白の断り方は、男女二人の心を守ることが大切!

それでも、女性は男性の告白を断らないわけにはいきません。好きでもない男性と付き合うのは、とても辛いものです。

それがもし同情から始まった関係の場合、男性は女性の「かわいそうだったから付き合った」という理由に納得できるでしょうか?
あるいは、好きでもなんでもない男性と付き合った場合、その女性の人生が明るくなる可能性は、きわめて低いと考えていいでしょう。そんな女性の姿を見て、相手の男性が幸せになることはありません。

男性も女性も幸せな告白が理想

二人も笑顔になれるような告白にしたいですね。

告白を断らなかった場合の女性の「妥協」が、永遠には続かないことは明白です。結果的には、告白を断った場合よりも大きなダメージを受けてしまうでしょう。

だからこそ、女性の「付き合えない」気持ちを上手に伝えて、告白を断らなければならないのです。

ビジネスライク

親しい間柄の男女こそ、真面目に話し合いましょう

告白の断り方=女性のエゴの伝え方

女性の告白の断り方で重要なのは、「告白を断る=自分勝手なことをしている」ことをしっかり自覚することです。この気持ちが無いかぎり、女性の告白の断り方には、男性に対する「優越感」がにじんでしまいます。

告白されて、悩む女性

男性のことを真剣に考えて、最適な断り方を探しましょう

自分を好きになってくれた男性を尊重して、傷つけないよう気を配ることが、できる女性の心構えです。
どうしてもネガティブな内容になってしまいますが、後腐れの無い断り方を見つけたいものですね。

では次項から、男性を傷つけない告白の断り方を、具体的にご紹介していきます。

恋に悩む女性必見!

ぜひ参考にしてください。

告白の断り方(1)「好きな人がいるから」と言う

王道の断り方ですが、女性に好きな人がいるとわかれば、大体の男性は身を引きます。

本当に好きな人がいる女性なら、この台詞を言うのは簡単でしょう。ただし、個人名を相手に暴露することはおすすめしません。その好きな人と恋人同士になっているのならまだ良いのですが、まったくの第三者だった場合、他人の恋愛話に巻き込まれた男性はいい迷惑です。
男性同士のトラブルに発展する危険性もありますし、安易に個人名を伝えることは厳禁です。

パートナーの存在

上手な告白の断り方としてはメジャーですが、コツが必要です。

また、好きな人がいない女性がこの台詞を使う場合も、同様に注意が必要です。
適当な個人名を出すことはもちろんNG。実際に存在しない人の名前を捏造することも、あとあと、嘘を嘘で塗り固めることになってしまいます。
男性を傷つけないためにつく嘘も、必要最小限にとどめることが大事です。

結ばれた二人

相思相愛の相手がいるなら、告白も断りやすいですね。

告白の断り方【補足】「○○君の知らない人」と言う

「好きな人がいるから付き合えない。その人はあなたの知らない人だよ。」
という風に相手に伝える方法もあります。

この方法が、後腐れも無く、男性の気持ちも傷つけない上手な断り方です。相手の男性も、女性の恋心を尊重したい気持ちはあるはず。同じ恋する者同士として、気持ちがわかりあえるはずです。

仲間同士の関係でも・・・

時には、嘘も方便です。

告白の断り方(2)「付き合えない」と明確に伝える


どうやっても相手を恋愛対象として見られないのであれば、その旨を男性にキッパリ伝えなくてはいけません。
変に態度を濁したり、あいまいな言葉で逃げたりすると、男性は「まだチャンスがある?」と思って、アプローチを止めない場合があります。
男性に2回目、3回目の告白をさせてしまい、女性もそのたびに断るのでは、男性にかなり精神的なダメージを与えてしまいます。

後腐れがないよう、そして男性を傷つけないよう、「付き合えないことをキッパリ伝える」ことは重要です。

ハッキリと伝える

ここは、強気な態度が肝心です。

告白の断り方【補足】「キッパリ断る」具体的な台詞

いくらキッパリ告白を断る必要があるといっても、男性を傷つけない上手な断り方としては避けたい表現があります。たとえば、

「恋愛対象外」
「あなたとはムリ」
「男性として見られない」

など、男性の人格自体を否定するような表現はNGです。

男性を傷つけないために・・・

最低限のモラルは必要です。

ただでさえ、女性から告白を断られた男性は、プライドがずたずたになります。必要なのは、その男性のダメージをできるかぎり減らし、傷つけない表現方法をとることです。

オススメの告白の断り方とは?

気をつければ、男性を傷つけない言葉を選ぶことができます。



上手な告白の断り方で使いたい言葉は、

「恋人として付き合えない」
「友達でいたい」
「今までどおりの関係を続けたい」

という、男性と女性の「関係性」に言及する言葉です。
これまでの男性との関係が楽しかったこと、その継続を望んでいることをしっかり伝えることが大事です。男性との思い出を思い出しながら、気の置けない友達として付き合いたいことを言葉に乗せましょう。
男性を傷つけないためには、まちがっても、男性自身を否定してはいけません。

互いに尊敬しあう仲

恋人ではなくても、男女間のマナーを考えましょう。

告白の断り方(3)今までどおりの態度で接する


これは、告白を断った男性が、職場や学校、友人同士の繋がりで会わなくてはならない関係の場合です。
いくら上手な断り方で告白を断ったとしても、気まずい雰囲気は避けられません。恥ずかしさもありますし、女性はつい、男性に冷たい態度を取ってしまいがちです。
キッパリとした告白の断り方として、「男性につれなくすること」を選ぶ女性は多いのではないでしょうか。

気まずい関係はイヤ!

適度な距離で、友人を続けたいですね。

しかし、男性にとってみれば、(1)振られたこと(2)その後も冷たくされていること、という二重のダメージを受けることになります。告白の断り方としては、必要以上に男性を傷つけていまう、タブーな行動です。
目を合わせるたびに女性が冷たい態度を取れば、そのたびに男性は「振られている」と思うでしょう。たしかに「脈なし」を伝える断り方としてはこれ以上ない効果ですが、できる女性としては、「男性を傷つけない上手な断り方」を学びたいものです。

友人関係の男女

仕事仲間として、友好な関係を保ちたいですね。

■関連記事:男女の友情について知りたい方はこちらもチェック!

男女の友情はある?成立しない?男の心理や本音を徹底調査!
好きとは何かわからない?恋愛感情と友情を見分ける方法って?
好きってなに?恋愛感情と友情の違いは?【恋とは何か】

告白の断り方【捕捉】友人関係を保つ台詞って、ある?


「今までと同じ関係でいたい」と思っても、なかなか実行できないこともあるでしょう。女性が男性を避ける場合もあれば、反対に、男性のほうから距離をとられてしまうこともあります。

職場や学校の雰囲気を損なうことも考えられますし、共通の友達にも迷惑をかけてしまうかもしれません。どうしても、告白を断った男性と会わなくてはいけない場合は、良好な友人関係を保てるよう、女性のほうから歩み寄ることが必要です。

そこで、告白の断り方として上手に使いたい一言を、以下で紹介いたします。

彼と気まずくなっちゃった・・・

友情と恋愛の問題は複雑です。

「恋人にはなれないけど、今までと同じ関係でいたい」

まずは、「恋人になれない」ことの再確認。改めて念を押すことで、相手に期待を持たせないようにします。
ただし、相手を傷つけないよう、できるだけサラッと言うことが大事。この一言で強調したいのは、前半部分ではなく、後半部分の「今までと同じ関係でいたい」方なのです。

この一言を言われた男性は、女性が自分に気を使っていること、そして友人関係は続けたいことを察してくれるはずです。
相手の男性に、少なくとも友人としては最高の存在であることを自覚してもらえれば、男性の自尊心を傷つけないで済みます。

仕事仲間たち

恋愛だけが、男女の関係ではありません!

一人の男性を恋愛対象内か、対象外か判断するのは、すべて個人の価値観にゆだねられます。大人の男性なら、友人と恋人の明確な違いも、自身の経験からわかるはずです。
女性から真摯な言葉を送ることができれば、男性を傷つけないまま、これまでと同じ関係を続けることができるでしょう。

自分の気持ちに正直な断り方と、男性に対する友情を大切にすれば、告白後の上手な友人関係を続けることができますよ。

仕事仲間の男女

頼り、頼られる関係でいたい!

告白の断り方(4)第三者の力を借りる

女性がどれほど上手な告白の断り方をしても、男性が諦めてくれない場合があります。

「今は友人関係でも、アプローチし続ければ振り向いてくれるはず」
「恥ずかしくて、つい断ってしまったのではないか?」
「プライベートの事情が変わったら、付き合ってくれるかもしれない」

など、男性が「脈あり」と考えてしまう要因はたくさんあります。

気のおけない友達

協力してくれる人が多ければ、なお心強いですね。

しかし、女性にしてみれば、「この人とは一生付き合えないな・・・」という男性のタイプは、結構わかってしまうものです。どんなに周りの環境が変わろうと、時間が経とうと、ダメなものはダメ。残酷なようですが、女性は、男性に対する好みが白黒ハッキリしていることが多いのです。

女性は白黒ハッキリタイプ!?

男性にとってはショックな事実かも・・・


そんなとき、上手な告白の断り方のサポート役として頼れるのが、友人や、学校や職場の先輩・後輩たちです。
気の置けない間柄で、自分の恋愛話を打ち明けられる人に、「告白の上手な断り方がわからない」ことを相談してみましょう。
そして、男性にコンタクトを取れる人に、自分の気持ちを伝えてもらうこともできるはずです。

告白の断り方【補足】手伝いの強要はしない!

友人や知人たちに、告白の断り方で悩んでいる自分をアピールしましょう。男性を傷つけないですむ方法や、自分の気持ちの伝え方を真剣に相談すれば、友人たちも親身な対応をしてくれます。
そこで無理に、「告白を断るのを手伝って!」とお願いする必要はありません。友情の深い相談相手ならば、お願いされなくても、女性をサポートする役を買ってでてくれるでしょう。

たとえば、相談を受け、女性の悩みを知っていれる状態で、たまたま相手の男性に会ったとします。すると、「○○ちゃんが、○○君のことでかなり悩んでいたよ」という言葉が自然に出てくるはずです。

この「自然に」というところがポイント。
第三者が心配するほど、女性が告白の断り方で悩んでいることを伝えられれば、相手の男性も態度を改めるはずです。

「友達に愚痴を言うなんて、かなり悩んでいるんだな」
「正直な気持ちがわからなかったけど、本当に脈はないんだな」

というふうに、説得力あるメッセージとして受け取ってくれる場合が多いのです。

告白の断り方【補足】男性の個人名は出さない

相談相手に告白の断り方でサポートを受ける場合は、どうしても、「第三者の介入」という点で、相手の男性にマイナスのイメージをもたれる場合があります。

「自分の告白を、他人に簡単にバラすなんて、非常識だ」

という非難ですね。

確かに最もな意見だと思います。「第三者の口出し」を好意的に受け取る男性は少ないでしょう。
そこで、相談する際、相手の男性の個人名を伏せるという方法があります。

「ある男性の、告白の断り方で困っているんだけど・・・」

という相談方法です。確かに、女性の社会的常識は保つことができますが、こちらの方法ですと、告白の断り方としては即効性に欠けてしまいます。
なぜなら、相談相手が、告白を断った男性と話す際にこの話題を取り上げてくれるかどうかが問題だからです。男性の個人名がわからないのですから、ダイレクトに告白の断り方のサポートはできませんね。

この場合は、男性と相談相手を含めた集まりで、自然に「告白」の話題につなげ、「そういえば○○ちゃん、告白されて困ってるんだよね?・・・」と、相談相手から話させることが必要になってきます。かなり回りくどい方法ですが、実現すれば効果はバツグンです。
男性の体面も守れ、男性も第三者も傷つけないで済む、上手な告白の断り方です。

友人の協力を得るために・・・

集まりには積極的に参加しましょう。

告白の断り方(5)メールを使って返事をする

親しかった男性からの告白の断り方には、メールも選択肢に入れましょう。
今までの関係が長く、そして深かったときほど、恋愛の話題を話し合うのは難しいものです。

メールで告白を断る場合

いくつか注意が必要です。

気まずかったり、相手の男性に流されてしまいそうになったら、相手を傷つけないためにも、メールを打ちましょう。

告白の断り方【補足】メールの必須項目

メールでの告白の断り方として、必ず伝えるべきことは以下の3点です。
(1)「面と向かって話せそうにない」こと、そのお詫び
(2)「お付き合いできない」こと、その理由
(3)告白してくれたことへの「感謝」

まずは(1)。
直接告白してくれた男性の場合、その返事をメールですることは、本来とても失礼なことです。やむなくメールで返事をすることをつげ、しっかりお詫びをしましょう。
付き合いの長い男性ならば、女性の性格や、直接話せない心境も察してくれるでしょう。このお詫びの文章がないと、女性の今後の印象が悪くなる場合があります。
告白してくれた男性を傷つけない上手な断り方は、どんなに親しい相手でも、敬意を忘れずに話すことです。いつも男性を敬う気持ちを忘れないようにしましょう。

次に(2)。
間接的な断り方であるメールだからこそ、「お付き合いできない」という気持ちは明確に伝えられるはずです。上手な断り方(2)でご紹介した方法をふまえて、キッパリとした告白の断り方の文章を作りましょう。
直接会って話すときよりも、筋の通った、落ち着いた言葉で告白を断れるはずです。案外、告白後のトラブルが一番少ないのは、メールでの断り方かもしれません。


最後に(3)。
好きになってくれた男性に対しての「感謝」を忘れてはいけません。
告白を断るときは、どうしても、付き合えないことに関しての謝罪が多くなりがちです。しかし、あまり謝りの言葉を入れすぎると、かえって男性の気を損ねてしまう場合があります。

「ごめんなさい」「申し訳ないのですけど・・・」
というような言葉は最小限に抑えるべきです。それよりも強調したいのは、

「好きになってくれたのは嬉しい」
「色々悩んでくれたのかな、ありがとう」
という感謝の言葉です。

男性の気持ちを大切し、傷つけない言葉を捜す姿勢をとっていれば、告白の断り方の中にも自然にこういう言葉が表れるはずです。
男性にとっては、ただただ謝られるよりも、晴れやかな態度での告白の断り方のほうが、諦めがつきやすいものです。きちんと男性の目を見て、男性の気持ちを肯定する気持ちを伝えましょう。
上手な告白の断り方においては、男性の心を傷つけないよう、感謝の気持ちを伝える事が必須です。

最後は必ず「ありがとう」

男性の気持ちを大事にしましょう。

告白の断り方【補足】メールの返信はすばやく!

女性は、深刻な内容のメールほどつい返信を先送りにしてしまいがちです。
気を使いすぎて、何日も何日もメールの内容を確認したり、踏ん切りがつかなくて返信しなかったり・・・
そうすると、待たされている男性は、その時間ずっと告白の返事で悩んでいることになります。

告白を断る事が確定しているのは、女性の心の中でしかありません。返信を長引かせれば長引かせるほど、男性は「脈あり」の可能性を模索し始めてしまいます。
長時間、ずっと待たせたうえでの返信が「ごめんなさい」では、男性を傷つけないわけがありません。

上手な告白の断り方において、「メールの返信はすばやく!」は基本中の基本です。

まとめ:告白の断り方は、早く、ハッキリ、優しく!

新しい恋愛へ向けて・・・

心配事はできるだけ無くしたいですね。

ここまで、上手な告白の断り方を5通りご紹介しましたが、いかがでしたか?
男性を傷つけないよう配慮すればこそ、告白の断り方もぎこちなくなってしまいがちです。

しかし、そこであいまいな返事をしてしまえば、のちのち、男性をもっと傷つけないとも限りません。心を強く持って、キッパリとした態度と言葉を使った断り方を心がけましょう。

重要なのは、早く、ハッキリ、優しい、告白の断り方を実行することです。

メールでも、注意点はほぼ変わりません。
男性の気持ちと一緒に自分の気持ちも大事にすることで、結果、上手な告白の断り方をすることができるようになります。
自分自身のエゴと向き合いながら、お互いの関係がよりよく改善されるような断り方を目指しましょう。難しく考えすぎず、気持ちに正直になれば、男性もきっとわかってくれるはずです。

わかりあった男女

断り方を工夫すれば、男性との最適な関係を築くことができるでしょう。

もっと「上手な告白の断り方」の情報が知りたいアナタへ!

誘いの断り方とは!興味ない男性からの誘いを断るコツ13選!
【上手な断り方】人からの誘いを角を立てずに断る方法7選!
デートの断り方11選!上手に断って角を立てない!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ