高校生の告白の仕方!言葉やタイミングなど徹底解説!

好きな人ができた、高校生のあなた。両思い確実なら、早く男子から告白してほしいですよね。でも待ってても進展しないなら、あなたから告白しなきゃいけないかも。 そんな悩める女子高校生のための、告白させる、告白する方法の徹底解説!です

高校生の告白の仕方!言葉やタイミングなど徹底解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】高校生の恋愛事情
  2. 高校生の彼に告白させるには?
  3. 高校生の彼に告白させる方法①ハイテンション
  4. 高校生の彼に告白させる方法②あなたの部屋に誘う
  5. 高校生の彼に告白させる方法③ボディタッチ
  6. 高校生の彼に告白させる方法④恋愛相談
  7. 告白を誘うキラーフレーズとは?
  8. 高校生の彼に告白させるキラーフレーズ①《なんでこんなに…》
  9. 高校生の彼に告白させるキラーフレーズ②《初めてなんだ…》
  10. 高校生の彼に告白させるキラーフレーズ③《いや?》
  11. 高校生の彼に告白させるキラーフレーズ④《ああ、もう…》
  12. 高校生の彼に告白するには?
  13. 高校生の彼に告白する方法①下校のタイミングを合わせる
  14. 高校生の彼に告白する方法②イベントにプレゼント
  15. 高校生の彼に告白する方法③ラブレター
  16. 高校生の彼に告白する方法④デートセッティングを頼む
  17. 告白の前のキラーフレーズとは?
  18. 高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ①《タイミング合う》
  19. 高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ②《苦労したんだ…》
  20. 高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ③《眠れなかった》
  21. 高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ④《伝えたかった…》
  22. 【まとめ】告白は自由になるため

【はじめに】高校生の恋愛事情

高校生、とりわけ女子にとって、恋愛はとても大切なもの。好きな男子ができても、その人とカップル、恋人同士になれるか、ただの友達で終わるか。それによって高校生活が華やかにも寂しくもなります。

でもそうなる前に、避けては通れないのが『告白』というプロセス。いくら気が合うふたりで、いつも一緒にいたとしても、告白して彼氏、彼女にならなければ、いつ他の子に取られるか分からない不安定な状態が続くだけ。ましてやそれ以上の進展も、期待できないでしょう。


現代の高校生は、ほとんどの人がスマホを持っていて、ちょっとした友達でも気軽にLINEを交換してやり取りできますよね。でもいざ告白となると、男子も女子もなかなか勇気がでない。どんな仕方、場所、タイミングで伝えたらいいか、あれこれ悩んでしまいます。それは、携帯がなかった頃とあまり変わらないみたいです。

高校生の彼に告白させるには?

高校生の時期の男子の特徴は、女子に比べて精神的に未熟なこと。
その反面、無理に大人ぶったり、意気がったりするのでそうは見えない人もいますが、中身はまだまだ子供です。

特に恋愛に関しては、自分の男性としての魅力(女子からどう見えるか)に自信がない人がほとんど。かなりのイケメン君でも同じです。

好きな女子とふたりきりになり、気まずくもならず会話が弾むなら、はたから見れば分かりやすい『両想い』ですよね。それでも自信が持てず、告白に踏み切れない。仕方もタイミングも分からない。

そんな彼に告白させるには、一にも二にも、『告白したらOKしてもらえる!』と思わせることです。
でも、具体的にどんなアピールの仕方なら、気持ちが伝わるのでしょうか?
次からはその方法を、個別に解説していきます。

高校生の彼に告白させる方法①ハイテンション

女子高校生にありがちな恋愛パターンに、『遠くから見つめてるだけ』というのがあります。でも、たたでもシャイで自信がない男子高校生に、視線を送るだけで気持ちが伝わって告白させられたら、それは奇跡のようなもの。これではいつまでも告白されなくても、仕方ないですよね。
当たり前ですが、まずは普通に会話できる仲にならなければ何も始まりません。

がんばってお話できるようになったら、次は、話している時になるべく楽しそうに、ハイテンションにしてみましょう。

ただしこの場合、あなたが普段から、誰とどんな場所で話していてもハイテンションにしていたら、彼は自分とふたりだから楽しいのか、区別が付きません。

気になる女子がいる男子は、いつでもその子の反応を観察して、脈ありかどうか見ているのです。
ここは演技でいいので『一人でいる時は何か寂しそう…彼と話すと急に元気!』くらいのメリハリをつけるようにしてみましょう。

高校生の彼に告白させる方法②あなたの部屋に誘う

彼との関係がクラスメイトなど、普段から気楽に言葉を交わせる仲なら、『あなたの部屋に彼を誘う』という方法があります。
でも、男子高校生にとって女子の部屋は超特別な場所。何でもない時にいきなり、「ねえ、私の部屋で遊ばない?」などと誘うのは露骨過ぎですよね。
こういうセリフが気軽に出てくるキャラの人ならそれもアリなのですが、そうでないならやはり、タイミングやきっかけが必要。

そこで使えるのが、学生の本分である『勉強』です。
彼が同じクラスの人なら、グループ学習などで学校外の場所に集まって準備しなくちゃいけない時、あなたの部屋をその場所として提供するというのでもいいし、定期テスト前の勉強で、彼にニガテ教科を教えに来てもらうのでもいいでしょう。

男子にとっては、どんな理由でも女子の部屋に入れてもらうだけでドキドキもの。そのトキメキが、あなたへの恋心の気づきにつながるのです。

高校生の彼に告白させる方法③ボディタッチ

高校生でも、男子が女子の身体に触れたら周りに見とがめられるし、みんなのいる場所で、その気のない男子にタッチされた女子はショックを受けますよね。
ところがその逆は、不思議なくらい許されているのです。
そして、触られた男子は、好意を持っている相手からじゃなくても必ず『ドキッ』『ゾクッ』としているのです。この女子との違い、何なんでしょうね。

男性にも、触られても(叩かれたり掴まれたり)平気な身体の場所と、ドキッとする場所があります。
背中、肩、二の腕などはわりと平気。笑い話にウケた時などにバンバン叩いても、苦笑いするだけでしょう。それに対してお尻、太もも、手首、掌、髪の毛といった場所はかなりゾクッとするはず。「ゴミが付いてるから取ってあげるね」なんて言い訳してタッチするだけでもドキドキ。戸惑うでしょう。

この行為の受け止め方は男子によって差があるかもしれませんが、少なくともあなたの好意、親近感を伝えることはできるはずです。

高校生の彼に告白させる方法④恋愛相談

友達として結構付き合いも長く、時にはふたりでいい雰囲気になるのに、一向に告白してくれない彼。
そんな状況のカップルにおすすめなのが、この方法。昔からある古典的な方法ですが、女子が好きな人にわざと『実は好きな人ができて…』といった相談を持ちかけるのです。

「ちょっと悩みがあって…相談に乗ってくれる?」とここまでならメールやLINEでお願いする仕方もありますが、相談するのはLINEとかではなく、実際に会って話すのがいいでしょう。
彼の反応、表情を見ながら話を進められるからです。

「好きな人がいて、結構仲良く色々話すのに、全然告白してくれなくて…」あなたがここまで言えば、勘のいい彼なら「それ、俺のこと?」と聞いてきてくれるでしょう。
でも勘がニブイ、または極端に自信がない彼氏には、彼が自分だと気づくまで、ヒントを出し続ける必要があります。

一方、彼があなたのことを『彼女としては見られない』ということなら、トコトン気づかないフリをするはず。その場合はこの方法は諦めて、別の仕方、作戦を考えるべきでしょうね。

■参考記事:恋愛相談って誰にしてる?コチラも参照!

恋愛相談はどこで?相談所・掲示板・アプリでする?男友達にする?

告白を誘うキラーフレーズとは?

キラーフレーズ、古風な言い方をすれば『殺し文句』です。
どんな告白の仕方をする場合でも、言葉、セリフは非常に重要です。
努力してせっかくいい雰囲気に持って行ったのに、ちょっとした言葉の選び間違えで、セリフの言い間違えで台無しにしてしまうことも。
だからこそ、男子も女子も告白を決心すると、『どんな言葉、セリフで伝えようか…』と思い悩むのです。

同様に、好きな人に告白を決意してもらうのにも、キラーフレーズ、決めセリフが必要。そこで次からは、ここまでで紹介した4つの『告白させる方法』の場面に合った、キラーフレーズについて紹介します。
上手に使って、彼をドキドキさせちゃいましょう。

高校生の彼に告白させるキラーフレーズ①《なんでこんなに…》

がんばって、彼と楽しく会話が弾むようになったら、メリハリつけて、いつも楽しくハイテンション。
それが普通にできるようになったら、次の段階です。

何かの話題で盛り上がった後に、キラーフレーズ。「私、なんでこんなにはしゃいじゃうんだろ?○○君といるからかな?」と呟いてみましょう。

このセリフ、他の言葉に言い換えると『私はあなたといるととても楽しい』という意味になります。
ひょっとして彼はテレて、「お前、いつもそんな感じじゃん」とか言うかも知れませんが、内心ではかなりドキドキしてるはず。

このセリフが上手に言えたからといって、彼にすぐ告させる仕方にはならないかも。でも少なくとも、彼にあなたを女の子として意識させるには、十分効果があるはずです。

なお、このキラーフレーズ。面と向かって言うのが恥ずかしかったら、夜LINEに書くのもいいでしょう。夜あなたからのLINEでドキドキが始めれば、次に学校で会った時の彼の態度が違ってくるかも。

高校生の彼に告白させるキラーフレーズ②《初めてなんだ…》

グループ学習やテスト勉強などの理由で、彼をあなたの部屋に招くことができたなら…

彼を座らせ、お茶を出し、彼がちょっと落ち着いた所でフイを突いて「この部屋に男子が来るの、初めてなんだよ」と言ってみてください。

男子は女子の『初めて』という言葉が大好き。恋愛に関する事じゃなくても、何かと好きな女子の『初○○』になりたがります。
それに加え、このセリフ。他の言葉で言い換えると『あなたは私が気を許す特別な人です』ということになります。聞かされた彼はもちろんドキドキ。

さらに、場所は他の人の邪魔が入らないあなたの部屋。元々告白のチャンスを狙っていた彼なら『今ならいける!』と意を決し、すぐに告白してくれるかも知れませんね。

このキラーフレーズも、どうしてもうまく言えなかったら、夜LINEなどに書いてもいいでしょう。『今日は家まで来てくれてありがとう。男子を部屋に呼ぶの初めてなんで、ドキドキしちゃった』なんて、書いて送ってみてください。

高校生の彼に告白させるキラーフレーズ③《いや?》

彼への想いを伝えるために、積極的にボディタッチを狙うあなた。タッチされる度に彼は、ドキッとしているはず。そこでさらに、ダメ押しのキラーフレーズです。
うまくタッチに成功したあとで、「ねえ、私に触られるの、いや?」と聞いてみましょう。

このセリフにはふたつの効果があります。
ひとつは、『私はあなたにさわりたい』という気持ちを伝える効果。
”好き”という言葉なら、英語の”Like”『友達として好き』という意味にも取られますが、友達だからといって相手の身体に触りたいと思う人はいません。つまり『さわりたい』という気持ちは、恋愛感情そのものなのです。

もうひとつは、彼の返事です。もし彼もあなたのことが好きなら、多少テレながらでも「別にいいけど…」などと言ってくれるはず。
でも『さわりたい』という女子の気持ちを受け入れるのは、告白されてOKするのとほとんど同じ意味なのです。

このキラーフレーズは、ボディタッチとセットでやると効くので、あまりメールやLINE向きじゃないかも。
この会話をしたあと、彼の告白に対する心の垣根はずいぶん低くなるはず。告白は近いと、期待していいと思います。

高校生の彼に告白させるキラーフレーズ④《ああ、もう…》

好きな人に気持ちに気づいてもらうために、わざと恋愛相談を持ちかけたあなた。
そんな狙いがない、普通の相談の場合でも、女性から男性への『悩み相談』は、非常に恋愛に発展しやすい場面だと言われています。
なぜなら男性からは、自分を信頼して、弱っている姿をさらけだす女性は、いつも以上にかわいく、いじらしく見えるし、女性からは、客観的で役に立つアドバイスをしてくれる男性が、頼りがいのある素敵な人に見えるからです。

そんなシチュエーションで、しかもあなたが好きな人とは自分のことだと気づいているのに、まだ告白してくれない彼。そこで、キラーフレーズ。
彼が『俺のことかな?』と気づいたタイミングで、「ああ、もう、早く彼女になりたいなぁ」。このセリフをため息混じりに言ったあと、彼に視線を投げる。これでキマリです。
それでもまだ、彼がためらってるようなら「私が好きな人って、あなたのことなんだけど?」と、ハッキリ教えてあげるしかないでしょうね。

高校生の彼に告白するには?

さて、前半では好きな男子に告白してもらう仕方、作戦について解説して来ましたが、まだ男性としての自信がついてない男子高校生にとって女子への告白は大きな賭け。どれだけ誘っても踏み切れない人もいるでしょう。

『友達以上恋人未満』のような関係のまま、いくら待っていてもちっとも進展しそうにないのなら、仕方ない
。女子のあなたの方から告白しかないですよね。

昔は『告白は男から』というイメージが強く、女性から想いを伝えるのは難しかったのですが(そんな女子のために、“日本式バレンタインデー“というイベントが考案されました)現代では決して珍しくありません。

『できれば女子から告白してほしい』と望む男子もいるくらいです。

でもそうかといって、ただストレートに伝えればいいというものでもありません。その時までの雰囲気の盛り上げ、場所、タイミング。そして何よりどんな言葉、セリフで伝えるかが大切です。

そこで後半では、好きな男子に自分から告白したい、女子高校生のあなたのための、上手な告白の仕方、方法について、解説していきます。

高校生の彼に告白する方法①下校のタイミングを合わせる

あなたの好きな男子は、クラスメイト?同じ部活の同学年、または先輩でしょうか。
みんなでワイワイ話す中で、言葉を交わすことは多くても、なかなかふたりきりにはなれない。もしそんな状況なのだとしたら、まずはふたりきりの時間をつくることです。

どれだけ気心が知れた仲でも、『他の人がいる前での告白は絶対NG!』これは、高校生でカップルになった人だちがみんな言っていることです。
表向きは、ただの友達、部活仲間のふたりが、不自然でなくふたりきりになれるシチュエーションといえば…そう。帰り道です。

授業や部活が彼より先に終わったら、どこかで時間をつぶしてまちぶせしたり、彼が先に帰っちゃった時は、走って追いかけたり…そうした努力が実り、『一緒に帰るのが当たり前』という仲になれれば、彼との距離が近くなり、告白のチャンスはおおいに広がるはず。
どうしてもタイミングが合わず、別々に帰った日は、LINEなどで「今日はひとりで帰ったからつまらなかった」と書いて送るのも忘れずに。

高校生の彼に告白する方法②イベントにプレゼント

恋人たちのイベントといえば、バレンタイン、ホワイトデーに、クリスマス。最近はハロウィンもでしょうか。
あとは、お互いの誕生日。お正月の初詣デートというのもありますね。

クリスマスなどの、プレゼントを渡したり交換したりするイベントを利用して、好きな人との距離を近づけたい、できれば告白したいと思う人は、男女ともに多いはず。
そうしたイベントで、どんなプレゼントを選ぶかによって、あなたのセンスが問われます。

男子が喜ぶのは、やはり手作り。そして彼の趣味、好みに合ったプレゼントです。
逆に、高校生らしくない高価なブランド物や、手編みセーターなどは『重すぎる』と敬遠されることが多いようです。

そのために、イベントが近づいたら、普段の会話やLINEなどで、彼が喜ぶ物、欲しがっている物のリサーチに努めましょう。ストレートに「何がほしい?」と聞いてしまうのもいいかも。
男子が喜ぶのは、やはり手作り。そして彼の趣味、好みに合ったプレゼントです。
逆に、高校生らしくない高価なブランド物や、手編みセーターなどは『重すぎる』と敬遠されることが多いようです。

そのために、イベントが近づいたら、普段の会話やLINEなどで、彼が喜ぶ物、欲しがっている物のリサーチに努めましょう。ストレートに「何がほしい?」と聞いてしまうのもいいかも。

クリスマスなどでデートして、プレゼントを渡し、彼が笑顔になったなら… その時が絶好の告白のタイミングです!

高校生の彼に告白する方法③ラブレター

高校生の間にメールやLINEがなかった頃、告白の仕方として一般的だったのが“ラブレター”でした。
何でもLINEなどで伝え合えるようになった現代でも、大事な告白の時だけは、自筆の手紙で、という告白の仕方を選ぶ人は結構多いみたいです。

同じ文字で伝えるのでも、LINEなどだと既読が付くので、やり取りが始まったら実際の会話と同じくらいのテンポで返さないと、気持ちを疑われてしまいますが、ラブレターならたとえ何日かかっても、ひとことずつ言葉を選んで書くことができます。特にきれいな字を書くのが得意な人にオススメ。

ラブレターを書いて渡す場合、問題になるのがどんな場所、タイミングで手渡すかです。
昔は彼の下駄箱や、教室の机に忍ばせておくのが定番でしたが、これはやめた方が。万一先に他の男子に見つけられちゃったら大騒ぎになるからです。
できれば前の日にLINEなどで「明日渡したいものがあるんだけど」と約束しておいて、ふたりきりになれる場所で「これ読んで」と、手渡すのがいいでしょう。

■参考記事:ラブレターで告白、書き方をチェック!

ラブレターで告白!気持ちが伝わる書き方!手紙で告白成功!

高校生の彼に告白する方法④デートセッティングを頼む

学校でなら何でも気楽に話せるのに、外でふたりきりで会ったことがない彼とあなた。告白するにしても、デートもしたことがないのでは話になりませんよね。
そんな時に力になってくれるのが、女子の友達です。
クラスメイトなど、彼とあなたの共通の友達に、デートをセッティングしてもらうのです。

ただ、いきなりふたりきりのデートでは彼も困惑するし、セッティングする友達にとっても負担です。最初は彼とあなた、その友達とあとひとりの4人くらいで、遊ぶのがいいでしょう。

そして頃合いを見て、友達とあとひとりにはわざとはぐれてもらう。そうすればあとは、あなたと彼のふたりだけのデートの始まりです。

最初のデートで、もし告白まで辿り着かなくても、ふたりで楽しく過ごせたのなら、別れ際に「今日は楽しかったね。また遊んでくれる?」とあなたから言えば、次は彼から誘ってくれるでしょう。
あとはLINEとかで連絡を取り合い、色んな場所でデートするようになれば、告白のタイミングは、自然とやってくるはずです。

■参考記事:ダブルデートの注意点は?コチラもチェック!

ダブルデートの注意点!場所のおすすめや友達の彼女への接し方など!

告白の前のキラーフレーズとは?

さて、以上4つの方法で環境が整ったら、いよいよ告白です。

前半でも書いた通り、同じ告白するのでも、どんな言葉、セリフで想いを伝えるかにはあなたのセンスが表れます。大切な告白を台無しにしないよう、その場所の雰囲気やふたりのキャラに合った言葉で伝えましょう。

同じ告白のセリフでも、『好きです』『付き合ってください』『恋人になってください』など、さまざまな言葉があります。
アスリートの彼に『あなたの専属マネージャーにして!』と言って、その通りの意味に取られ、告白にならなかった…なんて笑い話も。

あまりに捻りすぎて、違う意味に取られても仕方ないですよね。最近は恋人同士を指す言葉として『彼氏彼女の仲』という言い方が主流のようなので、『あなたの彼女にしてください!』あたりが伝わりやすいのかも知れません。

ただ、告白にふさわしいシチュエーションになったからといって、前触れもなく言い出すのは彼を困惑させるだけです。その前に、あなたからの告白を予感させ、彼をドキドキさせるキラーフレーズが不可欠。

そこで次からは、ここまでで紹介した4つの『告白する方法』の場面に合った、告白につながるキラーフレーズについて、解説していきます。

高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ①《タイミング合う》

がんばって彼と下校のタイミングを合わせ、一緒に帰れるようになったあなた。彼の方も内心『なんでこんなに同じ時間になるんだろ?』と不審に思ってることでしょう。

これを逆手に取って、キラーフレーズ。「私たち、よくタイミング合うね」と言ってみましょう。
これを他の言葉で言い換えると『私たちは、運命の絆で結ばれているみたい』ということになります。
これをLINEに書いてもいいのですが、できればふたり並んで歩いている時に呟いた方が効果的。

女子ほどじゃなくても、男子高校生も、『運命』という言葉には弱いもの。そしてそれ以上に、あなたが『ふたりの間に運命を感じている』という事実に、ドキドキし始めるはずです。

もし彼が緊張に耐えかねて「ひょっとして、わざと合わせてくれてない?」と聞いてきたら、その時こそ告白のチャンス!
「実はそうなんだ。だって一緒に帰りたいんだもん…」と、白状しちゃいましょう。
こんな会話のあとで、思い切って気持ちを伝えれば、きっと受け入れてもらえるでしょう。

高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ②《苦労したんだ…》


バレンタインデーやクリスマスなどのイベントで、彼に心のこもったプレゼントを渡し、そのタイミングであなたから告白。でも待ち合わせの場所などによっては、周りに人がいたりで告白までは進めない場合もありますよね。

そんな時は、仕方ない。代わりにこのキラーフレーズです。「これ、すごく苦労したんだぁ」と、そのプレゼントを用意するまでの苦労話をしてみましょう。
手作りスイーツなどなら、がんばって作ったこと、レアなグッズなどなら、あちこち探してやっと手に入れたことなどです。


これを別の言葉で言い換えると『あなたに喜んでもらうために、努力しました』という意味になるので、ここは少し大袈裟でも、アピールした方がいい。

そしてそのあと、ふたりきりになった時に想いを打ち明ければ、彼も『俺のためにそこまでしてくれるんだから』と、OKの返事をしやすくなります。

高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ③《眠れなかった》


彼への想いを綴った手紙を手渡して、告白しようとしているあなた。
手紙を渡す日の約束は、LINEなどでするとして、渡したあとは彼の返事を聞かせてもらわなければなりません。当然、またふたりだけで会う約束をして、ということになるでしょう。

この場合のキラーフレーズは、「夕べはドキドキして眠れなかったよ」です。このセリフ。手紙を渡した次の日などに直接言うと、返事を急かしてるみたいになるので、渡した次の日にLINEなどに書くといいでしょう。

この言葉にもふたつの意味が。ひとつは『この告白は、私にとってとても真剣なのです』そしてもうひとつは『もうすぐあなたの彼女になれると思うと、とてもドキドキします』です。

手紙というツールを使うだけでもあなたの真剣さは伝わりますが、このフレーズでダメ押し。そして、あなたが『彼の返事を聞く日を待っている』と伝えることで、彼としてはYesの返事をしやすくなるのです。

高校生の彼に告白する前のキラーフレーズ④《伝えたかった…》

友達の手助けもあり、彼とふたりでデートできるようになったあなた。次はいよいよ告白です。
その前に、キラーフレーズ。
タイミングを見計らって「○○君に、ずっと伝えたかったことがあるんだ…」 このセリフをと呟いてみましょう。
「ずっと言いたくて、言えなくて、がまんしてて…」と続けてもいい。

このセリフのポイントは“ずっと“。あなたには、辛い片思いに耐えてきた月日があるはず。それを彼に伝えるのです。
あなたが次に何を言おうとしているか気づいた彼は、『ずっとがまんさせてたのか…俺のせいで…』と罪悪感に苛まれ、一刻も早くあなたの彼氏になって、抱き締めたくて仕方ない気持ちになります。

彼が勘のいい人なら、このフレーズはほとんど告白と同じ。堪らずに、彼の方から告白してくれるかも知れませんね。

【まとめ】告白は自由になるため

いかがだったでしょうか。

今回の記事のテーマは”告白“ですが、ユーミンの90年代の曲に、ズバリ『告白』というタイトルがあります。彼女はその歌詞の中で
『偽りは脱ぎ捨てて自由のため』
『告白はただひとつの絆だから』と歌っています。

自分からの告白を決意した女の子を応援する歌なのですが、いくら好きでも、傷つくことを恐れて気持ちを隠し、偽ってばかりでは、自由にはなれない ということのようです。

辛い片思い。すぐそばにいる好きな人と愛を語れないのなら手足を縛られているようです。恋する女子なら誰でも、早く抜け出したいと願いますよね。
でもだからといって、なんの工夫も努力もせずに、その場の勢いで告白しても、うまく想いが伝わらないでしょう。幸せになるためには、努力が必要なのです。

がんばってください!

高校生の恋愛についてもっと情報を知りたいアナタに!

高校生の恋愛事情!大人との違いは?どこまでならしてOK?
好きな人にLineするきっかけ♡【中学生・高校生編】
リア充になりたい人がリア充になる17の方法!【中学生・高校生必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ